チャンネル登録者数 収入。 【公開】YouTubeのチャンネル登録が10万人だと「月収は100万円」です

チャンネル登録1,000人の広告収入ってどれくらい?YouTuberが暴露します│ムービージャック

チャンネル登録者数 収入

検証方法 1再生で0. 06円 まず、どのように収入を計算するのかを考えていくよ。 まず、収入は、単に 広告収入のみを計算するよ。 今回検証したような人達の中には、 協賛で多く稼いでいる人もいるけれど、話を簡単にするため、そういうのは考えないことにする。 そして、収入に関してだけれど、今回は、 動画の総再生回数に比例して収入が増えると仮定するよ。 本来は、動画の再生数よりも再生時間が広告収入と比例するし、また、チャンネル登録者数が多いほど単価が高くなるという噂もあるけれど、今回は簡単にするために、以下のサイトを参考にして、 1再生0. 06円を基準にするよ。 そういう仮定をした場合、 合計再生数がわかれば収入がわかるね。 そして、動画総再生数は、 YouTuberランキングには、で公開されている。 そこから計算するよ。 ) バーチャルユーチューバー (AI Channelなど) を除いたチャンネルのうちからランダムに15個選出し、100万人登録達成時の総動画再生数を計測するよ。 (MEGWIN TVは、2月現在100万人をきっているけれど、初100万人達成時の動画総再生数から換算する) 今回は、その数字に0. 06をかけた数字をYouTube収益とするよ。 そこから、チャンネル登録者が100万人になった時、かれらが通算でどれだけ収入を得ていたのかがわかるね。 チャンネル登録者と収益の関係 登録者100万人のチャンネル、収入は最低1000万円以上 ずばり、登録者100万人時点での、各チャンネルと推定収入は以下のようになったよ。 登録者100万人時点の推定収入は、チャンネルごとに大きく異なることがうかがえるね。 今回抽出した中で最も低いのが、ワタナベマホトさんで 1116万円、 最高額は、MEGWIN TVの 4380万円だったよ。 今回調べたなかで、平均値は 1918万円、中央値は 1619. 4万円だったよ。 ということは、 チャンネル登録者数が100万を達成したチャンネルは、1600万円くらい、最低でも1000万円くらいは稼いでいる計算になる。 なんとも夢のある話だね。 推定収入からわかる、チャンネルの特色 ここから、チャンネルのある性質を読み取ることができる。 それは、 熱心なファンの割合だ。 繰り返し言うけれど、今回調査した100万人登録時の推定収入は、 動画の再生回数に比例している。 この値が少ないワタナベマホトさんには、動画本数が少ない時期から多くの人が登録している、すなわち、コアなファンが多いと推測できる。 コアなファンが大勢いるから、動画本数が少なくても多くの人が登録しているのだと思うよ。 同じような特徴は、レぺゼン地球さんにも見られたよ。 一方で、この値が高いチャンネルは、 MEGWIN TVさんや、 まっくすむらいさん、恭ちゃんねるさんなどがあてはまる。 長年動画の投稿を続けていた人達だね。 長年ユーチューバーとして活躍していると、当然時間に応じて総合再生回数も増える。 そのために、100万人達成時までに相当なお金が入ってきたのだと推測されるよ あの人の収入は? ついでにイケダハヤトのYouTube収入も推測してみた ついでに、プロブロガーとして知られている(?)イケダハヤトさんのYouTube収入も推測してみたよ。 に載っている情報では、 チャンネル名:イケハヤ大学【ネットで稼ぐ学部】 登録者数 3. 19万人 動画再生数 302. 2万円! これを約3か月でたたき上げたとなると、 一か月で6万円。 大学生のバイト代くらいの金額を稼いでいることになるね。 流石は天下のイケダハヤトだね。 もちろん、これは、単に彼が広告収入だけでやりくりしていると仮定した話だ。 イケハヤさんは、オンラインサロンや著書など、いろいろと稼ぎ口があるから、それを考慮すると、100万円くらい稼いでいてもおかしくないよね。 今回はここまでだよ。

次の

チャンネル登録者数20000人の僕がyoutubeで稼いだ額を惜しみなく発表するぞ? 平均月収&総収入を公開

チャンネル登録者数 収入

KNNポール神田敏晶です。 動画投稿サイトで自作動画を公開し、閲覧者を獲得、主に広告収入で生活しようとする人を指す。 日本でも代表的なユーチューバーの年収は数億円に及ぶとされ、養成学校ができるほどの人気となっている。 一方、職業人口が増え、淘汰(とうた)されるユーチューバーも。 学研教育総合研究所が昨年9月、全国の小学1~6年の男女1200人を対象にアンケートを行ったところ、将来つきたい職業で、ユーチューバーが3位にランクインした。 05~0. 2017年は219億円なので 5年で2. 6倍の成長だ。 ただ、純粋なYouTube広告は334億円 2022年 で139億円 2017年 で2. タイアップ広告は2. 9倍だ。 イベント・グッズは3. 3倍と、2017年はYouTube広告の比率は63%であったのが、2022年には57%と下がり、ファン支持が支えるトップのユーチューバーたちだけが稼げるビジネス構造になるだろう。 YouTubeの再生に応じて、広告を設定()すると、YouTube広告の収益は、1再生数につき0. 05円~0. 1円の単価と言われている。 05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。 400万回の再生で20万円となる。 1円だと200万回の再生で20万円。 土日祝を休むと、月20本で、1本あたり 10万回再生が必要。 1本10万回再生となると、10万人の登録者が必要ということとなる。 もうこの時点でハードルが高すぎる…。 少なくとも、最低1万人クラスの登録スタートが必要なので、そこまでには広告費をかけなければならないという参入障壁である。 筆者は、サービス開始前のにYouTubeにチャンネル登録し、最初の動画はサービス開始後の5日後のに公開した。 おそらく、日本で最初のYouTube動画だと考えられる。 しかしだ、14年経過の2019年で再生数はトータルでやっと271万回の再生だ。 再生時間は年間ギリギリ24万分をクリア…。 しかも、チャンネル登録者数はだ…。 2006年に登録されたHIKAKINチャンネル 出典:HIKAKIN ちなみに、ヒカキン氏は、筆者の1年後の()に登録し、日本のYouTubeを牽引するようになった。 そう、YouTubeは先行者利益とかではなく、たゆまぬ努力と才能があるからこそ、現在のポジションをキープできるのだ。 YouTuberになるためには、日々の研鑽と圧倒的な動画への愛が必要である。 それを証拠に、数十億円を稼ぐといわれるヒカキン氏が動画を辞めることはない。 お金の為だけならば、さっさとリタイアを考えるだろう。 好きな事を仕事にする為には、楽しさと同時に徹底的にこだわる姿勢が必要なのだ。 そして、現在の『HIKAKIN TV』の誕生は、2011年07月19日、8年前だ。 ビートボックスチャンネルからビデオブログチャンネルとして日々のおもしろアプローチが現在のHIKAKIN TVへとつながる。 その最初の放送回をぜひ見てほしい。 普遍なまでのヒカキン氏のヴィジョンの高さが溢れている。 かなりテンションは違うが、一生残るビデオ、自分が死んでも残る子孫に残るビデオをめざして創り続けている。 将来、YouTuberという職業で食っていくことではなく、『得るのは技術じゃない、自信だ』としている。 企画から撮影、編集まで全て子どもたち自身で行います。 世界に一つだけの動画作品を色んな人に「見てもらえた」「褒めてもらえた」経験が、子どもたちの自信を育みます。 私たちは子どもたちの想いやこだわりを尊重します。 しかし、動画のプラットフォームを通じて、どういう動画が人気となるのか、どんな動画を作っていて楽しいのか?と、いろんな試行錯誤の工夫が、どんな小さな『表現者』にもある。 もちろんPDCAをまわし、登録者数を増やすマーケティングを考える機会も与えてくれることだろう。 ネット上でのビヘイビアやリテラシーも自然と身につくことだろう。 テレビではなく、スマートフォンに可処分時間が奪われている今日の『動画市場』は、すでに5G時代となり、AIやドローンやロボットが進化しより発展していく。 ひとつだけ言える事は、親や先生が教えることができない事象やビジネスがすでにたくさん出てきた事だ。 ゲームをプレイするだけの実況動画や、ゲームをプレイするだけのeスポーツも、今や新たな職業として誕生している。 これからのAI時代は、人間が機械の代わりとなるような単純作業はなくなり、いままでになかった、より人間にしかできない職業がたくさん登場することだろう。 そんな人間にしかできない、しかも小さな子どもの遊びココロでしか生めないコンテンツは、新たな産業を育成していくような気がしてならない。 この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。 シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。 大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo! 個人ニュースの流れにもみえてきました。 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。 現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。 そう、Yahoo! 個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。 そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。 note. muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。 この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。 かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 しかし、その流れは確実に、インターネットの次なる潮流を照らしていると思います。 『ウェブ2. 0』の概念は、『SNS』のメディアを予見していました。 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。 しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。 日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか? KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。

次の

【YouTube】収入を公開!チャンネル登録3万人でいくら稼げたか?

チャンネル登録者数 収入

Sponsored Links youtube開設5ヶ月目でチャンネル登録者5000人突破した経緯 youtubeチャンネルの1つがチャンネル登録者数5000人を突破。 途中、収益化審査通過するために動画の7〜8割くらい削除したけど、突破したら動画再修正して投稿し直すか、再公開して収益化に挑戦してみよう。 — うぇぶ太郎 webtarou0204 チャンネル登録者数が5000人を突破して思ったのですが、やはり動画の投稿数が多ければ多いほど、動画を投稿する度に再生回数が通常よりも再生されやすい傾向にありますね。 つまり、動画の投稿数がある一定以上貯まれば貯まるほど、再生回数が増えるので、youtubeで稼ぐ場合は動画の投稿量を意識した方がいいです。 動画の投稿数ですが、110本を超えたあたりから動画を1本投稿する度に最低再生回数が5000回数以上は伸びていました。 チャンネル登録者も4000人を超えてからは動画1本投稿に付き再生回数1万回を超えないと、満足できないくらいな感覚になりましたね。 チャンネル登録者5000人突破してどのくらいの収益? youtubeのチャンネル登録者が5000人を突破した収益の予想報酬額は以下になります。 socialbladeを利用した予想の収益になりますので、毎月約5万円の報酬だと予想されていますね。 この時動画の投稿数は約100数本で、やはり100本を超えたあたりから動画の再生回数やチャンネル登録数の上がり方が以前より一段階上がった感じがします。 また、動画の再生時間も1本10分以上の動画を投稿しているので、1再生あたりの単価が0. 1〜0. 3円以上と想定しています。 ここばかりは収益化を実際にしないと分かりませんので、収益化が完了したら改めて報告したいと思います。 youtubeに公開してる動画の約8割を非公開にした結果、、 現在youtubeに投稿している動画は約110本となります。 そのうちの20本しか動画を公開状態にしていません。 その結果、デイリーの視聴回数が約1000再生回数減少してしまいました。 20本以外の動画を非公開にした理由ですが、現在まだyoutubeの収益化の審査に通過していないことが挙げられますね。 youtubeの収益化の審査が落ちた原因や対策について以下の記事に記載しています。 もともとテストマーケティングで、画像に音声を添付したような簡単な動画を投稿していました。 音声は外注して作成してもらいましたが、簡単な画像1枚に音声をつけたような動画はもう今後さらに審査に通り辛くなると思われます。 そこで、2回目の審査では必ず通すために、オリジナルの撮影動画を完全外注したものを動画に投稿するようにしました。 過去動画も以前と同じように掲載した状態で、審査に出すと通過しない可能性がありますので、一度非公開にして審査に出しました。 ただ、もしyoutube側が非公開動画も審査対象になると、削除しなければなりません。 その時はリメイクして再度動画を投稿していきたいと思います。 ちなみに過去の動画を非公開してからは、デイリーの再生回数とチャンネル登録者の増減が減少してしまいまいた。 以下、2019年2月8日くらいに削除したので、それ以降は本日含め明らかに再生回数とチャンネル登録者の増え方が低迷しましたね。 【視聴回数の増減】 Sponsored Links 【チャンネル登録者数の増減】 追記:2019年2月21日 やはり投稿動画数が減ると、毎月のチャンネル登録者数が減少してしまいましたね。 収益化審査の通過が待ち遠しいですね。 youtubeのチャンネル登録者数は収益に比例しない youtubeチャンネルの登録者数と収益は比例しないです。 つまり、チャンネル登録者数が多いからといって、自分よりチャンネル登録者数が低いyoutubeチャンネルより稼いでるとは限りません。 例えば以下の方の場合、チャンネル登録者数が1万人にも関わらず毎月の報酬が6000円とツイートされていますが、3〜4年も更新をとめていたら報酬は確実に減っていきますし、投稿している動画の母数が少ない場合は更新をとめてからの報酬の減り方も早いでしょう。 ここ3~4年まったく手入れしてないですが、登録者数約1万人程度のYouTubeチャンネルの数字です。 参考までに。 再生数と広告収益で食うってことが現実的なのかどうか? 3万円のマニュアル買う前に、考えるきっかけになれば幸いです。 チャンネル登録者1000〜3000人くらいでも毎月数万円稼げてる方もおられますので、youtubeのチャンネル登録者数が多ければ多いほど報酬額が高いというわけでもないですね。 youtubeを最短で成功するにはニュース動画? youtubeを使って最短でお金を稼ぎたい方はニュース系動画がおすすめですね。 ニュース系動画といっても簡単なスクロール動画や、文字・テロップを装飾したような動画ももう稼げないなので要注意です。 他にもラジオ動画ですね。 某インフォプレナーで有名なバナナデスク氏がYTM(youtubeトレンドマーケティング)をリリースした時には音声と画像を簡単に引っ付けたラジオ動画が流行っていましたが、今は完全に著作権的にアウトですね。 というよりこれらの動画は今後収益化が厳しいので、個人的にはおすすめできないです。 例えば、フリーランスの王で人気急上昇な株元氏はで「就活+グラビア(色気)」の2本でブランディングをして就活や転職、起業に悩んでる男性層を一気に取り込む戦略をとっていますね。 グラビアの質は置いといて、やはり、色気のある動画は再生回数が伸びますので、こういった戦略もおすすめです。 ニコニコ動画の報酬も今後伸びると予想 ニコニコ動画ですが、現在毎月の報酬が数千円になっています。 youtube同様、ニコニコ動画も過去に投稿していた動画が突然再生回数を伸ばしたりコメント・マイリストが増えたりしますね。 ニコニコ動画の場合はyoutubeと違い、コメントやマイリストが増えただけでも報酬がアップします。 またニコニコ動画はユーザー層がyoutubeと違うので、youtubeでバズらなかった動画がニコニコ動画ではバズったり、大量のコメントがついたりすることがあります。 個人的な印象にはなりますが、youtubeとニコニコ動画の両方で再生されたり話題になるのは、動画のクオリティーが高くて洗練されたものになりますね。 逆に中途半端な完成度の動画はyoutubeで再生され辛いですが、ニコニコ動画の場合は未完成であってもそれが逆に楽しめてもらえてコメントでツッコミをもらえたりしますね。 ですので、もし作成した動画が未完成でシュールな要素がある場合はニコニコ動画にも投稿してみてもいいかもしれません。

次の