ハイキュー 卒業後 まとめ。 【ハイキュー】プロ入りメンバーまとめ!Vリーグについても

ハイキュー!!370話のネタバレ!!新生烏野の最後とは!?

ハイキュー 卒業後 まとめ

スポンサーリンク アザラシの子 古舘春一「ハイキュー」369話より引用 コートから引き上げる烏野。 西谷と一緒に歩く東峰は躊躇いつつも、最後の星海のスパイクについて西谷が取れなければ、誰も取れないのだから責任を感じる必要は無いと気遣います。 こちらは月島に声をかける澤村です。 どうやらつった足はもう平気のようです。 月島のブロックが無ければ全国は無かったと澤村は礼を言いますが、その月島は早く帰って鴎台のブロックの録画を見たいと答えます。 また田中は清水の荷物を持つと話しかけ、最後だからかその申し出を受け入れる清水です。 「惜敗じゃねえ、完敗だ」 お前たちはもっと上に行けると試合を総括する澤村。 すると影山の意外な言葉に皆が驚きます。 「このチームでもっと上に行きたかったです」 これを聞いて感情が高ぶったか肩でタックルする菅原。 確かに試合は勝たなければそこで終わりますが、影山の今の言葉を聞けただけでも来た意味があると言います。 烏野を思う気持ちがあれば、これからも先も色々なチームであってもそう思えると大泣きします。 最後に澤村は武田先生が監督にお礼を言います。 それを聞いて武田は生徒たちを誇りに思うと返します。 古舘春一「ハイキュー」369話より引用 負けは今の力の認識であっても弱さの証明ではありません。 「君たちの何もここで終わらない、これからも何だってできると!!」 と挨拶を締めて烏野の春高バレーは幕を閉じました。 スポンサーリンク これからの人生 古舘春一「ハイキュー」369話より引用 宿舎に戻りベランダで「つかれた」と身も蓋もない感想を述べる澤村。 東峰もどうやらもう少しで足がつりそうな状況だったようです。 菅原は誰も謝る人間がいなくて良かったと語ります。 そこに清水が加わり一緒に過ごす黄昏時に田中から夕食の連絡が入ります。 しょうが焼き日向にオゴるとご機嫌な4人組でした。 その日向に夕食を運ぶのは鵜養でした。 日向に気合や気持ちが足りなかったと訳ではありません。 メンタルとフィジカルは別個ではなく、強い身体に強い心がついてくるのです。 限界を越えるのではなく、限界値を上げていくために飯を食べ、しっかりと筋肉をつけていこうと鵜養は総括するのでした。 「いただきます」 古舘春一「ハイキュー」369話より引用 日向は涙を流しながらご飯を噛みしめるのでした。 スポンサーリンク ハイキュー!!369-370話のまとめ キャプテン澤村の最後の総括は、自分たちは奇跡「的」と言いながら、後半たちはもっと上を目指せると期待を込めたものでした。 武田先生に対する感謝も述べるなど気遣いに抜かりはありません。 こうした裏方へのフォローがあるのも、この作品の良いところです。 古舘春一「ハイキュー」369話より引用 その武田先生の言葉は、もはや名セリフの宝箱すぎます。 そして驚いたのは、このチームでもっと上に行きたかったという影山の一言。 あのワンマン王様野郎からそんな言葉が出てくるとは、菅原でなくても思わず涙です。 そして烏野の現メンバーでの最後の晩餐。 勝利のしょうが焼きでなかったのは少々残念でしたが、インターハイ予選で蒼葉城西に敗北した時の食事と今回は違い涙を流しながらではないから、選手も控えもベンチも各々が自分の力を出し切った感じがしたのでしょう。 山盛りご飯の影山に思わずワロタ。 日向にそっと差し入れをするチームメイトが微笑えましいです。 古舘春一「ハイキュー」369話より引用 そして、最終ページは数年後! 作品ワープの法則で2年生、ひょっとして高校卒業?まで飛ばしてきました。 チャリに乗る日向は少しだけ背が伸びたかな? とりあえず国内ではやることやったので、海外編、武者修行編なのか? それとも、武田先生が日向に語った台詞が伏線で、東京五輪編となるのか? 作品設定として、日向1年生が2012年なので、リオ五輪に合わせて2016年にブラジル渡航、最後は東京五輪で2020年に時間軸を現在に合わせてエンド。 こんな感じでしょうかね。

次の

【ハイキュー!!】月島蛍の卒業後の進路は?かっこいい画像・魅力まとめ!バレーにハマった理由もご紹介

ハイキュー 卒業後 まとめ

Contents• ダイヤのAもそうだけど、強豪と呼ばれるチームに入るやつらを自分は大好きです。 自分はバレーで高校を選べなくて、周りの仲間やテレビに出ている先輩を見て、 ああ、 自分もバレーで高校選んだらよかったかなって思った時期がありました。 やけど、高校での仲間とも今でもバレーするし、やっぱり 自分のいる場所で、 自分がどう戦うかが大切だよなーっていつも思っています。 でわでわさっそく行ってみましょー ひとまず3年生スタメンまとめ! 牛島 若利(うしじま わかとし) 主将・ウィングスパイカー。 通称ウシワカですね。 3年3組• 背番号1• 身長189cm• 体重84. 8kg• 8月13日 とにかくすげー。 19歳以下の世界ユースに選ばれるってどんだけ。 お父さんが元プロ。 左利きをお父さんが大切にしてくれた。 「強いチームに入るといい」っていうお父さんの言葉を素直に聞いた感じかな。 「バレーを好きになってほしい」っていうお父さんの気持ちを、 烏野と対戦することで、すこしずつわかってきてる気がする。 サウスポーやからっていうのもあるんだろうけど、 ポジションはライトでセッター対角。 左利きがすげーっていうのがうまく表現されててよかった。 たしかに 左利きはブロックしにくいと思う。 私は高校になるまでは、同じチームにサウスポーいなかったので、 慣れるまではブロックをちょっと横にずらすのさえ難しかったです。 大平 獅音(おおひら れおん) 副主将。 ウィングスパイカー。 ローテでいうと牛若の次。 3年4組• 背番号4• 身長182. 7cm• 体重82. 4kg• 10月30日 なんというか、 超いい人。 この人が副主将のポジションにいるのわかるわー。 日向が「弁慶」ってあだ名つけてたけど、「れおん」の響きも好きです。 なんというか、コツコツ積み上げてきたんだろうな感が出てていい。 強豪でスタメン勝ち取ってる貫禄がある感じ。 天童 覚(てんどう さとり) ミドルブロッカー。 ゲスブロッカー。 3年2組• 背番号5• 身長187. 7cm• 体重71. 1kg• 5月20日 はい。 来ました。 彼です。 そう、彼なんです。 伊達工業のブロックVS烏野コンビもすごくよかったのですが、 「ゲスブロッカー天童」はすげえ。 ガチですげえ。 学生時代、自分が似たようなことしようとしていたので、その凄さがよく分かる。 ほんと周りに迷惑かけるブロックしてごめんって謝りたい。 性格がゲスなんかなーとはじめ思ってたのですが、 『GUESS(推測)』のゲスだった。 ただ、正直に言ってしまえば、彼に感情移入するのってけっこう難しいと思う。 自分の身勝手さとかが高校生らしく描かれてて、 ある意味、彼は本当に自分に素直に自分を信じてプレーしてるんだなーって思った。 なんか、文章で言い表せないんだけど、 ほんと、天童が動くのが楽しみでしゃーない。 影山との頭脳戦とか、やっぱり 漫画の画面じゃどっちの方向に目線とばしてるのかとか、 コート全体を想像しながら読まないと難しいと思う部分もあります。 なので、日向がコートの端から端まで走り回るところもそうなんですけど、 天童の動きもアニメーションで早く見たい!!めっちゃ見たい! 山形 隼人(やまがた はやと) リベロ (天童についてます)• 3年3組• 背番号14• 身長174. 3cm• 体重66. 5kg• 2月14日 あんまり目立った印象はないけど、すごくフォーローがうまい、 縁の下の力持ち感のあるリベロだよなーと思って見ていました。 西谷がスーパーリベロとして完璧にウシワカのレシーブを上げた18巻159話で、 山形がアップゾーンでぞくってしてるのが印象的でした。 スタミナが高い評価なも納得。 (おまけページで5の評価ついてました) レシーブって、どれだけ集中できるかで精度全然変わってくるので、 とにかくリベロはスタミナがないとやってけないポジションだよなーって思います。 続いて2年生いきます! 川西 太一(かわにし たいち) ミドルブロッカー(天童の対角)• 2年5組• 背番号12• 身長188. 3cm• 体重74kg• 4月15日 あれですね。 天童とはまた違ったタイプのブロッカーです。 ウシワカの次に身長高い。 攻守共にうまい印象。 ブロックの使い分けもうまいし、さすが強豪のスタメンって感じがします。 正直天童のインパクトがすごすぎて、さらっと流されやすいのかも。。 アニメ2期でも川西出てたっけ?って感じです。。 アニメ3期に期待!! 白布 賢二郎(しらぶ けんじろう) 正セッター• 2年4組• 背番号10• 身長174. 8cm• 体重64. 4kg• 5月4日生まれ 正直に申し上げましょう。 実際自分の好感度が一番高かったのは白布です。 なんというか、一般入試でスポーツ推薦の中に飛び込む根性がいい。 そして、中学のときに誰にトスを上げたいかで高校を決めるところがいい。 とにかく 努力が報われて欲しいなーと思います。 精神面でも成長途中なんだろうけど、影山とのセッターバトルもよかった! 先輩セッターである「瀬見 英太」とのライバル関係もめっちゃいい。 3年にうまいセッターいるのに、2年がスタメンっていうシチュエーションに胸熱。 最後に1年生いきます! 五色 工(ごしき つとむ) ウイングスパイカー• 1年4組• 背番号8• 身長181. 5cm• 体重69. 5kg• 8月22日生まれ 唯一の1年生レギュラー。 ウシワカに張り合う超負けず嫌い。 先輩にも「俺の方がエースと呼ばれるにふさわしいと証明してみせます」って言える根性持ち。 いやー、こういう 単純で、真面目で、負けず嫌いの1年生、イイネ! ローテ的には前衛で牛若と1回、天童と1回かぶる感じ。 3年生に挟まれている感じもなんかリアリティーあるなーと思ってみてました。 対角は大平なんで、レフトのウィングスパイカー。 五色は絶対まだまだ上手くなると思う。 将来が楽しみやなー。 日向との戦いも見たいな! まとめ 白鳥沢のキャラ達も超魅力的。 いまのところ声優さんが決まっているのはウシワカだけだし、声優が誰になるかも楽しみですね。 そしてなにより個人個人の良さと不安定さがすごくいいです。 鷲匠監督の考え方もなるほどなーと思うし。 (自分の中学ときの監督のスタイルに似てるわ。 ) とにかくアニメが楽しみですね。 多分ハイキュー連載終了したら、だいぶストレスたまるタイプやわ。 多分またバレー始めるんだろうなー。。。

次の

ハイキューのキャラクターの現在は?大人編で出ているキャラクター...

ハイキュー 卒業後 まとめ

ハイキュー!! 終章突入へ 本日10月28日発売の週刊少年ジャンプ48号より、ハイキュー!! は終章へと向かいます。 皆さま、最後まで応援のほど、何卒よろしくお願いいたします! — ハイキュー!!. WJ46号で、あっという間に高校卒業してる描写があって「数年後」になっていたので、 そんな展開ある!? と思ったのですが、そこにはしっかり 「新章、開幕!」の文字があったんですよね。 けれど、今回の終章の文字にネットでも動揺の声が上がっていました。 ハイキュー、終章かぁぁぁ。 寂しい。 私の心のバイブル。 大人としても尊敬できるキャラがたくさん。 ハイキュー!作者「もう少しだけ続きます」は連載終了のサイン? ただ、WJ46号の古館先生の巻末コメントを読んで「あれ?これもしかしてハイキュー最終回近い?」とも思いました。 やはり他にも同じことを思った人はいますよね。 この「もう少しだけ続く」って、有名な「ドラゴンボール」内の亀仙人のセリフなんです。 正確には、 もうちっとだけ続くんじゃ、です。 「もう少しだけ続きます」連載終了の根拠 最終回じゃないぞよ もうちっとだけ続くんじゃ 「ちょっとだけ」という割に続いてしまったのは人気作であったため編集部側の都合で引き伸ばされた事に起因する。 作者としては本当に「もう少しだけ」続けるつもりだったのだろう。 最終42巻には、新たなステップのため随分前から決めていたが、関係者に無理を言って終わらせた旨が書いてある。 pixiv. なので、嫌な予感がする、古館先生はハイキュー終わらせたいの?と思っていたら、まんまと終章の文字が出てきました。 ハイキュー!の連載終了・最終回はいつ? 今回の春高戦で負けたとしても、日向たちが2年生になる次世代編としても十分続けられたと思うんですけどね・・・。 でも、ハイキューも連載が始まって7年。 作者としてはいろいろと回収したいのかもしれないですね・・・。 (まだまだ読みたい私との葛藤><) そして今回、はっきりと『2017年』の文字が出てきました! 今までもハイキューの時間軸を考えると、2012年のお話だと思っていたのですが『2017年』の文字と、あれから5年という表記があったので、やはり今までは2012年だったというのがハッキリしました。 そして、古館先生は2013年の少年ジャンプで「オリンピック編」をやると書かれてるんですよね。 影山が2016年のリオオリンピックに出ていて、日向は修行のためにビーチバレーをブラジルでしています。 ハイキュー 今日の本誌、影山が出てるオリンピックが2016年ってことは 2020年の東京オリンピックに日向と影山代表選手で再会ってこと? ついでにツムも代表選手来たらこの伏線回収? 滝川さんの『おもてなし』が7年前。 作者の例の7年前の巻末コメント。 先生は日本って決まった時からこの展開を・・・? — cho-co! ハイキュー終わりに近づいてくいくなぁ 影山が素直な笑顔で「またな」って言ってて嬉しかったよ — でへあ や deeeeeeeeeeheya おそらくオリンピックで影山と再開・・・という展開になるのではないかと思います。 ただ、オリンピック編という感じで続くのではなく、再開して、いざ試合へーーーーーみたいな感じで終わるのではないかなと思っています。 ということは、あと数ヶ月で終わるのかな・・・と。 今までの2012年の舞台から、5年後の2017年になっていた。 影山はVリーグに進み国内トップリーグで10代から活躍している。 日向は修行のためにビーチバレーをしにブラジルへ行っている。 WJ46号の古館先生の巻末コメントに「もう少しだけ続きます」とあり、最終回が近い?と予想する人もいた。 古館先生は2013年の少年ジャンプで「オリンピック編」をやると書いていた。 卒業式の日に影山と日向は「またな」と会話をしていることもあり、二人がオリンピックで再開して最終回ではないかと予想。

次の