自粛 どこまでok。 外食における解禁と自粛中の境界線……参加OKなのは何人までの外食?(Suits

「外出を自粛」って、どこまで許される!? │ ごきげんワーキングマザー生活

自粛 どこまでok

ステイホーム週間 STAYHOME とは小池都知事が発表した外出自粛期間のことで、家から外出しないよう求めた際に発した言葉です。 新型コロナウイルスは、感染した後発症までに約14日前後かかるといわれています。 感染した後元気なまま他の人に移してしまう期間が14日前後あるとも言えます。 大型連休のゴールデンウィークにあたる期間を外出自粛し、爆発的な感染を防ごうという取り組みです。 現在日本においては、海外からの旅行者を含めて一日に3、400人近くが新型コロナウイルスの診断を受けています。 東京都においては100人以上出ている状態です。 この状態で大型連休に入り、地方、都心の人が入り乱れると全国に拡散してしまう恐れがあるということでステイホーム週間が設定されました。 現在医療現場ではかなりギリギリの状態で治療が続けられていますが、地方においては感染症の対策がされている病床がほとんどありません。 長期休暇後に地方で数人感染者が出た場合その段階で医療崩壊を起こしてしまいます。 ステイホーム週間はいつから? 最近周りの人がどのように過ごしているか気になりませんか?今回エコスタイルでは店舗をご利用になったお客様にアンケートを実施しました。 いらないものを片付けたり、処分するものをまとめる時間が出来たということで今後そういう人が増えてくると思われます。 大型連休に入り、自宅から出たくなる気持ちがあるかもしれませんが、この機会にできなかった片づけを行ってみるのもよさそうですね。 非対面、外出しないでできる宅配買取 時間が出来て片付けや処分を進める人におすすめするのが、非対面、外出しないで売却できる宅配買取です。 エコスタイルの宅配買取は箱に詰めて送るだけ。 後はスマートフォンや携帯から確認し、入金されるだけの非対面取引。 箱などのキットはご自宅に袋で覆って多くりしますので届いたら中に詰めて送るだけ。 集荷は配送業者が玄関まで取りに来ますので家から出ずに済みますので安心です。 家の片づけでいろいろ売却しようと思ったときにたくさん持っていくのが大変、今不要不急の外出をするのは危険ということで利用される方が増えています。 今なら鑑定士を増員しておりますので、最短24時間査定です。 気になった方は下のバナーから宅配買取をお申し込みください。 ステイホーム週間は買い物できる?公園なら大丈夫? ステイホーム週間にできることは何があるかご存じでしょうか。 ステイホーム週間、基本的には家から出ないというのが重要です。 小池都知事の要請では、 買い物は3日に1回程度にとどめるとともに、スーパーなどの小売店は入店規制などを行い極力人が多く入らないようにして欲しいといわれています。 また、つい最近までは、公園など外であれば大丈夫と言われていましたが、今ではそうではありません。 東京都は感染の危険から公園や施設の駐車場の閉鎖を決定しています。 外にいても人がいれば感染の恐れがあるためです。 また、最近の話では、一般的に2m以上離れる、と言われていましたが、ジョギングなど通常より息が上がる場合、多くのウイルスを吐き出すのと、人の動きで滞留してしまい、2mでは感染の恐れがあるといわれるようになりました。 ジョギングなども基本的には控えるようにした方がいいでしょう。 という話は今ではあてになりません。 大丈夫であれば海外で外出禁止にならないはずです。 まとめ ステイホーム週間、せっかくのゴールデンウィークですが、今年は静かにゆっくりと、普段できないことを行いましょう。 出かけたい気持ちはわかりますが今は非常事態。 子供がかかって苦しんだら、実家の高齢の親に移ったら、会社の人たちに移してしまったら、と考えてみたら、自粛してみようと感じるのではないでしょうか。 なかなかない自粛期間の大型連休です。 この機会に普段できていない片づけや、本を読んでみるなど豊かな生活をしてみましょう。 一人一人の心掛けが、今後の生活を変えます。

次の

《新型コロナ》不要不急どこまで? 外出自粛要請も線引き難しく|社会・話題|上毛新聞ニュース

自粛 どこまでok

お出かけはどこまでOK?今日からできることは? 2020年2月25日に厚生労働省が新型コロナウイルス感染症対策の基本方針を打ち出したことにより、多数の公演などのイベントが延期や中止され、会社でもテレワークや時差出勤を推進するといった行動が出てきています。 誰がいつ新型コロナウイルスに感染してもおかしくないといった状況になりつつある中、なるべく外出を控えようとすでに予定を変更するなどの対応を始めている家庭もあるかもしれません。 しかしいくら新型コロナウイルスが流行しているとはいえ、一日中家に引きこもっているというのはなかなか難しいですよね。 実際にはどの程度のお出かけを控えるべきなのでしょうか? お出かけに関する疑問について、株式会社メドレーが運営するオンライン医療事典「MEDLEY」の監修医師 園田先生に質問しました。 その回答や厚生労働省が公表している情報を元に対応策をご紹介します。 不要な外出はなるべく控える 「感染経路が明確に分かっていない、かつ症状が出ていない感染者もいる以上、どこへ出かけても感染の可能性はあると考えるのが一般的です。 日本政府は不要不急の集まりを控えるように指示していますし、確率論でいうと、感染の可能性が上がる人混みは極力避けるように考えてください」 園田先生 行かなくても困らない外出は控えつつ、スーパーに買い物など毎日の生活には欠かせない外出の場合は人が多い時間帯を避ける、行く回数を減らすといった工夫ができそうですね。 延期できる行事は予定を変更する 3月は何かとイベントが多い時期ということもあり、すでにお出かけの計画を立てている家庭もいるでしょうか。 厚生労働省では、3月中旬までの2週間において人が多く集まるイベントは開催の中止または延期などの対応を求めています。 たとえ大きなイベントや行事でなくても、人が集まる場所にいく予定なのであれば、できる限り日にちをずらすもしくはいったん中止するという判断もあります。 なるべく人混みは避ける さらに園田先生によると「人の行き来が多いようなタクシーや電車やその他の公共交通機関も同様に考えてください」とのこと。 お出かけ先だけでなくそこまで行く際に利用する公共交通機関も、人が多く集まる場所と同じリスクがあるということを認識しておきましょう。 対策として、公共交通機関を利用しない移動手段を選ぶことや、利用者が多い時間帯を避ける、乗り降りのタイミングで手洗いを徹底するなどの方法がありそうです。 外出するしないに関わらず、手洗いは徹底する 人が多く集まる場所での感染率が高まるのは当然ですが、人が少ない場所であれば大丈夫ということはなく、誰がいつどこで感染するかわからない状況です。 「日々の生活の中でこまめに石鹸での手洗いを心がけてください」と園田先生は強調します。 厚生労働省もこまめな手洗いや咳エチケットなどの感染対策を呼び掛けています。 どこへ行く場合でも、これまで以上に意識して行動していきましょう。 出典元一覧• 厚生労働省「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」(,2020年2月27日最終閲覧)• 厚生労働省「イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ」(,2020年2月27日最終閲覧)• 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の

自粛ってどこまで守ればいいの? そんなときこそ問題解決思考で冷静に考えよう

自粛 どこまでok

「3密」の条件に当てはまらない• 飛沫感染、接触感染のリスクが極めて低い• 「こういう奴が感染を広げてる」は間違い• ゼロリスクなどハナからあり得ない• 心の健康も重要 ツーリングは「3密」の条件に当てはまらない コロナ感染を防ぐためには「3密」を避けることが重要とされています。 ところがこの「3密」、基本的にツーリングではすべての条件に当てはまりません。 密集・・・してない 基本一人• 密閉・・・してない 走るのは外• 密接・・・してない 走行中は常に2m以上他者と離れている ただし、「密接」に関してはツーリング中の行動によっては条件に当てはまる場合もあります。 これに関しては後で詳しく話します。 飛沫感染、接触感染の可能性が極めて低い コロナの感染方法には以下の2種類があると言われています。 飛沫感染・・・咳、つば、くしゃみなどで放たれたウイルスを別の人が吸い込んでしまうことによって感染する• 接触感染・・・くしゃみなどを抑えた手で何かを触る。 そこについたウイルスが同じものを触った別の人に感染する そしてこのウイルスは2m空気中を飛ぶと死滅するとのこと。 つまりどちらの感染方法もバイクで走っている間は可能性は0になりますね。 そういったストレスを解消する意味でも「ツーリングは自粛しなくてもいいんじゃないか?」と考えています。 むしろそういったストレスの解消として、「3密」を避けられる「バイクツーリング」は今の時世にとてもあった趣味なのではないでしょうか。 ツーリングはどの範囲まで自粛しなくていいのか ツーリングと言ってもその内容は様々です。 一人だけで行くソロツーリング• 複数で行くマスツーリング• 泊まりのツーリング• 県外へのツーリング• ツーリング中の買い物 以上のように、ツーリングのやり方ひとつでコロナ感染のリスクも違ってきます。 いったいどこまでが許されてどこから自粛するべきなのか。 考えてみました。 ソロツーリング まず一人で行くソロツーリング。 感染リスクは極めて低いと言っていいでしょう。 ただし、このあと行く場所によって感染リスクが多少変わってきます。 マスツーリング 複数で行くマスツーリング。 複数といっても、乗車中はヘルメットをしている上に距離も離れているので、とりあえずバイクに乗っている間は飛沫感染などのリスクはまずないと言っていいでしょう。 あるいは 「一切バイクから降りないor人のいるところで降りない」 という条件なら理論上感染を広げる可能性は0になるので問題ないかと。 ツーリング中の買い物 ツーリング中の買い物。 買い物というのは日常生活でもするものだし、これまで禁止しだしたらもはや何もできないんじゃないかって思うので、これもとりあえずOKだと思います。 少しでもリスクを減らしたいなら、家から弁当などを持参するのもいいでしょう。 まとめ:ツーリングは自粛しなくてもいい 最後にまとめると、• バイクツーリングは自粛しなくてもいい• 0リスクなんてものはハナからあり得ない• 大人数でのマスツーリングや県外へのツーリングは控えたほうが無難 っていうのがボクの個人的見解です。 もちろんこれが絶対正解だっていうつもりはなく、それぞれの状況によって答えは変わるかもしません。

次の