ネスカフェアンバサダー 単価。 『ネスカフェアンバサダー』の口コミ評判!オフィス・職場でコーヒーマシン無料レンタルプラン

ネスカフェ バリスタ、1杯の価格はいくら?コスパはどうなの⁉ランニングコストは?

ネスカフェアンバサダー 単価

「ネスカフェ ドルチェグスト」の特徴 まずは「ネスカフェ ドルチェグスト」の特徴から見ていきましょう。 いろんな味のカプセルがある ドルチェグストの味はたくさんあります。 カフェオレからカプチーノ、ティーラテから宇治抹茶ラテまでまさにバラエティ豊富です。 普通のコーヒーだって5種類もありますし、エスプレッソだって飲めてしまいます。 もちろん全てのドリンクはカプセルだけで飲めるので、手間は一切かかりません。 フレーバーの豊富さが「ネスカフェ ドルチェグスト」最大の特徴といっても過言ではないでしょう。 ランニングコスト 気になるのが、ドルチェグストのランニングコストです。 果たして毎月どのくらいかかるのでしょうか。 通常 1個あたり 約60円〜120円 1日1杯 30日間 約1,800円〜3,600円 上記おおよその目安となる金額になります。 金額の幅はカプセルの種類によって生じるものです。 例えば宇治抹茶ラテのようなカプセルは入数も半分になり価格も高くなります。 もっとも普通のコーヒーしか飲まないという方なら最低額のコストで飲めるので決して高くありません。 定期便がお得 ドルチェグストの定期便は非常にメリットが多いです。 具体的には以下のようなメリットが挙げられます。 マシンの保証が最長で5年に• 毎回の送料が無料 定期便を利用した場合のランニングコストは以下の通りとなります。 通常購入との金額の差も比較してみましょう。 210円 約58円〜116円 定期便は3回以上の継続が条件です。 1日2杯以上飲まれる方は1回6箱以上のコースをおすすめします。 マシンが無料に 「ドルチェグスト」にはマシンが無料になるお得なコースがあります。 レンタルではありますが、使わなくなってしまうことを考慮すればマシンをわざわざ所有する必要はありません。 1ヶ月4箱の計算なので、1日1杯〜2杯飲めば消化できます。 1日1杯飲むかどうかわからない方は、2ヶ月で4個以上のコースを選びましょう。 いずれにせよ、マシンは購入ではなくレンタルがおすすめです。 使わなくなって捨ててしまうことも考慮する必要があります。 Amazonの情報を掲載しています 高品質のエスプレッソが飲める ネスプレッソのエスプレッソは非常に高品質で、まるでお店の風味が味わえます。 ただしあえて補足すると、エスプレッソのカプセルは種類がたくさんあるので、中には苦手な味もあるでしょう。 私はキャラメル、チョコなどフレーバー付きのエスプレッソがまずく感じました。 もちろん、それ以外のエスプレッソはどれも美味しくいただいています。 高品質なエスプレッソなら間違いなく「ネスプレッソ」と言っても過言ではありません。 ランニングコスト 高品質なものにお値段はつきものです。 ネスプレッソのランニングコストはやや高級になります。 1個あたり 81円〜108円 1日1杯 30日間 2,430円〜3,240円 送料無料まで 4,000円以上 ネスプレッソには、アソートセットが多数あります。 しかし最も安いアソートセットでも、1カプセルあたり81円となるので、特別お得になるわけではありません。 また昨今では、抽出量の多いカプセルも増えてきました。 ネスプレッソは抽出量の多いカプセルほど1カプセルあたりの単価が増えていく傾向です。 ドリップコーヒーのようにエスプレッソを味わいたい方は、新シリーズの「ヴァーチュオ」からカプセルを選びましょう。 ただしヴァーチュオは専用マシンが必要になります。 従来シリーズとの互換性は一切ありません。 「ネスカフェ ドルチェグスト」と「ネスプレッソ」を比較 「ネスカフェ ドルチェグスト」と「ネスプレッソ」を直接比較していきましょう。 両者の決定的な違いは2つあります。 それはランニングコストとドリンクメニューです。 ランニングコストの比較 両者のランニングコストの差は以下の通りです。 ドルチェグスト ネスプレッソ 1個あたり 約60円〜120円 81円〜108円 1日1杯 30日間 約1,800円〜3,600円 2,430円〜3,240円 どちらも通常購入の場合です。 コーヒーだけを飲むなら基本的にドルチェグストの方が安くなります。 しかしドルチェグストでもカプセルによっては割高になってしまいます。 宇治抹茶ラテのような1箱8カプセル入りの商品ばかりだとあっという間にネスプレッソのコストを超えてしまうので注意しましょう。 ドリンクメニューの比較 これはカプセルコーヒーメーカー購入にあたって決定事項になるでしょう。 「ネスプレッソ」はエスプレッソしか飲めません。 対して 「ドルチェグスト」は様々なメニューからカプセルを選ぶことができます。 いろんな味を楽しみたいという方は是非「ドルチェグスト」を選びましょう。 一方でコーヒーの味にとことんこだわりたい方は「ネスプレッソ」がおすすめです。 法人の方はネスカフェアンバサダーがおすすめ 法人や個人事業主の方は、CMでお馴染みの「ネスカフェアンバサダー」がおすすめです。 ネスカフェアンバサダーはマシンをレンタルできるサービスですが、ドルチェグストもネスプレッソも選ぶことができます。 何台借りても、費用は飲む分だけです。 オフィスでご利用される方は、ぜひ「ネスカフェアンバサダー」をご検討ください。 カプセルコーヒーメーカー共通のメリット これまで比較してきましたが、そもそも「ドルチェグスト」や「ネスプレッソ」のようなカプセルコーヒーメーカーは何がいいのでしょうか。 メリットをご紹介します。 お手入れ簡単 何と言ってもカプセルコーヒーメーカーはお手入れが簡単です。 カプセルということで非常に汚れにくいですし、汚れても簡単に取り外せて手洗いすることができます。 超面倒くさがり屋の私でさえ、洗っているのですから誰だって問題なく使用できるでしょう。 洗うのが大変だといずれかは使わなくなってしまうので、お手入れのしやすさは重要です。 どんなコーヒー器具よりもお手軽に扱えます。 美味しいドリンクがすぐに お手入れが簡単なだけでなく、楽に抽出できるのもありがたいです。 誰でも安定して美味しく淹れられるのはカプセルコーヒーだからこそでしょう。 他のコーヒー器具なんてもってのほかで入れる人によって味が全く異なります。 たとえインスタントだったとしても水の量で味が左右されてしまうわけですから、やはりカプセルコーヒーの安定感は評価せざるをえません。 他のコーヒーメーカーはペーパーフィルターが必須ですし、たとえ直接粉を入れるタイプでも清潔に保つのは難しいですし、何かと面倒です。 美味しいドリンクがすぐに出るのはカプセルコーヒーのまさに醍醐味といえるでしょう。 カプセルコーヒーメーカー共通のデメリット 続いて、カプセルコーヒーメーカーのデメリットを見て見ましょう。 機種が多すぎてややこしい カプセルコーヒーの機種の多さは非常に困惑してしまいます。 特にドルチェグストの機種はもう少し減らしても問題ないでしょう。 というのも機能に大した差があるわけでもなくデザインの違いが主な違いだからです。 製造中止になったマシンも未だにいくつか売られています。 なかにはカプセルコーヒーではありませんが、魅力的な「ネスカフェ バリスタ」というマシンもあり、もはやどれにしたらいいかわかりません。 ただし、無料で利用できるドルチェグストの機種は限られています。 無料で使えるに越したことはありませんので、ぜひ無料機種を選びましょう。 ぬるい カプセルから入れたコーヒーはぬるいと言われます 特にドルチェグストはぬるいと言われます。 しかしこれは使い手側に問題があることが多いです。 これから購入しようと考えている方に覚えてもらいたいことが二点あります。 湯通ししてマシンを温める• カップを温める これらはカプセルコーヒーメーカーだけに限らずコーヒー全般において言えることです。 それほどコーヒーは温度に敏感な飲み物ですから、是非意識してみてください。 たったこれだけでも風味の劣化が防ぐことが可能です。 美味しいコーヒーでもぬるかったらまずく感じてしまいます。

次の

【まとめ】ネスカフェアンバサダーっていくらかかるの?月額料金・集金方法・ウォーターサーバーのレンタルについて

ネスカフェアンバサダー 単価

結局、総務部みんなで話し合い、 「バリスタi」だけでなく、 「ドルチェグスト」と「アイスコーヒーサーバー」の導入を決定! ちなみに、会社には給茶器があるので、「スペシャルt」は却下。 「ネスプレッソ」は、1杯あたりの単価が高いのという口コミがあったので導入を見送りました。 カフェスペースの整備 次に カフェスペースの整備です。 まずはバリスタ等の機械 の置き場所確保。 オフィスの片隅に 腰くらいの高さのキャビネットを持ってきて、 その キャビネットの上に、ドルチェグストやバリスタ、アイスコーヒーサーバーを置くことにしました。 また、 コーヒーを淹れるにあたり必要となる紙コップや布巾なども用意しました。 ここからは、ネスカフェアンバサダーになった後の苦労話を口コミ! ネスカフェアンバサダーたるもの、 掃除などのメンテナンスはしなければいけません。 掃除は、原則として、 毎日終業後に一回、タンクを洗っています。 ジャブジャブ洗うだけなので、正直簡単です。 あとは、1日に数回こぼれたコーヒーを拭くこともあります。 コーヒーをこぼす人っているんですよね。。 例えば、容量120mlのコップに対して200mlのお湯を注いじゃう人とか・・・ そういうときは、気がついたら、拭き掃除をしますね。 だけど、バリスタ等の近くにペーパータオルを置いているので、汚 れていると気がついた人が自主的に掃除してくれることが多いです。 そういう意味では、ネスカフェアンバサダーだけがドルチェグストやバリスタのメンテナンスをしているというわけではなく、 社員みんなで気付いた人が掃除しているというイメージですね。 みんな手伝ってくれるので、本当に助かります! あ、あと、基本的に 私の会社では「ブラックコーヒーのみ」です・・ ラテは禁止です・・• 社員が嬉しそうなところ• 来客へのお茶出しが楽になった!• 集金トラブルがない(今のところ)• コミュニケーションの活発化• サンクスパーティーがある! 1. 社員が嬉しそうなところ 職場にバリスタiが設置されてから、社員のみなさんはとても嬉しそうです。 朝は9時から就業開始なのですが、 9時はバリスタの前に大行列ができています。 待っている間、社員同士で挨拶を交わしたり、みんな楽しそうですよ! 2. お茶出しが楽になった! 私の会社では、来客用のお茶出しは総務部の仕事。 だから、来客が続くときは大変! そして、なにより 自分の淹れたコーヒーの味が気になる!! 「美味しいコーヒー淹れられたかな?」 「ちょっとインスタントコーヒーの粉、多かったかな?」 責任感のある人なら、そんなことまで気になってしまいます。 だけど、バリスタiがあれば、そんな不安が一掃されます。 だって、 ボタンを1つ押しさえすれば、一番美味しい状態のコーヒーがあっという間に抽出されるんですから。 バリスタなら、コーヒー一杯19円。 来客が100人来ても1900円!! 会社的にもウェルカムですよね^^ 3. 集金トラブルが起きなかった! せっかくみんなで楽しくコーヒーを飲んでいても、 集金トラブルがあったら残念ですよね。 だけど、幸いなコトに、「お金が合わない」ということは今まで一度もありません。 透明な貯金箱に50円を入れてもらうしくみにしたことが良かったかも。 あと、やっぱり会社で万引きのようなことをしちゃう人はいないです。 50円ケチって、50円玉を貯金箱に入れずにコーヒーだけ飲む人なんていませんよ。 あ、ちなみに、透明な貯金箱を「募金箱」と間違えて、 お札を入れてくださった方が数名いらっしゃいます。。。 コミュニケーションの活発化 ドルチェグストが設置されてから、社員同士のコミュニケーションや口コミが活発になった気がします。 先日、カプセルの人気投票をしたんですよ。 ドルチェグストって、20種類くらいカプセルありますからね。 カプセルの一覧表を作って、 「飲みたい味のカプセルのところにシール貼ってください」って。 で、人気のあったカプセルを発注したんです。 そしたら、社員のみなさん、 「俺はモカが好きだ!」とか 「いや、レギュラーブレンドの方がうまい!」とか楽しそうに口コミしていました。 そんな風に、コーヒーの話題で盛り上がっているのを見ると、 頑張って導入して良かったなぁと思います。 サンクスパーティーがある! 実は、ネスカフェアンバサダーには秘密のパーティーがあるんですよ! 豪華なお土産やご飯が食べれると口コミで噂です。。 サンクスパーティーに行きたいがためにネスカフェアンバサダーになる企業もいるんじゃないかなぁなんて思っています。 今年のサンクスパーティーもとっても楽しみです! \きっと会社がワクワクする!/ ネスカフェアンバサダーのランニングコスト(費用)を口コミ ネスカフェアンバサダーになるにあたって、どのくらい費用(経費)がかかるのか気になりますよね。 ズバリ! 下の表に書いたものが、必要なコストの全てです。 ドリンク代 注文したコーヒーやお茶の費用はかかります。 ネスカフェアンバサダーになると、最大5種類の機械がレンタルできますので、マシン毎に一杯いくらなのかまとめておきますね。 T 500円~ 50円 ネスプレッソ 756円~ 75円 アイスコーヒーサーバー 98円~ 20円 2. マシンの返却費用 バリスタ等はプレゼントではなく、 「レンタル」という形になっています。 だから、 マシンが不要になったときはネスレに返却しないといけません。 返却費用は会社負担となります。 返却先は神戸市ですので、大阪までの 宅急便の実費負担が必要です。 \今なら自宅用に一台バリスタプレゼント!/ ネスカフェアンバサダーに対する社員の口コミ評判 私の社員としてネスカフェアンバサダーの恩恵を受けていますが、社員の立場から「ネスカフェアンバサダー」の感想を口コミしますね! やっぱり、何と言っても、 「安い」「美味しい」「楽しい」 という口コミが多いです ! この3つがネスカフェアンバサダーになって嬉しいところです!! 1. 美味しいコーヒーが安価で飲める ドルチェグストは1杯あたり50円。 社員はみんな、貯金箱に硬貨を入れてから、ドルチェグストのカプセルを選びます。 インスタントコーヒーに比べると少し高いけど、 冷静に考えると安いですよね。 だって、外でコーヒー買うと高いですよ。 50円って激安ですよ。 自販機のコーヒー 120円• コンビニコーヒー 100円• スタバ 300円• ドルチェグスト 50円 今まで「コンビニのコーヒー、100円で安いわ」と思っていた社員はみんな、 「ドルチェグスト、50円って安い!!」と喜んで買うわけです。 とても美味しい ドルチェグストやバリスタは、「安かろう まずかろう」ではありません。 むしろ、「 たった50円払うと、こんなに美味しいコーヒーが飲めるの?」と口コミで大評判です。 ドルチェグストを飲み始めるまで、私はインスタントコーヒーしか飲みませんでした。 でもね、あれって美味しくないですよね。 美味しくないけど、なんとなく飲んでいるのがインスタントコーヒーというイメージ。 だけど、ドルチェグストはおいしいですよ、本当に! 私の一番のお気に入りは「 ローストブレンド」。 焙煎されたコーヒー豆の香りが漂ってきて、幸せな気分になれますよ。 なんだか楽しい ドルチェグストはカプセル式のエスプレッソメーカー。 コーヒーやラテ、宇治抹茶が飲めるのですが、なんと カプセルの種類は20種類くらい!! もちろん会社には全種類なくて、だいた5種類くらい置いてあります。 たった5種類だけど、みんな選ぶのが楽しそう! どれにしようかなー。 ネスカフェアンバサダーの導入方法 ドルチェグストやバリスタを会社に無料で導入するためには、「ネスカフェアンバサダー」か「ネスレウェルネスアンバサダー」に申込んで、定期便を一定の間隔で頼む必要があります。 「定期便」といっても、お届けの時期は自分で決められるし、お休みや休止も自由。 とても使いやすい制度です。 比較!「ネスカフェアアンバサダー」と「ウェルネスアンバサダー」 2つの制度の大きな違いは、「ウェルネス商品」の購入義務があるかという点。 「ウェルネスアンバサダー」になると、一回の定期便のお届けのたびに、ネスレがファンケルとコラボして開発したウェルネス商品である「ウェルネス抹茶orラテ」を一箱必ず購入しなければいけません。 このカプセルはちょっと高めで、一杯あたり90円。 半端な金額なので、集金がちょっと面倒(笑) だから、どちらのアンバサダーになるかは、こんな基準で決めるといいですよ。

次の

アンバサダー・マーケティングの威力 【第2回】国内事例に学ぶアンバサダー・マーケティング成功の秘訣

ネスカフェアンバサダー 単価

単純計算でも、• そのほか、サークルの部室や地域の子ども会、習い事の教室や趣味の集まりなど、コミュニティの場でも人が集まる場所なのでアンバサダーのサービスの利用は可能です。 省スペースが意識されているので、より狭いスペースにも置きやすいデザインになっています。 「3ヵ月ごとのお届け」なら、 月々最低『327円』から。 ネスカフェアンバサダー特典でお得なキャンペーンがたくさんありますが、単純 ミスで家計に響くのはダメダメ。 【クーポンコード有】ネスカフェ担当者に聞いた「定期便の誰も知らない5つの秘密」とは?ドルチェグストのカプセルが最安値で買えるのは公式ページの定期便! また、オフィスに人が増えたり減ったりすればコーヒーの減り方も変わってきます。 特に会社やコミュニティの場で利用するアンバサダーでは、そこに集まる人たちの嗜好はまちまち。 4kg タンク容量 0. マシンを利用する際にそれぞれマシン専用の容器に入っているコーヒーやお茶が必要になります。 定期お届け便の契約で、バリスタが無料で使えていたのでお安いものでしょう。 定期的に届くことで、注文の手間が要らず、うっかりコーヒーを切らしてしまうということもなくなるので、便利です。 ネスカフェドルチェグストの定期便お届け日は変更可能?方法・注意点を解説 例えば、4月に届けてもらって、その後、長期出張とか入るとしますよね? そ・し・た・ら! 定期便をお休みすることができます。 その結果、泣く子も黙る 5つの秘密を知ってしまったんです、私。 そんな事態を避けるために、キャンペーンの商品が届いたら、ネスレアミューズのマイページへアクセスして、定期便リストから次回はいらない商品の削除をしましょう。 再発行が必要な際にはネスカフェアンバサダーウェルカムセンターにご連絡ください。 この11箱分352杯分はどれくらいかというと、たとえば: 10人の職場で全員が1日1杯飲む場合は、約一ヶ月でマシン料金分飲み切ります。 定期便も自動で解約となります。 >> またショッピングポイントやアプリを使うことでネスカフェポイントを貯めることも可能です。 【解約】ネスカフェ定期お届け便のレンタルマシン(バリスタi)返却手順と料金|OKILOG 日本茶だけでなく中国茶や紅茶も楽しめる。 さて、ではなぜコーヒーマシーンを無料でレンタルできるのか?というと、レンタルが可能になる条件である、この定期便がキーになります。 さらに2ヶ月ごとに登録しておいた種類のカプセルを届けてくれます。 1杯あたり 約15円〜なので、気軽に何杯も飲める• バリスタのマシンで利用するコーヒー、ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック65g(32杯分)の利用の場合、約13箱の消費になります。 残念ながら「バリスタ」を使わずに、 他のマシン(例えば「ドルチェグスト」)だけを使うことはできません。 注文商品の変更やお届け頻度の変更はできますか? お届け商品の変更、コーヒーマシン機種の変更(追加)、お届け先の変更、お届け予定日の変更、お届け頻度の変更はすべてマイページよりご変更いただけます。 コク深め エコ&システムパック『105g』 ( 52杯分): 740円• でも実際、「 毎月いくらぐらいかかるのか?」費用が心配な人も多いのではないでしょうか? 「一杯あたりの値段って、どれくらいなの?」 「月々どれぐらいの金額になるの?」 「最低いくらから利用できるの?」 などなど。

次の