アスクル トナー 回収。 トナーを廃棄する方法

使用済みカートリッジ(トナー/ドラム)回収のご案内[無償] 富士ゼロックス

アスクル トナー 回収

特別条件複合機 対応エリア 全国対応 メーカー お問い合わせ下さい。 リース料金 月額 6,900円以下(6年リース) カウンター料金 モノクロ 0. を使う上でいずれ必ず交換する必要の出てくるのがトナーカートリッジです。 意外にもトナーの件で「どうしたらいいの?」という声がありますので記事にします。 最近の複合機はトラブルや何かしらの交換が必要な時には、操作パネルのモニター上にアニメーションとして指示が出るので、この記事を見る必要すらありませんが、2013年以前のモデルの複合機にはアニメーションがあっても、わかりずらい事があったりします。 まずトナーを替えるには、複合機のお腹の辺りにあるカバーを開ける事が必要になります。 開けたらトナーを交換する訳ですが、東芝やゼロックス等のメーカーではレバーでトナーをがっちり留めてあるので、レバーを引かなければなりません。 一見するとすぐに取れる見た目になってますので、無理やり引っこ抜くと破損しますので、少し力を入れて抜けなさそうだったら、周辺にレバーらしきものがないか確認して下さい。 トナーを新しいのに変えたら通常通り使用出来ます。 はありますが、 メーカーが無料で空のトナーを引き取ります。 分からなければ複合機のお腹の辺りにある電話番号に「空のトナーを回収して欲しいのですがどうすればいいでしょうか?」と言えば、オペレーターが指示をしてくれるでしょう。 また、気をつけなければいけないのが、トナー粉は非常に落ちにくいので、床に落としたら掃除が大変です。 あらかじめ新聞紙を敷く事をおすすめします。 それから、トナー粉は引火性がありますので、火気は厳禁です。 これは日々、 印刷する際に出るトナー粉のカスを貯める容器になります。 昔はこの容器がなくて複合機にトナーのカスが溜まって不具合が出るという事がありましたが、最近の複合機にはどのメーカーも付いています。 容量がいっぱいになったら、複合機の操作パネルでアニメーションで表示がされます。 こちらもトナーと同じく無料で引き取りは可能です。 気を付ける点としては容器を傾けない事ですね。 廃トナーBOXに関しては、 月間500枚ぐらいの印刷枚数の少ない企業だったら、次の複合機の入れ替えまでに替える必要もないでしょう。 関連記事 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ >>.

次の

キヤノン:サポート 使用済みトナーカートリッジ

アスクル トナー 回収

対象地域 全域 翌日・翌々日配送エリア 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 静岡県 鳥取県 岡山県 山口県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 ご不要になった古いカタログを商品をお届けにうかがったドライバーに直接お渡しください。 回収させていただいたカタログは、リサイクル資源として有効に活用させていただきます。 また、アスクルカタログは、アスクル「」に基づき、カタログ用紙の調達とリサイクルがしやすい仕様による制作を委託しております。 カタログの回収にのみ伺うことはできませんので、ご了承ください。 ダンボール回収 対象地域 全域 翌日・翌々日配送エリア 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 静岡県 鳥取県 岡山県 山口県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 下記の地域は紙袋も回収いたします。 対象地域 全域 翌日・翌々日配送エリア 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 ご不要になったダンボール・紙袋を商品をお届けにうかがったドライバーに直接お渡しください。 回収させていただいたダンボール・紙袋は、リサイクル資源として有効に活用させていただきます。 枚数・冊数が多い場合は束ねてお渡しください。 量が多い場合は、事前にお客様サービスデスクまでご相談ください。 また、回収量、その他の状況により改めておうかがいさせていただく場合がございます。。 ご購入いただいたレーザープリンタ用トナーカートリッジ(ドラムカートリッジ、感光体ユニットを含む)、FAX用トナーカートリッジ、コピー用トナーカートリッジ・インクカートリッジを、無料回収しております。 再利用と再資源化を推進するだけでなく、オフィスでの廃棄コスト削減にもお役立ていただけます。 (無料) WebかFAXでお申込みください。 (注1)インクカートリッジは5個以上からの回収となります。 (注2)当日配送エリア・翌日配送エリアは、でご確認ください。 (注3)回収はトナーカートリッジのみとなります。 誤って他の商品等をお渡しいただいた場合、お戻しできない可能性がございます。 ご購入いただいたキングジム「テプラ」テープカートリッジ、カシオ計算機「ネームランド」テープカートリッジ、ブラザー「ピータッチ」テープカートリッジを、無料回収しております。 回収したカートリッジは、メーカーで再び資源として活用されます。 30個以上の使用済みキングジム「テプラ」テープカートリッジがたまりましたら、お手数ですが下記住所まで 着払いにてご送付くださいますようご協力ください。 〒136-0075 東京都江東区新砂2-3-5 東京流通センター2号倉庫 1階 アスクル新砂返品センター アスクル「テプラテープ回収BOX」係 30個以上の使用済みカシオ計算機「ネームランド」テープカートリッジがたまりましたら、お手数ですが下記住所まで 着払いにてご送付くださいますようご協力ください。 〒136-0075 東京都江東区新砂2-3-5 東京流通センター2号倉庫 1階 アスクル新砂返品センター アスクル「ネームランドテープ回収BOX」係 50個以上の使用済みブラザー「ピータッチ」テープカートリッジがたまりましたら、お手数ですが下記「ブラザーコールセンター」までお電話ください。 着払いの宅配状と回収箱をブラザー社より送付させていただきます。 ブラザーコールセンター TEL. 0120-590-383(フリーダイヤル) 受付時間:月曜~土曜 9:00~12:00/13:00~17:00 アスクルの環境への取り組み.

次の

キヤノン:サポート 使用済みトナーカートリッジ

アスクル トナー 回収

使用済みのトナーの廃棄方法は? トナーカードリッジに入っている微粒子のトナー。 その大きさは50~80ミクロンです(1ミクロン=1000分の1ミリ)。 熱に溶けやすいプラスチック樹脂で出来ており、紙に色を付けるための顔料やワックス、鉄などの金属粒子(帯電制御剤)などが付着しています。 ゴミ回収に出すと危険!発火する可能性 粉塵爆発とは、空気中に可燃性の粉塵が一定濃度で存在する場合、ライターなどの着火源により爆発が引き起こされる現象です。 紛体の大きさが500ミクロン以下ですと粉塵爆発の危険性があり、特にマグネシウムやアルミニウムは爆発しやすいです。 トナーは爆発しにくい素材を使用しておりますが、燃えないゴミに出してしまうと、 ゴミ回収車の中でスプレー缶やライターなどと接触し、出火する可能性があります。 通常の掃除機で吸引してはいけない カードリッジの破損などで中身がこぼれてしまった場合、掃除機で吸引すると、 粒子の細かいトナーはフィルターを通過してしまい、発煙・発火する恐れがあります。 万が一中身が出てしまった場合には、フィルターの細かいトナー専用掃除機を使用するか、ほうきで掃除しましょう。 トナーの廃棄方法は簡単!回収ポストに入れるだけ トナーを廃棄するには、お近くの家電量販店に設置されているトナーカートリッジ用の回収ポストに入れます。 家電量販店にはキャノンの回収ボックス(エコリカ)があり、投入口に入れるだけでOKです。 回収ボックスには小型~大型があり、 大型サイズの場合、インクカートリッジ用の投入口の下が、トナーカードリッジ用の投入口となります。 訪問回収・宅配便回収も無料でできる 純正品のトナーであれば、メーカーに引き取り依頼できます。 1点から訪問回収できますし、宅配便(着払い)でメーカーに送ることもできます。 回収費用は無料です。 純正品以外であれば、トナー回収業者に依頼して無料で回収してもらえます。 トナー回収業者とは、リサイクルのためにトナーを回収している業者です。 廃品回収業者ではありませんので、トナー以外の処理は依頼できません。 トナーは箱に入れて回収する トナーの本数が少ない場合は、訪問回収を利用しましょう。 トナーはまとめて1つの箱に入れ、ガムテープなどで梱包します。 宅配便を利用する場合は、メーカー・業者から回収専用箱を貰い、箱がほぼ一杯になったら送付するか、自分で箱を用意して送付します。 トナーを使ってから数ヵ月以内に回収しなくてはならない、などの期限はありません。 未使用のトナーについて トナーを買い溜めしたけど結局使わなかったという場合、未使用のトナーを回収ボックスに入れるのはもったいないですよね。 トナー回収業者の中には、未使用のトナーを買取している業者もあり、 未開封であれば1,000円~4,000円前後で売却できます。 1本単位で売るよりもまとめて売却した方が査定額は高くなりますが、保存状態が悪く劣化が進行している場合、査定額は低くなります。 トナーは回収後どうなる 回収したカートリッジはメンテナンスして、トナーを補充して再利用します。 リユース品は生産コストが低く、通常よりも低価格で購入できます。 ただし、初期不良が起こりやすく、不良品が原因でプリンタ本体に損害を与えるケースも、ごく稀にですが存在します。 しかし、リユース品には不良品の返金保証があり、プリンタの修理費用の保証などがありますので、そこまで警戒する必要はありません。 破損などにより再利用できないカートリッジは再資源化されるので、廃棄物の抑制に繋がります。 宅配便訪問回収は、ブラザーの公式サイト内サポート情報のページにある「訪問回収・お申込み」から申し込むと、希望日に宅配業者が来て、トナーを回収してくれるサービスです。 環境への負担軽減や資源エネルギーの消費軽減の為、2本以上での回収が推奨されています。 箱が満杯になったら、着払いにて返送します。 エプソン:回収サービスと店舗の回収ポストがある エプソンのトナーの場合、取引回収サービスと店舗設置の回収ポストを使う2つの方法があります。 取引回収サービスを利用するには、エプソン公式サイトより「MyEpson」会員登録を済ませてから、回収箱の請求をします。 回収箱が自宅に届いて、それが満杯になったら、公式サイトのマイページから回収依頼をします。 店舗設置の回収ポストは、エプソン製品販売店の店頭に設置してあるので、そこにトナーを投入するだけです。 メーカー5社共同の「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」も便利 「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」というのは、使用済みのインクカートリッジの回収とリサイクルを促進する為に、プリンターのメーカー5社が共同で始めたリサイクルシステムです。 ブラザー、エプソン、キャノン、デル、日本HPの5社の共同プロジェクトで、里帰りプロジェクトにて回収されたトナーは、仕分けされてそれぞれにメーカーに送られてからリサイクルされることとなります。 回収方法は、 「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」回収箱設置郵便局や自治体施設に持っていき、回収箱に投入するだけ。 回収箱の設置場所は、下記の里帰りプロジェクトサイトから調べる事ができます。 純正品ではないトナーは回収できない トナーの回収の方法はメーカーによって多少異なりますが、メーカー共通なのはそれぞれ純正品に限るということです。 例えばエプソンの回収箱に入れることができるのは、エプソンの純正品のみとなります。 それぞれのメーカーに訪問回収してもらう際も、 そのメーカーの純正品でなければ回収してもらうことができませんので注意しましょう。 「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」も同様で、回収箱に入れることができるのはブラザー、エプソン、キャノン、デル、日本HPの純正インクカートリッジのみ(袋、箱は不可)になっています。 トナーカートリッジは対象外になります。 メーカーによっては、トナーの入っていた箱に入れてテープで止めることが回収の条件になっていることもあります。 開ける際には回収のことも留意して、必要に応じて箱はとっておくようにしましょう。 トナー専門店などでもトナーの無料回収を行っている トナー専門店などのお店でも、無料回収のサービスを行っている所があります。 たとえばトナーの専門店である「こまもの本舗」では、オンラインで新しいトナー購入する時、使用済みのトナーカートリッジを無料で回収してくれます。 回収の方法は、オンラインサイトから新しいトナーを購入する時に「お届け時に使用済みトナーを回収」をクリックして、「回収を希望する」にチェックを入れることです。 商品到着時に着払い伝票が同封されますので、それを使ってメーカーに送付することができます。 他にも多くのトナー専門店で同様のサービスが行われていますが、それぞれ条件が設定されていることもありますので、事前確認が必要です。

次の