導きの地 イャンガルルガ。 【モンハンワールド:アイスボーン】イャンガルルガの出現方法と何度でも戦う方法

【MHW:IB】イャンガルルガの出現方法と装備まとめ【導きの地】

導きの地 イャンガルルガ

もくじ• 地帯レベル1-1-7-7-7とは? 導きの地は最新アップデートで溶岩地帯が追加され、 最大で3箇所の地帯レベルを7にすることが可能となりました。 そして、地帯レベル7を3箇所にする上でおすすめされているのが、 「1 森林 1 荒地 7 瘴気 7 陸珊瑚 7 溶岩 」です。 これがおすすめされている理由を下記で解説しています。 地帯レベル1-1-7-7-7にする理由 導きの地の専用素材は、 イヴェルカーナとイビルジョーの素材をマカ錬金で変換して入手できます。 1度でもその素材を入手していればいいので、歴戦イャンガルルガなどの素材もマカ錬金で入手できるようになります。 欲しい時は、イヴェルカーナとイビルジョーを狩ればいいだけですからね。 しかし、上記の方法では入手できない素材も存在します。 地帯 大型モンスター 森林地帯 クシャルダオラ 荒地地帯 テオ・テスカトル、ナナ・テスカトリ、リオレイア希少種 瘴気地帯 ヴァルハザク、ティガ亜種 陸珊瑚地帯 ネロミュール、バゼルギウス 全地帯 ネルギガンテ この表を参考にして、切り捨てるべき地帯を2つ選んでいきます。 決め手になるのが 「溶岩地帯Lv7で出現するモンスター」です。 溶岩地帯Lv7は 「金レイア、歴戦クシャ、歴戦テオ、歴戦ナナ」が出現しますので、 森林と荒地は歴戦金レイアくらいしか用事は無くなるので、森林と荒地で歴戦金レイア素材を大量に確保しておけば、地帯Lv1のままにしても問題は無いです。 もし、歴戦金レイア素材が足りなくなったら、フレンドにお願いして連れていってもらうという手もありますね。 ただ、順序良く地帯レベルを上げて行かないと、マカ錬金素材を全開放することはできません。 森林地帯Lv6以上で歴戦ガルルガまでの素材を全て1度は入手する• 荒地地帯Lv7で歴戦金レイア素材を大量に確保する• 瘴気、陸珊瑚、溶岩地帯をLv7にする• 地帯レベルを固定する この流れで進めて行けば、歴戦金レイア素材以外はいつでも入手できるようになります。 アップデートのお陰で、地帯レベルも上げやすくなりましたからね。 とは言え、「凍て地」が追加される可能性もありますので、アップデート次第ではこれが正解とも言えなくなります。 現時点ではこれが最適だと思われますし、上げ方を迷っていた方は参考にしてみて下さい。 まとめ まだまだ不満が多い導きの地ですが、これまでよりはマシになったのは評価しても良いでしょう。 「一度上げたことのある地帯レベルにいつでも変更できる機能」とか欲しいですよねぇ。

次の

【導きの地】全地帯のモンスター出現条件と素材一覧【アイスボーン】

導きの地 イャンガルルガ

マスターランクのエンディング後にプレイ可能になる「導きの地」。 ありていにいって 複雑なシステムになっている。 慣れてしまえばそれほどでもないものの、事前情報無しに、モンハンという超人気タイトルで、これほど入り組んだ要素を搭載する、その心意気に逆にシビれましたよ、ええ。 そんな導きの地の複雑なシステムを、なるべくわかりやすく解説してみたい。 自分自身の理解のためにも。 結果的に結構な長文になりました。 これを書いている時点で自分はまだ 地帯レベル5までしか解放できておらず、足りない部分があるかもしれません。 もし後半になってゲーム性が大きく変わるようなことがあったら続きの記事も書くかも。 「導きの地」をプレイする目的 まずみんなが最初に思うであろう 「具体的に導きの地で何をしたらいいのか?」という疑問について。 導きの地の目的は 大型モンスターの狩猟、痕跡集め、鉱石や骨塚の採集を行い、導きの地限定の素材を入手すること。 ココが一番重要。 限定素材は武器や防具のカスタム強化や一部防具の生産などに幅広く用いる。 みんなが忘れてそうな新要素であるチャームの生産にも必要になる。 導きの地の「森林」「荒地」「陸珊瑚」「瘴気」の4つの地帯には 地帯レベルが設定されており、各地帯で大型モンスターの狩猟、痕跡集め、鉱石や骨塚の採集を行うことレベルが上昇する。 大型モンスターの属する地帯はマップ左下で確認可能。 地帯レベルが上昇すると より強力なモンスターや、導きの地限定モンスター(イャンガルルガなど)が出現し、よりレアな限定素材を入手できる。 つまり一言で言うなら 導きの地の目的は狩猟や採集で限定素材を入手しつつ地帯レベルを上げ、よりレアな限定素材の入手を目指すこと、という感じになるだろう。 ただし 闇雲に地帯レベルを上げるのはオススメできない。 その理由は次の項にて。 「地帯レベル」は2つに絞ると良いかも 次に地帯レベルの仕様について。 地帯レベルの最大値はLv7。 初期状態ではLv4までしか上げられず、最大レベルを上昇させるには一定のマスターランクに達することで受注可能になるクエストをクリアする必要がある。 ちなみに地帯レベル解放クエストはマスターランクのキャップ解放も兼ねている ただし 全地帯のレベル合計値には限界が設けられており、その限界を超えると他の地帯レベルが低下してしまう模様。 突然レベルダウンの表示が出てびっくりした人も多いだろう。 最大がLv7になった時点で合計値18までが限界とのこと。 つまり4つの内の 2地帯まで同時に上限のLv7に達することが可能となる。 よって今のところオススメのプレイスタイルは 2つの地帯に絞ってレベルを上げていくこと。 「レベルを上げたい2つの地域のモンスターをガンガン狩っていき、その地域のモンスターがいなければ鉱石や骨塚を採集して待つ」という流れだとよりスムーズ。 うっかりハマると時間を忘れてしまうので注意。 逆に上げたくない地域のモンスターや痕跡を見つけても極力関わらず避けた方が効率は良いことになる。 このあたりは正直言ってちょっと不親切な仕様。 なんで見つけた痕跡やモンスターをわざわざ避けなきゃいけないのか。 マルチプレイの場合は常にホストプレイヤーと共に行動し同じモンスターを狩ったほうがレベルダウンの迷惑をかけずに済む。 重要テクニックとして トレーニングエリアの設置物を変更すると導きの地の大型モンスターが入れ替わるという謎の仕様があり、目的のモンスターの素材が欲しい時に使える。 今後修正されそうな気がするので今のうちに利用しておくと良いかも。 以下、導きの地の細かいシステムなどについて解説。 導きの地のみで入手可能なモンスター素材 導きの地に出現する大型モンスターは全て 導きの地限定のモンスター素材をドロップする。 これは限定モンスター(ジンオウガなど)もそうでない通常のモンスター(ドスジャグラスなど)も同様。 例えば導きの地に出現するドスジャグラスは「雄々しきたてがみ」という限定素材を落とす。 さらに「龍脈の強竜骨」という素材もドロップ。 通常素材でいう「強竜骨」などに相当する限定素材。 それらは剥ぎ取り・落とし物・捕獲報酬など全てに含まれる。 歴戦個体からは「霊脈玉のかけら」など特別な素材が入手可能で、こちらは主に防具のカスタム強化に用いる。 一度倒したモンスターの限定素材はマカ壺の交換で入手可能になるので新しいモンスターを見かけたら積極的に狩っておきたい。 地帯レベルを上げてしまうと低いレベルのモンスターと遭遇しにくくなってしまうので、効率を求めるならより取りこぼしの無いよう計画的にレベル上げをする必要がある。 鉱石・骨塚の採集は繰り返すほどレア度アップ 導きの地の鉱石・骨塚採集ポイントからは 限定の採集素材が入手可能。 例として森林地帯の鉱石素材「朽ちた結晶」、骨塚素材「草むした大骨」など。 鉱石・骨塚採集ポイントは過去作と同じような ランダム出現になっている。 出現位置自体は固定されているようなのでマップを覚えるほど効率よく周回できる。 基本的にマップの外周が出現ポイントとなっている。 採集を繰り返すほどレアな素材が出やすくなる仕様で、どのくらいレアな素材が出現するかはマップ画面のゲージで確認可能。 ゲージは上がるだけでなく下がることもある模様。 採集を続けていると巨大鉱石や巨大骨塚が(おそらく) 同じエリア内に出現。 確定でレア素材が1つ採集できる。 「特殊痕跡」で好きなモンスターをおびき出せる 「特殊痕跡」は導きの地に特定のモンスターを呼び出すことができるシステム。 序盤でキャンプの受付嬢からジンオウガを呼び出すのに使うことになるアレ。 以下はほぼゲーム内のチュートリアルに書かれた情報のまとめ。 フィールドにある特殊な痕跡 「縄張り争いの痕」を採集すると 「特殊痕跡」が入手可能。 その「特殊痕跡」を 「解析」するとモンスターをおびき出すためのアイテム 「解析済みの特殊痕跡」を1つ入手できる。 いきなり「特殊痕跡」とか「解析」とかの専門用語が出てきてよくわからなかったが、特殊痕跡とはすなわち 画面右上にあるゲージのこと。 最初は種族名しか書かれていないが、ゲージを上げて(=解析を進めて)マックスにするとモンスター名が判明し、おびき寄せアイテムの「解析済みの特殊痕跡」が入手できる、というわけ。 ゲージを上げる(解析する)方法はゲージに書かれた種族のモンスターに関して以下を行うこと。 討伐・捕獲• 部位破壊(1体のモンスターにつき1度のみ)• 縄張り争いの痕の採集 また歴戦個体のモンスターからは直接「解析済みの特殊痕跡」を入手できることがある。 通常個体も最初からそれで良かったのでは……?自分は歴戦プケプケの部位破壊でナルガクルガ(通常個体)の「解析済みの特殊痕跡」を入手できた。 導きの地における「切断」テクニックについて 現在、効率の良い地帯レベル上げの方法として、ネット回線の切断を利用するテクニックが一部で推奨されている。 それはなぜか。 まず地帯レベルの仕様として、 地帯レベルの上昇量は狩猟や痕跡集めするモンスターの強さや危険度などに関わらず一定となっているらしい。 つまりドスジャグラスでもテオ・テスカトルでも上がるゲージ量は同じということ。 そのため 最弱クラスのモンスターを手早く倒すことが最も効率がいい地帯レベルの上げ方とされている。 より確実に最弱クラスのモンスターと出会うためには、マルチプレイで地帯レベルが低いホストプレイヤーの導きの地に行く必要がある。 しかし地帯レベルダウンの仕様があるため、むやみに地帯レベルを上げてしまうとホスト側の意に沿わないレベルダウンが発生してしまい迷惑を掛ける恐れがある。 またそもそもホスト側が自分と同じモンスターを狩ってくれるかどうかもわからない。 そのため マルチプレイで地帯レベルが低い部屋に入り、弱いモンスターがいたらすぐ回線を切断してオフラインに切り替え、ソロで目当てのモンスターを狩猟する、というプレイングが効率のいいレベル上げの方法として推奨されているのだ。 制作側が意図していない行為なのは確実だが、ゲーム内の仕様を利用しているので現状ではチートなどには当たらないはず。 良くない点があるとしたら、導きの地の初心者がマルチプレイ目当てで部屋を建てたのになぜか上級者達が次々に参戦しては回線落ちしていく、という理不尽な状況に見舞われる可能性があることくらいだろうか。 切断をせず野良マルチプレイを楽しみたい場合は、ホストについて行って同じモンスターを倒すのがマナーだが、現状ではあまり野良マルチプレイが機能していない様子。 明らかにレベルダウンの仕様が足かせになってしまっているのでアップデートなどで対応してもらいたいところ。 導きの地の問題点に関する個人的所感 そもそもの話として、レベルダウンに関してゲーム内での説明が一切無いのがあまりよろしくない。 普通のプレイヤーだったら、せっせと上げたレベルをいきなり「LEVEL DOWN」の表記と共に理由もわからず下げられたら「よくわかんないからやるのやめよう」と思ってしまいかねない。 別の問題として、地帯レベルを上げすぎると弱い大型モンスターの出現率が下がり素材の入手が困難になってしまうという点も指摘されている。 一度でも狩猟すればマカ壺の交換で素材入手できるようになるが、そうでない場合は特殊痕跡の入手を祈るか、マルチプレイで地帯レベルが低い部屋を探し出現を祈るか、あるいは時間をかけて自分の地帯レベルを下げるしか無い。 個人的にはモンスターの落とし物が多すぎて拾うのが非常に手間なのも気になるところ。 部位破壊やクラッチクローチャンスのひるみで2~3個ボロボロ落とす。 せめて1つにまとめて欲しい。 と、色々言ったものの、ソロや身内マルチでそれほど効率を求めず遊ぶならやることは比較的シンプルで、レベルを上げたい地帯のモンスターを狩り、痕跡を集める、鉱石や骨塚を採集するだけでいい。 2つの地帯までなら同時にレベル上げが可能なので、狩りたい地帯のモンスターがいないという状況は起こりにくく、現れるモンスターを次々に狩っていくという(おそらく制作側が意図した)プレイスタイルが楽しめる。 以前にも、エンドコンテンツとして探索で次々現れるモンスターを狩るようなものをプレイしたいと書いたことがあるが、それに近いものが実現した形となる。 できれば上記の問題点をアップデートで改善してもらってより完璧な形で狩猟タイムを満喫したいところ。 ぜひ期待したい。 rhbiyori.

次の

【モンハンアイスボーン】導きの地の各地帯のLv別出現モンスターの一覧まとめ【MHWI】

導きの地 イャンガルルガ

もくじ• 地帯レベル1-1-7-7-7とは? 導きの地は最新アップデートで溶岩地帯が追加され、 最大で3箇所の地帯レベルを7にすることが可能となりました。 そして、地帯レベル7を3箇所にする上でおすすめされているのが、 「1 森林 1 荒地 7 瘴気 7 陸珊瑚 7 溶岩 」です。 これがおすすめされている理由を下記で解説しています。 地帯レベル1-1-7-7-7にする理由 導きの地の専用素材は、 イヴェルカーナとイビルジョーの素材をマカ錬金で変換して入手できます。 1度でもその素材を入手していればいいので、歴戦イャンガルルガなどの素材もマカ錬金で入手できるようになります。 欲しい時は、イヴェルカーナとイビルジョーを狩ればいいだけですからね。 しかし、上記の方法では入手できない素材も存在します。 地帯 大型モンスター 森林地帯 クシャルダオラ 荒地地帯 テオ・テスカトル、ナナ・テスカトリ、リオレイア希少種 瘴気地帯 ヴァルハザク、ティガ亜種 陸珊瑚地帯 ネロミュール、バゼルギウス 全地帯 ネルギガンテ この表を参考にして、切り捨てるべき地帯を2つ選んでいきます。 決め手になるのが 「溶岩地帯Lv7で出現するモンスター」です。 溶岩地帯Lv7は 「金レイア、歴戦クシャ、歴戦テオ、歴戦ナナ」が出現しますので、 森林と荒地は歴戦金レイアくらいしか用事は無くなるので、森林と荒地で歴戦金レイア素材を大量に確保しておけば、地帯Lv1のままにしても問題は無いです。 もし、歴戦金レイア素材が足りなくなったら、フレンドにお願いして連れていってもらうという手もありますね。 ただ、順序良く地帯レベルを上げて行かないと、マカ錬金素材を全開放することはできません。 森林地帯Lv6以上で歴戦ガルルガまでの素材を全て1度は入手する• 荒地地帯Lv7で歴戦金レイア素材を大量に確保する• 瘴気、陸珊瑚、溶岩地帯をLv7にする• 地帯レベルを固定する この流れで進めて行けば、歴戦金レイア素材以外はいつでも入手できるようになります。 アップデートのお陰で、地帯レベルも上げやすくなりましたからね。 とは言え、「凍て地」が追加される可能性もありますので、アップデート次第ではこれが正解とも言えなくなります。 現時点ではこれが最適だと思われますし、上げ方を迷っていた方は参考にしてみて下さい。 まとめ まだまだ不満が多い導きの地ですが、これまでよりはマシになったのは評価しても良いでしょう。 「一度上げたことのある地帯レベルにいつでも変更できる機能」とか欲しいですよねぇ。

次の