弁当 エキスポ レシピ。 愛情いっぱい!世界のアイデアBENTOはいかが? BENTO EXPO |NHK_PR|NHKオンライン

人気のレンジ鶏チャーシューの作り方。胸肉やわらか簡単レシピ

弁当 エキスポ レシピ

instagram. com 名前:マーク・マツモト (Marc Matumoto) 出身:宮崎県 サンフランシスコ(ナパ) 学歴:Napa High School 卒業 大学: カリフォルニア大学デービス校卒業 職業:料理研究家・テレビ司会者 コンサルタント・フードライター マークマツモトさんは日系アメリカ人で 宮崎県で生まれましたが、生後6か月 でアメリカへ移住。 サンフランシスコ のナパで育ちました。 アメリカ人の血が混ざっていても 日本人寄りの顔つきで、とっても イケメン!笑顔が優しくて素敵 です。 マークマツモトさんは母親が、 日本料理の料理教室を経営 していたので、子供の頃から料理に 興味を持っていたそう。 カリフォルニア大学デービス校を 卒業後は、「Netflix」などで インターネットマーケティングの仕事 を約8年間経験。 その後料理研究家 となり、2007年から 独自Webサイト「norecipes」を運営 し、「レシピなんて存在しない」を コンセプトにし料理の作り方などを 紹介しています。 ニューヨーク在住時には、有名な料理 番組に出演しブレイクしました。 2011年からは日本を拠点に 料理コンサルタントとして活動し 1年の4分の1は海外に出張。 サウジアラビアの王室やアメリカの 資産家にまでお客さんがいるそうで 料理教室やプライベートパーティーで 腕を振るっています。 日本でも 白鶴酒造(株)などの大手メーカとの コラボ企画など幅広く活躍しています。 マークマツモトさんは、英語がとっても 上手ですよね! 最近ではNHKの「BENTO EXPO」で 弁当作家の小川真樹さんと一緒に 外国人向けに、お弁当の作り方を 紹介しています。 ちょっとテンション高めなところが 熱血料理人っぽくて楽しいですよね! スポンサードリンク 2.マークマツモトさんの年齢は? マークマツモトさんの年齢が 気になるので調べてみました。 おそらく40代後半くらいかと 想像しているのですが、確かな 年齢は未公表ですね。 「BENTO EXPO」のパートナーの 小川真樹さんとも同年代のように 見えますね^^ 3.マークマツモトさんは結婚してる? ところで、マークマツモトさんは ご結婚しているのか気になりますよね。 マークマツモトさんの薬指に結婚指輪 が無いのと、結婚している情報が 全く見当たらないんですよね。 おそらく独身ではないかと思うの ですが、モテそうですので女性には 不自由してないのでは? 4.マークマツモトさんのインスタもイケメン! マークマツモトさんのインスタは 現在フォロワー数15万人! とっても華やかで、見てるだけで 楽しくなりますよ。 コメントはほぼ英語なので、私の ような一般人には読み取れないのですが 画面上で右クリックして「日本語に翻訳」 を選べば、なんとなくイメージは 掴めますね! 是非、日本人のあなたでも マークマツモトさんのインスタを 覗いてみてはどうかしら? スポンサードリンク 5.マークマツモトさんの動画も英語! マークマツモトさんの英語の発音が とっても分かり易くて、英語の勉強 にもなりそうですよね。 しかもビリーブートキャンプの様な 熱血感が料理の動画にあるっていうのは なかなか面白いです! これを日本語でもやってほしいと思う のは私だけでしょうか。。。 それではマークマツモトさんのサイトで 大きく紹介されている クリスピーペパーミントバークの作り方 の動画をご紹介します。

次の

おさらいキッチン~テレビで紹介された料理のレシピ・作り方

弁当 エキスポ レシピ

レンジ調理から保存までジップロックコンテナーひとつでできるお手軽チャーシューです。 オイスターソースと少量のお酢が旨味を引き立てます。 しっかり味で冷めても美味しいので、お弁当にもおすすめです。 タレが美味しいので、つゆだくでご飯の上にのせてチャーシュー丼みたいにして食べるのもおすすめです。 調理時間:10分 冷蔵保存:5日 人数:2~3人分• 鶏もも肉、または鶏ムネ肉 1枚 約300g チャーシューのタレ• フォークで鶏肉の皮を10回ほど刺し、穴をあける。 (薄皮もしっかりさしてください。 2のジップロックコンテナーに皮を上にして鶏肉を入れ、ラップをふんわりかぶせて600wの電子レンジで3分加熱する。 (耐熱容器のフタをななめにかぶせるとラップの代わりになります。 3分後、ひっくり返し皮を下にして再度ふんわりラップをかぶせ600wの電子レンジで2分30秒加熱する。 レンジ内に5分ほど放置して余熱で火を通してできあがり。 マカロニさんが動画を作ってくれました!とてもわかりやすい動画になっているので是非ご覧下さい。 動画では皮をはがしていますが、はがさずに作っても美味しいですよ。 タレに浸したまま保存するのもおすすめです。 5分レンジ内に置いた後、赤っぽい部分がありましたら追加で30秒~加熱してください。 オイスターソースとお酢が味に深みを出してくれます。 お弁当におすすめのしっかり味のチャーシューです。 レンジ調理から保存までジップロックコンテナーひとつでできるので、洗い物が少なくて済みます。 ジップロックコンテナーは深さのある1100mlタイプがおすすめです。 浅い容器を使うとタレがこぼれてしまいますのでご注意ください。 つくりおき食堂の超簡単レシピに掲載されています! このレシピは「つくりおき食堂の超簡単レシピ」に掲載されています。 未公開レシピ多数ですのでご覧いただけたら嬉しいです。 なんと電子ブックつきです。 紙版をご購入いただくと電子版がもれなくついてきます。 忙しいけど料理がしたい、時間がないけど家族に手作りのご飯を食べてもらいたい、と思っている方々に少しでもお役に立てたら嬉しいです。 簡単・時短レシピサイト「」です。 かんたん常備菜と1週間の献立アイデアを紹介しています。 レンジだけで作れる時短レシピと朝すぐに作れるお弁当おかず中心なので作り置きしない方にもおすすめです。 ホーム画面へはこちらからどうぞ。 毎週更新している作り置きレポートはこちらです。 1週間の献立アイデアとしてご活用ください。 人気レシピTOP35はこちらです。 ぜひご覧ください。

次の

大阪 万博記念公園でお花見

弁当 エキスポ レシピ

フランスと日本の食文化 フランスは 世界を代表する農業国で特に 酪農が盛んです。 例えば、牛やヤギの乳から作られる乳製品や豚から作るハムやソーセージなど。 そして主食は小麦から作るパンです。 一方、日本はお米を主食とし、おかずは旬な魚、肉、野菜を使って作ります。 そのため日本のおかずは レパートリーが多く、ヘルシーで、栄養をバランスよく摂取することができます。 フランスはもともと 日本文化に対する関心が高く、こうした理由も相まって数年前から日本食ブームが起こっています。 アニメや情報誌の影響 そのような親日国フランスでは、 日本のアニメ・漫画も人気です。 昼休みになるとみんなで机をくっ付けて、お母さんの作ってくれたお弁当を食べる。 このような学校の「お弁当」のシーンはアニメや漫画によく登場しますが、フランスには もともと「お弁当」という概念はありません。 「なんだかお弁当って美味しそう」 「お弁当って可愛くて憧れる」 そんな風にフランスでは「お弁当」に対する関心が高まっていきます。 フランスのランチスタイルの変化 フランスでは 食事の時間を大切にする文化があります。 2時間以上かけて家族で食事を囲むことはフランス人にとって日常で、ランチも同様に時間をゆっくりかけてとるという様子は、数年前まではごく普通の光景だったそうです。 ところが 不景気の影響でレストランには行かず、サンドイッチやタッパーにたべものを入れて、ごはんを30分で終わらせることも珍しくなくなりました。 弁当箱専門店の登場 そこで登場しブームとなったのが、あの日本の 「お弁当箱」です。 もともと日本文化に関心をもっていたというフランス人起業家・株式会社BERTRAND代表の BERTRAND THOMAS(ベルトラン・トマ)により弁当箱専門店「Bento&co」が立ち上げられました。 日本製のお弁当は凝っていて、 機能性が高く、 デザインもバリエーションに富んでいるのでフランス人にも人気だそうです。 この方が 火付け役となりフランスで「 お弁当ブーム」が到来しました。 フランスの食文化との親和性 こうした背景により、フランスでは「お弁当文化」が受け入れられ広く浸透しましたが、実はフランスの食文化とお弁当は 相性の合わない部分があります。 それは、お弁当の おかずのレパートリーの多さです。 フランスの食事といえば、前菜、メイン、デザートが主流です。 つまり、おかずをたくさん作る文化がないフランス人にとって、「お弁当作り」は結構 ハードルが高いのではないでしょうか? 売れているお弁当レシピ本 「日本式のお弁当作りはフランス人にとって難しいのではないか?」 そのような疑問はいとも簡単に打ち砕かれました。 書店ではお弁当レシピ本が並び、おかず満載のお弁当を自分で作ってしまうフランス人も多いのだとか。 日本と違うところは、 手間暇を惜しまずおかずを作り センスのあるお弁当作りを楽しんでいるところ。 驚くことに、 「キャラ弁」まで再現されいるそうです。 文化受容-文化が海を越えて融合したり、より洗練したものへ作りかえられたり フランスはもともと 多文化に対して寛容で、 文化受容の感度が非常に高いことが特徴の国です。 そこにヘルシーな日本食文化が入り、 健康志向と 節約志向の風潮が相まって「お弁当」が受け入れられたと考えられます。 日本もまた近代以降、海外の様々な文化が取り入れられた国です。 フランスから日本に渡ってきた文化もたくさんあります。 もしかしたら、普段使ってる何気ないものが、 海を越えたらものすごく価値のあるものになるかもしれない…。 このように考えると、わくわくしませんか? 様々な文化が取り入れられ、融合したり、より洗練されたものへ作り変えられる。 こうした文化受容は実は昔から行われているのです。

次の