西太后 処刑。 西太后に虐め殺された珍妃の井戸

西太后とは?中国三大悪女の一人の生涯とエピソードを解説

西太后 処刑

1908年 中国の西太后が死去 1908年 中国の西太后が死去 1908年11月15日、清朝末期の政治の実権を握っていた 西太后(せいたいごう)が死去した。 その前日の1908年11月14日に、戊戌の政変(ぼじゅつのせいへん)によって幽閉されていた 光緒帝(こうちょてい)が死去している。 西太后が死去すれば政治の実権は皇帝である光緒帝に戻るはずであり、前日に死去したというのは偶然なのか、なにかの策謀があったのか、諸説あるが真相はわかっていない。 光緒帝には嗣子がなかったため、光緒帝の実弟である醇親王載? (じゅんしんのうさいほう)の子である 溥儀(ふぎ)が3歳で帝位について 宣統帝となり、載? が摂政となった。 【西太后】 西太后(せいたいごう)1835〜1908 清朝第9代皇帝の文宗・咸豊帝(ぶんそう・かんぽうてい)の側室となり、第10代皇帝の穆宗・同治帝(ぼくそう・どうちてい)を産んだ。 咸豊帝が1861年に病死したため、幼少の同治帝が帝位についたが、咸豊帝の皇后慈安皇后(東太后)とともに幼少の同治帝を助けて慈禧太后(じきたいごう)と称した。 西太后は摂政となり、咸豊帝の弟の恭親王奕? (きょうしんのうえききん)が補佐した。 このころは政治が安定し、同治の中興と呼ばれる。 1974年に同治帝が没すると、西太后の妹が妃となっていた醇親王奕? (じゅんしんのうえきけん)の幼少の子を第11代皇帝の位につけて徳宗・光緒帝(とくそう・こうちょてい)とし、権力を維持したが、光緒帝が成長して親政を行ない変法自強運動を進めると、保守派とともにクーデター(戊戌の政変)を起こして再び権力を掌握した。 その後、西太后は、扶清滅洋をスローガンとする義和団の武装蜂起を暗に援助したことから、義和団が1900年に北京に入り、外国人に数々の暴行を行ったうえ外国公使館区域を包囲するにいたると、西太后は諸外国に向かって宣戦した。 このため、列強8か国が連合軍を組織して北京に進撃し、西太后と光緒帝は西安へ難を逃れることとなった。 講和条約は、多額の賠償金支払や、北京・天津など華北への外国軍駐留など、屈辱的な内容で、清朝への国民の信頼を失い、革命運動が加速された。 ここにいたって、1901年1月に新政の詔勅を出し、諸制度の改革にのりだした。 1905年には科挙を廃止、1906年には立憲政治を行う方針を決め、1908年に憲法大綱と立憲政治を開始するまでのプログラムを発表した。 しかし、この発表を行った1908年の11月に、西太后と光緒帝は死去した。 その後も清朝政府は改革に努めたが、革命運動の高まりと、郷紳の清朝からの離反とによって、1911年に辛亥革命が起き、翌1912年2月に宣統帝溥儀が退位させられて清朝は滅亡する。

次の

グロい画像あり※[古代中国の死刑をまとめてみた]

西太后 処刑

《蒼穹の昴》のあらすじ から引用させていただきます。 舞台は光緒12年(1886年)から光緒25年(1899年)までの清朝末期。 貧家の子、李春雲(春児)は糞拾いによって生計を立てていたが、貧しい家族のために自ら浄身し、宦官となって西太后の下に出仕する。 一方、春児の義兄で同郷の梁文秀(史了)は、光緒12年の科挙を首席(状元)で合格し、翰林院で九品官人法の官僚階級を上り始める。 清朝の内部では、政治の実権を握っている西太后を戴く后党と、西太后を引退させて皇帝(光緒帝)の親政を実現しようとする帝党とに分かれ、激しく対立していた。 后党と帝党の対立は、祖先からの清朝の伝統を守ろうとする保守派と、衰えた清朝を制度改革によって立て直そうとする革新派(変法派)の対立でもあった。 両者の対立は、やがて西太后と皇帝の関係にも、深い溝を生んでゆく。 春児は西太后の寵を得てその側近として仕え、一方、文秀は皇帝を支える変法派若手官僚の中心となる。 敵味方に分かれてしまった2人は、滅びゆく清朝の中で懸命に生きていく。 引用: 西太后役は日本人女優の田中裕子さん 西太后の役は、日本の女優田中裕子さんです。 「おしん」のヒットで中国でも大人気。 もちろん中国語なので全部吹き替えです。 演技はあえていうまでもなくもちろん上手なわけですが、 いかんせん口元の動きと吹き替えで聞こえてくるセリフが合っていないので違和感が…。 こんなにずれるなら正直なところ彼女でなくてもよかったんじゃないかなと思ってしまったよごめんなさい。 とにかく自然じゃない。 特に日本人役(元首相の伊藤博文、記者の岡圭之介、日本大使館の柴五郎)の声! 絶対そこらへんから日本人適当に連れてきたでしょ…って感じでセリフ棒読み! (違ったらものっすごい失礼ですがこれが視聴者としての正直な感想。。 ) 日本で放送されたのはどんな感じだったんだろう。 龙玉は一体何だったのか 清太祖が見つけた透明で固くて美しい玉、龙玉。 それ以来ずっと先祖を祀るお堂の中に大切に保管されていたが、乾隆帝の時代に行方をくらましてしまう。 龙玉を手にし、龙玉から何か反応を得るものが本物の皇帝である、という逸話を信じて西太后は龙玉を探し続けます。 春儿のおかげでようやく見つけた龙玉。 しかしやっと西太后は大切なのは龙玉の存在ではないと気づくのです。 もちろん彼女の苦悩も描かれていたわけだけれど、やっぱり権力を手放せなくて、息子(実際は甥)である光緒帝との関係は修復できずに終わります。 物語の描かれ方では、西太后とはまた別に、光緒帝の側近である梁文秀と、 その兄弟である西太后側近の春儿が主人公でもあるので、彼らに自己投影をするわけですが、 彼らにとっては敵方である西太后側の人間の悪事は明るみに出ることなく、もちろん裁かれず、そのままになっていることが、どうしても水戸黄門的なわかりやすい話が好きな私からすると後味悪くて気持ち悪かった。 西太后と光緒帝も結局わかり合うことができず、暗い気持ちで終わりました…。 現実世界では視聴率の高いドラマのように、必ずしも正義が勝って悪党が裁かれる、ハッピーエンド、というわけではないのである意味とっても現実的な話なのだけれど、だからこそ見ていて現実逃避できずに苦しかったなぁ。 老佛 爷と同様、自分のことを男性として呼ばれるのを好んだ西太后。 主に西太后側近の太监がよく使っていました。 それ以外の家臣たちはみんな「皇上」と呼んでいました。 さらに、中国は移り変わりが激しいです。 現在は異なる可能性がございますのでご了承ください。

次の

特集ドラマ「蒼穹の昴(吹き替え版)」

西太后 処刑

ストーリー ドラマ「蒼穹の昴」は、19世紀末、中国清朝末期の紫禁城を舞台にくり広げられる壮大な歴史ドラマであり、人間愛のドラマです。 日本の明治20年(1887年)頃、清朝第11代皇帝・光緒帝の治世下。 若い光緒帝が帝位にありましたが、政治の実権は西太后が握っていました。 折しも、欧米各国が大陸に進出しようとうごめき、清国の将来をめぐって紫禁城は西太后を中心にした守旧派と光緒帝を立てる改革派の思惑が入り乱れていました。 物語は二人の若者を軸に展開します。 一人は貧しさから脱する為、宦官(かんがん)の道を選んだ春児(チュンル)こと李春雲(りしゅんうん)。 宮廷に入り西太后の寵愛を受け、出世していきます。 もう一人は官吏登用試験""科挙""に首席合格し、高級官僚の道を進み、光緒帝の側近となる梁文秀(りょうぶんしゅう)。 二人が数奇な運命によって出会い、兄弟の契りを結ぶところから物語は始まります。 それぞれのやり方で衰退する清国の立て直しを計る西太后と光緒帝、そのもとに仕える春児、梁文秀たちを軸に物語は展開しますが、加えて、""謎の美女""ミセス・チャン、北京駐在日本人記者・岡圭之介、さらに多くの歴史上の実在人物が登場。 世紀末の騒然とした北京を舞台に、人間ドラマが交叉します。 やがて紫禁城に運命の時が訪れます。 実質的には母子であり、相手を思いやる関係でありながら、陰謀や裏切りの連続の中で西太后と光緒帝の間には決定的な対立、離反が起こり事態は急展開、登場人物たちを大きな時代の波が襲います・・・・・。

次の