お ぼ 方 晴子 stap。 小保方晴子

小保方晴子STAP細胞の研究正しかったと証明されてた?! 米研究者グループ STAP現象発見!

お ぼ 方 晴子 stap

プロフィール• 本名:小保方晴子(おぼかたはるこ)• 生年月日:1983年9月25日• 出 身 地 :千葉県松戸市• 「何にでも変身できる万能細胞であるSTAP細胞を発見し、夢の若返りも可能になるかも知れない」と発言し世界中が大騒ぎとなる。 一週間後 夢の「STAP細胞」に不正疑惑が浮上。 論文の一部がコピペだったと判明し信用が一気に失墜する。 4月1日理化学研究所の調査委員会は、 小保方晴子さんが不正を行ったとする最終報告をする。 4月8日しかし小保方晴子さんは、自身の研究の正当性を訴える為に生放送の記者会見に挑みます。 そこで涙ながらに 「 STAP細胞はあります!」と発表。 後にこの言葉は流行語大賞の候補にノミネートするほど話題となった。 スポンサーリンク 結婚して旦那? 小保方さんを調べていますと 『結婚』『新井正男』いうワードが出てくるので、てっきり『新井正男』さんと結婚したのだと思いましたが、これは全くの デマのようです。 という訳で、小保方晴子さんは2019年現在、独身です。 グラビア画像が5度見の衝撃! そして何よりも1番驚くのは 現在のお姿。 2018年、小保方晴子さんのグラビア画像が公となりましたが、余りの変化に合いた口が塞がらない・・・美しい・・・ てか、整形じゃないの!?!? 輪郭が大きく変わったように思いましたが、これはグレーですね。 しかし、鼻は整形したのではないでしょうか? もともとは低いお鼻で少し上を向いており、鼻の穴が綺麗に見えちゃってましたから。 いやぁ、ここまで美しくなったら整形の 成功例ですよね??素直に、美しい・・・いいんじゃないかな!? 因みにこのお洋服、 新作のグッチのワンピースを購入されたようで、お値段はなんと 21万3840円!! 真夏のエアコン故障 二枚の画像を見ると整形っていうより顔の角度ではないですかね。 マスコミの報道はひどすぎましたね。 叩きやすいのを見つけたらとことん叩く。 その後の人生は知らんぷり。 人間性を疑う奴らですよ。 マスコミの中にはしっかりとマナーを守る方もいますけどね。 共有地の悲劇のように歯止めが効かないんでしょうねぇ。 より激しい報道を相手より先にみたいな感じで。 stap細胞の報道があったときは刺激を与えて初期化、ありえそうとは思いましたけどそう簡単なものなのかとも疑いました。 海外の方で細胞の初期化に成功したそうなので着眼点等は正しかったようですね。 stap細胞に再現性がないのが一番の問題でしたね。 研究を発表するのであれば再現性を確かめるのは当然のはず。 そこを怠ったのは完全なミスですね。

次の

小保方晴子の現在2019がグラドルみたい!別人すぎる最新写真も公開

お ぼ 方 晴子 stap

理研(理化学研究所)は、検証実験では確認できなかったと発表しました。 絶対に存在しないとは証明できないものの、「STAP細胞は再現できない」と結論づけ、STAP細胞の存在は事実上否定されました。 もしもSTAP細胞が存在するなら、その可能性が本当にあるなら、理研を含め世界中の研究者が研究を進めます。 科学的にもビジネスとしても、大きな発展が期待できるからです。 しかし、もはや世界では誰も本気で検証する人はいませんでした。 今回は、世間からの声もあり、このような奇妙な形での検証実験となったのでしょう。 記者会見では、「検証実験は、(小保方晴子研究員を監視するための)モニターや立会人を置いて行われた。 そういう検証実験を行ったことは、責任者としてものすごく責任を感じている。 研究者を犯罪人扱いしての検証は、科学の検証としてあってはならないこと。 この場でおわびをさせていただく」と述べられています。 真実は、小保方氏しかわかりません。 あのとき、何か奇跡が起きて、STAP細胞もキメラマウスも本当にできたのかもしれません。 あるいは、小保方氏の、悪意のない誤認、ミスで、別のES細胞が混入した結果かもしれません。 ケアレスミス、データ改ざん(見栄えを良くするための)、悪意のない誤解、誰かの陰謀、そしてねつ造(意図的な不正)と、今でも可能性としてはいろいろ考えられます()。 しかし、意図的な不正が行われた可能性が最も大きいようです。 「論文不正」(意図的なデータの改ざん)は以前から認定されていましたが、万能細胞であるSTAP細胞ができたとの実験結果そのものが意図的なねつ造だった可能性が大きくなりました。 という回りくどい言い方が報道ではなされますが、常識的には、実験内容すべてが作り話、ペテンと言われても仕方がありません。 「どのような状況下であっても必ず十分な結果をと思い必死に過ごした3か月でした。 ~魂の限界まで取り組み~」。 なかなか感動的です。 でも、とても魅力的な姿を見せましたが、小保方氏は文才もあるようです。 ただし、小保方氏の謝罪はも今回のコメントも、「未熟さ」に関する謝罪です。 「私の未熟さゆえに論文発表・撤回に際し、理化学研究所を始め多くの皆様にご迷惑をおかけしてしまったことの責任を痛感しておりお詫びの言葉もありません。 」 論文の写真を加工したことなどは認めていますが、それも不勉強や未熟さのせいであり、実験そのものに意図的不正があったとは一言も述べていません。 たしかに会見の言葉や、今回のコメント見る限りでは、とても嘘とは思えません。 しかし、様々な証拠が小保方氏の嘘を示しています。 ただ、ここまで来ても、小保方氏に関する悪い評判はほとんど出ません。 小保方氏は、有能で一生懸命で、すてきな人です。 その人が、なぜこんな大それた嘘をつくのでしょうか。 応用が期待される研究で、いずれは嘘がわかります。 それなのに論文をねつ造するなど、そんなことがありえるのでしょうか。 しかし、前例はあります。 超伝導に関するすばらしい研究成果を出し続けたも同様でした。 ネイチャーに発表した研究も、世界中で講演した実験内容も、すべては彼の作り話だったのです。 しかし事件の前も後も、彼の評判はとても良いのです。 有能で、誠実で、すてきな好青年でした。 彼は、世界的研究所であるベル研究所を解雇された今も、自分の研究は嘘ではなかったと言い続けています。 なぜ、世界を巻き込むをついたのかは何も語っていません。 このような人々の、「有能さ」も「善良さ」も、おそらく嘘ではないのでしょう。 素晴らしい研究をして、世のため人のために貢献したいという思いも、真実なのでしょう。 これまでの人生での、人へのやさしさや誠実さも、嘘偽りはないのでしょう。 しかし、世界を揺るがすような大発見はできませんでした。 有能さと、一流の職場環境と、上司からの高い評価と期待。 その中で、彼らの心の中の何かがはじけてしまったのかもしれません。 この人たちの「」は、しだいに本人の心の中で嘘ではなくなっていったのかもしれません。 客観的には、不正、ねつ造が明らかになった後も、それを認めてしまっては、自分自身が壊れてしまうのかもしれません。 自分が見つけたすばらしいSTAP細胞も超伝導も実在するのだと、思い続けるしかないのかもしれません。 テレビドラマも、小説も、人の心を描いています。 舞台は江戸時代だったり、未来の宇宙だったりしますが、そこに登場するのは、愛し憎み攻撃し助け合う人々です。 作家は芸術的センスで人間の心を描き出しますが、心理学者は科学的な方法で人間の心の不思議に迫っていきます。 人は「どうするべきか」ではなく、「どうすることが効果的か」を探ります。 心は、人間の一番身近にあって、一番わからないものです。 相手の心もわからないし、何より自分自身の心がわからなくなるときもあります。 心理学を通して、自分を知り、人を知り、をよくして、幸せになりましょう。 心理学者やカウンセラーではなくても、経験や信念があります。 心はとても身近なので、人はみんな「心理学者」なのかもしれません。 それぞれの人が、それぞれの感情と考えを持っています。 世の中にはひどい人がいます。 腹を立てて当然です。 当然です。 こんなに傷つくことがあった、みんな私をわかってくれない、泣くのは当然です。 でも、ちょっと待って。 その考え、そのときのあなたの感情は、正しいのでしょうか。 その考えで、成功するのでしょうか。 その気持ちで、その行為で、仕事が上手くいき、人間関係が改善され、あなたは幸せになれるのでしょうか。 また、一人ひとりがつい陥ってしまう「自動思考」があります。 本当はそうではないのに、すぐにいつもの考えや感情が湧き出て、誤解が誤解を生み、努力も水の泡です。 これでは、とてももったいない! 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」と考えられるようになりましょう。 自分の心、人の行動。 ちょっと立ち止まって考えられると、冷静になれます。 やさしく強くなれます。 愛と勇気がよみがえります。 あなたは、もっと自由に、もっと楽しく生きられるのです。 女は話し合って問題解決しようとし、男は話題にしないことで解決しようとする。 そして互いに相手が解決を望んでいないと思い込む(男女のコミュニケーション)。 人は、問題が発覚したその瞬間に「このことは事前に予測できていたはずだ」と感じる(原因帰属)。 人間は、他者の行動を実際以上にその人の性格のせいにする。 自分自身の時には環境のせいにするのに(原因帰属の基本的錯誤)。 やる気が高すぎる人(結果を重んじすぎる人)は、子どもや部下のやる気を奪う(達成動機)。 うつ病は、もっとも周囲の理解が必要なのに、もっとも理解されにくい病気(精神医学・臨床心理学)。 本当はうつ病ではない自称うつ病の人が周囲を傷つけている(精神医学・臨床心理学)。 自分を信じることは大切だが、自分の意志力を過信する人は失敗する(認知行動療法)。 子どもを愛しているのに、愛が空回りしている親がたくさんいる(子育て・発達心理学)。 人は、自分の意見にあった情報を選び、自分の意見にあったように解釈する(認知的不協和)。 いったん否定的なセルフイメージを持つと、それが性格になってしまう(セルフ・スキーマ)• ネット・コミュニケーションは、愛も憎しみも燃え上がりやすい(社会心理学)。 凶悪事件の犯人は、孤独と絶望感に押しつぶされた人(犯罪心理学)。 心の隙間を埋めるような恋は、破滅へと向かう(恋愛心理学)。 問題があることが悪いことではありません。 悩みのない人はいません。 でも、問題がないふりをしたり、問題は解決不可能だと思い込んだりすることで、事態は悪化していきます。 たとえば…• 「ありがとう」が言える人は幸せになれる(ポジティブ心理学)。 希望は、心を開き、一歩を踏み出したときに生まれる(希望学)。 期待されている子は伸びる(ピグマリオン効果)• 大きな悲しみも、乗り越えられる方法がある(レジリエンス)。 心が張り裂ける出来事を通して、成長することもできる(PTG:外傷後成長)。 あなたは、なりたい自分になれる(新しいパーソナリティー理論)• 愛されるコツは愛すること(好意の返報性)。 「やればできる」の土台は「自分にもできる」(セルフ・エスティーム)。 心に痛みを感じている働くお母さんは大丈夫(社会心理学・役割間葛藤)• お金も腕力もなくても、あなたも人の助けになれる(カウンセリングマインド)• やる気のない部下も生徒も、上司や先生との人間関係でやる気を出せる(内発的動機づけ)• 親や先生に愛されると、やる気がわく(癒しの場と活躍の場・内発的動機づけ)。 人のために行動できる人は。 幸福になれる(ポジティブ心理学)。 ただの気休めや、きれい事ではありません。 近年の心理学は、人間の明るい側面にも目を向け始め、成果を上げています。 でも、あなたの心も癒されます。 過去の事実は変わらなくても、過去の出来事が今のあなたに与えている影響は変えることができます。 家庭や仕事や学校で、悩んでいる人もいるでしょう。 どうしようもないこともあるでしょう。 でも心理学の研究によると、お金や体の健康や容姿や周囲の状況など、環境が幸福に与える影響力は、10パーセントに過ぎません。 私なんか「どうせこんなもの」「しかたがない」と感じているのは、誤解です。 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」「ちょっと待って」と考えられれば、あなたの感情が変わります。 心理学のテクニックを活用すれば、効果的な行動が取れます。 あなたの心は変わり、結果的に現実も変化し始めるでしょう。 ゴールを決めるのは、あなた自身です。 心理学が、そのアシストをいたします。 心理学の基本的な理論とテクニック、ぜひお伝えしたい最新心理学の情報、そして心理学者からの心のメッセージをお送りしていきます。 実は、「メッセージ」は、不特定多数の人には届けにくいものもあります。 このコンテンツを選んでくださったあなたにだからこそ、お送りできるメッセージがあります。 現代社会の「今」を取り上げ、毎日のあなたのニーズに応えます。 心理学の研究によれば、泣くこと苦しむことにも意味があります。 でも、悲しみに押しつぶされ、失敗で無気力になり、時にはやる気が空回りするのが人間です。 希望と成果につながる効果的な方法を、これからお伝えしていきます。 心の傷が癒され、能力が発揮され、もっと優しく、もっと強く、良い親、良い上司、良い友人、良いパートナーになれるように。 あなたが、あなたらしくなるために。 ~~~~~~~~~~~~~~~~•

次の

STAP細胞問題(すたっぷさいぼうもんだい)とは

お ぼ 方 晴子 stap

STAP細胞は存在する可能性が極めて低いものです。 たまに勘違いされている方もいますが、STAP細胞は「STAP現象によって作られた万能幹細胞」であり、他の方法で作られた万能幹細胞(ES細胞やips細胞)はSTAP細胞とは呼びません。 その上で、現在までSTAP現象自体が認められたことはありません。 とりあえず、存在する、という人はいても、その根拠としてあげられる情報いくつかあるものの、実際に調べると以下のように根拠に非常に疑問があるものしかありません。 ・特許申請が出されている まず、申請が出されたのはSTAP細胞の論文の出される前の「2013年の10月末」です。 その内容もSTAP細胞の「万能幹細胞の作り方」ではなくなり、「その確認の条件の一つ」であるOct4の発現方法、とまで後退しています。 その上で、その特許申請の内容は「再現実験を行った」STAP論文の内容の大部分が使用されているため、日本・アメリカでは2018年時点で申請そのものが棄却されています。 ・アメリカのテキサス医科大学で作った これは作り方が「刺激を与える」という「言葉」だけが共通で「細胞に刺激を与える」STAP細胞の作り方ではなく「刺激を与えた生物から細胞を取得する」もので、 その上で結果としてのiNuSCs細胞もOct4は確認されたものの、3種類の機能しか分化できずに生殖細胞などにならないので、「万能性はなかった」と明確にSTAP細胞であることを否定しています。 ・2014年にドイツで作った この「ハイデルベルク大学」の話はBizジャーナルで取り上げられることもありよく根拠に使用されますが、 これはSTAP細胞を作ってみようという話の作り方通りにやって「失敗」した話がすでにあったので、「STAP論文の条件を変えた独自の方法」で「AP染色陽性細胞」というものを作ってみた、というものでSTAP細胞の論文で定めた方法を取っていません。 (だから、論文のタイトルが「Modified STAP conditions 」こと「STAP条件を修正して」になっています) しかも、万能幹細胞の条件であるoct4は確認できなかった、と明記されておりますので、万能幹細胞の入り口にも立っていないものです。

次の