お盆 休み 2020。 お盆っていつ?お盆休み2020年の期間はいつからいつまで?時期日にち

お盆期間2020年はいつ?北海道など地域の違いは?関東東京関西大阪

お盆 休み 2020

目 次• 2020 年の旧盆はいつ? 旧暦でお盆を行う沖縄では、毎年 旧暦7月13日~7月15日までがお盆の日となっています。 沖縄のお盆は3日間を 1日目(ウンケー) 2日目(ナカビ、ナカヌヒ)、 3日目(ウークイ)と分けて行います。 2020年のお盆は 8月31日〜9月2日(月〜水)までとなっています。 今後の沖縄のお盆の予定 2021年 8月20日(金)~8月22日(日) 2022年 8月10日(水)~8月12日(金) 2023年 8月28日(月)~8月30日(水) 2024年 8月16日(金)~8月18日(日) 2025年 9月4日(木)~9月6日(土) 2026年 8月25日(火)~8月27日(木) 2027年 8月14日(土)~8月16日(月) 2028年 9月1日(金)~9月3日(日) 2029年 8月22日(水)~8月24日(金) 2030年 8月11日(日)~8月13日(火) 2. 準備 重箱料理のウサンミ(御三アジ)やお祝い用としてチュクンの四段のものを準備する。 お餅は、白餅赤餅で準備。 ウサンミ 仏教行事では肉類は少ない。 沖縄は、豚の三枚肉の煮物は定番だ。 何か一品と思うのであれば、素麺汁(ウンケージューシー)として役立つ。 ウークイの準備 ご先祖様へウハチを出し、ウサンデーの食事会が落ち着いた頃、始める。 沖縄で基本のことを準備する。 (1)ピラウコー お線香が6本ついたもの (2)ウチカビ 打ち紙とは、ご先祖様に送る天国のお金だ。 (3)ボール ウチカビを焚く金属ボールと火箸セットで販売されている。 ご先祖様をお見送りする ヒラウコーというお線香を拝することから始まる。 本数は、タヒラ、つまり2枚だ。 ウークイの文言 (1)今年も皆でご先祖様へおもてなしができました。 (2)本日はウークイの日 この三日間ありがとうございました。 お供え物をお召し上がりください。 お土産は、お持ち帰りください。 あの世でもどうぞお見守りください。 来年もまたお越しください。 ウチカビを焚く儀式 拝み終わったら、ウチカビを焚く儀式に入ります。 この時、ウチカビを焚き始める前にお供えしたウチハを準備して下さい。 (1)ウチカビを焚く 焚いた後お酒をかけるのが習わしです。 その後、金属ボールの中に、先程用意したウチハと供え花、お茶(ウチャトゥ)、ミンヌクをまとめ入れてください。 ミンヌクとは、チガリムン(餓鬼)を避けるために仏壇前に置いたサトウキビや野菜の切れ端です。 そのため、ボウルに入らずに門前にまく地域も多くなります。 ヒラウェーも添えてください。 この金属ボールを門前に持っていき、門の前でヒラウコーをタヒラに配してお見送り(ウークイ)します。 この時も文言を唱え、家族は拝んで終わります。 これはご先祖様をお墓から自宅に迎え入れる行事です。 門前でろうそくと沖縄独特のお線香をたきます。 これが実に幻想的な雰囲気を醸し出し、子供の頃はうっとりとしたものでした。 これをみると、「ああ、お盆が来たな」と感じました。 二日目はナカビといって、位牌を持たない家は、位牌のある家にお中元を渡して回ります。 なので沖縄のお盆前のスーパーはお中元が品薄になってしまうほどです。 中には10件近くを回らなければならない家もあるようです。 詳しい事情はよく分かりませんが、贈る方は大変だと同情してしまいます。 そして最終日にはウークイといって、ご先祖様を見送る日という事で親族が集まり盛大に行われます。 お供え物ウサミンも満を持して投入されます。 睡眠時間を削ってまで行われ、子供の頃はこのワイワイとした雰囲気がたまらなく好きでした。 具体的には仏間でウチカビをボールにたきます。 食事の後ウサミンから出したお茶、ヒラウコーなどをボールに入れます。 そして最後に門前でご先祖様にお別れの挨拶をしてお盆の行事を終えます。 ご先祖を敬う思いを特に大切にする沖縄県民の気質を十分に感じられる素晴らしい行事です。 お盆に踊られるエイサー エイサーとは沖縄県と奄美群島などで旧盆の時に行われる踊りのことです。 地域によっては3日間通して行われるところがあれば、ウークイの日のみに行われたりと様々です。 この旧盆に向けて1ヶ月以上前から毎晩のように練習を積み重ねてきた青年会の熱い演舞が披露されます。 地元の青年団などの方々が太鼓を叩きながら街を踊り練り歩く 「道ジュネー」が夜な夜な見られます。 道じゅねーでは、各地域の青年団の方とのエイサー合戦が見られることもあります。

次の

2020年のお盆休み期間はいつからいつまで?【期間中の銀行や市役所のお休みも!】

お盆 休み 2020

お盆期間はいつ? お盆とは? 年末年始やゴールデンウィークと並ぶ、夏の連休であるお盆休みですが、本来のお盆とは、亡くなった方やご先祖様の霊魂を供養する期間のことです。 お盆の時期には、浄土にいる霊魂が、生前過ごしていた地上に帰ってくるといわれているからです。 お盆の期間は、一般的に8月13日から8月16日までの4日間とされていますが、地域によって異なります。 2020年のお盆休みはいつ? お盆のスケジュール 2020年(令和2年)のお盆休みは、8月13日(木)~15日(土)が休みとなる会社も多いようですが、8月13日(木)から8月16日(日)の4日間になる予定です。 本来、開催される予定であった2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の円滑な開催のため、2020年に限り、祝日である「山の日」が8月11日(火)から8月10日(月)に変更されました。 それにより2020年8月8日(土)から10日(月・祝)までが3連休となるため、有給休暇を使って9連休を取る方もいるかもしれませんね。 新型コロナウイルス感染拡大で、東京オリンピックが来年に延期されたことによって、「山の日」が例年通りの11日に戻されるのではないかという話題もありましたが、2020年5月現在、そのような発表はありません。 >>詳しくはこちらもどうぞ。 お盆のお供え・飾りのルール お盆のお供え物・飾り物として「五供(ごく)」と呼ばれる基本的なものがあります。 五供には、「香(こう)」「花」「灯燭(とうしょく)」「浄水」「飲食(おんじき)」があり、帰ってきたご先祖様をお迎えするために用意するお供え物です。 他にも、鬼灯(ほおずき)や、キュウリと茄子で馬と牛をかたどった「精霊馬」などがあります。 >>詳しくはこちらもどうぞ。 「迎え火と送り火」ってなに?提灯を飾る意味は? お盆の始まりと終わりに迎え火と送り火という、ご先祖様を迎えて送り出す風習があります。 ご先祖様の霊魂が迷わずに帰って来られるように行うのです。 迎え火はお盆が始まる13日の夕刻に、送り火はお盆が終わる16日に行います。 ) 迎え火、送り火をする際には、家の門口や玄関で素焼の平皿である焙烙(ほうろく)に「おがら」という麻の茎を折ってつみ重ね、火をつけて燃やします。 迎え火、送り火は火を扱うため、マンションなど火を扱いづらい建物など、住宅事情によっては行うのが難しい場合には、盆提灯を使うとよいでしょう。 盆提灯が迎え火、送り火の代わりとなり、目印となってくれます。 詳しくはこちらもどうぞ。 >> お盆は3つあるって本当? 私たちは「お盆」と呼んでいますが、新暦のお盆、月遅れ盆、そして旧暦のお盆の3つに分かれます。 新暦のお盆は、カレンダーの7月15日を中日に、7月13日から16日までの期間です。 月遅れ盆というのは、ひと月遅れのお盆で、8月15日を中日に、8月13日から16日のお盆です。 お盆休みもこの期間に合わせられています。 最後は旧暦のお盆です。 こちらは旧暦の7月15日を中日にしたお盆で、その年によって日にちが異なります。 農業が忙しい時期を避けたり、地域の産業に合わせる、旧暦のお盆の時期に合わせるなど、地域によってさまざまなお盆の時期があるようです。 今年2020年は新型コロナウイルス感染拡大により、例年通りのお盆休みとはいかないかもしれません。 感染に注意しながら、可能な範囲内でご先祖様や故人を偲び、供養を行うこととなるでしょう。 今の自分があるのもご先祖様のおかげ。 感謝の気持ちとともに準備をし、お盆を迎えたいものですね。 詳しくはこちらもどうぞ。 >> AREA•

次の

2020年お盆休みの銀行や郵便局の営業日は?ATMは使える?

お盆 休み 2020

2020年のお盆休みは何連休? 2020年のお盆休みは下のカレンダーをチェックしてください。 カレンダーの 「赤矢印」がお盆期間です。 残念ながら今年はお盆期間と土日がちょうど被っています。 しかも、お盆前の山の日と土日とも交わっていません。 つまり、通常なら 今年のお盆休みは「4連休」ということになりますね。 ただ、分断してはいますが、お盆期間の前には山の日を加えた 「3連休」があります。 加えて、会社によってはお盆休みを通常より長く設定しているケースもあるので、 中には 8月8日~8月16日の「9連休」になる方も多そうです。 特別休暇を長めに設定してるケースが多い大手企業にお勤めの方は特に。 銀行は?市役所は?…業種別のお盆休み期間 ここで気になるのが、金融機関や行政機関などはお盆期間でも利用可能なのかどうか。 日々の生活にも関係してくることなので、業種別のお盆休み事情も見ていきましょう。 また、一般の企業でも、部署や仕事内容によってお盆休みの日数が変わったり、時期がズレることもあります。 お盆期間でもこれらの施設を利用できるのは、そこで働いている方たちのお蔭であることを忘れてはいけませんね。 夏の大型連休!お盆休みを楽しく、大切にして過ごそう! お盆休みの期間は業種によってまちまちですが、一般的には13日~16日を休暇として設定しているところが多いです。 2016年から8月11日に山の日という国民の祝日が加わったことで、前後の土日の組み合わせによっては、超大型連休になる方も多いでしょう。 そのため、お盆には特別なプランを計画している方も多いのでは? 長期連休が貰えるとなれば、通常のお盆休みでは帰省が難しい方でも、余裕で帰省してのんびり過ごせますね。 ただ、お盆というのは本来ご先祖様や故人の霊を供養することが目的の行事。 休暇を楽しむのも良いですが、手を合わせて亡くなった方に思いを馳せ、感謝する・供養する気持ちも大切にしたいですね。 また、ほかのお盆関連の記事は下記にまとめていますので、ご活用ください。

次の