奥川 田中 将 大。 田中将大と斎藤佑樹 差つくのは「当たり前のレベル」の違い|NEWSポストセブン

田中将大と斎藤佑樹 差つくのは「当たり前のレベル」の違い

奥川 田中 将 大

開幕から16連勝、23日のロッテ戦では記録を更新する22連勝を達成したのエース・。 本調子といかないときでも要所を抑え、ランナーを背負っても自らギアを上げ、ピンチをものともしない。 そんな田中のピッチングについて、TBS「NEWS23」(27日放送)では野球解説者・氏が説明した。 田中が活躍する要因を、「技術的にも素晴らしいんですけど、一番の要因はWBCの経験だと思います。 これで精神的に安定している」と切り出した桑田氏。 番組が田中の被打率を「ランナー無しで. 231、得点圏で. 146、満塁で. 000」と紹介するや、「これはギアチェンジができる、まさにエースのピッチングなんですね。 今の季節でわかりやすく説明するとと同じ。 弱、中、強と三つのスイッチがあるじゃないですか」と、ピンチになればなるほど後続を抑える田中を扇風機に例えた。 また、実際の田中の映像を見ながら、「ランナーなしでは軽く投げてますね。 7、8分の力でスーッとストライクを取りにいくと。 弱から強に切り替えてピンチのときは力で抑える。 弱で投げているタイミングでバッターが待っていると、強になったときにはタイミングが合わない」と解説した桑田氏は、そんな田中の投球術を「これは抑えにはできないピッチングなんですね。 先発ピッチャーでもエースにしかできない。 7回、8回を計算しながら、8分でいくところ、全力でいくところを使い分ける」と絶賛した。

次の

田中将大と斎藤佑樹 差つくのは「当たり前のレベル」の違い

奥川 田中 将 大

この冬、全国各地のさまざまな選手・指導者に会うたびにこう聞かれた。 「奥川は見ましたか?」と。 星稜(石川)の2年生エース・奥川恭伸(おくがわ・やすのぶ)が 2018年秋の明治神宮大会で見せたパフォーマンスは、関係者に大きな衝撃を与えた。 昨年夏の甲子園でも活躍した星稜のエース・奥川恭伸 11月 10日の広陵(広島)との初戦、バックネット裏に詰めかけたスカウト陣の前で、奥川は7回を投げて被安打3、奪三振 11の無四球無失点の快投を見せつけた。 試合は星稜打線が爆発し、9対0と点差が離れたため7回コールドで終わった。 広陵は中国大会準決勝で創志学園(岡山)と対戦し、夏の甲子園で話題をさらった2年生右腕・西純矢から7点を奪い、8回コールド勝ちした中国チャンピオンである。 西に対しては7回まで7安打1得点に抑えられていたものの、8回裏に3安打に3失策が絡まり一挙6得点のビッグイニングで試合を決めている。 1年生ながら西と奥川からそれぞれ2安打を放った広陵の好打者・宗山塁は、西と奥川を比較してこう語っている。 「西さんの真っすぐは圧力があって、高め に威力を感じました。 高めに力のある真っすぐが来て、最後に変化球を決め球に使うのですが、コントロールがいいわけではなかったんです。 でも奥川さんはコントロールがよくて、無駄球がない。 ストレートも変化球もキレがものすごくて、どちらでもストライクが取れるので絞り切れません。 追い込んでから投げられる変化球がスライダーとチェンジアップみたいな落ちる球があって、当てられずに打ち崩せませんでした」 そして宗山は実感をこめて、「奥川さんは今まで対戦したなかで一番のピッチャーでした」とつぶやいた。 広陵との試合後、奥川は涼しい顔で会見場に現れた。 疲労の色はどこにも見えなかったが、それもそのはず。 何しろ、この試合で奥川は 78球しか投げていなかったのだ。 奥川は鈴なりの報道陣を前に、こう言ってのけている。 「いつも通り、7~8割の力でコース目がけて投げることができました」 手を抜いたわけではない。 自分のボールをきっちりとコースに投げ分けるために、あえてセーブして投げたということだ。

次の

奥川「目標は田中将」 ヤクルト新入団選手会見 (写真=共同) :日本経済新聞

奥川 田中 将 大

タナカのあるべき姿だ。 」 7戦目 6回:3失点ー 「ボストンを止めてくれタナカ。 」 8戦目 5回:4失点ー 「ボストンからの刺客。 」 9戦目 5回:3失点ー 「100ドルのレモネードスタンド。 」 13戦目 5回:1失点ー 「6月以降は極めて真っ当。 」 14戦目 4回:3失点ー 「タナカ~ニューヨークの幻~。 」 15戦目 6回:2失点ー 「POで頼れるのはセベリーノとタナカだけ。 今夜あの男は際立っていた。 」 19戦目 4回:1失点ー 「ワイルドカードはタナカで行くべきだ。 」 マークソは勝ち星以外の数字も一流だから凄い😓😓 2007 11勝7敗 186. 1回 3. 82 196奪三振 whip1. 2回 3. 49 159奪三振 whip1. 30 2009 15勝6敗 189. 2回 2. 33 171奪三振 whip1. 12 2010 11勝6敗 155. 0回 2. 50 119奪三振 whip1. 23 2011 19勝5敗 226. 1回 1. 27 241奪三振 whip0. 87 2012 10勝4敗 173. 0回 1. 87 169奪三振 whip1. 03 2013 24勝0敗 212. 0回 1. 27 183奪三振 whip0. 94 —————————- 2014 13勝5敗 136. 1回 2. 77 141奪三振 whip1. 06 2015 12勝7敗 154. 0回 3. 51 139奪三振 whip0. 99 2016 14勝4敗 199. 2回 3. 07 165奪三振 whip1. 08 2017 13勝12敗 178. 1回 4. 74 194奪三振 whip1. 0回 3. 90 120奪三振 whip1. 11 現在29歳 12年目 通算 160勝67敗 2081. 2回 1977奪三振 —————————- NPB 99勝35敗 1315. 0回 2. 30 1238奪三振 whip1. 1回 3.

次の