吉田輝星 twitter リアルタイム。 日本ハム輝星「トレンディーエース」継承!“元祖”西崎幸広氏から金言「投球術覚えて」― スポニチ Sponichi Annex 野球

吉田輝星

吉田輝星 twitter リアルタイム

北海道日本ハムファイターズの 吉田輝星選手の高校といえば金足農業ですよね。 吉田輝星選手のことを調べていると、「名門」というキーワードが散りばめられているのが目立ちます。 金足農業は野球も強くて偏差値も高い学校なのかと思って調べてみると、偏差値は47ということで進学校ではありませんでした。 学校名に農業とあるくらいですから、就職率が高いのでしょうね。 ただ吉田輝星選手は秋田の名門高校に入れるほどの学力があったという情報もありました。 その名門校とは、秋田高校のことです。 今回は、 吉田輝星選手の頭がいいとする根拠や秋田高校の学力の高さ、頭の良さが野球に活かされているのかについて深掘りしていきます。 吉田輝星が頭いいとする根拠 2軍よるオープン戦「教育リーグ」が3月2日(土)に開幕する。 日本ハムは当面、吉田輝星について2軍キャンプ打ち上げ後も2軍で練習を重ね、教育リーグで実戦経験を積ませる方針だという。 状態とタイミングによっては、1軍のオープン戦登板の可能性も残す。 — 汗と涙。 週刊誌フライデイによると、 「 中学時代の成績は優秀で、県内有数の進学校、秋田高校にも合格できる実力。 」 と吉田選手の学力について紹介していました。 野球もできて、学力もあって最高の選手ですね。 必ずしも投球術と学力は比例するわけではありませんが、頭の機転が良くなる傾向は少なからずあると思います。 勉強で鍛えた思考力をピッチングにも活かせているような気がします。 球団スカウトたちにも認めさせる頭脳派の投球術は圧巻のものでしたから。 吉田選手は野球以外の特技では「カラオケ」で歌が上手いという情報もありますが、あらゆる分野において 飲み込みが早いのでしょうね。 これなら勉強ができていたワケも理解できます。 秋田高校の偏差値は? 息抜きも必要です。 — てる oeTtgRtEeb5UXk7 では名門と言われる秋田高校の偏差値はどれくらいなのでしょうか。 ネットの情報によると、なんと偏差値は 71! この数値は秋田県内では私立公立含め1位の超優秀な高校です。 2位の学校には偏差値を4も差をつけており、偏差値においてトップを走る独壇場となっています。 毎年のように 東大や 医学部に進学する生徒を輩出しており、だいたい200人くらいは国公立に進学しています。 国立と私立の割合は五分五分です。 これほどの学校に進学できる学力があったとは、吉田選手の頭の良さは認めざるを得ませんね。 なぜ、ここまで学力を高めることができたのかを考察したところ、吉田選手は探求心が強いということが大きな要因になっているのだと思います。 吉田選手が中学生の頃のエピソードから探求心の強さがうかがえます。 吉田選手の父が金足農業高校の投手だったのですが、吉田輝星選手が子供の頃のエピソードについて話したことによると、 小学中学年になると、ボールの回転を意識させたといいます。 また「頭より体で覚えるタイプだった」と語る吉田選手のお父さん。 中学に入るとキャッチボールはしなくなりましたが、 変化球について助言を求められることもあったようです。 父親に変化球の助言を求めるところは研究熱心ですよね。 まさに探求心が強いといえるでしょう。 この探求心は野球だけでなく勉強においても発揮されていたのだと思います。 頭の良さは野球に活かされているのか? あのさ、ポージングしてない写真で、このフォトジェニック感は、まじで半端ないのではないですか…? — あゆいと 12ayuw 吉田輝星選手はこれから野球が本職になっていくわけですが、頭の良さは野球に活かされているのでしょうか? 吉田選手の野球に対する姿勢を見て、「 頭良いな~」と思ったことはいくつかあります。 高校野球が終わり、これからプロに入ろうとするまでの期間、自分の課題を洗い出して一つずつクリアしていきました。 その一つとしては 体重増加と下半身強化、そして球速アップ。 これらすべてを着実に伸ばした状態で日ハムに入団しています。 目標を明確に立てて、必要な行動を具体的に計画して遂行していくことはなかなか上手くいくものではありません。 正確な分析ができている証拠ですよね。 他にもユーモアもまじえたりするシーンもよく報道されますが、相手の気持ちや周囲の雰囲気をくみ取ることも長けているのかもしれません。 上記のことから吉田選手は頭が良いと思うようになりました。 もちろん配球の組み立てなどの 投球術からも頭が良いと感じさせます。 他にも頭が良いと思わせる考え方や行動はたくさんあると思います。 ぜひ吉田選手の頭が良いと思う瞬間をコメント欄で教えてくださいね。 まとめ.

次の

吉田輝星選手を甲子園決勝まで知らなかった私が、まんまと沼におっこちた話。

吉田輝星 twitter リアルタイム

いやー、今年の甲子園はすごかった。 去年までは仕事があったので見れなかったこともありますが、今年はほぼ毎日のように観ていたので、がっつりハマりました。 やはり何と言っても金足農業の 吉田輝星選手でしょう。 投げてよし、守ってよし、打ってよし、そして顔よしの4拍子揃った投手で本当にスター性がありますね。 決勝で見せた涙にはこっちも思わずもらい泣きをしてしまいました。 優勝した大阪桐蔭はすっかり影をひそめ、メディアも金農一色ですが、それも吉田投手の魅力に依るところが大きいのではないでしょうか。 たぶん、吉田君があそこまでイケメンじゃなかったら、ここまで騒がれてなかったと思う。。 そんな吉田投手ですが、かつてハンカチ王子と騒がれた 斎藤祐樹選手と似ていると、ネットでは話題になってるみたいですね。 ハンカチ王子の甲子園での活躍はリアルタイムで観ていたので、よーく覚えてますが、彼の人気もすごかったですね~。 吉田投手に似てるかと言われると似てるかなあ。 あんまり似てない気がしますが。 吉田君のほうがガタイがいいし愛嬌があるし。 斎藤佑樹選手は、高校生にもかかわらず目の奥にものすごく冷めたものを感じて、当時からあまり好感持てなかったです(すみません)。 そんな、斎藤選手ですが、プロデビューしてからはずっと低迷していて、引退も危ぶまれているとか。 ということで、2人の四柱推命の命式を出してみました。 斎藤佑樹選手は、見た瞬間「あちゃー」って感じですね。 時柱が分からないのですが、現在の状況から照らし合わせると破格してるんではないでしょうか。 なかなか厳しい状況ですね。 プレッシャーも相当強いと思いますが、半面、反発心もかなり強そう。 今は誰のいうことも耳を傾けないでしょうね。 謙虚にして耐えるべき時期なんですが、それは今の彼には難しいでしょう。 孤立奮闘している感じです。 あと何十年は厳しい運勢が続きそうなので、このままではプロで活躍するのは難しいかも(?)。 また彼は、爽やかな見た目とは裏腹に、結構豪快な男っぽいタイプかもしれませんね。 反対に、吉田君は見た目男らしいですが、命式を見ると、とてもかわいらしい印象。 雑草軍団と言われてますが、雑草というよりは野に咲くお花って感じ。 お母様に大事に育てられたでしょうね。 その分、お父様には厳しく躾けられたのではないでしょうか。 礼儀正しさとお調子者な面の両方を併せ持ったタイプで、内面は頑固そう。 大運を見ると、しばらくは順調そうなので、高校卒業後にプロへ行くなら、すぐに活躍できそうですが、その後アップダウンはありそうですね。 1か所に留まるタイプではないので、プロになったとしても方向転換は多そう。 女性問題にも注意が必要かも(?)。 周りが放っておかないでしょうが。 U18にも選出されていますし、10月にはドラフトもありますので、今後しばらく 吉田輝星選手から目が離せそうにありません。

次の

吉田輝星が期待の金足農・加藤、プロ目指す/秋田(日刊スポーツ)

吉田輝星 twitter リアルタイム

その後、すっかり鳴りを潜めているが、現在の吉田の仕上がりはどんな状況なのだろうか。 「甲子園で投げていたときに比べて球速が落ち、最速は140km半ば。 フォームを改造するなど、試行錯誤を続けている状態です。 不調の原因のひとつは、やはり甲子園での登板過多により、股関節を痛めたことでしょう。 痛み自体はすでにとれたようですが、足を突っ張るくせがついてしまったことで、体重が前に乗らず、ボールが走らない。 上で先発するには、まだまだ時間がかかるでしょう」 前出・日本ハム担当記者 吉田の甲子園での総投球数は881球。 公立校のエースとして、一人で投げまくった後遺症は、やはり小さくなかった。 175cmと野球選手にしては小柄ながら全力投球で夏の甲子園の話題を独り占めした人気者。 甘いマスクも兼ね備えてフィーバーした吉田を、同じチームの「あの男」に重ねて見る人は多い。 斎藤佑樹だ。 「斎藤は怪我に見舞われたけど、それ以上にもったいなかったのが、必死で練習をしなかったことです。 日ハムのキャンプ地である名護は球場の奥に走り込みにピッタリの砂浜がある。 でも、練習後に彼が走り込んでいるという話は聞いたことがない。 斎藤を反面教師にして、吉田がどこまでできるかでしょう」 元ロッテの得津高宏氏 斎藤が、入団からの9年間で挙げた勝利は、わずか15勝。 甲子園のスーパースターとしてはあまりにも寂しい数字だ。 「フォームがきれいなぶん、やや力強さに欠ける点でも、斎藤と吉田はよく似ています。 ああいうピッチャーが一軍で頭角を現すために求められるのは、コントロールの精度を高めていくことでしょう。 狙ったところに投げられれば、空振りを奪えるだけのボールは持っている。 粘り強く経験を積んで欲しい」 元西武監督の伊原春樹氏 夏の甲子園決勝で吉田の前に立ちはだかった男もまた、プロの世界で迷っている。 '18年の中日のドラフト1位、根尾昂だ。 大阪桐蔭高校時代は二刀流で甲子園を春夏制覇、打てる、走れる、守れる、という「三拍子揃った逸材」として、根尾は野球ファンの注目を一身に集めた。 即戦力内野手の呼び声も高かったものの、昨季一軍での出場試合数はわずか2試合にとどまり、ずっと二軍にいた。 そのうえ、ウエスタンリーグでも打率はわずか2割1分。 三振数は127個と、リーグ内で一番多かった。 ヒットが出ないどころか、バットにボールが当たらないという状態だった。 「本人は至って真面目で、二軍の試合が終わっても居残りで打撃練習や、ウェイトトレーニングを重ねていました。 ただ、エリート街道をひた走ってきただけに、結果が出ないことで消沈してしまい、焦れば焦るほどバットが空を切るという悪循環に陥っていた」 スポーツ紙中日担当記者 根尾のこの悩ましい状態は、今年に入ってもあまり変化が見られない。 中日の春季キャンプを視察した、前出の得津氏が言う。 「身体作りも打撃フォームもまだまだという印象でした。 腰のひねりを十分に使えていないし、力が入りすぎるあまり、手首がガチガチになっている。 ああなると、かえってインパクトの瞬間に力が出せません。 一軍で彼の姿を見られるようになるには、まだまだ時間がかかるでしょう」.

次の