埋没法 種類。 【二重整形】埋没法と切開法の比較!あなたにぴったりなのはどっち?

二重埋没法:口コミ21506件/美容外科397院《美容医療の口コミ広場》

埋没法 種類

2.埋没法の経過で注目すべき5項目 埋没法の経過ですが、みなさん主に次のような事を気になさります。 手術後の経過を知っておけば、手術後も安心して過ごせますし、異常があれば早めに気が付く事もできます。 2-1.埋没法による腫れの経過 埋没法の手術後は少なからず腫れが出ます。 希望する幅が広い方が腫れが出やすい、糸を多くしっかり付ける方が腫れが出やすいなど、様々な要因が絡んできますが、一般的な腫れと経過について解説します。 埋没法の経過の写真 現在一般的に行われている「2点止め」と言う方法で行った場合の腫れについて写真をご覧ください。 また、当院では糸を絡めて行う方法でも手術を行っております。 持続は長くなると考えられますが、腫れが出やすくなります。 この場合の経過も併せてご覧ください。 ラインの完成は3-4週間 腫れに関しては、大きな腫れは数日で引くことが多く、手術後数日で腫れが引いたなと思うかも知れませんが、ラインは完成ではありません。 下の表のように微妙に腫れは残っており少しずつ引いていきます。 そして、 目安としては3-4週間後がラインの完成時期です。 それまでは、腫れが引いたと思ってもまだラインが狭くなってくる場合があります。 動画で経過を見ると以下のようになります。 2-2.埋没法による内出血の経過 埋没法の手術後は内出血が出ることがあります。 2日くらい傷跡が赤くなるだけという場合もあれば、10日程内出血が出てしまうことがあります。 下に1週間目で内出血の出ている例を提示します。 2-3.埋没法による痛みの経過 埋没法の手術後の痛みは大きなものではありません。 もちろん、全く感じないという訳ではありませんが、クリニックから処方される痛み止めで十分対応できる程度の痛みです。 2-4.糸による膨らみの経過 埋没法の後に糸の結び目が膨らんで見えてしまうことがあります。 手術直後や1週間目はまだ腫れがあるので気にならない場合も多いのですが、2-4週間で膨らみが気になってくる場合があります。 この膨らみは時間とともに改善していきますが、必ず見えなくなるという訳ではありません。 おおよそ半年程度を目安として、気になる場合は担当医に相談しましょう。 2-5.埋没法によるひきつれ、食い込みの経過 埋没法の後は二重のラインが食い込んだように見えます。 目を閉じていて食い込むというよりは伏し目の時に二重のラインが食い込んで見えることがあります。 これは糸で結んでいるので、手術後多少は出てしまいますが、徐々にゆるんで気にならない程度になることがほとんどです。 個人差はありますが、1-6か月で改善してきます。 3.埋没法手術の種類による経過の違い 埋没法にいろいろな方法があって、何が違うのか気になりませんか?埋没法と言う範疇で同じですが、糸の通し方や、糸を結ぶ位置・数などが違ってきます。 無数の組み合わせがありますので、どの方法が一番いいとか比べることが困難です。 3-1.糸の通し方の違い 点止め(2点止めや3点止め) 現在日本で行われる一般的な埋没法です。 1糸連続法 1本の糸でまぶたを連続で縫う方法です。 結び目を増やしたり、糸を絡める方法 糸の結び目を多くしたり、糸同士を絡める事によって持続期間を長くしようとする方法です。 その位置が皮膚側なのか、まぶたの裏側なのかによって埋没法を分類できます。 上記の3パターンに表側か裏側化の分類で計6パターンに分類できます。 裏側で糸を結ぶ場合は以下のようになっています。 それぞれの医師によって、結ぶ強さは変わります。 糸を強く結べば腫れは大きく出る傾向にありますが、糸の膨らみは目立ちにくいですし、緩く結べば腫れは出にくいですが、糸の結び目が気になったり、必要以上に緩いと二重が取れやすかったり、糸が出てきたりする可能性があると思います。 腫れない二重、腫れにくい二重手術というのは、ほとんどが糸を緩く結ぶことで腫れを少なくコントロールしています。 ですので、二重が緩んで取れてしまっても糸が取れる訳ではありません。 糸が出てくることがある 埋没した糸が出てくることがあります。 皮膚側から出てくることもあれば、まぶたの裏側から出てくることもあります。 出てきたものは自然に埋まっていく事はありませんので抜糸する必要があります。 痛みが出てくることがある 手術後は何にも感じなかったのに数年後などに痛みが出てくることがあります。 多くの場合はまぶたの裏が糸で変形していたり、糸が出てきたりしている場合です。 このような場合も抜糸が必要になります。 しかし、出て来ている糸と違って、抜きにくい場合もあり、切開しなければ抜けないとこもあり得ます。 目の開きが悪くなる可能性がある(眼瞼下垂) 埋没法を行う事によって短期的にも将来的にも目の開きが悪くなる可能性があります。 目の開きが悪い状態を眼瞼下垂と呼びます。 埋没法の直後に目の開きが悪くなってしまった場合は糸を抜けば改善しますが、長期的に起こってしまった場合は眼瞼下垂を修正する手術が必要になる場合も考えられます。 また、眼瞼下垂はコンタクトレンズや加齢によっても起こります。 5.埋没法のリスクや副作用 上記に説明したような経過とともに起こるリスクや副作用以外にも以下のようなものがあります。 手術を考えている方は、経過やリスクなど十分理解して決めましょう。 希望通りにならない可能性• 左右差が出る可能性 6.まとめ:経過を良くすために 埋没法の経過についてご理解いただけましたでしょうか?人間の体はみんなが同じような経過を辿る訳ではありませんので、経過に差がでることはあります。 しかし、このように一般的な経過を知っておく事で、手術を受けようかどうかの判断も付きやすくなると思います。 また、埋没法と言ってもいくつか種類や方法があり、解説したように経過が微妙に変わってきます。 腫れを抑えたい人は2点止めなどの腫れの少ない方法を選ぶ• 持続を長くしたい人は糸を絡めたり結び目を増やす方法を選ぶ• 糸の膨らみを絶対に出ないようにするには糸を裏側で結ぶ方法を選ぶ 上記のように、その方のニーズに合わせた経過を選ぶことができると思います。 そしてそのためには医師 としっかりカウンセリングして自分に希望、出来ること出来なことをきちんと理解することが重要です。

次の

写真で見る埋没法の経過と種類による違い

埋没法 種類

また、もとび美容外科クリニックで行っている豊富な種類のおすすめの埋没法についてはこちらをクリックしてください。 一口に二重埋没法といっても、実はその方法は様々です。 二重整形においては、 ・一人ひとりの皮膚の厚みやたるみ ・脂肪のつき方 ・くぼみ目なのか奥目なのか ・眼瞼下垂かどうか ・眉の上げ具合はどうか ・希望の二重ライン 上記のすべて考慮したうえで、医師が最適な埋没法を選択することが大切になってきます。 当院では、以下のような二重埋没法のご相談を多くいただいています。 「アイプチのラインを安定させたい」 「奥二重をパッチリした二重にしたい」 「一重を二重まぶたにしたい」 「もっと印象的な幅広い二重にしたい」 「二重を広くして若々しい二重に戻したい」 「たるんできたのでスッキリさせたい」 「おすすめの埋没法を教えてほしい。 」 「自分の希望ができるのか」 などなど。 お客様の ご希望や まぶたの状態を考慮し、前述の4つのポイント• 「腫れにくさ」• 「戻りにくさ」• 「バレにくさ」• 「料金」 に沿ってお客様に最適な埋没法を提案させていただいております。 結膜側に糸が飛び出るリスクを少しでも抑えたいという方には、結膜側に糸を貫通させない埋没法がありますのでご紹介します。 今回はそれぞれのポイントについて対策をまとめてみました。 「腫れにくい」二重にするポイント こうならないために。。。 「腫れにくい」二重にするポイントは以下の4つです。 メスを使う二重切開法と異なり、埋没法は基本的に腫れが少ないと言われていますが、それでも手術法によっては腫れが目立つこともあります。 当院では、患者さまのご要望にしっかりとお応えするために、腫れを極力抑えられるような様々な工夫を行っています。 ここでは、二重埋没法の「腫れ」を極力少なくする工夫をご紹介します。 <腫れを防ぐために> 糸による腫れを防ぐためには、心臓外科手術等でも使用される繊細で細く柔軟性がある糸を使用し、組織への負担を極力減らすことで腫れを少なくすることができます。 さらに腫れにくい糸の場合、糸を結んだ後でも糸のテンションを調整することができるため、緩すぎず締め付けすぎずにちょうどよいテンションで糸を結ぶことが可能です。 当院では仮止め後にお客様に二重の状態を確認してもらっております。 術中にご希望に応じて腫れ具合を調整することも可能です。 埋没法は、まぶたの裏側と表側を糸で連結させる手法ですが、一般的に多いのは2点留めと言って2つの結びで連結させる方法です。 この場合、「点」でしか連結しないため戻りやすく、安定させるためには点を多く止めること必要があります。 「3点留め」けではなく「4点留め」や「5点留め」以上を行うクリニックもあるようですが、まぶたで何カ所も糸を留めればその分腫れは出やすくなり、ポコポコしやすくなります…。 <腫れを防ぐために> 糸を縛る際に、必要以上に強く縛ってしまうと術後に腫れが出やすくなります。 逆に腫れないようにしようと、糸を緩くしすぎてしますと、今後は術後に二重が取れやすくなったり、まぶたにポコポコと糸が浮いて見えやすくなります。 糸を緩く結んだり、糸をかける幅を狭くしたり1点留めにすることで、連結を弱くして腫れにくくすることは可能ですが、そういった場合、すぐ二重が取れてしまって再手術がすぐに必要になったりして本末転倒となってしまいます。 戻りにくく安定した二重にするためには、 糸の編み方を工夫して一筆書きで糸をかける方法がおすすめです。 まぶたの表と裏をしっかり編み込みながらも全体の糸のテンションを微調整できるため、この埋没法であれば戻りにくいだけでなく、無駄な腫れを抑えた二重瞼にすることが可能です。 そのため麻酔の針が血管にあたると内出血する可能性が高く、また痛みが伴うこともあります。 麻酔は多ければ良いというわけではありません。 多すぎると腫れが強くなります。 とはいえ少ないと、痛みによる必等以上の筋肉のこわばりによって、術後に腫れが出てしまいます。 麻酔は時間と共に効果が薄れていきますが、特にお酒が強い人では麻酔は効きにくく切れやすい傾向があります。 術中に麻酔を適宜追加していきますが、痛みがあれば遠慮なくドクターに言っていただくのが良いかと思います。 <腫れを防ぐために> 毛細血管を避けて狭い粘膜組織を狙って注射することがポイントです。 また、針を深く刺してしまうと内出血のリスクが高まります。 ですので、極細の針を使用して、丁寧に血管を避けて浅い層に注入することでリスクを減らすことが可能です。 ちなみに当院の院長は注射器を両利きで扱うことができるため、痛みの感じにくい外側から痛みの感じやすい内側に向かって左右対称に細かく注入することで痛みや内出血を減らすことができます。 また、「麻酔量」に関しては、痛みが出るとかえって腫れてしまうため十分量の麻酔を注入します。 ただ、必要以上に麻酔を注入すると腫れの原因となってしまうため最適な量で注入します。 なお麻酔の腫れは数日中に比較的速やかに引いていきます。 腫れや内出血を減らすお薬には、シンエックがあります。 欧米では昔から広く使用されており、いろいろな研究で腫れを減らす効果は実証されています。 シンエックは天然の成分で作られており、FDA(アメリカ食品医薬品局)に承認されている安全なお薬です。 自身の目の構造を無視した幅広の二重にすればするほど、術後に二重が腫れやすく、戻りやすい傾向があります。 まぶたが厚ぼったくむくみやすい方、たるみが強い方などでは腫れがさらに強く出る傾向があります。 <腫れを防ぐために> 事前のカウンセリングの際に、ご自身のまぶたにあった腫れにくく取れにくい無理のない二重のラインにすることをおすすめしています。 二重のラインを棒で抑えてシュミレーションしてみて、棒を離してみてもしばらく保つような二重のラインが良いでしょう。 迷ったら狭めのラインにするのが良いです。 以上のような工夫をすることで、二重埋没法後の腫れを最小限に抑えることができます。 豆知識 Part1 術後、腫れが少なければ少ないほど良いの?? 二重埋没法の直後は、麻酔をかけたり糸を針で通すため通常のまぶたよりも腫れている状態になります。 ですので、腫れが引いた「通常の状態」でちょうどよい糸の絞め具合にする場合、術後すぐの段階では、ハムの糸のように少しだけ食い込んでやや腫れているような状態にするのがベストです。 術直後にほとんど腫れていない状態では、腫れが引いて普段のまぶたに戻った際に糸が余ってしまいます。 糸が余ってしまうと戻りやすさ、ポコポコしやすさにつながります。 この辺りはまさに医師の経験に基づく絶妙な締め具合になりますが、腫れないことにこだわりすぎるより術直後に多少腫れや食い込みが出ているくらいがちょうどよいということをご理解ください。 当院ではお客様のご希望もふまえながら、上記を考慮して腫れが落ち着いた状態でちょうどよいテンションになるように結びを微調整しています。 確かに、二重埋没法の種類やまぶたの状態によっては数ヶ月で戻ってしまうこともあります。 ですが埋没法には様々な種類があるため、希望の二重ラインにあった埋没法を行えば戻りにくい(取れにくい)二重ラインできる可能性は高まります。 事前にご希望をしっかりと医師に伝えた上で、ご要望にあったおすすめの埋没法で手術を行うことで、ラインが戻ったり取れてしまうというリスクを最小限にすることができます。 二重ラインが戻ってしまうのにも、やはり原因があります。 これらをきちんと理解した上で、最適な埋没法を選択することが大切ですね。 同様に、まぶたのラインも1点で留めていると、小さな点に二重の連結の力が集中するために、重さに耐えられずに連結していた組織が伸びたり緩んでだりして連結がとれてしまいます。 何点で留めるか、連結の力をどれだけ分散できるか、連結をどれだけ多くするかが戻りにくさの重要なポイントです。 <戻らないようにするために> まぶたの厚みやラインに最適な点数で留めることが大切です。 ベーシックな方法は2点止めですが、二重ラインが付きにくい方は留める点数を3点、4点と多くするのが良いです。 ただし、留める点が多いほど腫れが強くなりやすくなります。 ですので、点留めの場合は3点留めくらいが戻りくさ、腫れにくさのバランスが良いでしょう。 また、後述のように点止めよりまぶたの表と裏側の連結が多く、瞼全体で力を分散して支える線止めなどの方法は二重は安定しやすく戻りにくくなります。 できるだけ戻らない(取れない)ように二重ラインにするために、互いの糸を絡めたりする方法もありますが、この場合、腫れが強く出てしまう可能性があります。 <戻らないようにするために> 二重ラインを作る際に、ラインを「点」で留めるのではなく「面」で固定し、まぶたの裏側との連結を多くすることでより取れにくくしっかりとした二重にすることができます。 とはいえ逆に戻らない(取れない)ようにと糸をしっかりと締めつけすぎてしまうと、今度は術後の腫れがひどくなったり、まぶたに引っ張られているような違和感が残ることもあります。 <戻らないようにするために> 緩すぎず締め付けすぎず、最適な強度で糸を締めることがポイントとなります。 (前述) その際はテンションを微調整できる糸を使用して埋没法をおこなう必要があります。 また、一筆書きで二重を編み込む方法であれば全体のテンションをコントロールしやすくなります。 一人ひとりのまぶたの厚みや皮膚の状態は異なり、力のかけ具合も変わってきます。 当院では最終的な微調整を行い、術中に二重の状態をご本人に鏡でチェックしていただきます。 自身の目にあっていない二重幅で埋没法をおこなっても戻りやすく、また腫れを生じる可能性も高いです。 <戻らないようにするために> 自身の目にあった自然な二重ラインにすることをおすすめします。 瞼板というまぶたを支持している板の上縁辺りの高さに二重がつきやすいですが、瞼板の大きな人では自然な二重の幅は広くなり、瞼板の小さな人では自然な二重の幅は狭くなる傾向があります。 戻りにくく自然なラインが自分の場合どこなのか、希望なども合わせて入念にドクターと相談しシミュレーションして決めていくことをおすすめします。 分厚い雑誌を折り曲げるより、薄いパンフレットを折り曲げる方が曲げやすいのと同じことです。 また脂肪が多い場合、目がむくみやすいことが多いですが、むくみやすいと二重ラインが戻りやすくなってしまいます。 <戻らないようにするために> この場合、まずはまぶたの厚みを除去し二重ラインを安定させます。 除去できるまぶたの厚みは2種類あります。 一つはまぶたの奥にある眼窩脂肪で、もう一つは皮膚のすぐ下の眼輪筋です。 眼窩脂肪を除去することでむくみにくい目元にします。 むくみにくくすることで二重が安定しやすくなります。 また、眼窩脂肪だけでなく二重上の眼輪筋を除去すると二重が安定してつきやすくなります。 段ボールに切れ込みを入れるとスムーズに折れ曲がるのと同じような原理です。 戻りにくく(取れにくく)むくみが少ない目元にする場合には、これら2つの厚みを同時に除去する方法(厚み取り)がおすすめです。 当院医師は解剖に精通しているため、メスを使わずに針穴から脂肪を除去するため傷も腫れも少ない点が特徴です。 施術 まぶたがたるんでいる方 年配の方に限らず、若い方でも増えているのがまぶたのたるみです。 毎日アイプチやアイテープ、まつエクなどを使用していると、次第にまぶたは下方にたるんできます。 皮膚がたるんでいると二重に皮膚がかぶるため、より高い位置に糸ととめる必要が出てきます。 二重が高い位置になるほど二重はつきにくく戻りやすくなります。 また、たるんだ皮膚はたるんで伸びやすく、せっかく埋没法で縛っても戻りやすくなります。 <戻らないようにするために> たるみを減らして戻りにくくする必要があります。 眉下切開で目の上の余分な皮膚を切開し、まぶたのたるみを改善することではっきりとした若々しい二重ラインにすることができます。 施術 戻りにくくなるだけでなく、自然な感じで二重が広くなるため、埋没法をしなくても二重を広くすることが可能です。 まぶたがくぼんでいる方 年配の方に多いのがまぶたのくぼみです。 年齢と共に上まぶたの脂肪が減少したり、目の開きが悪くなり目を開こうとして眼窩脂肪が引き込まれくぼみができてしまいます。 目がくぼんでくると皮膚に余裕がなくなり、皮膚に折り目がつきにくくなり二重になりにくくなります。 この場合は二重埋没法を行う前にまぶたのボリュームを増やす必要があります。 <戻らないようにするために> まぶたに脂肪やヒアルロン酸を注入してくぼみ目を改善し、二重のラインが安定しやすい状態にするのが良いです。 また、眼瞼下垂によるくぼみ目の方は下記の眼瞼下垂の手術をするとくぼみが改善し二重がつきやすくなります。 このようにくぼみを改善した後に埋没法を行うことでしっかりと戻りにくい二重にすることができます。 眼瞼下垂の方 眼瞼下垂とは、まぶたが黒目にかぶさって目がしっかり開いていない状態のことです。 眼瞼下垂気味の人がご希望の二重のラインを保つためには根本的に眼瞼下垂の治療をまず行うことをおすすめします。 二重がつきやすくなるだけでなく、目の開きも改善し目もとが明るくなります。 <戻らないようにするために> 眼瞼下垂治療をおこなうことによって二重ラインをよりはっきりと戻りにくい(取れにくい)状態にすることができます。 眼瞼下垂の手術には切る方法・切らない方法の2つがあり、切らない手術は腫れも少なく比較的簡単に目の開きを改善することができます。 切る眼瞼下垂の手術はダウンタイムが長びきやすいですが、効果は長持ちしやすくより確実に眼瞼下垂を改善させることが可能です。 豆知識 Part2 埋没法でつくった二重が取れました。 (まれにはあります) 埋没法は、まぶたの裏側と表側を糸で連結させて二重にしたい皮膚側の組織を引っ張る手術ですが、まぶたは薄い皮膚や筋肉ですのでずっと糸で引っ張っているとだんだん組織(皮膚や筋肉)が伸びて二重が戻ってしまいます。 組織が伸びてしまうと二重の折り目の部分の皮膚を引っ張ることができなくなり、二重が浅くなったり一重にもどってしまいます。 これが二重が取れた言われる状態です。 糸が切れて二重がとれるわけではないのです。 まぶたを強くこすったりすると、糸が引っかけている組織がちぎれて、ブチッと二重が戻ってしまうこともあるようです。 埋没法が安定しているうちは、まぶたをこすったりアイプチしたりしないほうが良いでしょう。 取れてしまった二重をまた作るためには組織を引っ張りなおす必要があるため再手術が必要です。 埋没法はあくまで二重のクセのきっかけ作りです。 二重の癖が出なければ徐々にまぶたの組織が伸びて二重はなくなってしまいます。 二重がつかなかった人は、まぶたの状態が変わらなければ何度埋没法をおこなっても同じように戻ってしまいます。 長持ちさせるためには二重のなりにくさ(厚ぼったさ、くぼみ、たるみなど)を除去する必要があります。 (前述) 「バレにくい」二重にするポイント 二重埋没法に興味はあるけど、「周囲に内緒で目立たずに手術をしたい!」という方も多いです。 バレない二重整形にするためには、以下の3つのポイントを押さえることが大切です。 そのため「腫れを少なくしてバレない二重にしたい」というご希望は多くの方から受けます。 周囲にバレる原因にもなる術後のまぶたの「腫れ」は、糸の種類やかけ方を工夫し適切な強さ(テンション)で糸をしばることで可能な限り少なくすることができます。 ・糸の種類 ・糸の掛け方 ・糸を止める強さ(テンション) ・麻酔や内服 …とまとめて言うとすごく簡単に見えますが(笑)、実は繊細で丁寧な操作が必要です。 当院では最も腫れにくい二重は 腫れにくさと戻りにくさのバランスが良いのは、 になります。 また腫れもひどくなりますし、すぐに戻ってしまう確率も高くなります。 自然な幅で二重を作れば、腫れにくいのはもちろん、バレにくくなります。 もともと二重の方でもしっかり二重が食い込んで見える方もいらっしゃいますが、度を過ぎると整形がバレやすくなってしまいますね。 手術直後は腫れていて余計に食い込んで見えたり、厚ぼったい方でくい込みが目立つのはある程度仕方ない部分ではあります。 時間と共に落ち着いていくことが多いですが、なるべく食い込みは少ない方が良いですよね。 そのような方には、皮膚側に針を通さないことで食い込みを抑えることが出来る埋没法がおすすめです。 皮膚側に穴が開かないためメイクがすぐにできるので、直後からさらにバレにくくできるメリットもある方法です。 当院ではエステティックアイと呼んでいる方法です。 ただし、皮膚側を貫かないため二重の連結が弱くなりやすくなるため、二重を新たに作る方や幅を広げたい方では2点でとめるエステティックアイダブルがおすすめです。 これはまぶたの異物(糸)のまわりにできる被膜が厚くなることが主な原因です。 特に糸の結び目部分にできやすく、しばらく経過してから目立ってきます。 埋没法を行えば、ポコッという突起ができるリスクをなくすことはできないのですが、このリスクを少しでも減らすために、当院ではまぶたの裏側で糸を留める埋没法をおこなっております(、、、)。 まぶたの裏側に結び玉があれば、表から見て結び玉がポコッと見えることはありません。 裏側といっても結び目は結膜の奥にしっかり埋め込むため眼球側に結び目が出ることはありません。 一人ひとりのご希望にあったおすすめの埋没法を用意していますので、御気軽にご相談ください。 「料金」のポイント 二重埋没法の料金はクリニックによって様々です。 上記のように腫れにくさ、戻りにくさ、バレにくさを追求するために特殊な糸を使用したり、特殊なかけ方をおこなったりして手間をかけたり、保障の内容の違いなどによって料金は変わってきます。 ご自身の希望に優先順位をつけて、ご予算に合わせた納得できる手術方法で行ったいただくのが良いでしょう。 (番外編) 「結膜側に糸を通さない」 ほとんどの埋没法では、二重の連結を強固にするために結膜側に糸を貫通させてまぶたの表と裏を縫っています。 ただし、結膜側の糸の露出が多かったり、糸を緩くかけすぎてしまうと眼球側に糸が露出してゴロゴロの原因になったり、角膜を傷つけてしまうリスクがあります。 通常、そうならないように結膜側の糸の露出最小限にし、糸は緩すぎないテンションでかけたりして気をつけていますが、少しでもリスクを減らしたい方には、結膜側に糸を通さない埋没法を方法がおすすめです。 当院では、結膜側に通さない埋没法は 点止めでは 、 しっかり編み込む方法には があります。 結膜側に糸が通らないため、長期的に糸の露出のリスクを減らすことができます。 ただし、二重の連結が弱くなるため、少し戻りやすさのリスクが出てきます。 以上、埋没法を選ぶ際の重要なポイントを解説してきました。 それでは具体的にはどのような埋没法がおすすめなのでしょうか。 多種類のメニュー数をそろえているもとび美容外科クリニックの埋没法をご参考になさってください.

次の

一体何が違う?二重整形の埋没法の種類を徹底調査

埋没法 種類

二重まぶたのプチ整形とはずばり 「埋没法」のことです! 二重まぶたを実現するための施術は、大きく分けると 「埋没法」と 「切開法」に分類できます。 埋没法はメスを使わず数十分で終わり、日帰りでできてしまうという手軽さが話題を集めています。 メスでまぶたを切る切開法に抵抗がある方でも、 埋没法はメイクの一種という感覚で受けやすく、今大変注目されています。 その気軽さが人気の埋没法ですが、一体どのような施術なのでしょうか?? 埋没法のメリット&デメリット 埋没法は専用の針と糸を用いて、まぶた表面の皮膚とまぶたの裏側の筋組織を糸で結ぶことで、二重を形成します。 メスを使わないため「切らないプチ整形」に分類される大変人気のある施術のひとつです。 糸が揺るんで二重ラインが薄くなったり、ほどけて元に戻ってしまうことがある• 糸がぽこっと膨らんで見えることがある• 永久的ではない 平均約3~5年程• まぶたの脂肪量が多い場合などは不向き 埋没法のしくみ 実際に埋没法ではどのような施術により二重まぶたが出来上がるしくみになっているのでしょうか? 埋没法は、専用の針と糸を使い、 まぶた表面の皮膚からまぶたの裏側の筋肉をぐるっと結びます。 これにより、目を開いた時に皮膚が引っ張られて折り込まれるようになるため二重になります。 この糸が切れたり緩むと、 二重のラインが消えてしまったり薄れることがあります。 さらに、まぶた表面の皮膚と、まぶたの裏側のどことを結ぶかによって名称が異なります。 瞼板法(けんばんほう) まぶたのすぐ裏にある、瞼板という組織に糸を通す方法です。 たくさんの手法が存在している埋没法ですが、値段相場はどのくらいなのでしょうか? 施術の種類ごとに最安値・最高値・平均値を出してみました。 元に戻りにくい施術や裏留めの施術は平均価格よりもかなり高めになっています。 それは、 まぶたの脂肪量が多くて厚いタイプのまぶたです。 埋没法は糸を使用して皮膚と筋組織を引っぱり二重を形成しますが、脂肪が多いと邪魔をしてしまいます。 その結果、二重がうまく出なかったり、糸の緩みや取れる原因につながります。 そのため、まぶたの脂肪が多めの方が埋没法を検討する場合は、 多めの点数で留めたり、元に戻りにくい埋没法が良いかもしれません。 また、 脂肪を除去する脱脂法や、まぶたをメスで切って確実な二重を形成する切開法を選ぶ方もいるようです。 まぶたの脂肪が多いかな?と思った方は、医師とのカウンセリングで相談してみてくださいね。 このように、 埋没法はメスを使わずに少ない負担で簡単に二重になれるプチ整形です。 上記でもご紹介したように、埋没法の種類はとてもたくさんあり、クリニックごとにちょっとずつ内容が異なります。 たくさんの種類の中から自分に合った施術を見つけるのは難しいかもしれませんが、 種類が多いということは、それだけたくさんの方から需要があるということですので、自分に合った施術がきっと見つかります! じっくり比較して検討をしてみてくださいね! 当サイトでは、実際に 美容外科の医師へ二重プチ整形について取材を行い、皆さんの疑問や不安を解消すべく様々な質問をさせていただきました。 取材にご協力いただいたのは、東京美容外科の先生です。 取材ページでは埋没法について詳しく触れていますので、ぜひご参考にしてください。

次の