遊戯王 リンクス。 ‎「遊戯王 デュエルリンクス」をApp Storeで

【遊戯王デュエルリンクス】新ミニBOX『クロニクル・オブ・グローリー』登場!無課金・微課金勢は引くべき?

遊戯王 リンクス

1ターンに2回融合!? 「月光融合」があるのに「融合」もある理由は ・融合召喚をしやすくする ・1ターンに2回できる からです。 「月光融合」は「月光黄鼬」からサーチすることができますが、 1ターンに1回しか使えないのです。 解説します。 「月光翠鳥」の効果を発動し、「月光黄鼬」を手札から墓地に捨て、デッキからカードを1枚ドロー。 デッキから「月光融合」をサーチ。 フィールドの「月光翠鳥」を手札に戻し、墓地から「月光黄鼬」を特殊召喚。 この時、墓地から効果で特殊召喚されている「月光黄鼬」は、効果により除外されます。 「月光舞猫姫」を融合召喚。 簡単ですね。 え? 引き運? そればかりはどうしようもないです。 「月光白兎」も使えるぞ ちなみに。 「月光白兎」には 「このカードが 召喚に成功した時、「月光白兎」以外の 自分の墓地の「ムーンライト」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを 守備表示で特殊召喚する」 という効果があります。 この効果で墓地の月光モンスターを特殊召喚。 そのカードを持ち主の手札に戻す。 」 の効果で 相手の魔法罠を手札に戻し さらに 墓地の「月光黄鼬」の効果を使えば……。 手札が「融合」「月光白兎」の2枚しかなくても、墓地に「月光黄鼬」ともう1体月光モンスターがいれば、3体融合で「月光舞剣虎姫」が出せちゃえます。 ぜひお試しあれ。

次の

『遊戯王 デュエルリンクス』に本日から新BOX「クロニクル・オブ・グローリー」が登場!:時事ドットコム

遊戯王 リンクス

未知の世界とリンクしよう。 誰も見たことのない最高のデュエルがここにある。 誰でも遊べるかんたん操作!モバイルならではの新操作でデュエルを楽しもう。 エースモンスターは迫力の3D演出で登場。 ステージミッションをクリアするとさまざまなアイテムが手に入るぞ。 専用ミッションをクリアすると使用キャラクターとして選択できるようになるぞ。 「遊戯王 デュエルリンクス」なら、いつでもどこでもだれとでもデュエルができる。 集めたカードを自由に組み替えて、君だけの魂のデッキで強者に立ち向かえ! [遊戯王について] 「遊戯王」は1996年から株式会社集英社の「週刊少年ジャンプ」で連載された高橋和希先生原作の人気マンガで、 コナミデジタルエンタテインメントでは、原作マンガを映像化したアニメ「遊戯王」シリーズ(テレビ東京系列他にて放送中) を題材としたトレーディングカードゲーム(TCG)や、家庭用ゲームを世界中で多くのお客様にお楽しみ頂いています。 【動作環境】 対応OS:iOS 10. 0以上 対応端末:iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。 動作環境を満たす端末でも、端末の性能や仕様、端末固有のアプリ使用状況などにより、正常に動作しない場合があります。 カードの制限ではなく、デッキの制限をお願いしたいです。 1デッキに同名カード3枚までは1種類のみ、2枚までは2種類のみ。 また、先行ターンでもドローできる、守備表示表側召喚可能、、相手ターンでのサレンダー不可、ライフポイントのUP。 これらの検討を本当にお願いしたいです。 特にデッキ制限は心から実装をお願いしたいです。 これから始められる方へ 無課金でも地道にですがカードを揃えられます。 狙いを定めて強デッキ作成に走れば課金者に負けっぱなしということはないでしょう。 課金しないと何枚も揃えられないカードはあります ストラクチャーデッキ。 そこに拘らずとも強デッキの種類はたくさんあるので色々使ってみると自分に合ったものがあると思います。 私の場合は好きなモンスターがおりそれを軸にデッキ構成しているので、まあ弱いです。 それでも色々工夫して負けにくくはしてますが、最近発売されているパックのカード達には太刀打ちできません。 好きなモンスター使って勝ちたいではなく、勝ちたいから強いモンスターを使うというのがここ最近の流れです。 サブテラー、メタファイズら辺からもうおかしいです。 相手の場のカードを全て無くして、何も不安のないところにダイレクトアタックして終わり。 駆け引きとかはありません。 なので提案しました。 では、長々と失礼しました。 レビューでは課金者優遇すぎると書かれていますが、このゲームは無課金で十分過ぎるほど遊べます。 むしろこんなに無課金で遊べていいの?って感じです。 課金することのメリットはカードが手に入りやすくなることですが、これはデッキの強さを得るというよりは組めるデッキの種類を多くするという意味合いが強いです。 即ち趣味の領域です。 逆に無課金のデメリットはジェム量や課金アイテムの関係から組めるデッキの種類数に限界があることと言えるでしょう。 ただ、課金アイテムがgetできるチケットも定期的に手に入るので、長期的に見れば無課金で作れないデッキはありません。 ランク戦で勝つためにも課金は必要ないです。 無課金で多くの環境デッキを構築できます。 現に私も、空牙団、コアキメイル、青眼、カラクリ、サブテラー、堕天使、エレメント召喚獣、クリストロン、霊獣、BF、サイバー、サンドラといったデッキを組んできました。 始めたての方にも組みやすいお手軽無課金デッキも多数存在し、2020年5月現在で言えば月光やライトロードなどは1種類のboxで殆どの必要パーツは揃いますし、十分デュエルキングにもなれます。 このboxを開けるにはジェムが必要なのですが、ジェムはイベントやキャラのレベルアップ、ミッションクリアで無課金でも大量に貰えます。 始めたての方は特に後者2つで多量にgetできるので、沢山パックが引けて、好きなデッキが作りやすいと思いますよ。 確かにocgをしたことのない方や始めたての方にとって、ランク戦は最初厳しいものかもしれません。 ですが、他のプレイヤーのデッキレシピを確認したりして、自分の構築• プレイングを磨いていけば必ず勝てるようになります。 遊戯王の魅力は、むしろこの試行錯誤にあるのではと個人的には思っています。 好き嫌いはあると思うのですが、私としてはとても満足しているので最高評価とさせていただきました。 長文になってしまいましたが、参考になれば幸いです。 最近のデュエルリンクスは現環境に見合わない異常に強いカード、俗に言う壊れカードを販売し、ユーザー方に金を大量に払わせた途端にそのカードを使えないように規制するという詐欺まがいの商法になっています。 金と時間と労力を使い、確率の低いカードを3枚も揃えられたというのに短期間で使えなくしてしまうようではユーザー方の不満は高まるばかりです。 運営は規制というものを軽く使いすぎです。 規制するという行為は運営の環境を見定める能力がない。 つまり、運営の無能さが引き起こした愚かで恥ずべき行為です。 金が絡んでいる以上規制は絶対起こしてはいけないです。 今の運営ではそれが不可能に近いと思うのでユーザーへの陳謝を込めて、代替措置である交換システムを導入すべきです。 このシステムを導入することで新規ユーザーの獲得は確実でしょう。 新規ユーザーまたは無課金ユーザーは出来る限り強いデッキを作ろうとします。 時間をかけてやっとの思いで完成した。 デッキが今までのように規制されては努力が水の泡になったユーザーがアンインストールする未来が容易に想像できます。 またたくさんの時間をかけてデッキを作らなければいけないのですから。 しかし、交換システムが有れば、確実に時間の節約ができます。 一度たくさん努力すれば以前よりも簡単にできるという意識が芽生えるので、人間の継続する力に刺激を与えます。 このアプリがたくさんのユーザーに長き渡り愛されるアプリになるといあのは決して悪くない話だと思います。 検討の程よろしくお願いします。 by直前登録から現在まで継続してデュエルリンクスを愛しているユーザー兼ocgプレイヤー.

次の

お知らせ

遊戯王 リンクス

というわけで、あくまで個人的意見ですがこのパックは引くべきかどうか考察したいと思います。 早速結論からいきますが、無課金・微課金で強いデッキを組みたい人は スルーでいいと思います。 理由は、 ・汎用性のある どんなデッキにも入れられる 強力なカードがない ・新規テーマが、現環境上位のデッキに対して強くない ってところです。 ただ、今後のカードプールの変化によっては後で必要になる可能性もあるし、新カードも強いかどうかは別にして面白そうではあるので、あくまで「今勝ちたい」人は引かないでいいかなってことです。 では内容を見ていきます。 大きく分けると って感じですね。 リンクスでは初の シンクロチューナーを素材に指定するシンクロモンスターです。 ロマン力は高そうですが、ぶっちゃけ私はめちゃくちゃ微妙なカードだと思っていて、その理由は ・出すのが難しい。 素材にシンクロモンスターとシンクロチューナーを指定しているので、出すのが非常に大変です。 シンクロチューナーはこのミニBOXに5種収録されていますが、どれもモンスターの展開を助けるような効果はほぼないと言っていいです。 シンクロ召喚でしか出せないのでシャドー・インパルスなんかで出すこともできません。 ・出しても勝てない これが一番大問題です。 出すのが難しいモンスターでも、出しさえすれば一気に勝ちが見えるくらいのパワーがあればいいですが 相手モンスターを除外できるアスカロンとか2回攻撃できる降魔弓のハマみたいな 、このカードの効果は受身で相手の場に一切干渉できません。 相手の効果を受けなくなる効果自体は、最上級の耐性ではありますが、永続効果ではないのでこの効果の発動にチェーンされて因果切断とかデモンズ・チェーンとかされたら普通に食らいます。 ・普通に殴り倒される 攻撃力が3000しかないって感覚が既に麻痺してるような気もしますが、事実現在環境上位にいるようなデッキは、不知火もウィッチクラフトもサイバーもHEROも召喚獣もドラグニティも当然のように3000を超えてきます。 一応、戦闘破壊されたら除外されているドラゴン族Sモンスターを特殊召喚できますが、それで逆転できるくらいなら最初からそのモンスターでいいじゃんって感じもします。 一応真面目に出そうとするなら、ABFシンクロモンスターのチューナーとして扱う効果とスキル『レベル下降』を使うのが出しやすいのかなと思います。 今回登場したシンクロチューナーの中だと、 瑚之龍 コーラル・ドラゴン なんかはチューナーであることは置いといても使いやすい効果を持ってはいるので余裕があれば1枚くらいはゲットしといてもいいかもしれません。 シンクロチューナーを活かそうと思うと、必然的にEXデッキが膨らむのでそもそも6枚制限のあるリンクスだと厳しいんですよね。 今後枠が増えていけばもう少し使いやすくなると思います。 今後されている謎のDホイーラーは、シンクロチューナーを多用するデッキの使い手なので何らかの梃入れに期待したいところです。 儀式テーマですが、儀式魔法が存在せず儀式モンスターを儀式魔法として使えるという儀式召喚の概念がどっか行っちゃってるテーマです。 実質的にセンジュゴッド1枚で儀式魔法も儀式モンスターもサーチできるってことになりますね。 従来の儀式テーマに比べると格段に安定しそうです。 メガリス・べトールは攻撃力こそ低いですが墓地の儀式モンスターの数まで相手の場のカードを破壊できる強力な効果を持っています。 これ対象を取らなかったら更に良かったんですがね。 メガリスモンスターは全て岩石族なので、今ちょっと流行ってるライロで墓地に岩石族を貯めてブロック・ドラゴンを出すようなデッキと組み合わせるてもいいかもしれません。 ただ、ウィッチクラフトにはほとんど通用しなさそうなのがやっぱり気になりますね。 儀式魔法がいらないことを活かして汎用魔法罠を多く積めればワンチャンあるかもしれません。 このへんは試してみないと分かりませんが、「現環境と戦える」デッキにはなったとしても「現環境より強い」デッキになる可能性はほぼないかなって気がします。 モンスターが炎属性サイバース族で統一されたテーマです。 シンクロモンスターの 炎斬機マグマが登場しています。 マグマの効果は相手モンスターを戦闘破壊した後に相手の場のカードを2枚まで破壊できます。 攻撃する前に邪魔されたら無意味なのが微妙ではありますが、破壊されたらデッキから「斬機」魔法・罠カードをサーチできるので斬機方程式をサーチすれば攻撃力を上げて蘇生できます。 ロボっぽい見た目でけっこう好みではあるんですが、歯抜け実装で全然カードが足りていません。 OCGではチューナーモンスターもちゃんといます。 そして、マグマがチューナーであることからも臭わせていますが、レベル12の 炎斬機ファイナルシグマというクソカッコいいシンクロモンスターも存在しています。 ナブラもマグマもEXモンスターゾーンという文言があるから実装できないのか強すぎるという判断で実装できないのか分かりませんが、こういう中途半端な実装をするくらいなら既存テーマをもっと強化してほしいものです。 OCGの斬機はエクシーズモンスターを使うテーマでもあるのでゼアルワールド実装後に強化される可能性もあるので、本格的に使えるのはその頃になるかもしれません。 今使うのであれば、実装される下級斬機を使うのもいいですがレベル8シンクロができるデッキにマグマと斬機方程式だけピン刺しするのもアリでしょう。 シンクロチューナーでもある ドラグニティナイト-ハールーンが登場しています。 ドラグニティ規制されたけど強化来たな!って思いましたが、これどうやって使えばいいんですかね。 クーゼやファランクスを装備したところでハールーンがチューナーなので次のシンクロができません。 無理に使うなら非チューナーのドラグニティを装備してミリトゥムやドラグニティ・ドライブを使う感じでしょうか。 一応私ももありますが、それよりバック除去でも積んだ方が強そうな気がします。 もしかしたら局所的ハリケーンが入れられなくなったことで、ワンキルに特化しないでじっくり戦うタイプのドラグニティも使ってみてね、というような意図なのかもしれません。 それが強いのかは知りませんが。 避雷針 グリフォンの翼 謎としか言いようがありません。 炎の王 ジェネレイド ナグルファー なぜか「王 ジェネレイド 」カードの中でこのカード1枚だけ実装されました。 守備力が200なのでフレムベル・ヘルドッグから特殊召喚できます。 さらに炎属性獣戦士族なので、炎王の急襲や炎王円環などでも特殊召喚できます。 打点が足りなくなりがちな炎王デッキにピン刺ししてると役に立つかもしれません。 炎属性では、リクルーターのUFOタートルも登場します。 それはいいんですが、ジェネレイド1枚だけとか今更ヘルドッグとか追加してちまちま炎属性強化ってやるくらいなら素直に 真炎の爆発出してくれていいと思うんですけどね。 非常に強力なカードではありますが、現環境をぶっ壊すほどでもないと思います。 これ 早くください。 サイバース族の デュアル・アセンブルムは対象を取らずにモンスターを除外できる強力な効果を持っています。 サイバース族も今はちまちま実装されていてイマイチ目立たないですが、こうやってちょっとずつ増えていってそのうちいつの間にか強いデッキになるかもしれません。 本番はやっぱりリンク召喚が来てからかなとは思いますが。 まとめると、「メガリスイケてる…」人は絶対に引くべきで、「斬機カッケエ…」って人は次の追加が来てからでもいいかも、って感じですかね。 特に気になるカードがなければスルーでいいですが、私はとりあえずナグルファー1枚は欲しいかなって思ってます。 以上!.

次の