アボガド。 アボカドの栄養や効果・選び方・保存方法は? [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

アボカド (AVOCADO)

アボガド

食べるときに取り出した、タネを水に浸けておくか、土に埋めておくと発芽しますので、簡単ですよ。 アボカドは、大変に樹勢が強く、東京でも十数メートルに成長することもありますから、観葉植物として育てるのなら、摘芯したり、肥料を少なくしたりして、成長を抑えることが必要です。 庭木だと大きくなりすぎて、剪定が面倒だという方がけっこういます。 幹は真っ直ぐではなくて、模様木に仕立ててもおもしろいかもしれません。 タネをまいて半年後のもので3本あります。 栄養がよかったためか60cmになりました ミカンの育つところでは、露地栽培が可能なうえ、実が成ることもあるので、庭木としても利用されていますが、1本だけ植えても、受粉の問題から結実させるのは難しいようです。 しかし、わずかですが東京でも露地植えでの結実例もあります。 アボカドは、両性花で、雌ずいと雄ずいの成熟期が異なる雌雄異熟花です。 午前受粉のタイプと午後受粉タイプがあるので、ミツバチによる受粉をさせるには混植した方が効果的です。 アボカドは、花は多数咲かせますが、5000花とか10000花にひとつしか結実しないので、花が咲いても結実するまでには、さらに数年かかるようです。 種から育てたもの(実生/みしょう)は、実が成りにくいようです。 売られているアボカドの実は、他の種類と受粉したものなので、その種を植えたとしても、親と同じにはなりません。 結実させることを目的として栽培するならば、接木したものを使います。 発芽させるには? 茎と根が出たこの写真は、5月27日にタネを水につけてから、60日経過したものです。 種を水に浸けておくか、土に埋めておけば発芽しますので簡単です。 アボカドを食べる時に、包丁でぐるっと1周させてタネを取り出した場合には、タネに包丁の傷がついていますが、問題はありません。 水に浸ける方法は、発芽の様子が見えるので、台所の隅に置いておけば、いつでも楽しむことができます。 でも、水をこまめに替えないと腐ってしまうので、ちょっと面倒です。 私は、水を腐らせてしまって、ほとんど失敗しています。 土に埋める方法は、タネを土に埋めて、土を湿らせておけばいいので、はるかに楽です。 水に浸けて発芽させる 右の写真は、プリンの容器にアボカドの種を入れ、発芽させるものです。 発芽温度は、(15. 実からタネを取り出したまま放っておいて乾燥させてしまった場合は、発芽しませんので、タネはすぐに水に浸けましょう。 実から取り出したタネは、実が付着していると水が腐りやすくなるし、吸水性も悪いので、薄い洗剤を使ってよく洗います。 油っぽさが残らないようにします。 タネの下部にひげ根のようなものが付いていることがありますが、これは根ではありませんので、気にせずに洗ってしまいましょう。 アボカドに、爪楊枝を刺します。 タネには上下があり、平らになっているほうが、割れて、根が出てきます。 爪楊枝は水平に刺すと、水を容器に一杯入れなければならないので、斜めに刺しています。 下の写真では3本刺していますが、4本のほうが安定します。 発根するのは、平らになっているほうで、とがっているほうから芽が出ます。 どこから割れるのかは、分からないので、楊枝は適当に刺しておきます。 タネが割れる部分を調べたい場合は、タネの底の部分の茶色い皮をめくると、ひびが入っていることもあります。 種の半分を水に浸すようにします。 全部、水に入れてしまうと呼吸ができなくなり、腐ってしまいます。 水を腐らせないため、容器の内側がぬるぬるにならないように水を替えましょう。 暖かい場所に置いておきます。 ただし、乾燥を避けるため、直射日光には当てないようにします。 まずタネの下の部分が割れます。 そして、根が出て来ます。 種が割れるには、1〜6週間かかるようです。 上の写真の根が出た状態のものは、6月10日に水に付けてから、46日経過したものです。 根が出てから、実の上のほうも割れて、芽が出てきます。 水だけで栽培していても、半年くらいは成長して数枚の大きい葉をつけますが、早いうちに鉢植えにしたほうがよいでしょう。 水だけ、しかも台所の隅に置いても半年は育ちます。 高さは50cmになりました。 寒くなったので鉢植えにしてやろうかと思っています。 左の写真の根元部分です。 プリンの容器が小さすぎて根がぐるぐる巻いています。 こんな状態でも立派に育ったのですから、感心します。 タネの左側についている黒い小さな点は、爪楊枝を刺したところです。 その左側の黒い縦の筋は、アボカドを食べるときに包丁で半分に割ったときにタネについた傷が黒くなったものです。 タネを水に浸けてから、発芽後に鉢植えにし、ベランダに置いたら、6ヵ月で高さ38cmに育ちました。 葉は大きいもので長さ20cmあります【東京在住】 土に埋めて発芽させる 種を土に埋めて、土を湿らせた状態に保ちます。 実から取り出した種はきれいに洗います。 種には上下があるので、平らなほうを下にし、とがったほうを上にします。 種に土を全部かぶぜてもよいのですが、ちょっと見えるくらいが、発芽の様子が分かります。 乾燥には弱いので、鉢植えにした場合は注意が必要でしょう。 寒い季節は、発芽しませんので、暖かくなるまで待ちましょう。 気温が下がるようなら、ビニールなどで覆います。 室内を加温し、アボカドが成長しているならば、1日に1回の水やりを行います。 室内を加温しないならば、成長が止まりますから、土が乾いてきたら少量の水を与えます。 低温時に過湿になると、根腐れを起こしますから、水のやりすぎには注意しましょう。 気温が低くて、冬に葉を全部落としてしまっても、茎が生きていれば、春になればまた葉が出てきますから、捨てないようにしましょう。 東京都心の2003年の冬 2003年12月から2月)は、暖冬で、最低気温が0度未満になる冬日が11年ぶりに観測されませんでした。 暖冬のため、アボカドの葉も茶色くなって枯れるものは少しでした。 芯まで枯れなかったので、東京でも夏には、大きなアボカドの樹なら、花が見られるかもしれませんね。 東京都練馬区で10年くらいで花が咲いたアボカドの木。 中央に真っ直ぐに伸びた幹が見えます。 水栽培で根が出たら、小鉢に移し、大きくなってから庭に植えたそうです。 東京でも実が成る! 東京都区南部で庭木として1本だけ植えていたアボカドが、十数年経って結実し、樹上で熟したものを食べたらおいしかったそうです。 (石川霜さんより。 石川さんのHP[]は、イラスト、素材、ネパールなど。 アボカドの記事はありません) でも東京で結実させるのは、かなり難しいようです。 収穫期は、沖縄では、7月中旬から8月、静岡では11月頃のようです。 リンク集 ・ 和歌山県果樹園芸試験場に勤務している方で、30年以上栽培されているようです。 ・ 静岡県浜松の露地で1本だけの開花で、5年ほどで結実したそうです。 フルーツSHOMEIDO社長 ・ 農林水産技術情報協会 農林水産最新技術情報館 ・ 沖縄では個人が少量栽培して出荷したり、庭木にしているそうです。 ・ 我が国のアボカド栽培の基礎研究をしている。 伊豆で栽培しているらしい。

次の

アボカド (AVOCADO)

アボガド

「アボ カ ド」と 「アボ ガ ド」ってどっちが正しいの?そもそも 「アボカド」と 「アボガド」って違うもの?・・・と、迷う人は少なくありません。 結論から言います。 正しいのは「カ」が濁らない 「アボカド」です。 「カ」に濁点(てんてん)がついた 「アボガド」は 間違った書き方です。 なので 「アボカド」と 「アボガド」は書き方の正誤の差があるだけで違うものではありません。 両者はまったく同じものです。 しかし、間違いのはずの 「アボガド」をスーパーマーケットなどでよく見かけませんか?間違いだらけの理由を探るため農林水産省のホームページで調べたところ意外な事実が判明しました。 このページの目次• 濁点なしの 「アボカド」が正しい理由 農林水産省のホームページでの調査の報告をする前に、濁点なしの 「アボカド」が正しいとするその理由を説明します。 理由はシンプルです。 「アボカド」は英語で書くと「avocado」となります。 そしてご覧の通り 「アボカド」の 「カ」に当たる部分は「ca」です。 「ga」ではありません。 「ガ」と発音する「ga」ではなく「ca」だから「カ」が正解です。 しかし、そもそも英語と日本語のローマ字読みとでは発音が違います。 「cat」と書いても「カット」ではなく「キャット」と読みますからね。 そこで念のために国語辞典の王様『広辞苑』で調べてみたところ濁点なしの 「アボカド」はあっても、濁点付きの 「アボガド」はまったくありませんでした。 よって濁点なしの 「アボカド」 が正しい書き方と言い切っても差し支えないでしょう。 「アボカド」と「アボガド」農林水産省HPで判明した意外な事実 濁点なしの 「アボカド」が正しい書き方なのは上に述べた通りです。 では、間違いのはずの濁点付きの 「アボガド」が何故これほどまでに広く出回っているのでしょうか。 発音のしやすさも大きな理由の一つでしょう。 試しに 「アボカド」と 「アボガド」、両方を早口でそれぞれ5回づつ言ってみてください。 間違った 「アボガド」の方が舌をかまずに済みますよ。 濁点なしの正しい 「アボカド」よりも、濁点付きの間違った 「アボガド」の方が発音しやすいのは事実ですが、それにしても間違った書き方が多すぎるのが不思議です。 発音しにくかったとしても、書くのは別問題のはずです。 そこで、間違いだらけの理由を探るため言葉の使い分けや書き方にとっても厳しい省庁で、 「アボカド」などの農産物を管轄している農林水産省のホームページで調べてみました。 濁点なしの正しい 「アボカド」と、濁点付きの間違った 「アボガド」。 それぞれを使って農林水産省ホームで検索してみたのです。 ・ 濁点なしの正しい「アボカド」で検索した結果 濁点なしの正しい 「アボカド」で検索した結果、579件がヒットしました。 正しい書き方なので、想像していた通りそれなりの数が出てきたというのが筆者の感想です。 濁点付きの間違った「アボガド」で検索した結果 続いて、濁点付きの間違った 「アボガド」で検索した結果、これは意外!正しい 「アボカド」とほぼ同じと言っていいレベルの527件がヒット。 この数字からわかること。 それは 「アボカド」と 「アボガド」、どちらの書き方でもいいというのが農林水産省のスタンスだということです。 言葉の使い分けに厳しいルールを持つ省庁でありながら 「アボカド」と 「アボガド」については両方ともOKとしている。 このことが、間違った書き方の 「アボガド」が広く普及してしまっている理由の一つではないかと考えられます。 画像出典: コラム:農林水産省ホームページでの調べ方 農林水産省のホームページには、ホームページの中を検索できる検索窓が付いています。 ちなみにこの検索窓はグーグルがベースになっているので、仮に「アボカド」と検索しても「アボカド」と「アボガド」の両方を表示してしまいます。 なかなか、かしこいんです。 以上のような検索の仕方で「アボガド」と「アボカド」の二つの書き方が農林水産省でそれぞれどのくらい登録されているのかを調べました。 正しい 「アボカド」が増え続けている 農林水産省では 「アボカド」と 「アボガド」のどちらも問題なしというスタンスですが、それでも正しい書き方をする人が増えているのも確かです。 その証拠が以下に示した折れ線グラフです。 画像出典: このグラフはグーグルトレンドと呼ばれるサイトで作ったグラフです。 グーグルトレンドとは、グーグルを使っている人がどのような言葉をどれくらい検索したかを知ることができるサイトです。 ちなみに上の折れ線の青線が正しい 「アボカド」、赤線が間違った 「アボガド」で検索された回数をあらわし、このグラフは2004年から2017年までのそれぞれの言葉が検索された回数の推移を示しています。 このグラフによると2004年の時点では正しい 「アボカド」よりも間違った 「アボガド」という言葉を使っている人の数がおおよそ1. しかし、間違った 「アボガド」を使う人が少しづつ減り続けているのに対して、正しい 「アボカド」を使う人が急増。 2016年5月では正しい「アボカド」を使っている人が間違っている人の10倍にもなっています。 すでに一般消費者の間では正しい 「アボカド」派が圧倒的多数を占めています。 間違って使っていた方は今のうちに言葉の使い方を改めないと残念な人になりかねませんね。 コラム:国語辞典の神様『日本国語大辞典』に載っていない「アボカド」 「アボカド」の書き方がこれほど混乱している要因の一つに、日本国内での「アボカド」の歴史の浅さが挙げられます。 日本に初めて「アボカド」が輸入されたのは約百年前と言われています。 輸入された当初は英語の別名「alligator pear」を直訳した「ワニナシ」と呼ばれていたそうです。 庶民の食卓に「アボカド」が登場したのは1970年代に入ってからのこと。 そのことを裏付けるかのように、1972年に刊行された全20巻からなる壮大な国語辞典『日本国語大辞典』の初版本にすら「アボカド」も「ワニナシ」も載っていません。 「アボカド」と「アボガド」の違いと正しい発音、まとめ 「アボカド」と 「アボガド」の違いと正しい発音、おわかりいただけましたでしょうか。 最後にもう一度、このページで述べたことをコンパクトにまとめておきます。

次の

アボカド

アボガド

「アボ カ ド」と 「アボ ガ ド」ってどっちが正しいの?そもそも 「アボカド」と 「アボガド」って違うもの?・・・と、迷う人は少なくありません。 結論から言います。 正しいのは「カ」が濁らない 「アボカド」です。 「カ」に濁点(てんてん)がついた 「アボガド」は 間違った書き方です。 なので 「アボカド」と 「アボガド」は書き方の正誤の差があるだけで違うものではありません。 両者はまったく同じものです。 しかし、間違いのはずの 「アボガド」をスーパーマーケットなどでよく見かけませんか?間違いだらけの理由を探るため農林水産省のホームページで調べたところ意外な事実が判明しました。 このページの目次• 濁点なしの 「アボカド」が正しい理由 農林水産省のホームページでの調査の報告をする前に、濁点なしの 「アボカド」が正しいとするその理由を説明します。 理由はシンプルです。 「アボカド」は英語で書くと「avocado」となります。 そしてご覧の通り 「アボカド」の 「カ」に当たる部分は「ca」です。 「ga」ではありません。 「ガ」と発音する「ga」ではなく「ca」だから「カ」が正解です。 しかし、そもそも英語と日本語のローマ字読みとでは発音が違います。 「cat」と書いても「カット」ではなく「キャット」と読みますからね。 そこで念のために国語辞典の王様『広辞苑』で調べてみたところ濁点なしの 「アボカド」はあっても、濁点付きの 「アボガド」はまったくありませんでした。 よって濁点なしの 「アボカド」 が正しい書き方と言い切っても差し支えないでしょう。 「アボカド」と「アボガド」農林水産省HPで判明した意外な事実 濁点なしの 「アボカド」が正しい書き方なのは上に述べた通りです。 では、間違いのはずの濁点付きの 「アボガド」が何故これほどまでに広く出回っているのでしょうか。 発音のしやすさも大きな理由の一つでしょう。 試しに 「アボカド」と 「アボガド」、両方を早口でそれぞれ5回づつ言ってみてください。 間違った 「アボガド」の方が舌をかまずに済みますよ。 濁点なしの正しい 「アボカド」よりも、濁点付きの間違った 「アボガド」の方が発音しやすいのは事実ですが、それにしても間違った書き方が多すぎるのが不思議です。 発音しにくかったとしても、書くのは別問題のはずです。 そこで、間違いだらけの理由を探るため言葉の使い分けや書き方にとっても厳しい省庁で、 「アボカド」などの農産物を管轄している農林水産省のホームページで調べてみました。 濁点なしの正しい 「アボカド」と、濁点付きの間違った 「アボガド」。 それぞれを使って農林水産省ホームで検索してみたのです。 ・ 濁点なしの正しい「アボカド」で検索した結果 濁点なしの正しい 「アボカド」で検索した結果、579件がヒットしました。 正しい書き方なので、想像していた通りそれなりの数が出てきたというのが筆者の感想です。 濁点付きの間違った「アボガド」で検索した結果 続いて、濁点付きの間違った 「アボガド」で検索した結果、これは意外!正しい 「アボカド」とほぼ同じと言っていいレベルの527件がヒット。 この数字からわかること。 それは 「アボカド」と 「アボガド」、どちらの書き方でもいいというのが農林水産省のスタンスだということです。 言葉の使い分けに厳しいルールを持つ省庁でありながら 「アボカド」と 「アボガド」については両方ともOKとしている。 このことが、間違った書き方の 「アボガド」が広く普及してしまっている理由の一つではないかと考えられます。 画像出典: コラム:農林水産省ホームページでの調べ方 農林水産省のホームページには、ホームページの中を検索できる検索窓が付いています。 ちなみにこの検索窓はグーグルがベースになっているので、仮に「アボカド」と検索しても「アボカド」と「アボガド」の両方を表示してしまいます。 なかなか、かしこいんです。 以上のような検索の仕方で「アボガド」と「アボカド」の二つの書き方が農林水産省でそれぞれどのくらい登録されているのかを調べました。 正しい 「アボカド」が増え続けている 農林水産省では 「アボカド」と 「アボガド」のどちらも問題なしというスタンスですが、それでも正しい書き方をする人が増えているのも確かです。 その証拠が以下に示した折れ線グラフです。 画像出典: このグラフはグーグルトレンドと呼ばれるサイトで作ったグラフです。 グーグルトレンドとは、グーグルを使っている人がどのような言葉をどれくらい検索したかを知ることができるサイトです。 ちなみに上の折れ線の青線が正しい 「アボカド」、赤線が間違った 「アボガド」で検索された回数をあらわし、このグラフは2004年から2017年までのそれぞれの言葉が検索された回数の推移を示しています。 このグラフによると2004年の時点では正しい 「アボカド」よりも間違った 「アボガド」という言葉を使っている人の数がおおよそ1. しかし、間違った 「アボガド」を使う人が少しづつ減り続けているのに対して、正しい 「アボカド」を使う人が急増。 2016年5月では正しい「アボカド」を使っている人が間違っている人の10倍にもなっています。 すでに一般消費者の間では正しい 「アボカド」派が圧倒的多数を占めています。 間違って使っていた方は今のうちに言葉の使い方を改めないと残念な人になりかねませんね。 コラム:国語辞典の神様『日本国語大辞典』に載っていない「アボカド」 「アボカド」の書き方がこれほど混乱している要因の一つに、日本国内での「アボカド」の歴史の浅さが挙げられます。 日本に初めて「アボカド」が輸入されたのは約百年前と言われています。 輸入された当初は英語の別名「alligator pear」を直訳した「ワニナシ」と呼ばれていたそうです。 庶民の食卓に「アボカド」が登場したのは1970年代に入ってからのこと。 そのことを裏付けるかのように、1972年に刊行された全20巻からなる壮大な国語辞典『日本国語大辞典』の初版本にすら「アボカド」も「ワニナシ」も載っていません。 「アボカド」と「アボガド」の違いと正しい発音、まとめ 「アボカド」と 「アボガド」の違いと正しい発音、おわかりいただけましたでしょうか。 最後にもう一度、このページで述べたことをコンパクトにまとめておきます。

次の