生野 署 交通 課 くもん。 生野署交通課久門(くもん)木本(きもと)は誰?宮崎文夫が叫びコリアタウン有名地を指定?

宮崎文夫叫んだ「くもんさん」は誰?生野署の勝山中同級生にもみ消し依頼か?【あおり運転殴打】

生野 署 交通 課 くもん

まず、長が早々と戦線離脱の宣言をした時には目を疑いました。 真っ先に頭に浮かんだのは応召義務違反のだか医療法だかの条文。 それと前後して今度はからコロナを心配した国民はお医者さんには行ってはいけません、保健所にまず連絡しなさいと、なんと営業妨害かと思わせる通達を出した事。 私は何も無謀にに立ち向かえとは言いません。 どう見たって新型コロナと言われるウイルスは騒ぎが始まって4か月強経つかと思いますが、いまだに季節性のフルを超えるほどの疾患ではないでしょう。 前線で戦っている医師や看護師を知らないとんでもない書き込みとの批判もありますが、例年なら別になどに入院させない肺炎患者さんを今年はに入れて処置をしちゃってるんじゃないでしょうか?を英雄扱いでマスコミが書き立て、愚かな国民はまるで元気な70歳が死んだ恐ろしいコロナと言う印象操作が行われてしまったと思います。 本来は国民に対する啓蒙的、教育的患者であったにも拘わらずです。 つまりタバコを3箱も吸い、女性を連れて夜の街を午前様で飲み歩いていたからこそ、肺、肝臓を傷めつけた70歳が死ぬべくして死んだコロナ肺炎で、国民はそうした人が危ないんだと知るべきだったんですが、一般国民は元気な70歳の命を奪う恐ろしいコロナと思っています。 また、外国との比較は適当ではないと考えます。 ウイルスが変異したとか,巷間言われているBCGの効果とか、何か日本と違う要素がると思われますので、今後のウイルス学的ないし疫学研究の結果を待ちたいと思います。 今はまだ改善途中の感度、特異度に問題のある検査で陽性に出た人を入院させているのは愚行です。 殆ど何の症状もなく、ただ検査の陰性化を2週間おきに2回求めるが如き愚行でベッドを塞ぎ、などと騒いでいるに至っては、あまりにも情けなく、これで医師と言えるのかと思っています。 批判承知で言いますが、死ぬべくして死んでいるんです。 毎年季節性フルでの死亡者数に迫る勢いを示したら別ですが、まだほど遠いでしょう。 テレビのワイドショーとかのど素人の司会に出る、テレビ芸医者や自称似非専門家とか国立感染研とか受賞博士とかは、全くピント外れの意見を恐れ多くも公言する破廉恥さです。 皆さん気が付いてください。 この一億総催眠状態、洗脳状態から目覚めてください。 破綻した経済のため多くの犠牲者が死んでいきます。 comの投稿ですが、まともな意見です。 より ----------------------------------------------------- なるほど~。 こうやって、コロナのように煽られて、日本は戦争することになったのね・・と思ってしまう。 banbiland 京都大は3月31日、(所長)に勤務する非常勤職員の50代女性を同日付で懲戒解雇処分したと発表した。 京大によると、女性職員は勤務する研究室の教授のパソコンを無断で操作してメールを見たり、機密書類を持ち出してスキャンしたりするなどした。 また、教授室にビデオカメラを置いて室内を盗撮し、カメラを見つけた教授からデータを消すよう指示されたのに、データをほかの職員が見られる状態で保存していた。 書類やデータの外部流出はないという。 このほか、大学が所有するオーブンレンジを勝手に処分したり、休日に子どもを学内の立ち入り制限エリアに入れたりしていた。 大学は処分の理由について、これらの行動が、大学の秩序・風紀を乱す行為などを禁じた規則に違反したとしている。 車載の事故記録装置などをもとに「運転操作を誤った」とする検察側に対し、石川側は「車に不具合があり勝手に暴走した。 (石川の)過失はなかった」と無罪を主張。 石川が無罪となれば、の技術の粋を凝らしたレクサスに何らかの不具合があったことになり、のブランドは大きく傷つく。 かつて「特捜検察のエース」と呼ばれた男と日本ナンバーワンの巨大企業との法廷闘争が始まった。 (敬称略) 「被告人に過失はなく、無罪である」公訴事実を全面否認 「天地神明に誓って、アクセルペダルを踏んだことはありません。 踏み続けたこともありません」 17日午後1時半すぎ、426号法廷。 黒っぽいスーツに水玉のネクタイ姿の石川は起訴状に対する罪状認否で、まず事故で亡くなった被害者の遺族らに「心からお詫び申し上げます」と哀悼の言葉を述べたあと、起訴事実を全面否認した。 「車を停車中、待ち合わせの人が来たのでシートベルトを外し、ドアを開けて右足を外に出したところ、車がゆっくり動き出した。 右足はドアに挟まれ、左足も宙に浮いたまま、車は加速して暴走。 死ぬと思って気を失った。 その後、運転状況を再現するで、足がブレーキやアクセルに届かないことが判明。 (人を待つ間)運転席のシートを後ろにずらし、足がブレーキやアクセルに届かない状態にしていたことを思い出した」などと用意した書面を読み上げた。 弁護側も「被告人に過失はなく、無罪である」と主張した。 この日は、検察側、被告側双方が冒頭陳述書を朗読。 検察側による物証や関係者の供述調書の要旨告知と、事故車に搭載されていた事故記録装置(イベント・データ・レコーダー、)を解析した警視庁交通捜査課交通鑑識係の警察官と、の技術担当社員に対する検察側の主尋問が行われた。 石川は、検事時代、数々の特捜事件の捜査にかかわり、権力犯罪を暴いてきた。 の公判では、証人として法廷に立ったこともある。 しかし、被告人席に座るのは初めての経験だ。 名前や本籍などを確認する裁判長の人定質問では、答える声も低く、ややかすれたが、罪状認否では、声に力を込めた。 車の暴走距離は約320メートルに及んだ 検察や石川側の冒頭陳述などによると、事故は以下のように起きた。 2018年2月18日、検察時代の部下だった弁護士ら4人と千葉県でゴルフをする予定だった石川は、午前7時10分すぎ、メンバーの女性を拾うため、東京都渋谷区内の道路に運転していたレクサスLS500hを停車した。 鎌倉の自宅を出るときからブレーキホールド機能を作動させており、車は自動的にブレーキがかかった。 まもなく女性が現れたため、石川は車の後部トランクへの荷物の搬入を手助けしようと、トランクを開け、シートベルトを外してドアを開けて右足から外に出ようとしたところ、車が動き出した。 車はどんどん加速。 最終的に100キロを超えた。 石川は右足をドアに挟まれた状態で、ハンドルにしがみつき、暴走を止めるため、左手をハンドルから離し、パーキングレバーを操作しようとしたが、うまくいかず、反対車線の右側歩道を超えたところで意識がなくなったという。 車は、反対側の歩道にいた男性1人をはねて死亡させ、商店に突っ込んで止まった。 車の暴走距離は約320メートルに及んだ。 車は大破し、石川は右足甲を骨折し救急車で港区内の病院に搬送された。 けがの形状は右足がドアに挟まれていたことを示した。 警視庁が事故車を検証した結果、ブレーキコイルが焼け、部品がすり減っていた。 ブレーキがかかった状態で突っ走ったことをうかがわせた。 「安全運転サポート車」による事故 事故を起こしたレクサスLS500hは、のレクサスシリーズの最高級車。 17年10月にフルモデルチェンジで発売された。 ハイブリッド仕様で、アクセサリーをフル装備すると価格は1500万円を超す。 石川は、別のタイプのレクサスから乗り換えたばかりだった。 「先進の予防安全技術」がこの車の「売り」だった。 政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発している「安全運転サポート車」で、自動ブレーキやペダル踏み間違い時の加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載していた。 本来は、ペダルの踏み間違いをしても、障害物との距離が縮まると、自動的にブレーキがかかる仕組だが、がホームページで公開している「の安全技術」では「衝突回避支援ブレーキ機能作動中にアクセルペダルを踏んだ場合等には、作動を解除する場合があります」とされている。 石川は事故当時78歳。 事故を捜査した警視庁高輪署は、当初から、石川が、車から降りようとした際、誤ってアクセルペダルを踏み込んで自車を急発進させ、その後も、ブレーキと勘違いしてアクセルペダルを踏み続けた、と見立てた。 事故の一報を伝える報道の多くは、事故の原因について「高輪署は運転操作を誤った可能性があるとみている」と報じた。 「アクセルペダルを踏み込んだ記憶がない」 百戦錬磨の検事であり弁護士であった石川にとっても、今回の事故は衝撃だった。 本人は記憶していないが、事故直後、病院に担ぎ込まれた石川は、事故の被害者が死亡したことを知り、「自分が死んだ方がよかった」と周辺に口走ったという。 被害者や遺族に申し訳ないことをしたと、落ち込んだ。 しかし、数日たってだんだん落ち着いてくると、自分の過失は何だったのか、と考えるようになった。 事故の記憶は鮮明だった。 警察は、アクセルとブレーキの踏み間違いの線で捜査していることはわかったが、石川には、車が発進した際、アクセルペダルを踏んだ記憶がなかった。 踏み続けた記憶もなかった。 自由な左足は宙に浮いたままだった感覚が残っていた。 アクセルペダルを踏んでいないとすれば、車が勝手に動き出したわけで、自分に暴走の責任はないのではないか、と考えた。 自分がかかわった事故で人が亡くなっている。 特捜検事として絶対的な正義の立場で権力犯罪の解明に当たるのとは事情が違うが、自分の体験を法律家として整理すると、運転操作を誤ったとして罪に問われる理不尽さを容認できなかった。 警視庁は、元検事の大物弁護士の事件とあって交通捜査課が捜査に当たった。 石川と死亡男性の遺族の間で慰謝料を支払う示談が成立。 石川が重傷を負ったこともあって在宅のまま捜査が続いた。 石川は捜査員に「アクセルペダルを踏み込んだ記憶がない」と伝えたが、警視庁側は、「衝突4. 6秒前から衝突時まで、アクセル開度が常に100%を記録している」とする事故車のの解析記録を石川に示し、それが、石川がアクセルペダルを強く踏み続けた証拠だと説明した。 石川は、事故車の座席位置で足がアクセルペダルに届くのか、事故車と同じ状態にした同型車を使って運転状況の再現を行うよう警視庁に求めたが、警視庁は応じなかった。 警視庁側は、石川の記憶にもとづく証言より、自動車メーカーが製造した機械装置の方を信用した。 石川は、警察では埒が明かないと考えた。 警視庁が求める「自由になる左足でアクセルペダルを踏んだ記憶はまったくないが、踏んだかもしれない」との供述調書の作成に応じ、警視庁は、18年12月21日、に事件を送致した。 以後、検察が捜査の主体となった。 どうやってもアクセルペダルにもブレーキペダルにも届かなかった 石川は改めてに、事故車を運転していた状況を再現するを求めた。 地検は、要請に応じ、警視庁を指揮して翌19年1月24日、都営バス品川自動車営業所港南支所でを実施した。 警視庁の捜査員は、事故車と同型のレクサスLS500hを用意。 運転席の座席の位置を、警察で保管している事故車両の座席と同じ位置に調整。 事故車の座席にあったのと同程度の厚さの座布団も用意したうえ、石川を座らせた。 石川によると、右足をドアに挟んだ状態で、両手でハンドルを握ることは可能だったが、左足はどうやってもアクセルペダルにもブレーキペダルにも届かなかったという。 「事故車の座席位置に座った瞬間、事故前に座席を後ろに下げ少し背もたれも倒していたことを思い出した。 前傾して運転する癖があり、停車して時間があると、いつも、リラックスするためにそうしていた」と石川はいう。 警視庁側は、この事態を予期しておらず、あわてたようだ。 石川の右足をドアにはさみ、前のめりになった姿勢にしたり、事故時に履いていた靴を改めて装着させたりしたが、それでも届かなかった、と石川は振り返る。 警視庁側は、足の届かない場面を含めて写真を撮影したという。 事実が固まったとして石川が帰ろうとしたところ、捜査員が100メートルほど追いかけてきて、再度、石川は車に乗せられ、今度は普通の座席位置で写真を撮った。 当然、左足はアクセルペダルに届いた。 今回、ゴーン氏に選ばれ、会見に出席できた100人に及ぶジャーナリストのほとんどはフランス人、人、そしてカ人で、日本のメディアはほぼ参加が許されなかった。 より一部引用 --------------------------------------------------------------------------------- 日本人が外国人を差別したら、大騒ぎになるのに なぜか、日本人が差別されてもスルーされるのね。 自分に不利なことを書くからって・・ そんな理由を各国のメディアが、目のあたりにして問題視しないなんてね。 banbiland.

次の

宮崎文夫叫んだ「くもんさん」は誰?生野署の勝山中同級生にもみ消し依頼か?【あおり運転殴打】

生野 署 交通 課 くもん

まず、長が早々と戦線離脱の宣言をした時には目を疑いました。 真っ先に頭に浮かんだのは応召義務違反のだか医療法だかの条文。 それと前後して今度はからコロナを心配した国民はお医者さんには行ってはいけません、保健所にまず連絡しなさいと、なんと営業妨害かと思わせる通達を出した事。 私は何も無謀にに立ち向かえとは言いません。 どう見たって新型コロナと言われるウイルスは騒ぎが始まって4か月強経つかと思いますが、いまだに季節性のフルを超えるほどの疾患ではないでしょう。 前線で戦っている医師や看護師を知らないとんでもない書き込みとの批判もありますが、例年なら別になどに入院させない肺炎患者さんを今年はに入れて処置をしちゃってるんじゃないでしょうか?を英雄扱いでマスコミが書き立て、愚かな国民はまるで元気な70歳が死んだ恐ろしいコロナと言う印象操作が行われてしまったと思います。 本来は国民に対する啓蒙的、教育的患者であったにも拘わらずです。 つまりタバコを3箱も吸い、女性を連れて夜の街を午前様で飲み歩いていたからこそ、肺、肝臓を傷めつけた70歳が死ぬべくして死んだコロナ肺炎で、国民はそうした人が危ないんだと知るべきだったんですが、一般国民は元気な70歳の命を奪う恐ろしいコロナと思っています。 また、外国との比較は適当ではないと考えます。 ウイルスが変異したとか,巷間言われているBCGの効果とか、何か日本と違う要素がると思われますので、今後のウイルス学的ないし疫学研究の結果を待ちたいと思います。 今はまだ改善途中の感度、特異度に問題のある検査で陽性に出た人を入院させているのは愚行です。 殆ど何の症状もなく、ただ検査の陰性化を2週間おきに2回求めるが如き愚行でベッドを塞ぎ、などと騒いでいるに至っては、あまりにも情けなく、これで医師と言えるのかと思っています。 批判承知で言いますが、死ぬべくして死んでいるんです。 毎年季節性フルでの死亡者数に迫る勢いを示したら別ですが、まだほど遠いでしょう。 テレビのワイドショーとかのど素人の司会に出る、テレビ芸医者や自称似非専門家とか国立感染研とか受賞博士とかは、全くピント外れの意見を恐れ多くも公言する破廉恥さです。 皆さん気が付いてください。 この一億総催眠状態、洗脳状態から目覚めてください。 破綻した経済のため多くの犠牲者が死んでいきます。 comの投稿ですが、まともな意見です。 より ----------------------------------------------------- なるほど~。 こうやって、コロナのように煽られて、日本は戦争することになったのね・・と思ってしまう。 banbiland 京都大は3月31日、(所長)に勤務する非常勤職員の50代女性を同日付で懲戒解雇処分したと発表した。 京大によると、女性職員は勤務する研究室の教授のパソコンを無断で操作してメールを見たり、機密書類を持ち出してスキャンしたりするなどした。 また、教授室にビデオカメラを置いて室内を盗撮し、カメラを見つけた教授からデータを消すよう指示されたのに、データをほかの職員が見られる状態で保存していた。 書類やデータの外部流出はないという。 このほか、大学が所有するオーブンレンジを勝手に処分したり、休日に子どもを学内の立ち入り制限エリアに入れたりしていた。 大学は処分の理由について、これらの行動が、大学の秩序・風紀を乱す行為などを禁じた規則に違反したとしている。 車載の事故記録装置などをもとに「運転操作を誤った」とする検察側に対し、石川側は「車に不具合があり勝手に暴走した。 (石川の)過失はなかった」と無罪を主張。 石川が無罪となれば、の技術の粋を凝らしたレクサスに何らかの不具合があったことになり、のブランドは大きく傷つく。 かつて「特捜検察のエース」と呼ばれた男と日本ナンバーワンの巨大企業との法廷闘争が始まった。 (敬称略) 「被告人に過失はなく、無罪である」公訴事実を全面否認 「天地神明に誓って、アクセルペダルを踏んだことはありません。 踏み続けたこともありません」 17日午後1時半すぎ、426号法廷。 黒っぽいスーツに水玉のネクタイ姿の石川は起訴状に対する罪状認否で、まず事故で亡くなった被害者の遺族らに「心からお詫び申し上げます」と哀悼の言葉を述べたあと、起訴事実を全面否認した。 「車を停車中、待ち合わせの人が来たのでシートベルトを外し、ドアを開けて右足を外に出したところ、車がゆっくり動き出した。 右足はドアに挟まれ、左足も宙に浮いたまま、車は加速して暴走。 死ぬと思って気を失った。 その後、運転状況を再現するで、足がブレーキやアクセルに届かないことが判明。 (人を待つ間)運転席のシートを後ろにずらし、足がブレーキやアクセルに届かない状態にしていたことを思い出した」などと用意した書面を読み上げた。 弁護側も「被告人に過失はなく、無罪である」と主張した。 この日は、検察側、被告側双方が冒頭陳述書を朗読。 検察側による物証や関係者の供述調書の要旨告知と、事故車に搭載されていた事故記録装置(イベント・データ・レコーダー、)を解析した警視庁交通捜査課交通鑑識係の警察官と、の技術担当社員に対する検察側の主尋問が行われた。 石川は、検事時代、数々の特捜事件の捜査にかかわり、権力犯罪を暴いてきた。 の公判では、証人として法廷に立ったこともある。 しかし、被告人席に座るのは初めての経験だ。 名前や本籍などを確認する裁判長の人定質問では、答える声も低く、ややかすれたが、罪状認否では、声に力を込めた。 車の暴走距離は約320メートルに及んだ 検察や石川側の冒頭陳述などによると、事故は以下のように起きた。 2018年2月18日、検察時代の部下だった弁護士ら4人と千葉県でゴルフをする予定だった石川は、午前7時10分すぎ、メンバーの女性を拾うため、東京都渋谷区内の道路に運転していたレクサスLS500hを停車した。 鎌倉の自宅を出るときからブレーキホールド機能を作動させており、車は自動的にブレーキがかかった。 まもなく女性が現れたため、石川は車の後部トランクへの荷物の搬入を手助けしようと、トランクを開け、シートベルトを外してドアを開けて右足から外に出ようとしたところ、車が動き出した。 車はどんどん加速。 最終的に100キロを超えた。 石川は右足をドアに挟まれた状態で、ハンドルにしがみつき、暴走を止めるため、左手をハンドルから離し、パーキングレバーを操作しようとしたが、うまくいかず、反対車線の右側歩道を超えたところで意識がなくなったという。 車は、反対側の歩道にいた男性1人をはねて死亡させ、商店に突っ込んで止まった。 車の暴走距離は約320メートルに及んだ。 車は大破し、石川は右足甲を骨折し救急車で港区内の病院に搬送された。 けがの形状は右足がドアに挟まれていたことを示した。 警視庁が事故車を検証した結果、ブレーキコイルが焼け、部品がすり減っていた。 ブレーキがかかった状態で突っ走ったことをうかがわせた。 「安全運転サポート車」による事故 事故を起こしたレクサスLS500hは、のレクサスシリーズの最高級車。 17年10月にフルモデルチェンジで発売された。 ハイブリッド仕様で、アクセサリーをフル装備すると価格は1500万円を超す。 石川は、別のタイプのレクサスから乗り換えたばかりだった。 「先進の予防安全技術」がこの車の「売り」だった。 政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発している「安全運転サポート車」で、自動ブレーキやペダル踏み間違い時の加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載していた。 本来は、ペダルの踏み間違いをしても、障害物との距離が縮まると、自動的にブレーキがかかる仕組だが、がホームページで公開している「の安全技術」では「衝突回避支援ブレーキ機能作動中にアクセルペダルを踏んだ場合等には、作動を解除する場合があります」とされている。 石川は事故当時78歳。 事故を捜査した警視庁高輪署は、当初から、石川が、車から降りようとした際、誤ってアクセルペダルを踏み込んで自車を急発進させ、その後も、ブレーキと勘違いしてアクセルペダルを踏み続けた、と見立てた。 事故の一報を伝える報道の多くは、事故の原因について「高輪署は運転操作を誤った可能性があるとみている」と報じた。 「アクセルペダルを踏み込んだ記憶がない」 百戦錬磨の検事であり弁護士であった石川にとっても、今回の事故は衝撃だった。 本人は記憶していないが、事故直後、病院に担ぎ込まれた石川は、事故の被害者が死亡したことを知り、「自分が死んだ方がよかった」と周辺に口走ったという。 被害者や遺族に申し訳ないことをしたと、落ち込んだ。 しかし、数日たってだんだん落ち着いてくると、自分の過失は何だったのか、と考えるようになった。 事故の記憶は鮮明だった。 警察は、アクセルとブレーキの踏み間違いの線で捜査していることはわかったが、石川には、車が発進した際、アクセルペダルを踏んだ記憶がなかった。 踏み続けた記憶もなかった。 自由な左足は宙に浮いたままだった感覚が残っていた。 アクセルペダルを踏んでいないとすれば、車が勝手に動き出したわけで、自分に暴走の責任はないのではないか、と考えた。 自分がかかわった事故で人が亡くなっている。 特捜検事として絶対的な正義の立場で権力犯罪の解明に当たるのとは事情が違うが、自分の体験を法律家として整理すると、運転操作を誤ったとして罪に問われる理不尽さを容認できなかった。 警視庁は、元検事の大物弁護士の事件とあって交通捜査課が捜査に当たった。 石川と死亡男性の遺族の間で慰謝料を支払う示談が成立。 石川が重傷を負ったこともあって在宅のまま捜査が続いた。 石川は捜査員に「アクセルペダルを踏み込んだ記憶がない」と伝えたが、警視庁側は、「衝突4. 6秒前から衝突時まで、アクセル開度が常に100%を記録している」とする事故車のの解析記録を石川に示し、それが、石川がアクセルペダルを強く踏み続けた証拠だと説明した。 石川は、事故車の座席位置で足がアクセルペダルに届くのか、事故車と同じ状態にした同型車を使って運転状況の再現を行うよう警視庁に求めたが、警視庁は応じなかった。 警視庁側は、石川の記憶にもとづく証言より、自動車メーカーが製造した機械装置の方を信用した。 石川は、警察では埒が明かないと考えた。 警視庁が求める「自由になる左足でアクセルペダルを踏んだ記憶はまったくないが、踏んだかもしれない」との供述調書の作成に応じ、警視庁は、18年12月21日、に事件を送致した。 以後、検察が捜査の主体となった。 どうやってもアクセルペダルにもブレーキペダルにも届かなかった 石川は改めてに、事故車を運転していた状況を再現するを求めた。 地検は、要請に応じ、警視庁を指揮して翌19年1月24日、都営バス品川自動車営業所港南支所でを実施した。 警視庁の捜査員は、事故車と同型のレクサスLS500hを用意。 運転席の座席の位置を、警察で保管している事故車両の座席と同じ位置に調整。 事故車の座席にあったのと同程度の厚さの座布団も用意したうえ、石川を座らせた。 石川によると、右足をドアに挟んだ状態で、両手でハンドルを握ることは可能だったが、左足はどうやってもアクセルペダルにもブレーキペダルにも届かなかったという。 「事故車の座席位置に座った瞬間、事故前に座席を後ろに下げ少し背もたれも倒していたことを思い出した。 前傾して運転する癖があり、停車して時間があると、いつも、リラックスするためにそうしていた」と石川はいう。 警視庁側は、この事態を予期しておらず、あわてたようだ。 石川の右足をドアにはさみ、前のめりになった姿勢にしたり、事故時に履いていた靴を改めて装着させたりしたが、それでも届かなかった、と石川は振り返る。 警視庁側は、足の届かない場面を含めて写真を撮影したという。 事実が固まったとして石川が帰ろうとしたところ、捜査員が100メートルほど追いかけてきて、再度、石川は車に乗せられ、今度は普通の座席位置で写真を撮った。 当然、左足はアクセルペダルに届いた。 今回、ゴーン氏に選ばれ、会見に出席できた100人に及ぶジャーナリストのほとんどはフランス人、人、そしてカ人で、日本のメディアはほぼ参加が許されなかった。 より一部引用 --------------------------------------------------------------------------------- 日本人が外国人を差別したら、大騒ぎになるのに なぜか、日本人が差別されてもスルーされるのね。 自分に不利なことを書くからって・・ そんな理由を各国のメディアが、目のあたりにして問題視しないなんてね。 banbiland.

次の

生野警察署

生野 署 交通 課 くもん

所在地・最寄り駅 [ ]• 3丁目14番12号• 生野区役所前 所轄 [ ]• 交番一覧 [ ]• 生野西交番 - 大阪市生野区生野西四丁目14番13号• 生野東交番 - 大阪市生野区生野東四丁目1番49号• 今里公園前交番 - 大阪市生野区新今里二丁目12番17号• 巽西交番 - 大阪市生野区巽西一丁目8番16号• 巽東交番 - 大阪市生野区巽中三丁目16番15号• 巽南交番 - 大阪市生野区巽南三丁目7番9号• 鶴橋交番 - 大阪市生野区鶴橋三丁目3番26号• 林寺交番 - 大阪市生野区林寺六丁目6番7号• 腹見交番 - 大阪市生野区小路東五丁目21番7号• 桃谷交番 - 大阪市生野区桃谷三丁目22番19号 外部リンク [ ]•

次の