ゼロダークネス ギャラクシーファイト。 ゼロダークネス (ぜろだーくねす)とは【ピクシブ百科事典】

ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ【DVD】 : ウルトラマン

ゼロダークネス ギャラクシーファイト

概要 [ ] に公開された映画『』以降のの活躍を描く。 2012年8月1日 - 9月19日(第57話 - 第64話)に第一部「新たなる力」(全8話)が、2012年12月12日 - 2013年3月27日(第76話 - 第91話)に第二部「輝きのゼロ」(全15話)が放送された。 第一部では、ゼロの2形態へのモードチェンジが初登場する。 放送1週間後には、やにて期間限定で全話が無料配信された。 また、『新ウルトラマン列伝』で『サーガ』の版の分割放送が終了した翌週(2014年2月19日)にはその後日談的扱いで第一部のDC版が放送され、2014年5月13日・5月20日には第二部のDC版が前後編に分けて放送された。 タイトルは『』へのオマージュだが、こちらは一貫したストーリーが存在する。 タイトル画面ではゼロによるタイトルコールが行われるが、第二部ではゼロ以外のキャラクターもタイトルコールを行っている。 ウルティメイトフォースゼロやゼロダークネス()が担当した際には、各キャラクター毎に演出が異なる。 には、『』や『サーガ』など、これまでのゼロ関連の作品のものが流用されている。 あらすじ [ ] 第一部「新たなる力」 ウルトラマンダイナやウルトラマンコスモスと共に地球【フューチャーアース】の平和を取り戻したウルトラマンゼロは、その際に彼らから得た新たな力について考えるため、怪獣墓場を訪れていた。 そんなゼロに対し、かつてフューチャーアースで倒されたバット星人の同族であるバット星人グラシエが、怪獣墓場からさまざまな怪獣たちを蘇らせて襲いかかる。 ゼロは激闘の末に怪獣たちの魂を昇天させ、グラシエを倒せば死ぬ運命にあったピグモンを救出したうえでグラシエを倒し、自分の新たな力についての答えも見つける。 第二部「輝きのゼロ」 ゼロを狙う5人の宇宙人集団ダークネスファイブは、グラシエも仕えていた「あのお方」ことベリアルにゼロの命を捧げようと、暗躍を開始する。 やがて、ゼロはベリアルの魂に肉体を乗っ取られ、ウルティメイトフォースゼロを全滅させてしまったことに絶望しかけるが、ピグモンの声やウルティメイトフォースゼロの声に新たな光を見い出し、シャイニングウルトラマンゼロへの変身を遂げて周囲の時間を逆転させ、ウルティメイトフォースゼロを復活させる。 しかし、それは変身の際に消滅させられたはずのベリアルの復活をも意味していた。 登場キャラクター [ ] 第一部「新たなる力」 [ ] ウルトラマンゼロと他のウルトラマン• (イメージのみ)• (イメージのみ) ウルティメイトフォースゼロ• バット星人グラシエと地獄の四獣士• 触角宇宙人• どくろ怪獣• フィンディッシュタイプビースト• 幻影ストロングコロナゼロ• 幻影ルナミラクルゼロ• 宇宙大怪獣• 奇獣 その他の登場怪獣• 宇宙怪獣• 地底怪獣• 地底怪獣• 岩石怪獣• 以上の4体は、茶色を主体とした体色からスタッフの間で チャイローズと呼ばれている。 友好珍獣 第二部「輝きのゼロ」 [ ] ウルティメイトフォースゼロ• ウルトラマンゼロ• ストロングコロナゼロ• ルナミラクルゼロ• グレンファイヤー• ミラーナイト• ジャンボット• ジャンナイン カイザーダークネスとダークネスファイブ• 暗黒大皇帝• 暗黒魔鎧装• にせウルトラの母• その他の登場怪獣• 剛力怪獣• 暴君怪獣• 友好珍獣 ピグモン ファネゴン人 アナザースペースに存在する惑星「ファネゴン」に住む。 キングシルバゴンに襲われるが、ゼロに助けられる。 名前の由来は「」と「」で、かぶっている布は第一部でゼロが着用していたボロ布の流用。 キャスト [ ] 声の出演 [ ] 第一部「新たなる力」• ウルトラマンゼロ -• バット星人グラシエ -• グレンファイヤー -• ミラーナイト - 第二部「輝きのゼロ」• ウルトラマンゼロ - 宮野真守• グレンファイヤー - 関智一• ミラーナイト - 緑川光• ジャンボット -• ジャンナイン -• メフィラス星人・魔導のスライ -• ヒッポリト星人・地獄のジャタール -• テンペラー星人・極悪のヴィラニアス -• デスレ星雲人・炎上のデスローグ - 岡崎聖• グローザ星系人・氷結のグロッケン -• にせウルトラの母 - 大谷美紀• ファネゴン人 - 松木朗 スーツアクター [ ] 第一部「新たなる力」• ウルトラマンゼロ -• その他 - 、、常光博武、、、丸田聡美 第二部「輝きのゼロ」• ウルトラマンゼロ - 岩田栄慶• その他 - 寺井大介、末永博志、福島龍成、力丸佳大、桑原義樹、大村将弘、岡部暁 スタッフ [ ] 共通• アクション -• スチール - 橋本賢司• 撮影 -• VE - 山崎大輔• キャラクターデザイン - 後藤正行• 特殊造型 - 潤淵隆文、• 題字 - 岩畑剛一• 造形電飾 - 伊藤伸朗• 編集 - 松木朗• VFX - 豊直康、中山敬太、山本英文、小林敬裕• カラーグレーディング - 稲川実希、小宮元• 制作デスク - 澤田智恵• 制作協力 - 銀座サクラヤ、日本照明、、アンダーグラフ、、、• 企画 - 岡崎聖、黒澤桂• プロデューサー - 金光大輔• 制作・著作 - 円谷プロダクション 第一部「新たなる力」• 助監督 - 石井良和、湯本信一、越知靖、池田遼• 制作進行 - 徳田良平、村山茂樹• 照明 - 金子康博• 絵コンテ - 松原朋広• 造形メンテナンス - 山部拓也、杉山桂太、亀田義郎• 効果 - 足木淳一郎• 脚本 -• 監督 - 第二部「輝きのゼロ」• 助監督 - 石井良和、小村孝裕、池田遼、徳田良平、井野元大輔、鎌田隆裕• 撮影助手 - 井手上千夏、岡村浩代、酒巻徹、田畑栞• 照明 - 櫻井雅章、小笠原篤志• 照明助手 - 五十嵐孝文、泉谷しげる、朝井功• 美術 - 和田洋、松田香代子• セット付大道具 - 田島秀朗• 美術応援 - 萱谷恵子• 特殊造型 - 潤淵隆文、品田冬樹• 造形電飾 - 伊藤伸朗• 造形メンテナンス - 山部拓也、亀田義郎• 編集助手 - 森津永• 制作進行 - 村山茂樹• 脚本 - 足木淳一郎• 監督 - 用語 [ ] 死んだ怪獣たちの魂が流れ着き眠る場所。 ゼロとバット星人グラシエの戦いの舞台となった。 詳細はリンク先を参照。 地獄の四獣士(じごくのよんじゅうし) バット星人グラシエがゼロと戦わせるために怪獣墓場から蘇らせた、選りすぐりの強豪怪獣4体の総称。 ダークネスファイブ バット星人グラシエと同様にカイザーダークネスに仕えてゼロの抹殺を企む宇宙人5人の総称。 メンバーはいずれも過去にウルトラ戦士を苦しめた強豪宇宙人の同族であり、目の色が赤くなっている。 マイティベース アナザースペースにおけるウルティメイトフォースゼロの活動拠点。 ゼロたちがの本部を模して建造した。 惑星エスメラルダの技術協力を受けており、エメラル鉱石が建築素材に使われている。 第一部では、怪獣墓場の上空に存在している。 第二部では、ウルティメイトフォースゼロとダークネスファイブの交戦中に突如現れたゼロダークネスによって破壊されるが、最後はシャイニングウルトラマンゼロの能力で復活する。 極暴タッグ(ごくぼうタッグ) テンペラー星人・極悪のヴィラニアスとタイラントのタッグ名。 ゼロからは「だっせぇ名前」「センスがどうかしている」などと笑われる。 主題歌 [ ] エンディングテーマ「奴らがウルティメイトフォースゼロ! 放映リスト [ ] 話数 登場怪獣 列伝放送話 第一部「新たなる力」 第1話 サドラ グドン テレスドン ベムラー バット星人グラシエ レッドキング ガルベロス ガンQ ベムスター 第57話 第2話 バット星人グラシエ レッドキング ガルベロス ガンQ ベムスター EXレッドキング ピグモン 第58話 第3話 バット星人グラシエ EXレッドキング ピグモン ガルベロス 第59話 第4話 ピグモン バット星人グラシエ 幻影ストロングコロナゼロ 第60話 第5話 ピグモン ガルベロス 幻影ストロングコロナゼロ 幻影ルナミラクルゼロ バット星人グラシエ ベムスター ガンQ 第61話 第6話 ピグモン バット星人グラシエ ベムスター ガンQ 第62話 第7話 バット星人グラシエ ピグモン 第63話 第8話 バット星人グラシエ レッドキング ベムスター ガルベロス ガンQ ピグモン 第64話 総集編 サドラ グドン テレスドン ベムラー バット星人グラシエ レッドキング ガルベロス ガンQ ベムスター EXレッドキング ピグモン 幻影ストロングコロナゼロ 幻影ルナミラクルゼロ メフィラス星人・魔導のスライ デスレ星雲人・炎上のデスローグ グローザ星系人・氷結のグロッケン ヒッポリト星人・地獄のジャタール テンペラー星人・極悪のヴィラニアス 第75話 第二部「輝きのゼロ」 第1話 バット星人グラシエ メフィラス星人・魔導のスライ デスレ星雲人・炎上のデスローグ グローザ星系人・氷結のグロッケン ヒッポリト星人・地獄のジャタール テンペラー星人・極悪のヴィラニアス アーマードダークネス キングシルバゴン ファネゴン人 にせウルトラの母 第76話 第2話 にせウルトラの母 ヒッポリト星人・地獄のジャタール タイラント テンペラー星人・極悪のヴィラニアス 第77話 第3話 テンペラー星人・極悪のヴィラニアス タイラント メフィラス星人・魔導のスライ ピグモン 第78話 第4話 ピグモン メフィラス星人・魔導のスライ テンペラー星人・極悪のヴィラニアス グローザ星系人・氷結のグロッケン デスレ星雲人・炎上のデスローグ タイラント 第80話 第5話 デスレ星雲人・炎上のデスローグ グローザ星系人・氷結のグロッケン テンペラー星人・極悪のヴィラニアス タイラント メフィラス星人・魔導のスライ ピグモン 第81話 第6話 メフィラス星人・魔導のスライ ピグモン グローザ星系人・氷結のグロッケン デスレ星雲人・炎上のデスローグ テンペラー星人・極悪のヴィラニアス タイラント 第82話 第7話 メフィラス星人・魔導のスライ ピグモン アーマードダークネス カイザーダークネス 第83話 第8話 メフィラス星人・魔導のスライ ピグモン カイザーダークネス 第84話 第9話 カイザーダークネス ピグモン メフィラス星人・魔導のスライ グローザ星系人・氷結のグロッケン テンペラー星人・極悪のヴィラニアス デスレ星雲人・炎上のデスローグ タイラント ゼロダークネス 第85話 第10話 ゼロダークネス メフィラス星人・魔導のスライ ピグモン 第86話 第11話 メフィラス星人・魔導のスライ ゼロダークネス デスレ星雲人・炎上のデスローグ グローザ星系人・氷結のグロッケン テンペラー星人・極悪のヴィラニアス タイラント ピグモン 第87話 第12話 ゼロダークネス ウルトラマンベリアル タイラント テンペラー星人・極悪のヴィラニアス メフィラス星人・魔導のスライ グローザ星系人・氷結のグロッケン デスレ星雲人・炎上のデスローグ 第88話 第13話 ゼロダークネス ウルトラマンベリアル タイラント テンペラー星人・極悪のヴィラニアス メフィラス星人・魔導のスライ グローザ星系人・氷結のグロッケン デスレ星雲人・炎上のデスローグ ピグモン 第89話 第14話 第90話 最終話 ウルトラマンベリアル タイラント テンペラー星人・極悪のヴィラニアス メフィラス星人・魔導のスライ グローザ星系人・氷結のグロッケン デスレ星雲人・炎上のデスローグ ピグモン 第91話 映像ソフト化 [ ] セル版は第一部と第二部を全話収録したものを『ウルトラゼロファイト パーフェクトコレクション』として、2013年6月21日に発売された。 また、これには「Wディレクターズエディション」として『ウルトラゼロファイト』を再構成・一本化したものも収録されている。 レンタル版はセル版より先行して第一部を2013年2月22日から、第二部は前後編に分け、4月24日と6月21日にそれぞれレンタルが開始された。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• テレビドガッチ. 2013年7月18日時点のよりアーカイブ。 2020年2月24日閲覧。 ウルトラマン列伝 公式ブログ. 2013年6月28日時点のよりアーカイブ。 2020年2月24日閲覧。 『ウルトラゼロファイト パーフェクトコレクション』のオーディオコメンタリーより。 ウルトラマン列伝オフィシャルブログブログ『ウルトラマン"ブログ"列伝』. 円谷プロダクション 2016年6月23日. 2016年6月23日時点のよりアーカイブ。 2020年2月23日閲覧。 、 2020年3月14日閲覧。 ウルトラマン列伝 公式ブログ. 2012年12月18日時点のよりアーカイブ。 2020年2月24日閲覧。 ウルトラマン列伝 公式ブログ. 2013年4月19日時点のよりアーカイブ。 2020年2月24日閲覧。 ウルトラマン列伝 公式ブログ. 2013年1月25日時点のよりアーカイブ。 2020年2月24日閲覧。 外部リンク [ ]• - ウルトラゼロファイト公式インフォメーション• - テレビ東京公式ホームページ.

次の

【ゼロダークネス! ベリアルはどうなる?】ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ Episode8

ゼロダークネス ギャラクシーファイト

概要 正式タイトルは『 ウルトラギャラクシーファイト・ニュージェネレーションヒーローズ』。 からウルトラマン公式チャンネルにて配信された特撮作品。 時系列は劇場版『』と『』の間の物語となる。 2月にロング版が限定配信された。 国際色豊かな展開 後半から本格的に圏や巨大市場である・圏への展開に力を入れ始めているは、当作品制作にあたり英語との吹き替え版も製作している。 ほかにも解説の字幕に英訳が添えられていたり、事前のコマーシャルもすべて英語になっている。 英語版の声優は日本在住の外国人ナレーター、外国人声優が起用されている。 1話5分の13話構成。 いままでのファイトシリーズは「約3分間」を売りにしていたが、今回は5分間と公表されており、全話合わせると 実質的に劇場版レベルの長編になっているといえる ソフトの収録時間は約60分と表記されている。 なお、5分間というのは あくまで目安であり、実際にはキリの良いところで区切っているため、長い回もあれば短い回もある。 ストーリーの概要に関しては「ゼロ」につながるニュージェネレーションヒーローたちが「ゼロ」を助けるために戦う、とのこと。 実際、2019年はゼロが初登場して10周年の節目にあたる。 人間のキャラは一切登場せず、着ぐるみのキャラクターのみ登場する これは海外展開するにあたって、吹き替え版を作りやすいという意図もあるため。 そのため変身シーンやは登場しない。 時の演出もカットされているが一部ではを使用した演出がある。 監督は『』、『』の監督も務めた氏、脚本はファイトシリーズおよび新世代シリーズの総集編エピソードを手がけている氏がそれぞれ担当する。 両氏は 『』から続くファイトシリーズコンビとなっている。 ディレクターズカット版 2019年11月にイベントで先行公開された、未公開シーンを追加・整理し一本化したバージョン。 2020年2月27日に発売されたソフト版(Blu-ray)に収録されている。 各ヒーローの戦闘シーン、会話パートの重要シーンなどが追加されているので配信版とはまた違った印象を感じる事が出来る。 主題歌はボイジャーの「 Ultra Spiral」。 その他のウルトラマン• 登場怪獣 公式ホームページではヴィランズと表記されている• 配信日程 話数 登場ウルトラマン 登場怪獣 配信日 EPISODE:01 、、、、、、、、、、、 、、 EPISODE:02 、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラマンタロウ、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンゼロ、ゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース エックスダークネス、ジードダークネス EPISODE:03 、、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル 、、エックスダークネス、ジードダークネス EPISODE:04 、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラマンリブット 、エタルガー、エックスダークネス、ジードダークネス EPISODE:05 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラマンリブット、ウルトラマンタロウ、ゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース ダークルギエル、ウルトラダークキラー、エックスダークネス、ジードダークネス EPISODE:06 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラマンゼロ、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンタロウ、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース ウルトラダークキラー、エックスダークネス、ジードダークネス、、ダークルギエル、エタルガー、 EPISODE:07 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンゼロ ウルトラダークキラー、エックスダークネス、ジードダークネス、オーブダークネス、ダークルギエル、エタルガー EPISODE:08 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンゼロ ウルトラダークキラー、エックスダークネス、ジードダークネス、オーブダークネス、ダークルギエル、エタルガー、 EPISODE:09 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンゼロ、ウルトラマンタロウ、ゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース、ウルトラマンリブット ウルトラダークキラー、エックスダークネス、ジードダークネス、オーブダークネス、ダークルギエル、エタルガー、ゼロダークネス、ウルトラマントレギア EPISODE:10 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンゼロ ウルトラダークキラー、エックスダークネス、ジードダークネス、オーブダークネス、ダークルギエル、エタルガー、ゼロダークネス EPISODE:11 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンゼロ、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンリブット ウルトラダークキラー、ゼロダークネス、ウルトラマントレギア、、 EPISODE:12 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンゼロ、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンリブット ウルトラダークキラー、ゼロダークネス、レッドキング、レッドキング二代目 EPISODE:13 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンゼロ、ウルトラマンタロウ ウルトラダークキラー、ウルトラマントレギア 余談 『 ウルトラギャラクシーファイト』とあるが、シリーズの外伝作品ではない。 しかしウルトラマンジードやウルトラマンエックスと言った大怪獣バトルシリーズ、そして『怪獣』という概念そのものに深い関係のあるキャラクターがプッシュされているのが特徴。 なお、『ファイトビクトリー』、『ファイトオーブ』がシリーズ空白期間の4月からの放送だった事もあり、新作が放送中のタイミングでの情報解禁に衝撃を受けたファンも少なからずいる。 劇中、ジードが光の国へ訪れた際に「 光の国の光景を や達にも見せてあげたかったな……」と寂しく呟いている事から、「ギャラクシーファイトは ジード本編よりもだいぶ後の物語なのでは?」という考察がされているが、ゼロビヨンドへと変身したゼロに対して「さんには内緒で……ヤキモチ妬いちゃう」という台詞から劇中で時間はあまり経っていない様子。 第1話配信日である9月29日は監督のの誕生日でもある。 関連動画 日本語版特報 英語版特報 PV 関連タグ 外部リンク 関連記事 親記事.

次の

【激闘!ウルトラマンルーブ! ついでにダークネスもほぼ全滅】ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ Episode10

ゼロダークネス ギャラクシーファイト

概要 正式タイトルは『 ウルトラギャラクシーファイト・ニュージェネレーションヒーローズ』。 からウルトラマン公式チャンネルにて配信された特撮作品。 時系列は劇場版『』と『』の間の物語となる。 2月にロング版が限定配信された。 国際色豊かな展開 後半から本格的に圏や巨大市場である・圏への展開に力を入れ始めているは、当作品制作にあたり英語との吹き替え版も製作している。 ほかにも解説の字幕に英訳が添えられていたり、事前のコマーシャルもすべて英語になっている。 英語版の声優は日本在住の外国人ナレーター、外国人声優が起用されている。 1話5分の13話構成。 いままでのファイトシリーズは「約3分間」を売りにしていたが、今回は5分間と公表されており、全話合わせると 実質的に劇場版レベルの長編になっているといえる ソフトの収録時間は約60分と表記されている。 なお、5分間というのは あくまで目安であり、実際にはキリの良いところで区切っているため、長い回もあれば短い回もある。 ストーリーの概要に関しては「ゼロ」につながるニュージェネレーションヒーローたちが「ゼロ」を助けるために戦う、とのこと。 実際、2019年はゼロが初登場して10周年の節目にあたる。 人間のキャラは一切登場せず、着ぐるみのキャラクターのみ登場する これは海外展開するにあたって、吹き替え版を作りやすいという意図もあるため。 そのため変身シーンやは登場しない。 時の演出もカットされているが一部ではを使用した演出がある。 監督は『』、『』の監督も務めた氏、脚本はファイトシリーズおよび新世代シリーズの総集編エピソードを手がけている氏がそれぞれ担当する。 両氏は 『』から続くファイトシリーズコンビとなっている。 ディレクターズカット版 2019年11月にイベントで先行公開された、未公開シーンを追加・整理し一本化したバージョン。 2020年2月27日に発売されたソフト版(Blu-ray)に収録されている。 各ヒーローの戦闘シーン、会話パートの重要シーンなどが追加されているので配信版とはまた違った印象を感じる事が出来る。 主題歌はボイジャーの「 Ultra Spiral」。 その他のウルトラマン• 登場怪獣 公式ホームページではヴィランズと表記されている• 配信日程 話数 登場ウルトラマン 登場怪獣 配信日 EPISODE:01 、、、、、、、、、、、 、、 EPISODE:02 、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラマンタロウ、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンゼロ、ゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース エックスダークネス、ジードダークネス EPISODE:03 、、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル 、、エックスダークネス、ジードダークネス EPISODE:04 、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラマンリブット 、エタルガー、エックスダークネス、ジードダークネス EPISODE:05 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラマンリブット、ウルトラマンタロウ、ゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース ダークルギエル、ウルトラダークキラー、エックスダークネス、ジードダークネス EPISODE:06 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラマンゼロ、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンタロウ、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース ウルトラダークキラー、エックスダークネス、ジードダークネス、、ダークルギエル、エタルガー、 EPISODE:07 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンゼロ ウルトラダークキラー、エックスダークネス、ジードダークネス、オーブダークネス、ダークルギエル、エタルガー EPISODE:08 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンゼロ ウルトラダークキラー、エックスダークネス、ジードダークネス、オーブダークネス、ダークルギエル、エタルガー、 EPISODE:09 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンゼロ、ウルトラマンタロウ、ゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース、ウルトラマンリブット ウルトラダークキラー、エックスダークネス、ジードダークネス、オーブダークネス、ダークルギエル、エタルガー、ゼロダークネス、ウルトラマントレギア EPISODE:10 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンゼロ ウルトラダークキラー、エックスダークネス、ジードダークネス、オーブダークネス、ダークルギエル、エタルガー、ゼロダークネス EPISODE:11 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンゼロ、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンリブット ウルトラダークキラー、ゼロダークネス、ウルトラマントレギア、、 EPISODE:12 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンゼロ、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンリブット ウルトラダークキラー、ゼロダークネス、レッドキング、レッドキング二代目 EPISODE:13 ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンゼロ、ウルトラマンタロウ ウルトラダークキラー、ウルトラマントレギア 余談 『 ウルトラギャラクシーファイト』とあるが、シリーズの外伝作品ではない。 しかしウルトラマンジードやウルトラマンエックスと言った大怪獣バトルシリーズ、そして『怪獣』という概念そのものに深い関係のあるキャラクターがプッシュされているのが特徴。 なお、『ファイトビクトリー』、『ファイトオーブ』がシリーズ空白期間の4月からの放送だった事もあり、新作が放送中のタイミングでの情報解禁に衝撃を受けたファンも少なからずいる。 劇中、ジードが光の国へ訪れた際に「 光の国の光景を や達にも見せてあげたかったな……」と寂しく呟いている事から、「ギャラクシーファイトは ジード本編よりもだいぶ後の物語なのでは?」という考察がされているが、ゼロビヨンドへと変身したゼロに対して「さんには内緒で……ヤキモチ妬いちゃう」という台詞から劇中で時間はあまり経っていない様子。 第1話配信日である9月29日は監督のの誕生日でもある。 関連動画 日本語版特報 英語版特報 PV 関連タグ 外部リンク 関連記事 親記事.

次の