タイピングミスが多い。 ブラインドタッチは出来るんですが、タイプミスが多いです。タイピングゲーム...

タイピングで指が付いていかない!速く打ててミスを減らす方法を紹介

タイピングミスが多い

細かなことが気になってしまい、とことこやってしまうような人は、全体や目的という視点で物事を考えて仕事をするのが不得手のようです。 一方で、一つひとつの仕事を完璧にこなすことができ、個々の仕事でのミスは少ないようで、個々の仕事は信頼して任せられる人です。 細部が気になる人がやってしまうミスの傾向としては、細かな所ばかりに目が行ってしまい知らぬ間に「目的から外れる」仕事をしてしまう、細かな所に時間が取られすぎて時間がかかり「納期間際になってバダバタになりミスをする」、個々ばかりを気にしすぎて「個々のつながりや整合を崩す」といったものがあります。 「目的から外れる」ミスに対しては、仕事を目的で指示し、仕事に対する目標や合否判定基準を示すことで、仕事の目的を意識するようにしましょう。 「納期間際になってバタバタになりミスをする」に対しては、タイムマネジメントシートなどを使って仕事の準備・段取りをスケジューリングしたり、ストア管理によって仕事の平準化を行うことで、納期遵守の計画をしましょう。 「個々のつながりや整合を崩す」ミスに対しては、WBSによる仕事の体系的計画立案や、先行一気通貫で全域での課題を認識することで、全体を見て考えるようにしましょう。 場当たり的に仕事をする人は、今目の前にある仕事を優先度や前後の影響などを配慮せず、準備もそこそこに手を付けてしまうようです。 一方で、実行力があり、まずは実行していくことで物事を切り開いていくような人ですから、新たな領域を広げる推進力となってくれます。。 場当たり的な人がやってしまうミスの傾向としては、後先考えずに仕事に着手して「優先度の高い仕事を後回し」にしていたミス、準備もそこそこで着手して「準備不足でミスをする」、思いつくままに仕事をするため仕事に「ムラがあり不安定になってミスをする」といったものがあります。 「優先度の高い仕事を後回し」のミスに対しては、重緊マップによって職場として仕事の優先度を明確にし、ToDo型ストア管理によって仕事の計画を見える化することで、仕事の優先度を計画するようにしましょう。 「準備不足でミスをする」に対しては、段取り内容を相互にチェックし、準備事項をスケジューリングすることで、仕事の準備をしっかりとしましょう。 「ムラがあり不安定になってミスをする」に対しては、作業ガイドを作成して我流を排除して、行動矯正型手順書で定められた手順を徹底することで、仕事の手順を決めて守る取り組みをしましょう。 言われたことしかしない人は、指示された通り行うだけで、仕事の結果や影響に対して自分が管理責任を負うという意識が希薄なようです。 言われたことは言われた通りきっちりと行うという点では信頼できる人でもあり、指示したことは任せて安心といえます。 言われたことしかしない人がやってしまうミスの傾向は、「管理責任が希薄で自らミス防止をしない」、言われたことをやることを目的としているので仕事の目的を達成することへの意識がないため「目的から外れる」仕事をしてしまう、仕事の結果や影響を考えていないため「問題を想定できずミスを引き起こす」といったものがあります。 「管理責任が希薄で自らミス防止をしない」に対しては、仕事に対する姿勢を改善して意識と緊張感を高め、自らミスを解決しようとするマインドを高める取り組みをしましょう。 「目的から外れる」ミスに対しては、仕事を目的で指示し、仕事に対する目標や合否判定基準を示すことで、仕事の目的を意識するようにしましょう。 「問題を想定できずミスを引き起こす」に対しては、自分のやってしまうミスポイントを見える化して、4M視点でミスにつながる仕事の異常を洗い出す取り組みをしましょう。 他の人と仕事や物事に対する認識がずれる人は、仕事に対する価値観や物事の定義が他の人とは違うものを持っているようです。 その違いから話がかみ合わないことが多いようです。 独創的な考え方をしていますから、他の人が思いつかない画期的なアイディアを出す力があり、今までない製品やサービス、仕事の仕方を開発したり、改革したりするときに戦力となってくれる人です。 認識が他の人とずれる人がやってしまうミスの傾向は、他の人と価値観や定義違うため「指示が伝わらず間違う」、他の人とは違う常識があり「思い込みで仕事をして間違う」、重視するモノや時期の違いから「報連相がずれてミスを流出」といったものがあります。 「指示が伝わらず間違う」に対しては、用語集を作成して言葉のブレをなくし、往復コミュニケーションによって意思伝達精度を高めましょう。 「思い込みで仕事をして間違う」に対しては、相互段取りチェックで一緒に準備してペア作業スタイルで動作と判断を分担して協業し、一人で考えて仕事をしないようにしましょう。 「報連相がずれてミスを流出」に対しては、報連相を正しく学び、段階に応じて適切なタイミングでの情報発信ができるようにして報連相の精度を高めましょう。 何でも抱え込んでしまう人は、仕事も気持ちもすべて自分一人で抱え込んで人に相談できず悩んだり、ムリをしたりしてしまうようです。 責任感が強く、一人でやりきろうとするところがあり、サポートをしっかりとすれば、仕事を確実に実施してくれる最も信頼できる人です。 何でも抱え込んでしまう人のミスの傾向は、気持ちを誰にも話せず「気持ちが沈み込んでミスをする」、仕事を抱え込み過ぎて「多すぎる仕事で混乱してミスをする」、一人で何とかしようとして「報告が遅れてミスが拡大する」といったものがあります。 「気持ちが沈み込んでミスをする」に対しては、嫌な仕事は午前中のうちに片付ける習慣を付けて毎日リセットして正のスパイラルで気持ちを高め、ニコニコカレンダーでお互いの気持ちを見える化して気遣い合う職場づくりをしましょう。 「多すぎる仕事で混乱してミスをする」に対しては、重緊マップで仕事の優先度を明確にし、必要な時に必要なだけの資料やデータで仕事するなど、仕事の整理改善を進めましょう。 「報告が遅れてミスが拡大する」に対しては、段階に応じて適切な情報発信をするようにし、毎日のミーティングでミスを顕在化するなど、細かな報連相ができるようにしましょう。 仕事がいつも中途半端な人は、仕事に対する気持ちにムラがあり、完了させることより、新しい仕事を始めることに喜びを感じているようです。 常にいろいろなことに好奇心があり、探究心がありますから、興味のある新たなモノの調査や企画を任せると誰よりも早く、深く、調べて考えてくれる人です。 仕事が中途半端な人のミスの傾向は、新しいものへの取り組みを優先させて「仕事を完了しないまま終了させる」、仕事に対する気持ちのムラから「仕事にムラがあり抜けがある」、移り気なところから「能力や経験にムラがありミスしやすい」といったものがあります。 「仕事を完了しないまま終了させる」に対しては、仕事の目標や合否判定を示し、仕事のプロセスの中身まで徹底して確認することで完了責任意識を持つようにしましょう。 「仕事にムラがあり抜けがある」に対しては、WBSによる仕事の体系的計画立案、プロセス管理シートによるプロセス管理によって、仕事を体系的に計画し管理するようにしましょう。 「能力や経験にムラがありミスしやすい」に対しては、自分の力の過不足を認識し、できることを確認できるまで徹底的に教えてもらい、力量の均等化をはかりましょう。 すぐ忘れちゃう人は、今、目の前にあることを直感的に処理してしまい、自分のやったことや良かったことや悪かったことなどを気に留めないようです。 過ぎたことをくよくよと気にすることない性格ですから、ストレス耐性があり、難しい仕事でも失敗から学んで成功に導く力がある人です。 すぐ忘れちゃう人のミスの傾向は、良いも悪いも忘れてしまうのでミスしたことも忘れて「同じミスを繰り返す」、今目の前にある情報だけで直感的に仕事をするので、「必要な情報が取り出さずに間違う」、前回のことをしっかりと覚えていないので「仕事の良否判定が毎回異なりばらつく」といったものがあります。 「同じミスを繰り返す」に対しては、自分のやってしまうミスポイントの見える化、職場でミス経験の見える化と共有といったミスの見える化をしましょう。 「仕事の良否判定が毎回異なりばらつく」に対しては、仕事のサービス品質基準を作成し、仕事の目標・合否判定基準を示すことなど、仕事の良否判定基準をつくりましょう。

次の

ミスが多い人の原因・ミスが多い部下の育て方・対策方法|仕事

タイピングミスが多い

派遣社員 派遣社員は、パートやアルバイトとは異なる働き方をする従業員であり、人材派遣会社と雇用関係がある人のことです。 そんな派遣社員でミスが多い人の特徴は、人の話を聞いておらず注意力が散漫、メモを取らない、わからないことを質問しないなどです。 ミスが多い派遣社員を育てるには、メモを活用させ話を聞くようにさせることです。 まとめているときにわからないことがあったら聞く癖を身に付けさせることも大切です。 薬剤師 薬剤師は、薬局やドラッグストア、病院などで働いている人です。 国家資格のため免許を取得する必要があり、主な業務内容は、医師からの処方せんをもとに薬を調剤する「調剤業務」と、薬の服用について患者に説明や指導をする「服薬指導」です。 そんな薬剤師でミスが多い人の特徴は、知識不足のために調剤が正確にできず悪循環に陥ってしまうことです。 ミスが多い薬剤師を育てるためには、職場に慣れさせるということです。 特に、薬剤師は、新しい薬が処方されるたびに知識を蓄えなければならず、精神状態が安定していないとミスが増えてしまいます。 新人 新人は、まだ仕事に慣れていないため、仕事に時間がかかるのは当然です。 そんな新人の中でミスが多い人の特徴は、わからない点を明確にすることなく仕事をする人です。 職場の上司に質問しにくいという精神状態からこのようになることが多いです。 ミスが多い新人を育てるためには、わからないことがあったら質問をする職場環境にすることです。 職場環境がピリピリしているところの場合は、教える先輩が積極的に話しかけて仲良くなることで質問しやすい環境を作ることが大切です。 レジ打ち レジ打ちでミスが多い人の特徴は、早く捌こうとすることです。 丁寧さが欠けてしまい、商品を多く打ったり、また少なく打ったりして合計の金額が合わなくなってしまいます。 ミスが多いレジ打ちを育てるためには、いくらお客さんが急かしてきても、いくらレジに人が多くても、丁寧に正確にレジを打つことが大切です。 早く捌こうとしてミスをしてしまうと余計に時間がかかってしまいます。 入力 入力の仕事は、企業が持っている情報やアンケートなど、外部から得た情報をPCに入力する仕事です。 この入力でミスが多い人の特徴は、レジ打ちと同じように、早く入力をしようとする人です。 データを早く入力しようとしてタイピングに正確さが欠けてしまい、ミスが多くなります。 ミスが多い入力の人を育てるためには、速さも大切ですが、まずは正確さを磨かせることです。 ミスをすることで打ち直しの時間がかかってしまい、速く入力しなければと焦ってしまい、またミスをするという悪循環に陥りることがあります。 ですので、正確さがとても重要になります。

次の

【可視化】ミスタイピングは最小限に。失敗には果敢に取り組む

タイピングミスが多い

伸ばし棒って、タイピングしづらいですよね。 「他の文字のタッチタイピングはできても、伸ばし棒だけは間違えてしまう……」という方も、多いのではないでしょうか。 この記事では、伸ばし棒のタイピングが苦手な方に向けて、「-」をミスせずに打つコツを紹介します。 「まだタッチタイピングができない!」という方は、次の記事を参考にして練習してみてください。 関連記事: 目次• 伸ばし棒のタイピングは難しい タッチタイピングの練習を始めて、何とかローマ字入力で日本語が打てるようになってきた方がつまづきやすいのが、伸ばし棒「ー」だと思います。 「伸ばし棒以外の文字はタッチタイピングできるけれど、伸ばし棒はミス連発……」という方も多いでしょう。 私自身も、タイピングの練習を始めたばかりの頃、伸ばし棒に苦しめられました。 キーボードの右上の方にある• ー(伸ばし棒)• 「(かぎ括弧)・ などを打ち分けることができず、適当に「ここらへんかな?」と押してしまい、ミスタイプを連発してしまうのです。 なぜこれほどタイプミスが頻発するのでしょうか。 これは、• よく使う文字であるにもかかわらず、ホームポジションから遠い• あまり器用でない小指を使う という 2 つの理由からだと思います。 これらは、運指表を見ると明らかです。 運指表(伸ばし棒) ホームポジション(上から 3 段目、F と J がある段)から遠く、小指で打つ範囲(水色)に入っていることが分かります。 このように、伸ばし棒はタイピングしづらいキーです。 そのため、いま伸ばし棒が全然打てなくても、落ち込む必要は全くありません。 伸ばし棒をミスなく入力できるようになるためには、繰り返し練習する必要があります。 ですので、タイプミスが多くても諦めずに、練習を続けることが大切です。 ですが、ただ練習を繰り返すだけと言われても、どうすれば良いのかわからないですよね。 そこで、ここからは 「ー」キーを少しでも簡単に打てるようになるためのコツを紹介します。 打つ指は薬指か小指 先ほど、 伸ばし棒は小指を使って打つと説明しました。 しかし、 伸ばし棒は薬指で打っても大丈夫です。 小指は「-」キーに近いというメリットがありますが、• 5 本の指の中でも不器用• 長さが短い• すばやく動かすのが難しい といったデメリットもあります。 そこで、小指より器用で、比較的長い 薬指を使うのです。 以前、私は伸ばし棒を小指で入力していました。 しかし、なかなか安定せず、なにか良い方法はないかと試行錯誤しているうちに、薬指のほうが入力しやすいことに気づき、薬指で入力するようになりました。 どちらの指で打つほうが楽なのかは、個人差があると思います。 (もしかしたら人差し指や中指の方が打ちやすいと感じる方もいるかもしれません) ひとまず両方の指を試してみて、自分が打ちやすいと思える指を使うと良いと思います。 標準運指と最適化 「運指表では『伸ばし棒を小指で打つ』となっているのに、薬指で打っても大丈夫なの?」と心配する方もいるかも知れません。 しかし、 どのキーをどの指で押すかは自由です。 先程の運指表は、「標準運指」と呼ばれる「学校などでタイピングを教えるために使う仮の運指」を表しています。 標準運指は、あくまでも「仮の運指」ですから、自分が打ちづらいと思ったのなら、自由に運指を変えても良いのです。 (もちろん、標準運指が打ちやすいと感じるのであれば、それを自分の運指にします) このように、自分が打ちやすい運指を使うことを「最適化」と言います。 薬指で打つなら「手を広げる」イメージ 薬指を使って「-」キーを打つ時には、 手首を動かさずに、手を広げることを意識すると打ちやすいです。 ホームポジションに手を置いたとき、手と指は軽く曲がっています。 「ー」キーはホームポジションから遠いので、ホームポジション上で薬指を伸ばしただけでは、「ー」キーに指が届きません。 そのため、薬指を「-」キーの場所まで動かそうとすると、腕全体が前に動いてしまいがちです。 これでは、ホームポジションからの移動が大きく、ホームポジションに戻ることが難しくなってしまいます。 そこで、手首をなるべく動かさずに、軽く曲がっている手と指を伸ばすことで、ほとんどホームポジションから動かずに、薬指を「-」キーに届かせることができます。 打ち終わった後は、伸ばした手と指をもとのように曲げることで、自然とホームポジションに戻ることができると思います。 小指で打つなら「手を回転させる」イメージ 小指を使って打つ方は、 人差し指を固定して、手を回転させて打つことを意識すると良いと思います。 回転させると言っても、手のひらを上にするというわけではなく、肘を外側に出して腕をハの字にするということです。 小指を「-」キーまで動かすときに、腕全体を前に動かしてしまうと、ホームポジションからの移動距離が大きいです。 すると、ホームポジションに手を戻すときに手間取る可能性があります。 そこで、人差し指を「J」キーから離さず、この人差し指を軸として右奥に手を回転させると、「-」キーの場所に小指を置くことができます。 この動きで伸ばし棒の場所を覚えることができれば、ミスせずに入力できるでしょう。 慣れてくれば、人差し指が「J」キーから離れていても、入力できるようになると思います。 伸ばし棒の練習におすすめの練習方法 伸ばし棒だけを集中して練習したいときにおすすめのサイト・ソフトを紹介します。 「-」集中タイピング 伸ばし棒が入った単語だけを練習することができるサイトです。 1 つ 1 つの単語が 3 文字程度なので、「-」の打ち方を集中的に練習できます。 まずは、このサイトで打ち方の練習をすることをおすすめします。 タイプウェル国語 R「カタカナ語」 無料のタイピングソフト「タイプウェル国語 R」の練習モードの 1 つ「カタカナ語」です。 カタカナ語には、伸ばし棒が入った単語が多いので、伸ばし棒を入力する練習になります。 長い単語も登場するので、「-」集中タイピングよりも実践的な練習ができるでしょう。 タイプウェルについて更に詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。 関連記事: まとめ:自分の打ちやすい方法を見つけよう ここで紹介したコツは、あくまでも私が意識している(していた)ことです。 この方法で打ってもいいですし、自分なりに改良して打っても構いません。 練習を続けて、伸ばし棒への苦手意識をなくしてしまいましょう。

次の