馬 の 耳 に 念仏。 馬の耳

「馬耳東風」の意味と使い方、類語、「馬の耳に念仏」との違い

馬 の 耳 に 念仏

スポンサーリンク 馬の耳に念仏の語源・由来とは? 「馬の耳に念仏」の語源は、たいへん有名です! 知っている人も多いと思いますが、確認もかねて見ていきましょう! お坊さんが、いくらありがたい説教をしても念仏を唱えても馬には何もわからない。 ということから、言い聞かせてもその価値がわからないさまや無駄なことを「馬の耳に念仏」と言うようになりました。 語源がそのまま、意味のひとつになっています。 「いくら意見をしても全く効き目のないこと。 」という意味では「お坊さん」を「意見する人」・「馬」を「意見される人」・「念仏」を「意見」と例えているんですね。 「いくら意見をしても全く効き目のないこと。 」は「無駄なこと」ですから、こちらの意味としても使うようになっていったというわけなんです。 次の章では「馬の耳に念仏」の使い方を紹介していきます。 どんなシーンで使用するのが正しい使い方なのでしょうか? 続けて見ていきましょう。 馬の耳に念仏の使い方・例文! では早速、例文を見ていきましょう。 彼女にこの絵の価値をいくら説明しても、馬の耳に念仏だよ。 美術品には全く興味がないみたいだからさ。 「価値が分からない人」に説明しても、無駄である。 という意味で「馬の耳に念仏」を使っている例文ですね。 他にはどんな使い方があるのでしょうか。 彼にはいくら注意しても無駄無駄。 自分の意見や考えを絶対に曲げないんだから、 ホント馬の耳に念仏って表現がピッタリだよ。 「注意をしても無駄」という意味で「馬の耳に念仏」を使っているのですが、「悪口」としも使っていますね。 このように、「馬の耳に念仏」は悪口にもなってしまう言葉でもあります。 使う場合には注意が必要ですね。 「宿題が終わってから遊びなさい!」って毎日、口が酸っぱくなすほど言っているのに… 本当に馬の耳に念仏でイヤになっちゃう! 「まともに聞いちゃいない!」そんなニュアンスで「馬の耳に念仏」を使っていますね。 子育て経験をお持ちの方なら、心当たりがある使い方なんじゃないでしょうか。 と、このように「馬の耳に念仏」を使います。 「相手に話が通じないとき」「相手が話を聞かないとき」などに、「馬の耳に念仏」を使って表現してみてくださいね。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたか? 「馬の耳に念仏」の意味や語源・使い方を見てきました。 最後に、「馬の耳に念仏」の類語と英語表現を紹介しますね。 冒頭でお話したように、たくさんありますよ~!• :価値が分からないものに貴重なものを与えても無駄なこと。 何の役にも立たないこと。 ・・・貴重なものも、価値のわからない者には無意味であることのたとえ。 犬に論語:どのように説いて聞かせても無駄なことのたとえ。 豚に念仏 猫に経:どんな立派なものでも、価値のわからない者にとっては、何の値打ちもないものであるというたとえ。 兎に祭文(さいもん):いくら意見をしても効き目がないことのたとえ。 牛に対して琴を弾ず:いくら高尚なことを説いて聞かせても、愚かな者にはなんの役にも立たないことのたとえ。 :人の意見や批評を全く気にかけないで聞き流すこと。 牛に説法馬に銭:意見や忠告などをしても何の効果もないことのたとえ。 犬に念仏猫に経:どんなに道理を説いて聞かせても効果がなく、無駄であることのたとえ。 豚に念仏猫に経:どんなに立派な教えも、それを理解できない者に言い聞かせたところで、何の意味もなさないという事。 豆腐に鎹(かすがい):いくら意見などしても一向に効き目がないことの意味。 糠に釘:何の効き目も手ごたえもないことのたとえ。 暖簾に腕押し:何の張り合いも手ごたえもないことのたとえ。 カエルの面に水:どんなことをされてもまったく平気でいるさま。 鹿の角を蜂が刺す:何の手ごたえもないことのたとえ。

次の

「馬耳東風」の意味と使い方、類語、「馬の耳に念仏」との違い

馬 の 耳 に 念仏

公開日: 2018. 03 更新日: 2018. 03 「馬耳東風」の意味と使い方、類語、「馬の耳に念仏」との違い 「馬耳東風」という言葉をご存知でしょうか。 「馬耳東風に聞き流す」「馬耳東風な姿勢」といったように、一度は何となく耳にしたことがあると思います。 では、「馬耳東風」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。 誰かに「君は本当に馬耳東風な人だね」「あなたは馬耳東風ね」と言われた場合、どのように解釈するでしょうか。 読み方もなかなか難しいため、意外にも知らないという方が多いはずです。 内容を理解するためには意味を押さえておく必要があります。 そこで今回は「馬耳東風」の意味や使い方、類語、「馬の耳に念仏」との違いについて解説していきます。 「馬耳東風」を正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「馬耳東風」の使い方と例文 他人からの意見や注意を聞き流し反省をしない、どんな事を言われても一切動じないという場合に「馬耳東風」を使います。 他に、世の中の情報に疎いという場合にも「馬耳東風」が用いられます。 例えば、「いくら周りのみんながアドバイスしてあげても、彼は馬耳東風に聞き流すばかりだ」といった場合は「周りのみんながアドバイスしても、彼は聞いただけで心にも留めないこと」を意味します。 「自分には関係ない!」「無関係である」という意味で「周りでは近くで起きた事件の話題で持ちきりだが、私にとっては馬耳東風である」などと使うのは間違いなので注意してください。 言い回しとしては、 ・馬耳東風だ ・馬耳東風に聞き流す ・馬耳東風に過ぎる ・馬耳東風の姿勢 ・馬耳東風の態度 ・馬耳東風な人 などとなります。 それでは例文を見ていきましょう。 例文 ・彼に何を言っても馬耳東風である。 ・周りの人の忠告を馬耳東風と聞き流す。 ・君が何回も同じ失敗を重ねるのは、人の話を馬耳東風と聞き流しているからだ。 ・いい加減、あなたは馬耳東風の姿勢を続けるのをやめた方が良いと思うよ。 ・何でも途中で投げ出す彼に批判が殺到したが、馬耳東風であった。 ・とても面白い話であったが、彼女にとっては馬耳東風で驚くほど興味を示さなかった。 ・あの男は他の人の話はしっかりと聞くのに、私の言うことには全く馬耳東風だ。 ・馬耳東風の態度を示されてしまうと、こちらとしても何も言うことがない。 ・馬耳東風な人だと思われないように、普段から相手の忠告を冷静に聞き入れるようにする。 ・国民が必死に訴えたとしても、国は馬耳東風に過ぎないよ。 「馬耳東風」と「馬の耳に念仏」の違い 「馬の耳に念仏」は 「馬に念仏を聞かせてもそのありがたみが分からないように、いくら説き聞かせても何の効もないたとえ」を意味します。 「念仏のありがたみが分からないなんて愚かな奴である」という意味合いが含まれます。 「馬耳東風」は「他人の意見や忠告を聞き流して、心にも留めずに聞き流すこと」 「馬の耳に念仏」は「いくら言い聞かせてもその価値がわからないさま。 効果がないさま」 2つとも「他人の意見を聞き入れないこと」を表していますが、「馬耳東風」は「良い話を聞き入れない」、「馬の耳に念仏」は「良い話を理解できない」といったニュアンスの違いがあります。 「馬耳東風」も「馬の耳に念仏」もほぼ同じ意味ですが、「馬の耳に念仏」は「全く効き目がない。 無駄である」という意味から「馬耳東風」よりも間抜けさの加減が高いと言えます。 例文 ・私たちがいくら説得したとしても、彼には馬の耳に念仏だ。 ・だからそんな無駄遣いはするなって言ったのに、全く馬の耳に念仏だね。 ・何度注意してもどうせ馬の耳に念仏だから、もう諦めるしかないね。 「馬耳東風」の類似語 暖簾(のれん)に腕押し (意味:相手に対するとき、力を入れても手応えがなく張り合いのないことのたとえ) 「色々注意しているが、暖簾に腕押しで全く聞き入れない」 糠に釘<ぬかにくぎ> (意味:手応えがなく、効き目のないことのたとえ。 意見しても効果のないこと) 「遅刻してばかりの社員を説教したが、糠に釘で効果なし」 蛙の面に小便 (意味:どんな仕打ちにあっても平気でいるさま) 「悪口を言われても彼は蛙の面に小便である」 豆腐にかすがい (意味:意見をしても、少しの手応えがなく、効き目のないことのたとえ) 「彼女は機嫌が良くないときは豆腐にかすがいだよ」 焼け石に水 (意味:援助や努力がわずかで効果のないこと) 「一人でやっても焼け石に水だから、皆で協力して手伝おう」 豚に真珠 (意味:高い価値のあるものでもそれの分からない者には無価値に等しいこと) 「高いお酒を味覚音痴の彼にプレゼントしても豚に真珠だ」 猫に小判 (意味:貴重な物を与えても何の反応もないことのたとえ) 「良い洋服を彼女に着させても、猫に小判だろう」 犬に論語 (意味:道理を説き聞かせても益のないことのたとえ) 「お金を払って講演を聞いても、理解できず犬に論語だった」 柳に風 (意味:すこしも逆らわず巧みに受け流すこと) 「どんなに陰口を叩かれようとも、彼女は柳に風とこなす」 対牛弾琴<たいぎゅうだんきん> (意味:せっかくの好意や努力というものが、何の効き目もなく無駄なこと) 「やる気のない人に教えても対牛弾琴だよ」 「馬」を用いたことわざ・慣用句 「馬耳東風」や「馬の耳に念仏」以外にも「馬」を用いたことわざや慣用句があるので紹介します。 ・「馬に経文(きょうもん)」:牛に経文を聞かせても、何の効き目もないことのたとえ ・「馬の耳に風」:人の意見に少しも感ぜず、聞き流していることのたとえ ・「馬が合う」:気が合う。 意気投合すること ・「馬は馬づれ」:同類のものは集まりやすいこと。 似たもの同士が集まると上手くいくこと ・「馬の目に銭」:どんなに貴重なものであっても、価値のわからない人が持っていては役に立たないことのたとえ ・「馬の籠抜け(かごぬけ)」:馬が曲芸の籠抜けをやろうとするように、無理に無理を重ねること ・「馬の鼻を立て直す」:旅立つとき、馬の首を行こうをする方に向ける ・「馬は馬方」:その道の専門家というのは、専門家であるだけに優れていること ・「馬を牛に乗り越える」:良いものを捨てて悪いものに変えること ・「馬を鹿に通す」:理屈に合わないことを、権力によって無理に押し通すこと ・「馬の背を分ける」:馬の背の片方には雨が降り、片方には降らない意で、ある地域を境にして一方では夕立が降っているのに、他方では晴れているさま 私はいつも他人の意見は馬耳東風に聞き流すようにしている。 (直訳:他人の意見が自分の心の声を押し流さないようにしている) これらの表現をすればよいと思います。 ()内に直訳も書いておいたので、参考にしてみてください。 おすすめの英会話教室「NOVA」《英語部で一番人気!》 当サイト「英語部」で一番人気の英会話教室が、NOVAです。 全国展開(270校舎)をしている大手英会話教室の中で圧倒的に価格が低いのが特徴です。 しかも講師は全員ネイティブ! ・グループレッスン(最大4人)月額1万円 ・マンツーマン月額2万円 ・月謝制 ・入会金ゼロ 「格安で週一回NOVAのネイティブ講師と会話し、あとは自習する」という英語学習法が非常におすすめです。 ご興味のある方はホームページから無料体験レッスンをぜひ!.

次の

ROCKET RIDE フェイセズ「馬の耳に念仏」

馬 の 耳 に 念仏

自分の経験によるアドバイスのようなものから、本当にその人のことを考えた注意や警告に至るまで、何一つまともに聞かない人に対して使います。 自分のことを思ってくれる人にまでこんな態度をとっていては、誰にもまともに相手にされなくなってしまうのは言うまでもありません。 また、この意味から転じて、どれだけ価値のあるものにも全くの無反応(興味を示さない、その価値が分からない)なこと、及びそのような人を表現して使うこともでき、実際にはこの意味で使われているケースの方が多いかも知れません。 人の話を全く聞かない人に対し、まるで馬に念仏を聞かせているかように何の意味もなく、相手もそれを全く聞いても理解しようともしていないと解釈してください。 馬の耳に念仏の文章・例文 例文1. あいつに何を話しても馬の耳に念仏だな 例文2. きちんと理解できる人じゃないと、その話は馬の耳に念仏になるだけだよ 例文3. 馬の耳に念仏かも知れないけど、一応あの人にも話してみるか 例文4. すごく難しい内容の講義で、自分には馬の耳に念仏だった 例文5. このようにして、「言っても聞かない」人などに対して使われます。 馬の耳に念仏の類義語 馬の耳に念仏の類義語に、「」という言葉があります。 馬の耳に念仏まとめ 馬の耳に念仏は、人の言うことを何も聞かないという意味と共に、理解ができない、価値が分からないという意味でも使える言葉です。 その為、直接その相手に対して使うと、トラブルの元となってしまう場合もあるので注意してください。 基本的には陰口や、自分に対して使うと考えておいた方がいいでしょう。

次の