クリスマス ツリー 折り紙 立体。 クリスマスツリーの折り紙の折り方!立体で豪華な作り方はコレ!

クリスマスツリーを折り紙で立体的に!作り方は意外と──?

クリスマス ツリー 折り紙 立体

この立体的な星はバーンスターと呼ばれて、欧米では自宅の壁やドアの上に飾る人もいるくらい人気なんですって。 画像のようにキラキラの折り紙や、ちょっとアンティーク風にしたいのなら英字柄の折り紙でもおしゃれです。 しかも、 立体で見栄えが良いのに 簡単なリボンの折り紙の折り方を、リンク先の記事で紹介しています! ちょっと折り紙で折ったなんて思えないほど完成度の高いリボンです。 この赤と白の手袋は特別なサンタクロース仕様なんです。 手作りのクリスマスリースってちょっと難しそうな気がしませんか? このリースも一見、12個もピースがあって、それを組み合わせるのが大変そうなんですが、これが作ってみると分かるんですが、メッチャ簡単なんです。 これを見ると豪華できっと難しいんだろうなぁとか思いませんか? それが作り方を見ると本当に簡単で信じられないくらいなんですよ 笑。 折り紙も合わせて、材料は100均で864円で買い揃えられました。 作り方さえ覚えてしまえば、大きな紙や和紙などの色々な紙で楽しんで作ることができます。 ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。 輪っかの壁飾りの作り方 デコレーションリングという細長い折り紙を繋げて作る輪っかの壁飾りの紹介です。 これはご存知、輪っかとか輪つなぎとか輪飾りとか、デコレーションリングとか色々な呼び方で呼ばれている例のものです(笑)。 上の輪っかの壁飾りを少しだけアレンジして作るハート型の輪が繋がった、とてもポップでラブリーなデコレーションです。 丸い輪だけじゃなくて、ハートも飾ると、ほんわかムードになりますよ。 クリスマスプレゼントに花束を、それも折り紙で作ってみませんか? バラやゆり、チューリップ、桜、カーネーションが、折り紙で作ったとは思えないほどの出来栄えでビックリですよ。 折り紙でできる台座に宝石がついたタイプの指輪の作り方を、リンク先の記事では、画像と動画を使って分かりやすく紹介しています。 この指輪、なんと実際に指にはめられて、メッチャ見た目が豪華なんですよ ・o・ なのに、作り方は簡単で、折り紙を小さく切って折るだけ! 一箇所セロハンテープでとめる箇所があるだけで出来ちゃいます。

次の

クリスマスツリー折り紙立体の簡単な作り方|幼稚園に通う幼児も大喜び!

クリスマス ツリー 折り紙 立体

一見難しそうに見えますが、折り方も 超、超、簡単なんですよ! このツリー、お星さまの部分は折り紙の裏面になります。 両面折り紙もありますが、そう都合よく使いたい折り紙が両面なはずもなく、、 ですので今回は、 好みの色のお星さまになる様、私が行っている 方 法もご紹介していきますね。 そこで、 方法 その1 超簡単!ペンなどで好みの色を塗っちゃいますw こんなカンジです! なんとなく四角に塗りましたが、丸でもなんでもOKです。 念のため大きめに塗っておいた方がいいですね。 お見本は 4cm四方くらい塗っております。 ツリーが出来上がってから塗るとお星さまが型崩れするので、 先に塗って、インクが乾いてから折るのがいいと思います。 方法 その2 超簡単!好みの紙を貼っちゃいますw こんなカンジです! この方法だと 金色のお星さまや ドット柄のお星さまなど、自由自在です! これも念のため大きめに貼っておいた方がいいですね。 お見本は7. 75㎝角ですね。 この方法は紙が分厚くなるので、もごもごして少し折りにくくなります。 では、折り方[3]に戻りまーす。 [3]中心に合わせて点線で谷折りにする。 [4]裏返す。 [5]中心に合わせて点線で谷折りにする。 [6]中を開き四角に折る。 こんなカンジです。 [7]中心に合わせて点線で谷折りにし、折り筋を付ける。 [8]左側の袋を開き、点線どおりに折る。 こんなカンジです。 裏側も同様に折る。 [9]左側を右側に倒して折る。 こんなカンジです。 裏側も同様に折る。 [9][7][8]と同様に折る。 裏側も同様に折る。 [10]この様に折れたら、赤い線の部分を切ります。 葉の部分の切り込みは、 斜めでも 真横に入れてもOKです。 切り込みの数や深さなどもお好みでカスタマイズして下さい。 緑のは 木の幹があるタイプ、黄緑は 木の幹が無いタイプです。 [11]切り込みを入れたら、点線部分を全ページ折る。 点線部分の 折る方向もお好みでどうぞ。 例えば、すべて右倒しになるように折ったりなどなど。 [12]左側を右側に倒して折る。 ページが 3枚と 5枚に分かれました。 [13] 5枚の方に赤線部分に切り込みを入れます。

次の

折り紙でクリスマスツリー 立体の折り方!簡単なのに大人可愛い♪|暮らしの情報局

クリスマス ツリー 折り紙 立体

クリスマスの飾り付けに立体的なクリスマスツリーを作りました。 ツリーの飾り方は様々ありますが、立つツリーは子供たちから尊敬の眼差しで見られるのが嬉しいです。 折り方は簡単なので、画像と動画を見ながらクリスマスツリーを作ってみて下さい。 一緒にクリスマスツリーを入れる入れ物の鉢(はち)も折り紙で作りましたので、一緒に折り方と作り方をお伝えします。 折り紙で立体のクリスマスツリーを作る クリスマスの飾り付けには、サンタクロースやトナカイ、ベル、靴下などの他に忘れてはいけないのが、クリスマスツリーですよね。 切り絵で作るのもいいですが、実際に折り紙で作った立つクリスマスツリーは、子供たちから大変人気があり、持って帰りたいという女の子ばかり。 嬉しい限りですが、数に限りがあったたのでクリスマスパーティー中に時間を見つけては作り、帰りまでに必要な数を揃えました。 子供が喜ぶ顔を見れるのが嬉しいから作りました。 折り紙で作る立体クリスマスツリーの折り方 折り紙の裏面、白いほうを上にして縦と横に折り目を付けます。 色が付いているほうを上にして、対角線上に斜めに折り目が付くように折ります。 白いほうを上にして、両端の星マークを中心で合わせるように折ります。 黒い点線・・・谷折り 赤と黄色い点線・・・山折り 星マークを折り紙の中心で合わせた状態の画像です。 この状態になったら手前に倒します。 折り目をしっかりと付けます。 1枚だけ、めくります。 1枚を指に取ったら、90度に立てます。 折り合わせてある真ん中の部分に指を入れて広げたら、画像の上の部分の折り目を、下の折り目の中心の真ん中に合うように折ります。 折り目をしっかりと付けたら、このような形になります。 1枚、めくります。 画像の左上にある点線部分の折り目が、折り紙の真ん中に来るように、山折りを谷折りにしながら移動させます。 黒い点線部分を谷折りにしながら、真ん中の折り目に合わせるように折ります。 黒い点線は、画像のように折り紙の中心の折り目に合わせます。 折り目をしっかりと付けたら、裏返します。 前の工程と同じように点線を中心で合わせるように折ります。 折ったら、しっかりと折り目を付けます。 1枚、めくります。 左上の折り目を、上と同じように中心で合わせます。 すべてを折ると、画像のような形になります。 前面の色が一色になっているときには上を下を1枚ずつめくり、下の画像のようにします。 点線部分に線などを書いて、はさみで切ります。 点線で半分に折ります。 点線部分に切り込みを入れます。 1枚、めくります。 1枚めくったら、点線部分をはさみで切ります。 切るときは真ん中の折り目の部分までを切ります。 切りすぎると、切り取ってしまうことになってしまいます。 切り目を入れた部分を点線で折ります。 切った部分を、すべて一緒に折ってもいいですが、綺麗に折れないので私は1枚ずつ丁寧に折りました。 切れ目をすべて折った状態です。 上の部分の切れ目を、星型になるように広げます。 ツリーの部分にあたる折り紙をバランスよく広げたら、出来上がりです。 折り紙で作る立体クリスマスツリーの作り方動画 折り紙でクリスマスツリーの鉢の折り方 クリスマスツリーで作った折り紙の4分の1の大きさの折り紙を準備します。 折り紙を3等分になるように、縦と横に折り目を付けます。 色があるほうを上にして、三角形になるように点線で折ります。 折ったら、分かりやすいように向きを変えます。 画像のような形になるように向きを変えたら、点線で折ります。 折った部分を袋に開きます。 袋に開いたら、つぶして折り目をしっかりと付けます。 反対側も同じように折ります。 両方折ったら、点線から奥に折り曲げます。 折ったら、開きます。 先ほど折ったのとは反対側の折り目を折って三角形にします。 両端の黒い点線部分の折り目から折ります。 折ったら、袋に開き、つぶしてしっかりと折り目を付けて、飛び出している三角形部分を折り曲げたら開きます。 折り目が付いた状態の折り紙の上部の部分を折っていきます。 黒い点線・・・谷折り 黄色い点線・・・山折り 赤い点線・・・山折り 箱型になるように折り目に沿って折っていきます。 折ったら、点線から折り、折り目が外れないようにストッパーにします。 箱の1つの角が出来ました。 ほかの3つの角も同じように折っていきます。 折ったら、箱になります。 クリスマスツリーを入れる鉢の出来上がりです。 折り紙でクリスマスツリーの鉢の作り方動画 クリスマスツリーと鉢を組み合わせる クリスマスツリー用に作った箱・鉢の中に、クリスマスツリーを入れたら完成です。 鉢があるとクリスマスツリーの雰囲気がより一層感じることができます。 立体なので、テーブルや玄関・棚などに置いておくとオシャレでかわいいです。 まとめ クリスマスの飾り付けにサンタクロースやトナカイ、ベル、靴下などを折り紙で作りましたが、今回はクリスマスツリーを作りました。 比較的簡単に出来ますが、ハサミを使うため、子供と一緒に作るときにはケガをしないように注意してあげましょう。 立体のクリスマスツリーは、子供たちも喜びますし、「凄い、凄い」と言ってくれます。 手作りしたクリスマスの飾り付けや飾り方に反応してくれると、つくり手としては嬉しいですよね。

次の