古村 比呂。 古村比呂のリンパ浮腫・赤くただれた顔の原因と治療法

女優の古村比呂さん「がんとリンパ浮腫について安心して話せる場を作りたい」

古村 比呂

TOP クラウドファンディングチャレンジ中!! 私は3月2日から、がん・リンパ浮腫と共に歩むサポートのため、 「安心・安全に話せるここだけの交流会開催」を目指して クラウドファンディングにチャレンジしております。 今年はこれまで続けてきた「がん・リンパ浮腫交流会」を全国で開催しようと計画していましたが、 現在は人との接触が厳しい状況となりました。 私たちがんサバイバーはよりナーバスにならざるを得ません。 そこで私は治療中、みなさまからの応援メッセージに励まされ、治療を乗り越えられたあの時を思い出し、今度は私が 誰かに寄り添えたらと思い 「どんな時でも寄り添い会える」交流システムをWEB上で構築したいと思いました。 これからの活動は直接会う交流会とweb上での交流会と両方とも活動していきたいです。 ただこれを実行するには HPのブラッシュアップ、一層のセキュリティー対策、個人情報の管理、ルール作りなどを改める必要があります。 ですがそのための資金が現在ないため、クラウドファンディングにチャレンジして、資金を募ることを決めました。 《詳細はこちらです》 4月24日までに200万円を集めることが目標です。 是非皆様のお力を貸してください。 どうぞよろしくお願い致します。 古村比呂.

次の

古村比呂の旦那・布施博は最低男!離婚理由は元夫に1000%原因がある!

古村 比呂

— 2018年11月月24日午前4時09分PST 2018年に子宮頸がんが再々発したことを公表し、治療を続けた女優・古村比呂が27日夜、公式ブログを更新し、この日、リンパ浮腫の手術が無事に終わったことを報告した。 古村は「手術無事終わりました。 18時頃病室へ戻り 眠ってばかりでしたが 先ほどご飯を食べました」と報告。 翌28日の投稿では「手術後は何をやっても眠いです 午前中は手術後の処置もあり 汗だくになったり 痛さを我慢したり であっという間にお昼ご飯 しっかり食べてしっかりウトウト?!まだまだ眠たいです」、「これから看護師さんと歩きます」と、一夜明けた様子をつづった。 古村は12年3月に子宮頸がんの手術を受け、子宮を全摘出。 17年3月に子宮頸がんが再発し、同年11月に肺とリンパ節のがんが見つかり、治療に努めてきた。 26日の投稿では、この日から入院し、手術を受けることを明かし、「抗がん剤治療後、脚の浮腫がやや進んでしまい右脚にも浮腫が出始めていました」と、状態を打ち明けていた。 yahoo. 17年3月に子宮頸がんが再発し、同年11月に肺とリンパ節のがんが見つかり、治療に努めてきた。 26日の投稿では、この日から入院し、手術を受けることを明かし、「抗がん剤治療後、脚の浮腫がやや進んでしまい右脚にも浮腫が出始めていました」と、状態を打ち明けていた。 yahoo. がんの手術は無事に終了したことのことで安心です。

次の

古村比呂のリンパ浮腫・赤くただれた顔の原因と治療法

古村 比呂

俳優の古村比呂さん(53)が21日、山口市で「がんと共に歩む」と題して講演し、7年間で3度に及ぶがん闘病体験を語った。 古村さんは2011年末、産婦人科で勧められた検診で子宮頸(けい)がんが見つかり、翌年3月、子宮を全摘出する手術を受けた。 医師に全摘を告げられた際、「子宮がなくなると女の人は何者になるんだろうと考えた。 離婚直後で、3人の子どもはどうなるのか」と振り返った。 手術後は「私に起こっている悪いことをすべて子宮が受け止めてくれた」と考えられるようになったという。 5年後の17年3月、がんの再発が分かり、抗がん剤と放射線治療が始まった。 めまいや発熱といった副作用が激しく、ベッドから起き上がれなくなったが、5月に寛解した。 ところが同年11月、肺とリンパ節に転移が見つかった。 「再々発し、がんと闘う気持ちになれなくなった。 髪や眉、鼻毛までごそっと抜け落ち、後がないという気持ちになった」と明かした。 そんな時、次男や三男から「そんな日もあるさ」と、何げない言葉をLINEなどで掛けられたことが支えになったという。 古村さん自身、抗がん剤治療を….

次の