オリンピック 中止 為替。 東京オリンピックは中止!予言者の松原照子さんが断言したその内容とは!?

百田尚樹氏「もう東京オリンピックはないね」新型コロナ感染拡大で五輪中止も想定/芸能/デイリースポーツ online

オリンピック 中止 為替

開催まであと5カ月です。 ここからが追い上げになる。 競技会場の整備費や警備、輸送を含む大会運営費に、大会観戦者らの支出、企業のマーケティング活動費、スタッフ人件費などの直接的効果が 約5兆2000億円。 また、訪日観光客数の増加や交通インフラの整備、バリアフリー対策に競技会場の活用やスポーツ人口、イベントの拡大などのレガシー効果が 約27兆円にも上る。 そこに 2兆円近い広告費が世界中から集まるわけです。 中止になればゼロです。 仮に、延期になっても投資額が増大するだけ。 当初の経済的効果は一切見込めない」 財務省関係者 出典元: 2013年から30年までの18年間で 約32兆3000億円の経済的効果があると試算。 直接的効果:約5兆2000億円。 レガシー効果:約27兆円• 広告費:2兆円 東京五輪が中止となった場合、気になるのは経済損失だ。 総経費はすでに3兆円超え。 一方、都のオリンピック・パラリンピック準備局の試算によると、五輪開催の経済効果は招致が決まった13年から30年までの18年間で約32兆円。 年間約1. 8兆円だ。 五輪が吹き飛べば約20兆円が泡と消える。 経済評論家の斎藤満氏はこう言う。 出典元: 経済評論家の渡邉哲也氏は 「リーマンショック級の恐慌が襲う可能性もある。 観光業に大打撃だ。 広告代理店やメディア、東京五輪の名前を使うコンテンツビジネスなども影響を受ける。 算定のしようがない。 出典元: 東京オリンピック中止の場合のテレビ局への影響は? 民放テレビ局のCMスポット収入は昨年比で4. 3%減になると試算しているんです。 唯一の救いは東京五輪・パラリンピックによるCM出稿効果。 金額に換算し1兆円以上。 五輪中継のため、新たな機材を購入しスタッフも増やした。 すでに投資額は数十億円以上になっている」 民放連幹部 出典元: 東京オリンピック延期や中止の可能性は? 東京オリンピック延期の可能性について 国際オリンピック委員会(IOC)のディック・パウンド委員は、 東京オリンピックを開催するかどうかの判断の期限は5月下旬になるとの見方を示し、AP通信のインタビューに答えています。 1978年からIOC委員を務める最古参のパウンド氏は、準備期間の短さから他都市での代替開催や、分散開催は難しいと指摘した。 東京開催を数カ月延期することも、米プロフットボールNFLや、米プロバスケットボールNBAのシーズンと重なるため、巨額の放送権料を支払う北米のテレビ局が納得しないだろうと否定的で、事態が収束しなければ「中止を検討するだろう」と推測した。 出典元: 各国のプロスポーツ選手のスケジュールや放送権料の観点からも延期の可能性はなさそうです。 東京オリンピック中止の可能性について スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏は 「東京でパンデミックにならない限り、中止の可能性はほぼないと思う」と前置きしつつも、こう続ける。 「IOC(国際オリンピック委員会)が最もこだわっているのは大会の持続可能性です。 IOCのアジェンダ2020は、やむを得ない時は一つの都市以外での『分散開催』を認めています。 ロンドンには既存施設があり、工事経費が抑えられる上、大会運営も心得ている。 東京がどうにもならないと判断すれば、IOCはロンドン開催への変更を含めて手段を選ばないでしょう」 出典元: 新型肺炎についてWHO(世界保健機構)の終息宣言が出ているかどうかだ。 WHOの基準では、ウイルス患者がいなくなってから28日間が経過すれば終息とみなす、とされている。 筆者の予測では、4月上旬から感染者数はあまり増えなくなるがそれでも増え続けるので、5月下旬にWHOの終息宣言が出るかどうかはかなり微妙だ。 出典元: 現段階では東京オリンピックの開催の最終判断は5月下旬。 WHOの終息宣言が開催のカギとなります。 東京でパンデミックにならない限りは中止はされないが、延期の可能性もない方向のようです。 万が一東京での開催が難しい場合はロンドン開催に変更という可能性が高いようです。 東京オリンピックに対するネットの反応は? 「東京五輪中止」などあり得ない。 ロンドンで代替開催など、選挙の候補者がウケ狙いで言っただけのこと。 それに踊らされてはいけない。 そもそも日本に失礼千万である。 歴史的に収束しない伝染病は無いし、夏までには収束するというのが大方の専門家の意見。 最悪のケースでも数ヶ月遅らせればよい。 — 竹田恒泰 takenoma 日本国内の検査が進まないのは、感染者の実数が明確になり、内閣支持率の再急落やオリンピック中止が現実味を帯びてくるから避けているのでは?という主張を所々で見かける。 従来なら「安倍内閣の陰謀」と災害や事故の度に言う人達と同等だと切り捨てたけど、今回ばかりは本当なのでは?と思ってしまう — ラッピングもふ(安藤優子) lpqol オリンピック中止は全然いいと思うけど、オリンピック特需に期待してた政府はどうするんだろうねぇ 全然経済も良くないのに消費税も無理矢理上げたし、やべぇだろ — カビごん backupljk1 オリンピック中止とかあるけど延期ならまだしも、中止とかしたら今まで費やした数百億の総工費が失っただけで旅行客が出してくれる金銭での回収が見込めない場合日本経済完全に大ダメージだよ?? なんならまたすぐに増税とか対策しないと国が失った損失をカバーするのは我々だよ? — りく 相互フォロー sukarabe3689.

次の

2020東京オリンピックが1年延期に!更に延期になった場合と中止になった時の経済損失はどのぐらいなのか?

オリンピック 中止 為替

東京オリンピック・パラリンピックへの影響が懸念されている。 新型コロナウイルスによる感染者数は2月17日現在、日本国内累計で59人、横浜港に停泊中のクルーズ船での陽性反応者数は450人超に達した。 感染経路が特定できないケースも発生し、国内での感染拡大が深刻化している。 政府の専門家会議座長で国際感染症研究所長の脇田隆字氏は、感染拡大への危機感からリモートワークの促進や時差出勤、不要不急の外出を控えるよう呼びかけた。 感染リスクを配慮し、人出が見込まれる催事やイベントの中止も相次いでいる。 宮内庁は17日、令和初の天皇誕生日(2月23日)に皇居で予定されていた一般参賀を中止すると発表。 3月1日開催の「東京マラソン」は、一般参加者枠を全面的に取りやめる。 もはや経済的な影響は不可避だ。 新型コロナウイルスの国内での広がりは、当初想定されていたリスクを上回る可能性が出てきた。 大和総研の山口茜研究員はBusiness Insider Japanの取材に対し、 「東京オリンピックの延期・中止もリスクシナリオとして想定される段階にある。 新型肺炎の拡大が深刻化すれば、2020年の日本経済はマイナス成長に転じる可能性がある」と指摘する。 静岡、奈良、山梨も。 3カ月程度で収束する場合(リスクシナリオ1)と流行が1年程度続く(リスクシナリオ2)場合の2ケースを想定すると…。 —— 新型コロナウイルスによる肺炎の流行が拡大しています。 当初の想定よりも日本経済への悪化が懸念される状況にあると……。 中国からの観光客の減少が長引くことも想定されています。 現在、中国政府は海外への団体旅行を禁止していますが、これが仮に1年程度伸びると中国人観光客は約400万人減少することが想定されます。 業種で言えばホテルなどの宿泊施設や飲食店、デパート、小売店などは収益が悪化する可能性が高いです。 観光庁が1月17日に発表した「訪日外国人消費動向調査」(速報)によると、2019年の中国人観光客の消費総額は1兆7718億円で全体の36. 8%を占める。 1人あたりに換算すると21万2981円。 地域別でみると中国人観光客の割合が高い静岡、奈良、山梨、千葉、三重、岐阜では大きな影響があると想定されます。 特に静岡は富士山周辺の観光需要が高いことから、訪日外国人宿泊者数に占める中国人宿泊者の割合は6割を超えており影響が心配です。 インバウンド需要に依存する地域は経済的な打撃が大きそうだ。 また、日本国内で新型ウイルスの感染拡大が深刻化していくと、他の国から日本への旅行もためらわれつつある状況になります。 インバウンド需要はさらに低下しそうです。 com (写真はイメージです)市中感染が広がれば、国内旅行にも影響が出てくる可能性が高い。 —— 国内では、観光業界やアミューズメント業界などが感染拡大を予防する措置を取り始めました。 市中感染が広がれば、国内旅行にも影響が出てくると考えられます。 イベントが中止になったり、消費者マインドとしても人混みを避ける動きがすでに出始めています。 サービス消費や旅行が控えられ、国内消費の下押し要因となりそうです。 —— Business Insider Japanの取材でも、感染報道があったことで屋形船のキャンセルが相次いでいることがわかりました。 そうですね。 今後、特にアミューズメント施設やデパートなどへの影響が大きそうです。 実際に日本人の来店者数が減ってきており、人混みのあるところの実店舗の消費は落ち込みやすいです。 業種や企業によっては、壊滅的な被害を受けることも想定されます。 ライブやフェスなど、イベントに絡めて旅行を計画しようとしても、イベントが中止になるかもしれない……と考えると、新たな計画は立てにくいですから。 5四半期ぶりのマイナス成長だった。 —— 内閣府が17日に発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比1. 5四半期ぶりのマイナス成長でした。 この数字は新型コロナウイルスの影響が出る以前の期間のものですが、想定以上に落ち込みが大きかったという印象です。 要因としては、消費増税前の駆け込み需要の反動、大型台風や暖冬による消費の伸び悩みが考えられます。 そして、増税の反動減を受けて苦しい中、今度はそこに新型コロナウイルスによる肺炎のリスクがやってきてしまった。 通常であれば、1〜3月は反動でGDPの回復を見込みやすいのですが……。 インバウンド関連はもちろん、中国国内の消費が低下すれば、日本からの輸出が厳しくなりそうです。 また、日本企業では中国国内の拠点で部品を生産している企業もありますから、サプライチェーンの混乱も想定されます。 新型ウイルスのリスクが長期化すればするほど、中国向け輸出の減少は景気の下押し要因となり、経済への悪影響はさらに大きくなるでしょう。 —— 免税店を全国展開するラオックスは、子会社と合わせて160人規模で希望退職を募集すると発表しました。 訪日外国人(インバウンド)需要の低下を受けて国内雇用にも影響が出始めました。 中国で新型肺炎の影響が長引けば、日本経済への影響はどうなるでしょうか。 中国国内での経済の落ち込みは、当初の想定より大きなものとなりそうです。 長期化すると他の国にも景気の悪循環が起こりうる可能性があります。 試算によってはSARSの時を上回る影響も想定されています。 中国だけではなく、他の国や地域でも新型ウイルスが広がったり、中国経済の失速に巻き込まれたりした場合は、日本経済にもさらなる打撃が想定されます。 2020年の実質GDP成長率も、東日本大震災があった2011年以来、9年ぶりのマイナス成長となる可能性もあります。 場合によっては日本経済はマイナス成長となるおそれも…。 —— 今後考えられる、リスクシナリオのポイントは。 なかなか読みづらいところがありますが、新型コロナウイルスのリスクがどこまで長期化するのかにかかってくることになると思います。 さまざまなイベントが中止されるなか、夏の東京オリンピック・パラリンピックへの影響も現実視されてきています。 もし中止が現実のものとなれば、期間中に見込んだインバウンド需要や国内の関連消費はなくなりますし、仮に強行してもお客さんが来ない可能性もあるわけです。 延期や中止になれば、消費マインドが低下し、家計の財布の紐が固くなる可能性も考えられます。 全ては新型コロナウイルスがいつ収束するかにかかってくることになると思います。 観光・アミューズメントなど各社の対応(2月14日取材) 「はとバス」(最新情報は公式サイトへ) ・利用客向けのマスクを営業所窓口に設置 ・営業所カウンターのアルコール消毒 ・運転手・バスガイドなど乗務員のマスク着用 ・従業員の手洗い・うがいの励行 ・車内にアルコール(クレベリン)を設置 東京ディズニーリゾート(最新情報は公式サイトへ) ・レストルームに消毒液を用意 ・キャスト(従業員)のマスク着用 ・キャラクターの着ぐるみなどと来場者が触れ合う一部の演出を取りやめ ・入園者数の変化については、取材に対し「特定期間の来場者数はお伝えしていない。 天気にも左右されたりするので、決算期までお待ちいただきたい」と回答 東京ドームシティ(最新情報は公式サイトへ) ・来場者に手洗い・うがいの励行呼びかけ ・施設内に消毒液を用意 ・来場者数の変化については、取材に対し「詳細な数字はまだ調査中だが、影響はないとは言い切れない。 少なからず影響はあると思う 」と回答 TOHOシネマズ ・手の消毒、手洗いと消毒 ・従業員のマスクの着用(義務ではなく、申し出があれば着用可) ・全ての劇場で来場者用にアルコールを設置 東京国立博物館 ・アルコールの消毒液を多めに設置 ・職員のマスク着用を許可 ・保管する予備マスクを職員に配布 ・国内の感染状況は注視しているが、今後爆発的に流行するなどの状況にならない限り、通常通りの運営を予定 (取材・文:吉川慧).

次の

2020年東京オリンピック開催で為替相場はどうなるのか

オリンピック 中止 為替

過去に中止されたオリンピックの回数= 3回( 夏季オリンピックの回数) というように、 冬季オリンピックは回数に含めません。 夏季オリンピックは中止されても回数としてカウントされますが、 冬季オリンピックは中止されたらカウントされず、まさに 幻のオリンピックとなってしまうんですね。 オリンピック中止の理由 さて、それでは、過去のオリンピックが中止されてきた理由はなんなのでしょうか? それぞれ調べてみました。 【夏季オリンピック】1916年 ベルリンオリンピック(第6回大会) 第一次世界大戦(1914年7月28日~1918年11月11日)により中止。 戦争の長期化を予測できなかったため、 第一次世界大戦が勃発した後も組織委員会は維持されていたそうです。 また、大会競技場として、4万人を収容できる競技場が1912年から1913年にかけて整備されていたとのことです。 【夏季オリンピック】1940年 東京オリンピック(第12回大会) 日中戦争により中止とされています。 しかし、その背景としては、招致活動におけるヒトラーの存在、満州事変から日中戦争に続く国内外の情勢など、 政治的な事情が大きく影響していたようです。 世界初のアジア開催として注目を集めましたが、結果的に 開催都市が自発的に大会を返上した唯一の事例となってしまいました。 【冬季オリンピック】1940年 札幌オリンピック 上記、1940年東京オリンピック同様、 日中戦争により中止。 開催されれば日本初・アジア初の冬季オリンピックとなる予定でしたが、日本が開催権を返上し、中止となりました。 【夏季オリンピック】1944年 ロンドンオリンピック(第13回大会) 第二次世界大戦(1939年~1945年)により中止。 繰り越しということで、4年後の 1948年にロンドンオリンピックが開催されました。 ちなみに、ロンドンでは 1908年と 2012年にもオリンピックの開催地となっていて、中止となった第13回大会を含めると 4回開催地に選ばれているんですよね。 【冬季オリンピック】1944年 コルチナ・ダンペッツオオリンピック 同年(1944年)開催予定だったロンドンオリンピックと同様、 第二次世界大戦により中止。 ちなみに、コルチナ・ダンペッツォでは、 1956年に第7回冬季オリンピック開催が実現しています。 以上、今まで中止されてきたオリンピックはすべて「 戦争が原因」で中止になっています。 現在、国際オリンピック委員会(IOC)が世界保健機関(WHO)と連絡を取っています。 2002年11月に発生したSARSの終息が2003年7月までかかっている• 新型肺炎の勢いがSARSを上回って感染拡大している ということを踏まえると、 2020年東京オリンピックの中止や延期の可能性は十分に考えられます。 過去のオリンピック中止の前例まとめ 新型コロナウイルスが国内でも数人の感染が確認され始め、感染が拡大していますね。 世界で2番目に危険国とされている日本ですが、その日本で東京オリンピックが安全に開催されるかどうか、全世界が注目しています。 過去に中止になってきたオリンピックはすべて戦争が原因でしたが、緊急事態には国・政府が臨機応変に対応していくことが求められます。 安全に東京オリンピックが開催されることを祈りたいですね。 それでは最後までお読みくださりありがとうございました。

次の