学研 家庭教師。 学研グループ&手厚いサポートで安心!学研の家庭教師の特徴

幼児の家庭教師なら学研がおすすめ!料金・コースの詳細と公文との比較

学研 家庭教師

学研の家庭教師について 学研の家庭教師は、 学研グループの一つであり、教育事業に大きく力を入れている会社です。 家庭教師の他、教育関連の書籍出版や学習塾運営なども手掛けていることから、教育に関する知識、知見、ネットワークが非常に充実しています。 <学研・塾グループの講師憲章> 私たち、学研・塾グループの講師は誠実さと情熱をもって、子どもたちを育てます• 挨拶や授業中の姿勢をきちんと指導します。 学ぶ楽しさを教え、自らのやる気を引き出します。 家庭との連携をはかり、学習指導・進路指導を愛情を持って行います。 成績向上と志望校合格を実現することで、自信をもってたくましく生きる人間に育てます。 感謝の心と利他の精神を持った社会に貢献できる「人財」を育てます。 学研の家庭教師ならではの強み 厳選して採用された家庭教師 学研の家庭教師では、 独自の募集方法で家庭教師を採用しています。 学力だけではなく、個別の適性検査、面談を経て採用された講師のみなので、だれでも自由に家庭教師になれるわけではありません。 実際の指導開始までには徹底した研修があり、その後も教務センターへの指導報告を義務付けられているので、家庭教師と本部(教務センター)の連携も柔軟そうですね。 社会人のプロ家庭教師だけでなく、大学生が講師をつとめる学生家庭教師も豊富なので、小学校のお子様などで「出来るだけ年齢が近い先生がいい」といった要望がある場合にもぴったりです。 講師数が非常に多いので、今まで家庭教師を利用していたがあまり相性が良くなかった…と悩んでいた方も、相性の良い家庭教師が見つかるかもしれません! きめ細かな無料カウンセリング 学研の家庭教師では、 入会前に無料カウンセリング・体験授業を受けることができます。 特に無料カウンセリングでは…• お子様の現在の実力が分かる• お子様にぴったりの勉強方法が見つかる• 他の家庭教師との違いが分かる• 費用はもちろん無料• 無料カウンセリングを受けたとしてもその後の入会は自由 といった5つのメリットがあります。 入会前の無料カウンセリングでここまできめ細かに相談できるのはとてもありがたいシステムですよね。 もちろん、どのコースにすればいいか分からない、各コースの特徴や指導内容を知りたい、料金システムはどうなっている?などのような基本的なことも聞けますよ。 双方が納得した上で入会できるというのは、一見当たり前のように見えますが意外と難しいもの。 学研の家庭教師の講師憲章にも書かれている「子どもたちを育てる」という部分をいかに大切にしているかが伝わってきますね。 年齢や目的に合わせたコースが豊富 学研の家庭教師の場合は 細かくコース設定されているのが特徴です。 特に、他の家庭教師センターではあまり見かけない『 幼児コース』があるのもめずらしいです! 家庭教師以外にも、学習塾、幼児教室、保育園といった子どもに関する教育事業を数多く手がけている知識やネットワークがあるからこそ出来ると言えますね。 その他にも、中高一貫コースや高卒認定コースなど、通っている学校や状況に応じて様々なコースが用意されているので、ぜひ最適なコースを見つけてください。 学研の家庭教師の様々なコース 学研の家庭教師では、小学校コース、中学校コース、高校生コースの中でも 一学年ごとに細かく分かれています。 幼児コース• プロ家庭教師コース• 不登校コース高卒認定コース また、小学校就学前からでも、もじやかずの勉強ができる幼児コースも充実しています。 プロ家庭教師コースでは、高い指導力と多くの指導実績があるプロ家庭教師にお願いできます。 中学受験や難関大学などへの合格を目指す人は、予算と相談しながら プロ家庭教師を選ぶのも良いかと思います。 料金 気になる料金ですが、こちらはコースごとの料金が公式サイトに記載されています。 学年ごとに料金が明確に分かるのは安心ですね。 時間、指導内容、科目に関しては細かく設定できるので、いろいろな希望を相談しながら、個別のコースを作ってもらうというイメージです。 時期によっては 月謝料金がお得になるキャンペーンを実施しているときもあるので、気になる方はこまめにチェックしておくと良いですよ! 総括.

次の

学研グループ&手厚いサポートで安心!学研の家庭教師の特徴

学研 家庭教師

月4コマ 各60分 14,400円 といった具合です。 このように学研の家庭教師の料金はホームページ上に詳しく記載されているように見えるのですが、その表記には 注意が必要です。 具体的に言うと、ホームページ料金一覧の下部に記載されている以下のような表現に気をつけなくてはなりません。 「1日2コマ以上の受講をお願いしております。 」 これはどういう意味かと言うと、1日の授業は1コマ60分ではなく必ず2コマ120分で受けてほしいといっているんですね。 1日2コマを使うということは、月4コマで受講できるのは2回ということになります。 つまり、上記金額は 1ヶ月に2回の授業を受けた場合の金額ということになるのです。 家庭教師の派遣センターの料金体系をいろいろと見てきましたが、月2回の料金を全面に押し出してくるところというのは 比較的珍しい気がします。 これまでも何度か他の記事に書いたように、家庭教師をつける場合のもっとも一般的なパターンは 1回2時間の授業を週1回受けるといったものでした。 したがって1ヶ月あたりの受講回数はだいたい4回程度となるのが普通です。 これはどちらかというとアルバイトをする学生側の都合が大きく、例えば仮に月2回の授業を希望したとしても、その条件で家庭教師をしてくれる学生を探すのはかなり大変だということです。 ですからホームページ上に記載されている月2回の料金がそのまま適用される可能性は低く、実質月8コマ以上のコースを提案されることになるのではないでしょうか。 通常ではありえないような条件を提示して安い金額を見せるというのは比較的中小の家庭教師センターなどで良く見られる手法ですが、学研のような大手の企業がこのような表示を堂々としているのは正直驚きました。 実際の月額料金はいくらになるのか? これまでの記事でも書いたように()家庭教師にかかる月額費用として、個人契約では 2万円代、家庭教師派遣センターを通した場合は 3万円代で契約できればリーズナブルと判断して良いと思います。 学研の家庭教師の場合、上述のように月2回という中途半端な料金が提示されていますので、この金額の2倍が予想される指導料金となります。 月額の支払いがこれだけならば非常にリーズナブルといえるのですが、この他に 諸経費がかかることに注意が必要です。 代表的な諸経費としては、入会時に支払う入会金と、毎月支払う月会費が考えられます。 残念なことに学研の家庭教師ではどちらの金額もホームページ上に記載されていません。 それどころか、入会金や月会費の存在があることすら述べられていません。 したがってこれらの金額がいくらくらいになるのか、ホームページの情報だけでは全く分かりません。 口コミの情報などを総合すると、どうやら入会金は 2万5千円程度、月会費は 1500円程度かかるようです。 そうすると、1年間の指導を受けると仮定すれば入会金の月割りは約2000円程度、これに月会費と先生の交通費を合わせれば、実質的な月額料金は 3万円代半ばとなりそうです。 見積もりの結果としてこのくらいの料金を提示されたならば、比較的良心的な価格と判断してよいかと思います。 学研の家庭教師の口コミ、評判は? ここまで学研の家庭教師の料金について見てきましたが、指導料金の表示の仕方や入会金などの情報の出し方など、率直にいって消費者にとって分かりやすいとはいえない内容となっています。 学研という大手の名前に安心してしまいがちですが、情報公開という点では中小の家庭教師センターとあまり代わり映えがしません。 ネット上の口コミなどをみても、学研の家庭教師で契約をしようとしたら 思っていたよりもかなり高額な料金を提示された、などといった評判を見ることもあります。 なにぶんホームページ上で確認することができる情報が少ないため、先述した以外にもいろいろと費用がかかるのかもしれません。 繰り返しになりますが、1回2時間の指導を週1回受けるペースで支払って良い月額料金の上限は3万円代後半までです。 これ以上の金額は家庭教師に支払う額としては高すぎるため、他の家庭教師センターを選ぶか、個人契約を検討した方がいいかもしれません。 特に個人契約の場合、月額で1万円以上安くすることも可能ですので、チャレンジしてみる価値は充分にあると思います。 学研の家庭教師のCMについて 余談ですが、かつて学研のホームページ上にCM動画があったのですが、「イケメン篇」と名付けられたその内容は以下の通りです。 どのような先生が良いかという面談の中で、母親は同性の先生を希望しているのに対し、小学生くらいの女の子は「イケメン!」と強く主張します。 そして最後に、「できる限り、ご要望にお応えします」というキャッチコピーが出てくるのですね。 宣伝上の微笑ましい演出といえばそれまでなのですが、家庭教師業界においてはこれは完全にアウトです。 というのも、生徒と別性の家庭教師をつけるというのは色々と問題があり、よほどのことがない限りは同性の先生をつけることが家庭教師を選ぶ上での基本となっているからなのです。 そのような常識を知ってかしらぬか、いずれにせよこうしたCMをホームページ上に呑気に載せているところあたり、大企業としての自覚があまりないようです。 まとめ 今回は学研の家庭教師について、その料金、とくに月額費用という観点から色々とみてきました。 学研という誰にも知れた企業名からのイメージがあるにも関わらず、その内容は中小規模の家庭教師センターとほとんど変わりません。 大手だからというプレミア感や知名度に対する安心感を期待していると、肩透かしをくらうかもしれません。 とはいいつつ、月額3万円代での契約が可能な料金体系は魅力ではあります。 結局のところ家庭教師で一番大事なのはどのような先生に教えてもらうかということですから、とりあえず契約してみて、良い先生がみつかるまで交代を繰り返してみるという使い方をしてみるのも一つかとは思います。 子どもにぴったりの家庭教師は体験授業で見つけよう 家庭教師を選ぶ際に重要なのは、結局のところ どんな先生の授業を受けられるのかに尽きます。 そのためには、家庭教師センターがおこなっている 体験授業を受けてみるのがもっとも効果的でしょう。 例えば、では地域ごとの家庭教師センターや個別指導塾に対して一括して体験授業の予約をすることができるため、お子さんに合った方法を納得いくまで探すことができます。 「自分の地域にどんな家庭教師センターがあるのか、一括で知りたい」 「家庭教師に興味があるけれど、どこに頼むのがいいのか良く分からない」 「料金体系を比較して、納得のいく家庭教師センターを選びたい」 そんな方には、の体験授業一括予約サイトが便利です。 しかも今なら 1,000分のクオカードプレゼント実施中です。 ご興味のある方は、是非公式サイトをのぞいてみてください。

次の

塾講師・家庭教師は兼業(かけもち)できますか?|一括登録ナビ

学研 家庭教師

スポンサーリンク 「学研の家庭教師」幼児コース3種類の内容• まなび準備コース• まなびコース• 小学校受験コース 小学校受験コースはよく見かけますが、まなび準備コースやまなびコースもあります。 子供にあったコースを選ぶことができます。 各コースの料金や指導内容について、順にご紹介します。 1.まなび準備コース 小学校入学までに知識や好奇心の基礎作りができます。 一般の幼児教室のようなカリキュラムです。 言葉の読みからスタートし、その後 文字が書けるように学習します。 その他、 数字・読み聞かせ・音読・時間・お金の数え方など。 最終的に指示されたことをこなす能力や 自分の意見を述べられる能力を最終的に養います。 ウチも幼児教室に人前で発表できるようになってほしく2歳より通っています。 それと同じ目標です。 幼児期は話を聞いてそれを理解するということがなかなかできません。 小学生までに土台作りができれば、小1の壁もクリアできそうです。 まなび準備コースの時間・料金• 時間:月4コマ、 60分• それを1人に対して指導してくれるのは助かりますね。 しかも料金が幼児教室とほぼ同じ料金なので、お得だと思います。 1時間あたりの料金に4週間分をかけた金額がおおよその月謝になります。 2.まなびコース 積み木や絵カード、木製積み木、ひもとおしなどの学研オリジナルの教材を使って、知恵・迷路・工作などの能力を見につけるコース。 図形や空間を把握する能力を養います。 子供が通っている幼児教室の内容と比較すると、確かにひもとおしやパズル、折り紙、リスニングについては学習しています。 しかし、上の「1.まなび準備コース」と並行しながら学習しているので、実際に実力となっているのかについては難しいですね。 幼児教室の場合、浅く広くと言った所でしょうか それに対し、この「2.まなびコース」はそれに特化した内容なので、より能力を養えるのではないかと思っています。 年中から年長向けでしょうね。 まなびコースの時間・料金• 時間:月4コマ、 60分• 3.小学受験コース 学研オリジナル教材を使い、効果を発揮し、 受験校合格を目指すコース。 プロ家庭教師が担当。 受験校の特徴にあわせて指導、 有名私立小学校への受験情報も提供されます。 学研という大手ならではですね。 内容は受験校によって異なりますが、 お話の位置、形の記憶、図形合成、回転、絵画、音楽、運動などがあります。 幼児教室でも小学校入試コースはありますが、各家庭で指導してもらえるのは助かりますね。 幼児教室に通われている方が、家庭教師を同時に学習している子供も多いようです。 小学受験コースの時間・料金• 時間:月4コマ、 60分• ウチの近くにも大学付属小学校への入試志願者は多く、専用の教室に通っている知人もいます。 そういう指導を家でしてもらえるのは助かります。 料金は「資料請求・見積もり」により出す形になりました。 学研の家庭教師について 学研の家庭教師は「登録選別」による講師の排出や、子供1人1人にあわせたオーダーメイドスタイルの指導をしています。 また、 生徒や保護者の悩みや要望を講師や教務部が一緒に解決するシステムをとっています。 これを「信頼のトライアングル」と呼んでいるそうです。 学研の経験と実績を生かした特徴でもあります。 対応エリア 北海道・宮城・栃木・群馬・茨城・埼玉・東京・神奈川・千葉・新潟・石川・福井・富山・岐阜・愛知・山梨・三重・静岡・滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・和歌山・岡山・広島・山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・鹿児島 現在の所、以上の32都道府県で対応していました。 昨年よりも7府県追加されています。 学研の家庭教師と幼児教室を比較 子供が通っている幼児教室は、2歳から「基礎補習コース」の内容を中心に学習し、現在4歳コースでは「基礎補習コース」と「能力開発コース」の内容をしています。 少しずつ「能力開発コース」の内容が増えてきました。 幼児教室のカリキュラムと比較して見ると、学研の家庭教師は年齢別ではないので、子供の現在の年齢によって「基礎補習コース」と「能力開発コース」を選んだ方が良いかもしれません。 2歳ならまずは「基礎補習コース」が良さそうです。 まとめ 「学研の家庭教師」幼児コースの詳細や料金など、幼児教室と比較してご紹介しました。 我が家は子供を幼児教室に通わせながら、家庭学習教材も並行して学習しています。 このように同時に習い事や学習している子供も多いですね。 特に 小学校受験コースは専門の学習法でないと絶対に合格できません。 一般の幼児教室で基礎を学びながら、家庭教師で小学校受験コースを同時に学習していくのはありだなと思っています。 受験コースは専門教室なので、一般の幼児教室と比べると教室の数が少ないんですよね。 なので 「学ばせたいけど遠くて学ばせられない」という方にはこの家庭教師はおすすめです。 わざわざ教室に行かなくても、専門の学習をすることができます。 どこに住んでいてもそれが実現できるのは、保護者から見てすごいことだと感じています。 無料体験講座もあります。

次の