ピボット 日付 グループ化 解除。 ピボットテーブルでデータをグループ化またはグループ化解除する

日付や番号ごとに仕分けよう!ピボットテーブルで分析を効率化する方法(階層構造・グループ化編)

ピボット 日付 グループ化 解除

下図のようなデータのピボットテーブルで日付列をグループ化したいと思います。 使用したデータは下図のようなデータです。 ピボットテーブルの行ラベルに「日付」を配置しています。 この状態は、日付のデータがそのまま表示されていますので、月単位で集計したいときに、グループ化をします。 日付のフィールド内のセルを選択して、ピボット テーブルツールの[オプション]タブを選択して、[グループの選択]を実行します。 グループ化で「月」と「年」を選択して、[OK]ボタンをクリックしました。 単年のデータだけである時は「月」だけを選択します。 複数年のデータの場合は「年」と「月」を選択します。 集計する際に、どのような単位 くくり で集計するのかによって使い分ける必要があります。 フィールドリストに「年」が追加されました。 また、行ラベルには「年」と「日付」が配置されました。 ピボットテーブルで2013年と2014年の各月ごとの集計ができました。 年単位でピボットテーブルを切り替えたいときは、レポートフィルターに「年」を配置すると、各年単位で表示を切り替えることができます。 下図では、レポートフィルターに「年」を配置し、ピボットテーブルのレポートフィルターで「2013年」を選択した状態です。 レポートフィルターでは単年のほかに、「すべて」というのがありますので、「すべて」を選択すると、2013年と2014年とを合算した月別の合計を表示することができます。 下図はレポートフィルターで「すべて」を選択した例です。 数値データもグループ化することができます。 ここでは、金額をグループ化して、売り上げ単価の分布状態を見てみたいと思います。 金額フィールド内のセルを選択して、ピボット テーブルツールの[オプション]タブを選択して、[グループの選択]を実行します。 先頭の値を「0」とし、単位を「200000」としました。 列フィールドの金額が「0-199999」「200000-399999」「300000-599999」「600000-799999」にグループ化ができました。 グループ名「0-199999」は変更することができます。 詳細は をご覧ください。 下図はグループ名を「0以上」「200,000以上」・・・と変更した例です。 任意のアイテムを選択してグループ化することができます。 ここでは、型番の1桁目が同じものをグループ化してみます。 列ラベルのアイテムの「A-001B」と「A-001W」を選択します。 連続したアイテムの場合は、「A-001B」をクリックして選択したら、[Shift]キーを押した状態で「A-001W」をクリックします。 連続していない場合は[Ctr]キーを押した状態で、2つ目以降のアイテムをクリックして選択します。 ピボット テーブルツールの[オプション]タブを選択し、[グループの選択]を実行します。 選択していたアイテムがグループ化されました。 「グループ1」とグループ名が付きました。 他の型番 B,C も同様にグループ化しました。 グループ名を変更することができます。 ラベル「グループ1」をクリックして選択します。 [F2]キーを押して、変更後のグループ名を入力します。 グループ2,3も同様にグループ名を変更しました。 型番A〜Cを折りたたんだ例です。 「型番A」をダブルクリックするか、ラベルの[-]ボタンをクリックすると、グループを折りたたむことができます。 グループ化の解除はグループ化しているフィールドのセルを選択して、ピボット テーブルツールの[オプション]タブを選択して、[グループ解除]を実行します。 スポンサードリンク |||ピボットテーブルのデータをグループ化する.

次の

ピボットテーブルでデータをグループ化またはグループ化解除する

ピボット 日付 グループ化 解除

スポンサーリンク 日付を集計する 図の例では、「Sheet1」のデータをもとに、 「Sheet2」にピボットテーブルで集計を作成しています。 そもそも、こうなるまでの方法自体が分からない!という方は、先を読み進めてもちんぷんかんぷんになってしまうので、まずは焦らず、「」をご覧ください。 このピボットテーブルは、商品名ごとに集計されていますが、 それは、[ピボットテーブルのフィールド]作業ウィンドウで、 商品名ごとに集計されるよう設定してあるから。 もし、この作業ウィンドウが表示されていない場合には、「」をご覧ください。 今回のお題は日付での集計なので、この商品名ごとの集計を、申込日ごとの集計に変更していきましょう。 [ピボットテーブルのフィールド]作業ウィンドウ上部で、「商品名」のチェックを外し、「申込日」にチェックを付けます。 この操作で、作業ウィンドウ下部の[行]欄から「商品名」が消え、代わりに「申込日」が入りました。 そして、更に! 作業ウィンドウ上部には、新たに「年」「四半期」という項目ができ(見つからない方は作業ウィンドウ上部の欄をスクロールしてください)、自動的にチェックが付いた状態になるので、作業ウィンドウ下部の[行]欄に、「年」「四半期」も自動的に入りました! スポンサーリンク 折りたたみと展開 ピボットテーブル内の、「2017年」の脇にある[+]をクリックすると、 折りたたまれた中身が展開され、「四半期」ごとの集計が表示されます。 作業ウィンドウに自動的にできた、「年」「四半期」の項目のおかげで、 年ごと、四半期ごとの集計になっているわけです。 今度は「2018年」の脇にある[+]をクリックして、 四半期ごとの集計が見えるように展開してみます。 更に「第1四半期」の脇にある[+]をクリックすると、 折りたたまれた中身が展開され、月ごとの集計が表示されます。 Excelのピボットテーブルでは、「第1四半期」は1月〜3月が既定なので、うちの会社は違うよという方も、このまま読み進めてください。 スポンサーリンク 日付の集計単位に注目! さて、四半期ごとに集計される必要はないんだけど、という場合もあるでしょう。 不要な集計項目は作業ウィンドウ上部でチェックを外せばいいだけですから、 作業ウィンドウ上部で「四半期」のチェックを外すと、作業ウィンドウ下部から「四半期」の項目が消え、 連動してピボットテーブルでも、四半期ごとの集計が消えました! 今度は作業ウィンドウ上部で「申込日」のチェックを外してみます。 すると、作業ウィンドウ下部から「申込日」の項目が消え、 ピボットテーブルでは、月ごとの集計が消えました! このことから、 作業ウィンドウの「申込日」は、月ごとの単位だったことが分かります。 このピボットテーブルの元となっているデータでは、「申込日」は1日単位で入力されているので、 ピボットテーブルの作業ウィンドウにある「申込日」にチェックを付ければ、1日単位で集計されると思ってしまいます。 ですが、今回の例では、 ピボットテーブル側の「申込日」は、「月」ごとの集計単位として、自動的に変わっていました。 このページの最初で初めて「申込日」で集計した際に、「年」「四半期」という項目は自動的にできたのに、「月」という項目ができなかったのは、「申込日」が自動的に「月」の単位に変わっていたからというわけ。 このようにExcelは、 ピボットテーブルで日付を集計すると、自動的にまとめた単位で集計してしまいます。 ですが、このような単位でまとめられたのは、今回の例のピボットテーブルの元データが、複数年におよぶデータだったから。 元データが2ヶ月分程度のデータであれば、四半期にまたがっているわけでも、年にまたがっているわけでもないので、自動的にできる単位は「月」、「申込日」の単位は「日」となります。 スポンサーリンク 年・四半期・月・日の項目が無い場合には[グループ化] このように、日付データの集計は、自動的にまとめた単位で集計されてしまうため、自分の思い通りに集計できていない、ということが出てきます。 今回の例では、Excelが勝手に「申込日」=「月」にしてしまったので、 月ごとの集計はできるものの、1日の合計がどれ位なのか、「日」単位の集計ができていません。 自分の思い通りの単位で集計するには、グループ化を行います。 ピボットテーブル内にある、集計単位を変えたい、日付のセルだったらどれでもいいので、どれか1つのセルを選択します。 うまく1つのセルのみを選択できない場合には、セルの文字にマウスポインタを合わせてクリックすると、うまく選択できます。 セルを選択したら右クリック、 [グループ化]をクリックするか、 [ピボットテーブルツール]の[分析]タブ、[グループ]にある[フィールドのグループ化]をクリックします。 この青くなっている項目は、現在、作業ウィンドウに存在する項目。 ここまでの操作で見ていただいたとおり、「月」という名前の項目は作業ウィンドウにはありませんが、現在の状態では作業ウィンドウの「申込日」が月ごとの集計になっているため、「月」も作業ウィンドウに存在すると考えます。 あくまでも、この青くなっている項目は、作業ウィンドウに存在する項目かどうかの話で、作業ウィンドウでチェックが付いているかどうかという意味ではありません。 選択して青くするか、選択を解除して青を外すかは、各単位をクリックするたびに切り替えられますので、試しに「四半期」をクリックして青を外し、[OK]ボタンをクリックすると、 作業ウィンドウ上部から、「四半期」という項目自体がなくなってしまいました! つまり、[グループ化]ダイアログボックスは、作業ウィンドウに表示したい単位を決める場所、ということになります。 ということは、「日」単位で集計も行いたいのなら、現在は「申込日」=「月」という単位になってしまっているので、集計単位を変えていけばいいことになります。 集計単位を変えたい、日付のセルだったらどれでもいいので、どれか1つのセルを選択します。 うまく1つのセルのみを選択できない場合には、セルの文字にマウスポインタを合わせてクリックすると、うまく選択できます。 セルを選択したら右クリック、 [グループ化]をクリックするか、 [ピボットテーブルツール]の[分析]タブ、[グループ]にある[フィールドのグループ化]をクリックします。 [日]をクリックで選択して青くし、[OK]ボタンをクリックすると、 先ほどまでは、Excelが自動的にまとめて「申込日」=「月」でしたが、「申込日」=「日」となったので、 新たに「月」の項目ができました! そして、この作業ウィンドウ上部で、「申込日」「月」「年」にチェックが付いているため、 作業ウィンドウ下部にも、集計の対象として「年」「月」「申込日」が入り、 実際のピボットテーブルでも、「年」ごと、「月」ごと、「申込日」ごとに、階層構造で集計が表示されました! ここで気を付けたいのは、あくまでも、グループ化は、集計する項目として作業ウィンドウに存在させるかどうかを決めるもの。 このダイアログボックスで選択していない単位は、作業ウィンドウに項目として存在できません。 例えば、このダイアログボックスでは「四半期」を選択していないので、 作業ウィンドウには「四半期」が存在しません。 作業ウィンドウに存在しないから、この状態では「四半期」ごとの集計はできないということになります。 そして、作業ウィンドウ上部に準備した項目で、実際に集計するかどうかは、その項目にチェックをつけるかどうかによって、切り替えられます。 一時的に日ごとの集計のチェックを外し、 「年」と「月」のチェックを残せば、 日ごとの集計だけ解除され、「年」ごと、「月」ごとのみの集計に変わります。 再び日ごとの集計が必要になったら、チェックをつければ、 日ごとの集計も加わります。 集計する項目として、作業ウィンドウに存在させるかどうかを決めるのが、[グループ化]ダイアログボックス。 その項目を使って、ピボットテーブルで集計するかどうかは、チェックを付けるかどうかで決める、というわけです。 スポンサーリンク 「年」ごとの集計、ある/なしに注意! ピボットテーブルの元となっているデータが、複数年におよぶ場合、 「年」ごと、「月」ごとの両方で集計するよう設定されている場合は、一般的な月ごとの集計、つまり、2017年の1月、2月、3月・・・、2018年の1月、2月、3月・・・という風に集計されます。 ところが、「年」ごとを集計の対象にせず、「月」ごとのみで集計するように設定すると、年は関係なく、1月、2月、3月・・・と集計されます。 というわけで、ピボットテーブルの元となっているデータに、複数年に渡って日付データが入力されている場合は、「年」ごとの集計のある/なしに注意する必要があります。 逆を言えば、ピボットテーブルの元となっているデータに、1年以内の日付データしか入力されていない場合には、年をまたいでいないわけですから、月間の集計も「月」のみの指定で問題ありません。

次の

日付や番号ごとに仕分けよう!ピボットテーブルで分析を効率化する方法(階層構造・グループ化編)

ピボット 日付 グループ化 解除

この記事の目次• 「分析」タブからグループ化を解除する方法 まずは「分析」タブからピボット テーブルにあるグループ化を解除する 方法についてご説明していきます。 ピボットテーブルのグループ化しているセルをクリックして選択する 最初に ピボットテーブルのグループ化 しているセルをクリックして選択します。 「ピボットテーブル ツール」の「分析」タブをクリックして選択する ピボットテーブルのグループ化している セルを選択したら、「ピボットテーブル ツール」の 「分析」タブをクリック して選択しましょう。 「グループ解除」ボタンをクリックして完了! 「分析」タブを選択したら「グループ」 グループにある 「グループ解除」ボタンを クリックして選択してください。 そうすると、ピボットテーブルにある グループ化を解除することができます。 右クリックからグループ化を解除する方法 続いては、右クリックからピボット テーブルにあるグループ化を解除する 方法についてご説明していきます。 ピボットテーブルのグループ化しているセルを右クリックして選択する ピボットテーブルのグループ化している セルを右クリックして選択してください。 項目から「グループ解除」をクリックして完了! グループ化しているセルを右クリック したら項目が開きます。 その開いた項目の中から 「グループ解除」をクリック して選択します。 そうすると、ピボットテーブルにある グループ化を解除することができます。 まとめ 「分析」タブからグループ化を解除する方法• ピボットテーブルのグループ化しているセルをクリックして選択する• 「ピボットテーブル ツール」の「分析」タブをクリックして選択する• 「グループ解除」ボタンをクリックして完了! 右クリックからグループ化を解除する方法• ピボットテーブルのグループ化しているセルを右クリックして選択する• 項目から「グループ解除」をクリックして完了! お疲れ様でした。 ピボットテーブルにあるグループ化を 解除することはできましたでしょうか? 今回ご紹介した機能を使用することで 簡単にピボットテーブルにあるグループ化を 解除することができます。 あなたの作業が、手を止めることなく 進められることを心より応援しております。

次の