昌平 高校 サッカー 部 メンバー。 鵬翔高校サッカー部

高校サッカー有力3選手に思いを聞く インハイ中止をどう受けとめたのか?

昌平 高校 サッカー 部 メンバー

平成30年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会・3位 2017年第96回全国高校サッカー選手権大会【埼玉県代表】3年ぶり2回目の出場。 2018年全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会【埼玉県代表】3年連続3回目の出場。 今や 埼玉県でも 強豪チームに成長した【 昌平高校】です。 夏に行われた、 平成最後のインターハイでは、 高知中央、青森山田、札幌大谷、大津という 強豪がひしめくブロックに入ってしまいました。 1回戦の 高知中央を6-1で 勝利すると、2回戦は 優勝候補に名前が挙げられている 青森山田を、4-2で 逆転勝利、3回戦の 札幌大谷、この試合も3-2で逆転勝利し連日の 大逆転劇を見せてくれました。 前回出場(2016年)のときは 初出場でベスト4以来の ベスト8に名乗りを上げました。 準々決勝の相手は、 U-18日本代表を揃えるタレント軍団の 大津高校です。 一進一退の拮抗した試合を決定づけたのは、 後半アディショナルタイムに、この日絶好調の MF原田虹輝選手が、先制点に続く 決勝点をたたき出したのです。 大津高校のタレント軍団でも、この 原田選手のドリブル突破は阻止できませんでした。 2年ぶりの ベスト4に進出です。 そして、 準決勝の桐光学園との試合は「 スペシャルな選手がいるチームなので」気持ちを切り替えて望まないと難しい試合になると、 藤島監督は選手を鼓舞していました。 「 スペシャルな選手がいるチームなので」そう、 桐光学園の怪物ストライカー2年生の 西川潤選手です。 桐光学園の準々決勝は富山第一高校相手に5-0で勝利し、この試合で 西川選手はハットトリックを達成。 絶好調の状態で、 準決勝に臨みます。 翌日の 準決勝は天候が不順な状態で行われ、両チームとも一歩も引かない展開で前半を0-0で折り返しました。 後半開始5分に 桐光学園が先制すると、 昌平高校はあっという間に10分間で3点失ってしまいました。 昌平高校が追いかける展開となったところで、 天候が急変し、 4時間半の中断。 中断明けからは、 昌平高校が怒濤の攻撃を展開し、後半20分に FW森田翔選手が1点を返し反撃開始体制に入ったところで、 再び天候が悪くなり25分の中断。 残り3分のところで再開され、攻め続ける 昌平高校が アディショナルタイムに、超絶技巧派の 1年生MF須藤直樹選手が得点したと同時に タイムアップとなり試合終了。 反撃も追いつかず2-3で敗れてしまい、決勝の夢が遠のいてしまいました。 中断をはさんで再開、再再開を繰り返し1点差まで追いついた 昌平高校の粘りと気迫は、この大会で 最も観客を魅了させた試合であることは確かです。 この悔しさは、 冬の選手権にぶつけ、 4強以上を目指す原動力にして欲しいと思います。 今や押しも押されぬ 強豪校となった「 昌平高校サッカー部のメンバー」を紹介します。 知的なだけでなく、ポストに激突しながらもクリアするなど、身を挺した守備が定評です。 昨年からの課題で取り組んできた、相手との競り合いでの強さも向上し、総合力が高まりました。 この男にボールが渡れば、攻撃の最終局面への道筋が開けたも同然です インターハイ準々決勝の大津戦では素晴らしいパフォーマンスで2得点し、Jのスカウト達から「今大会最大の発見」と称賛を送られました。 手に負えない「ボランチのドリブラー」です。 (2019年新加入内定) J1 川崎フロンターレに新加入が内定したと発表。 また、インターハイ準決勝で、雷雨のために中断した時にも、ロッカールームでリフティングの妙技をみんなに披露し、絶賛されていました。 藤島監督からも「 いや、本当にうまいですよ」とあらためてその妙技に感心させられていました。 本人の最大の武器はその 超絶技巧だそうです。 準決勝は 桐光学園に敗れはしましたが、 試合後視察に来ていた、 Jクラブのスカウトが「 昌平の10番は何者ですか?」と言わせる程の インパクトがあったのは事実です。 まだ1年ですから、これからの成長が楽しみな選手の一人でもあります。 最後に 今回「 昌平高校サッカー部メンバー2018出身チームや注目選手と10番」では、埼玉県の 強豪校に成長した「 昌平高校サッカー部」を紹介しました。 とんでもない 超技巧派の1年生、ボールを持ったらゴールまでの道筋が見える「 ボランチのドリブラー」、 インテリジェンスにあふれたディフェンダーと好選手を多数そろえた タレント性抜群のサッカー部です。 インターハイは惜しくも、 ベスト4でしたが、 冬の選手権では、まず 埼玉県代表になり、 全国大会で、 ベスト4以上を目指してほしいと思います。 「 第97回全国高校サッカー選手権大会」に 出場する高校と注目選手をまとめてみました。 Sponsored Links カテゴリー• 人気記事• 43件のビュー• 31件のビュー• 31件のビュー• 30件のビュー• 15件のビュー• 10件のビュー• 8件のビュー• 6件のビュー• 5件のビュー• 5件のビュー Archives•

次の

昌平高校サッカー部メンバー2018出身チームと注目選手と10番

昌平 高校 サッカー 部 メンバー

学校・サッカー部の発足 わすか強化7年で埼玉の強豪校の仲間入りへ 学校創立は1979年、以前は福岡県にあった東和大学の付属校だったため、東和大学附属 高等学校という校名であった。 しかし2007年の4月に東和大学が生徒募集を終了し閉校するため、学校法人 学園に無償移管され、現在の 高校に至っている。 サッカー部もこの校名変更のタイミングで強化が始まった。 サッカー部の歴史・躍進 選手権初出場・高校総体全国ベスト4を2回 昌平高校躍進のきっかりとなったのが、 中で現在Jリーグ鹿島で活躍する柴崎岳を育てた藤島崇之監督が就任してからだ。 藤島監督の礼儀を重んじ、基礎を大事にした厳しい練習の成果もあり、2010年には、埼玉2次予選を突破し、選手権の決勝トーナメントに進出した。 翌2011年には校内に人工芝のグラウンドが完成し、練習環境が整った。 2012年には埼玉県の1部リーグであるS1リーグに昇格、2013年には高校総体、選手権予選共にベスト4に進出、埼玉県の強豪の仲間入りを果たした。 2014年には新人戦に初優勝、 S1リーグでも優勝し、プリンスリーグ関東参入戦に勝利し、プリンスリーグ関東へ昇格を決めた。 同年の高校選手権県予選では初優勝を成し遂げたが、全国大会では初戦で敗れた。 2015年にはプリンスリーグ関東に参入し1年で降格したが、翌2016年には高校総体に初出場を果たすと、大会2連覇中の 高校や静岡学園高校などを下してベスト4に進出した。 2017年 2017年は県内の新人戦優勝、関東大会県予選優勝と高校総体では全国大会2回戦で準優勝した日大藤沢に惜敗。 県リーグも優勝したが、プリンスリーグ関東参入決定戦では に敗れてプリンスリーグ関東への昇格はならなかった。 選手権は県予選を突破、1回戦で広島皆実に勝利し、選手権初勝利となったが、2回戦で神村学園に敗れた。 FW佐相壱明が大宮アルディージャに内定し3人目のJリーガーとなった。 2018年 チームの過去最高のベスト8進出を果たした。 2019年は、新人戦優勝、高校総体は県予選敗退するが、県リーグ戦を15勝3分けで無敗優勝、プリンスリーグ関東参入決定戦に勝利しプリンスリーグ関東昇格を決めた。 選手権は県予選を圧倒的な強さで優勝、初戦では大阪の強豪 との技術に優れたチーム同士の対戦は多いに注目され、準々決勝で に敗れたが、最高成績であるベスト8進出を果たした。 監督・コーチ 藤島崇之 昌平高校の躍進には藤島崇之監督の存在が欠かせない。 藤島監督は現役時代 高校時代、元日本代表玉田と共に選手権に出場、日本高校選抜にも選ばれたボランチの名選手であった。 その後順天堂大学で教員免許を取得、青森山田の中高一貫強化を掲げ、中等部を強化3年で全国大会3位に入賞させた手腕の持ち主で、現在Jリーグ鹿島で活躍する柴崎岳の指導にも当たっていた。 2007年にサッカー部の強化が始まったと同時に就任。 現在は同校の教頭も務めている。 昌平の躍進を支える藤島監督 高校出身のコーチ陣で充実した指導環境 藤島監督と同じ習志野高校出身でJリーグでも活躍した関隆倫氏など、習志野高校出身のコーチが複数名在籍、技術を活かした指導を実施している。 現在は6名の教職員コーチと5名の外部コーチで充実した指導体制を構築している。 森田 光哉 鈴木 琢朗 内山 秀輝 飯 英昭 村松 明人 秋丸 和仁 加藤 大地 日野口 廉 永田 祐一 関 隆倫 チームについて チームスローガン 「~和~ 信・進・芯」 ポゼッションとロングパスの融合 昌平のスタイルは、最終ラインから丁寧にショートパスをつなげながら、サイド攻撃、中央からのパスで崩しながら、ツートップが相手最終ラインの裏を狙って一気にゴールを決めるなど、多様な攻撃スタイルが特徴である。 フォーメーションは、4-2-3-1が基本で、選手権初出場時の代はツートップも採用していた。 DFは毎年長身選手が少なく、パスをつなげる選手を優先して起用しているように見える。 サッカー部員 部員数 184名(3年:55名・2年:55名・1年:74名)でかなりの大所帯。 標準進学コースから特別進学コース全てのクラスの生徒が所属し活動を行っている。 所属リーグ トップチームは埼玉県1部リーグ、Bチームは2部リーグに所属している。 その他1年生はU-16埼玉県リーグ1部、東部リーグに参戦している。 3種(中学)出身チーム 部員の出身チームは埼玉県全土と北関東のグラブチームや 中体連所属の選手が中心だが、近年は、南関東のチームやJ下部組織出身が集まり、選手層が厚くなっている。 FC LABIDA(ラヴィーダ) 昌平高校の下部組織として2012年に設立、昌平高校で練習しており、クラブの代表は藤島監督の父親で元日本代表だった藤島 信雄氏が務めている。 コーチも昌平高校を指導しているコーチが担当している。 ドリブルで勝負しながら、周りを活用できる選手の育成に力を入れており、中学卒業後は大半の生徒が昌平高校進学を希望するという。 2019年は関東2部リーグで優勝し、1部に昇格。 クラブユース選手権全国ベスト8、年代別代表を複数人輩出するなど、国内屈指の実績に残す街クラブとしての地位を築いている。 ユニフォーム ホームは緑・黒・黒でアウェイは白・白・白である。 メーカーは2016年より、ニューバランスのユニフォームを使用している。 シンプルなアウェイのユニフォーム 練習 実践トレーニング中心でフィジカルトレーニングを実施しない 昌平のチームとしての特徴に「足元とパスの技術が高い選手が多い」ことから8対8やハーフコートでのミニゲームを多く実施している。 フィジカルトレーニングをしない理由として、この実践的な練習を多くすることでで体力的に負荷をかけることで試合でも走り負けない体力が自然とつくようになるという。 1週間の主なスケジュール 月 オフ 火 トレーニング(負荷を高めるトレーニング中心) 水 トレーニング(負荷を高めるトレーニング中心) 木 トレーニング(試合形式) 金 トレーニング(試合形式&セットプレー) 土 トレーニング(軽めの調整) 日 試合 学校生活 練習環境 平成23年には、校内に人工芝のグラウンドが完成、恵まれた環境で練習することが可能となった。 また各種公式戦の試合会場となり、常にホームで試合することができる点も近年の好成績につながっている。 現在は部員が180名を超え、学校のある杉戸町が管理し、無料で使用できる「西仮グラウンド」と振り分け、ローテーション制で練習している。 昌平高校内にある人工芝のグラウンド 2019年5月学校で自前の室内練習場が完成、学校の授業や野球部の練習で主に使用されているが、雨の日はサッカー部も利用しミニゲームを実施している。 寮生活 学校から歩いてすぐの所にある天青寮はサッカー部とラグビー部、野球、男子バスケ部の部員など約200名が生活、サッカー部はその内の約40名が在籍している。 近年はパスサッカーに憧れ、全国から入部を希望する生徒が多くなっている。 部屋は2人1部屋。 それぞれにベッドと学習机、ウォシュレット付きのトイレが用意されており、テレビは食堂にあり、選手みんなで見れるようになっている。 推薦による入学者が優先的に入寮できるとのこと。 食堂、共同の浴室のほか、大きな鏡のあるトレーニングルーム、パソコンルーム、畳の客室まである。 入部するには 練習会・セレクション 2016年は8月に練習会が実施。 合否を判断するものではないが、監督が良いと思った選手には声をかけるらしい。

次の

埼玉の新興勢力・中高一貫・技術重視の昌平高校サッカー部!監督は青森山田で指導経験

昌平 高校 サッカー 部 メンバー

[1種 一般 ]• [2種 高校生年代 ]• [3種 中学生年代 ]• [4種 小学生年代 ]• [女子]• [シニア]• [フットサル]• [ビーチサッカー]• JFA. [日本代表]• [日本女子代表]• [フットサル日本代表]• [ビーチサッカー日本代表]• [サッカーe日本代表]• [1種 一般 ]• [2種 高校生年代 ]• [3種 中学生年代 ]• [4種 小学生年代 ]• [女子]• [シニア]• [フットサル]• [ビーチサッカー]•

次の