ラグラージ スーパー リーグ。 【ポケモンGO】ハイパーリーグおすすめ最強パーティの技構成や使い方

【ポケモンGO】デオキシスディフェンスのスーパーリーグ最適技と対策:多くのポケモンと互角にバトル万能型!|ポケらく

ラグラージ スーパー リーグ

特別な技を覚えさせるときに、画面上に「GPSを探しています」という表示がある状態では進化させても覚えない。 GPSが安定しない建物の中や地下などで進化させると、GPSエラーで特別な技を覚えないことがあるので注意しよう。 わざマシンでは覚えない 特別な技であるハイドロカノンは、わざマシンでは覚えさせることができない。 コミュニティデイで指定された時間内に、ミズゴロウまたはヌマクローをラグラージまで進化させて覚えさせよう。 解放でも覚えない ハイドロカノンはコミュニテイディで指定された時間内に2つ目のゲージ技を解放させた場合でも、わざマシン同様に覚えることはできない。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 ゲージの増加効率。 発生 時間 技を発動してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を発動してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 能力変化 技のダメージを与えた際に発生するダメージ以外の効果 ハイドロカノンはレイドやジムで使える? みずタイプの中で上位の火力 カイオーガには劣るものの、ハイドロカノンを覚えたラグラージは、みずタイプの中でも上位の火力を持っている。

次の

【ポケモンGO】GOバトルリーグの「ラグラージ」の倒し方を教えてくれ どこでも出てくるし対策したい

ラグラージ スーパー リーグ

わざ選びについて ラグラージが覚えるわざは以下のとおりです。 ノーマルアタック• マッドショット• みずてっぽう スペシャルアタック• じしん• ヘドロウェーブ• なみのり• ハイドロカノン• だくりゅう ラグラージのわざ構成は一部例外を除いて、 マッドショット、ハイドロカノン、じしんで決まりです 非常に優秀なスペシャルアタック「ハイドロカノン」を高回転で撃てるのがラグラージの魅力なので、ノーマルアタックは「マッドショット」、スペシャルアタックは「ハイドロカノン」は外せません。 ハイドロカノンを選択したら、なみのりは選択肢から消えます。 ハイパーリーグの環境上、はがねタイプに弱点のつけるじめんタイプのスペシャルアタック「じしん」は欲しいので、基本はマッドショット、ハイドロカノン、じしんという構成になります。 例外でフェアリータイプに一矢報いようと、どくタイプのスペシャルアタック「ヘドロウェーブ」を使う人や、ハイドロカノンより必要エネルギーが少ないスペシャルアタック「だくりゅう」を使う人がいますが、あくまで例外として見て、基本の型を選択したほうが良いです。 個体値厳選について 私が調査した上で、ラグラージに求めることは以下の3つだと思いました。 ラグラージ同士の対面になった時、相手よりこうげきが高いか 初手ミラー対面の場合、どっちが先にハイドロカノンが撃てるかが重要になってきます。 ギラティナのりゅうのいぶきが4ダメージにならないか ギラティナ-アナザーフォルムの育成論で説明しましたが、りゅうのいぶきのダメージが4になるとラグラージ側はじしんを撃てる回数が減ってしまいます。 しかし、ギラティナがレイド産こうげき1位(14-10-10)の場合、りゅうのいぶきのダメージを3に抑えられる個体は4096通り中13通りしかありません。 詳細は クレセリアのサイコカッターが3ダメージにならないか クレセリアの育成論で説明しましたが、クレセリアのサイコカッターのダメージが3になると、クレセリアはくさむすびを撃つ回数を減らすことができます。 これはラグラージがぼうぎょ特化(0-15-1)でもサイコカッターのダメージが3になるクレセリアはレイド産でも216通り中39通りいるので完全にはカバーしきれません。 詳細は 非常に厳選がシビアになってしまうので結論を言うと、 SCP重視で、こうげきは低すぎず(ラグラージ対策)、できるだけぼうぎょが高くなる個体 を推奨します。 ハイパーリーグでよく見られると思われるポケモンに絞っての調査になるので、他にもメリットやデメリットがあると思います。 あくまで私の基準として参考にしていただければと思います。 最後に いかがでしたでしょうか。 ラグラージはできるだけぼうぎょに特化した個体を使いたい とまとめさせていただきます。 こうげきをあげることで対面に影響が出るケースもありますが、それ以上に被ダメがブレークすることで対面に影響が出るケースが多いので、できるだけラグラージのぼうぎょは上げておきたいです。 ただし、ハイドロカノンというわざは特別なわざで、覚えられるようになるイベントが来るまで待つか、すごいわざマシンを使って覚えさせるしかありません。 イベントに備えて良いミズゴロウを捕まえておきたいですね。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

【ポケモンGO】ラグラージのハイドロカノンは強いか考察

ラグラージ スーパー リーグ

ポケモン 技 解放技 デオキシスを採用したパーティ 耐久力が高く、等倍同士の場合の対戦で勝ちやすいデオキシス ディフェンスフォルム を採用したパーティ。 ゲージ技はいわなだれと10まんボルトを採用し、幅広いタイプの弱点を突ける技構成にしている。 ニョロボンはレジスチルなどの対策が可能 弱点が多いニョロボンだが、マッドショットでゲージを素早くためてゲージ技を連続で使うことができる。 デオキシスでもレジスチルの対策は可能だが、控えにレジスチルがいた場合なども考えてニョロボンでの対応も覚えておこう。 でんきタイプには注意 このパーティの場合、でんきタイプに対しての耐性がないため、デオキシスで対応しなければならない。 でんきタイプが環境で多い場合はニョロボンをナマズンやラグラージ、ガマゲロゲなどに変更しよう。 耐久力も高く使いやすいポケモンとなっているぞ。 デオキシスは交代先として活躍 いわなだれや10まんボルトなど汎用性の高い技を覚える。 また、防御が高く安定して戦えるため不利な相手のとき交代先として活躍する。 マリルリはチルタリス対策 メガニウムとデオキシスでは環境に多いチルタリスに勝てない場合があるのでマリルリを採用。 マリルリはくさタイプが弱点だが デオキシスのいわなだれやマリルリのれいとうビームでカバーしよう。 マリルリを軸にしたパーティ マリルリを軸にしたパーティ1 ポケモン 技 解放技 1匹目はマリルリを採用 初手にマリルリを置くことで、環境に多い チルタリスやレジスチル、ブラッキーを対策。 技構成はチルタリスやくさタイプに有効な「れいとうビーム」とはがねタイプや等倍以上の相手に大ダメージを与えられる「ハイドロポンプ」を採用。 チェリム・エアームドを控えに採用 2、3匹目はエアームドとチェリム。 ひこうタイプのエアームド・ほのお技が打てるチェリムをがいるため、 マリルリが弱いくさタイプへの対策がしっかりとできるパーティとなっている。 チェリムの強みを活かす 1. 苦手なポケモンを出されてもタネマシンガン、ウェザーボールの技構成で交代の時間を稼ぐこともできる。 ゲージ技は使い分け可能 技構成はウェザーボール ほのお と チルタリスやブラッキーに効果抜群なマジカルシャインを採用。 相手の2. 3匹目にみずタイプのポケモンが増えた場合は、マジカルシャインをソーラービームに変えるなど使い分けも可能。 弱点が少なく安定して戦える。 開放する技はでんきやはがねの弱点をつけるじしんを採用している。 ハイドロカノンがない場合はなみのりを採用しよう。 ラグラージの相性を補完するエアームド ラグラージとエアームドはお互いの弱点を補うことができるのも魅力。 ラグラージ唯一の弱点であるくさタイプに対してひこう技で対応しよう。 マリルリに対してはアローラベトベトン スーパーリーグでの使用率が高いマリルリに対してはアローラベトベトンで対策。 ラグラージのゲージ技でヘドロウェーブを覚えさせるとマリルリの弱点をつけるが、ラグラージの役割が多くなり、1体では対応しきれないのでアローラベトベトンを採用している。 アローラベトベトンは交換が必要 タマゴから入手したアローラベトベターを進化させるとCPが1500をこえてしまう。 スーパーリーグで使用する場合、 アローラベトベトンは交換での個体値下げが必須なので作る場合は注意しよう。 ポケモン 技 解放技 1匹目にマッギョを採用 ゲージ技の発動が早く、レジスチルやマリルリの弱点をつけるマッギョを1匹目に採用したパーティ。 通常技はでんきショックを採用し、マリルリやエアームドの弱点をつけるようにしている。 2匹目はチルタリス 2匹目はマッギョと相性補完が優れたチルタリスを採用。 通常技のダメージが高く、アタッカーとして優秀。 マッギョ・チルタリスともにこおり技が弱点となっているので マリルリなどのれいとうビームには注意しよう。 耐久力が高く、ゲージ技の種類が豊富なポケモン。 今回はくさ・はがねタイプに対応できるほのおのパンチ、チルタリスやひこうタイプに効果抜群のれいとうパンチを採用しているぞ。

次の