雇用保険の追加給付。 雇用保険と労災保険等の追加給付で返金を受けられる金額や対象者は?電話相談窓口はどこ?期限や給付日と受け取り方法についても

厚労省から通知「詐欺?」 雇用保険追加給付、記者にも届く

雇用保険の追加給付

詐欺と疑う人もいるのでは」といぶかしがる声が届いた。 同じような通知は最近、記者にも届いた。 追加給付のきっかけは昨年、大きく報じられた「毎月勤労統計の不適切調査」。 厚労省の調査方法が長年、対象事業所を不当に絞っていたため、雇用保険などが2004年8月以降、過少給付されていた。 これに伴い、厚労省は昨年秋から、追加給付すべき対象者に通知を出し、振込先などを確認する必要書類の返信を求めている。 記者は長女が生まれた際に育児休業を取得。 04年から05年にかけ、雇用保険の「育児休業給付」と「職場復帰給付金」を受け取っており、追加給付の対象になる可能性があるという。 厚労省雇用保険課によると、通知の対象者は全国で1860万人に上り、発送は膨大な事務作業。 新型コロナウイルス感染症の影響で3月~5月中旬は中断を余儀なくされ、同課は「送付完了は7月上旬までずれ込みそう」とみる。 追加給付に便乗した詐欺への備えとして厚労省は、正規の発送用封筒や返信用封筒の写真をホームページで公開している。 返信先の私書箱の番号も明記され、「届いた封筒と照らし合わせてほしい」と同課。 追加給付なので、通知を受け取った人に振り込みを要求するようなことはあり得ないとしている。 S編には「返信後、いつまでたっても振り込みがないし、国からの連絡もない」との声も寄せられた。 返信された書類は厚労省でチェック後、該当するハローワークに送られ、そこから追加分が口座に振り込まれる仕組み。 同課は「件数が膨大なため、給付まで数カ月かかる場合もある」と説明している。 追加の給付額は個人差があるものの、1人千円強の場合が多いという。 「本来の額を受け取るべきだ」と思う一方で、追加給付の事務処理にも税金が使われていることを考えると、少し複雑な気持ちになった。 (太路秀紀).

次の

雇用保険の追加給付に関する書類が届いたので調べてみたよ|森間ちはのブログ

雇用保険の追加給付

厚生労働省の毎月勤労統計の不正とは 毎月勤労統計調査とは統計法に基づく基幹統計調査で雇用、給与及び労働時間について、全国調査にあってはその全国的の変動を毎月明らかにすることを、地方調査にあってはその都道府県別の変動を毎月明らかにすることを目的とした調査です。 この 統計データを元に様々な社会保険の金額や、今後の政策が決められているのです。 つまり、かなり重要な統計データの一つであるってことですね。 それが15年間に渡り不正されていなのです。 具体的には 全数調査とするところを一部抽出調査をしていたとか 統計的処理として復元しなかったことのようです。 それにより「きまって支給する給与」(簡単に言えば固定給分)が低めの金額になってしまっていたのです。 この統計データを元に様々な社会保険の金額が決まっていましたのでそれら 社会保険の給付金額が低くなっていたということになります。 具体的には以下の人数、金額の影響がありました。 大きい出来事なんですよ。 雇用保険被保険者番号• 手当受給時の振込口座• お勤め先(就職された年月、離職された年月) 一番確実なのは「 雇用保険被保険者番号」を記載することでしょう。 就職時などに白い1枚ペラの紙をもらうのですがそこに記載されています。 多くの場合は年金の手続きと一緒に行うため年金手帳と一緒に管理されているとおもいます。 また、見当たらない方はお勤めの会社によっては預かってくれているケースもあります。 該当する方は経理や総務、人事等に一度お問い合わせしてみてください。 雇用保険被保険者番号が見当たらない方は手当受給時の振込口座、お勤め先(就職された年月、離職された年月)を記入することになります。 1つ以上ですからわかれば両方記載するほうが確実かもしれません。 おそらく膨大なデータから手作業で探してのだと思われます・・・少しでもヒントがほしいでしょうしね。 払渡希望金融機関届で確認したいこと 裏面の払渡希望金融機関届は追加給付を受け取るために必要な口座情報です。 注意点としては ネットバンクの一部はご利用できないとのこと また、口座番号が 6桁の場合は左詰めとのことですのでご注意ください。 都市銀行や地方銀行を選択するのが無難かもしれません。 なお、押印は認印で構わないそうです。 (銀行に届け出た印鑑でなくてもOK) 雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願いが届かない方は要注意 「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」が届いている方は問題ありませんが、自分はその期間に社会保険から給付を受けているのにで届かない場合は問い合わせてみるのも良いでしょう。 住所データがない受給者の方(推計延べ1,000万人以上)及び転居等で住所が不明となった受給者の方が多数おられるとのことです。 この方たちはハローワーク側で把握できていないわけですから、受給者の方から 申し出をしないともらえない可能性が高いと思われます。 厚生労働省で追加給付に関する情報当登録フォームが用意されていますのでそちらに入力するようにしましょう。 >> また、以下の問い合わせ先が用意されています。 出所:厚生労働省「毎月勤労統計調査に係る雇用保険、労災保険等の追加給付について」 詐欺に注意 すでに厚生労働省からも注意喚起が出されていますが、本追加給付についての詐欺が横行しているそうです。 以下の点に注意するようにしましょう。 金融機関の暗証番号を聞くことはありえない• 職員が訪問してくることもまずありえない• 手数料を徴収することもない• ATMで操作をすることもない また、書類が厚生労働省から届いたものであるのか、また送付先が厚生労働省になっているのかを確認してください。 少しでもおかしいと思ったら上記の問い合わせ窓口もしくは最寄りのハローワークに相談するとよいでしょう。 まとめ 今回は「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願いが届いたら確認したいこと」と題して厚生労働省の毎月勤労統計の不正に伴う追加給付について見てきました。 それほど難しい書類ではありませんが忘れず送るようにしましょうね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 フェイスブックページ、ツイッターはじめました 「シェア」、「いいね」、「ツィート」、「フォロー」してもらえると大変うれしいです。

次の

雇用保険追加給付の郵便届く、本物? 統計不正で支給少なかった可能性

雇用保険の追加給付

政治・経済 2019. 12 2019. 03 Tanoseek 雇用保険と労災保険等の追加給付で返金を受けられる金額や対象者は?電話相談窓口はどこ?期限や給付日と受け取り方法についても 2019年1月11日、厚生労働省の職員による手抜き調査が原因により、雇用保険や労災保険に支払い不足が露呈した問題で、厚生労働省が不足分の追加支給をする事を発表し、話題になっています。 追加支給対象者はなんと10日時点の予測を大幅に超える、 約2000万人で総額537億円。 それでは 追加給付により返金を受けられる対象者はどういった人達なのでしょうか? 無料の電話相談窓口も開設され、すでに2000人規模の人達からの問い合わせが殺到しているようです。 雇用保険と労災保険等の追加給付で返金を受けられる金額や対象者は? によると、 今回の追加給付の対象者になる可能性があるのは、• 雇用保険• 労災保険• 船員保険• 事業者向け助成金 の4つの給付を受けた事がある人に限られるようです。 以下では、この4つについての対象者と金額について簡単に説明させてもらいます。 引用: 雇用保険関係の追加給付対象者と金額• 「雇用保険」に該当する給付を 平成16年8月以降に受給した人• 「政府職員失業者退職手当」「就職促進手当」なども含む。 雇用保険に該当するかどうかは からご確認ください。 【金額】 1つの受給期間を通じて 平均1,400円程度 約1900万人 労災保険関係の追加給付対象者と金額• 労災保険給付や特別支給金に該当する給付を 平成16年7月以降に受給された方 労災保険に該当するかどうかはからご確認ください。 【金額】• 失業手当 約1567万人 平均約1350円• 65歳以上が対象の高年齢求職者給付金 約183万人 平均約410円• 年金給付が約27万人に対して約9万円• 休業補償は約45万人に対して月平均約300円• 育児休業給付の対象者はのべ約14万人で、不足額は平均約3100円• 過去の受給者への追加支給の開始は雇用保険が11月• 船員保険は6月• 現在受給している人への過去の不足分は、雇用保険と船員保険で4月に支給を始める見通し。 追加給付に関する電話相談窓口 すでに厚生労働省は無料の電話相談窓口を開設しているようなので、 自分が対象者であるかわかりづらいけど、確実に追加給付を受けたい方は電話をしてみるのが早いです。 時期が時期なので繋がりにくくなっている可能性もあるため、平日の午前すぐ等の時間帯がおすすめです。 ただ、 相談の期限は設けないとも発表しているため急がなければ 少し落ち着いたくらいで電話をかけるのがベストですね。 ご相談の期限は、当面、設けません。 引用:厚生労働省HP 2019年1月18日続報:厚生労働省が2004年からのデータを紛失した事が明らかになり正しいデータが得られないのではと話題になっています。 雇用保険と労災保険等の追加給付の給付日や受け取り方法について 給付日についての詳細は、まだ現在は準備期間であるためか、体制が整い次第、順次追加給付を開始するとかしか発表はされていません。 2019年2月4日追記:2019年11月頃には住所を変更していない人には返金が実施されると発表がありました。 住所変更したりしていて住所データが残っていない人は対応が遅れるようです。 ただ、 自分が対象者かどうかわからなくても待っていれば確実に追加給付が受けられ るか といえばそうではないようです。 厚生労働省のHPでは、 住所データが残っている人たちに関しては手紙により連絡をするが、 住所データが残っていない人たちや転居により住所不明の人たちに関しては、 申し出なければ給付は行えないとの事。 そして現在では、申し出が必要な人数は 1000万人以上との事。 申し出るにも、• 追加給付の可能性がある給付の種類• 受給時期• 受給実績• 本人確認• 追加給付学の計算 と、多くのめんどくさい流れが必要なようです。 ただ、1400円というのも、平均での金額でもあるため、調査してみたら思ったより高額である可能性もあるかもしれません。 泣き寝入りしては厚生労働省のミスにより、お金を無駄に失ってしまうというだけになるので、とりあえずまずは無料の電話相談窓口に電話をかけるといった行動を取ってみたほうが良さそうですね。 雇用保険と労災保険等の追加給付についての世間の反応 追加給付の対象となるか以下に関連する方はチェック ・雇用保険関係(雇用保険給付) ・労災保険関係 ・船員保険関係 ・事業主向け助成金 など 厚生労働省 — 2019年1月11日(金)掲載新着情報 毎月勤労統計調査に係る雇用保険、労災保険等の追加給付について — PT・OT・ STニュース. 年金の時も他人の金であることを自覚するまで同じ態度でしたね。 今回も税金使って生産性のない労力かけて追加給付とやらするつもりですね。 今回もどなたか知らんが高額の退職金を持って辞職するふりして、背任まがいの優遇をした企業へ天下りされるのですね。 — 年金ちゃん Xu2NenSlndBcyEj.

次の