グラン エース。 この巨体! グランエースは20インチ&ローダウン、フェイスメイクで十分すぎるインパクト!

グランエース

グラン エース

主な特長• 「圧倒的な存在感と高級感」を 実現した 外形スタイル 金属調加飾の大型ラジエーターグリルをヘッドランプと融合させ、上下、左右方向に張り出させることで、華やかかつ、押し出しの強いフロントフェイスを実現。 グリルと連続しヘッドランプに突き刺さる特徴的なLEDデイタイムランニングランプ *6とクロム加飾フレームで一括りにしたプロジェクター式2眼LEDヘッドランプが高級車に相応しい先進性を表現• 「上質」で「華やか」な コックピット空間 ブラックを基調としたインストルメントパネルは、空調吹き出し部に金属調加飾、助手席正面に木目調加飾を配して華やかさを演出。 またメーターフードには、表皮巻きと本ステッチを施し上質さを表現• 磨き抜かれた高い基本性能• FRレイアウトを採用。 1GD 2. 8Lクリーンディーゼルエンジンと6速オートマチックトランスミッションを搭載し、滑らかさに加え低回転からトルクフルな走行を実現• リヤの足回りには新開発トレーリングリンク車軸式リヤサスペンションを採用。 環状骨格構造採用などボディ剛性の高さと相まって、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現• 徹底した振動、遮音対策などによって、様々な道路環境においても高級ワゴンにふさわしい心地よい静粛性を追求• 充実の先進装備• 歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を装備• 駐車場など低速走行時における衝突緩和、被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]などの安全・安心をサポートする装備も充実• 先進のディスプレイオーディオ(DA)を装備。 SDL *7などのスマートフォン連携機能 *8によって、スマートフォンで普段利用している地図アプリや音楽アプリなどをディスプレイ上で表示・操作が可能.

次の

全長5.3mの巨大高級ワゴン、トヨタ 新型「グランエース」発売

グラン エース

存在感抜群のアルファードが小さく見える!? 威風堂々、大型ミニバン「グランエース」発進! ド迫力の高級ミニバンは、アルファードを越えたか。 トヨタは人気のLサイズミニバンとしてアルファード/ヴェルファイアを用意するが、さらに大型のグランエースも2019年12月に加わった。 実車を試乗会場で見ると、全長は5300mm、全幅は1970mm、全高も1990mmに達するから、隣に駐車するアルファードがヴォクシーのように小さく見えるくらい大きい。 トヨタが明らかにした初期受注台数は、発売から2020年1月末までの約1か月間で950台。 これは年間の販売計画台数(600台)を大幅に上回るなど反響もまずまずだ。 大型ミニバンのアルファードに対して全長で350mm、全幅で120mmさらに大きいグランエース。 写真は6人乗りの「プレミアム」。 外観上はグレード間の差異はほぼない 新型グランエースのシャシーは、海外版ハイエースをベースに、リアサスペンションのリーフスプリングをコイル式に変更している。 モノコック構造で、後輪駆動を採用。 床面は後輪駆動システムや燃料タンクをカバーできる位置まで高められ、前後方向の骨格も真っ直ぐに通したから、スライドドア部分の床面地上高は645mmに達した。 ヴォクシー系3姉妹車の380mm、アルヴェルの435mmに比べて大幅に高く、サイドステップを介して乗り降りする。 高齢者や子供のいる家庭では、乗降性に注意したい。 車内に入って運転席に座ると、周囲の車両を見降ろす感覚だ。 ウインドウの下端を低めに抑えたから、前方と右方向の視界は良い。 着座位置が高いので、左側面の死角は大きいから注意したい。 インパネ周辺の質感は、アルファードには負けるが悪くない。 操作量の大きなATレバー、運転席の左側に配置されたレバー式パーキングブレーキは、商用車をベースにしたことを実感させる。 目玉の「3列6人乗り」豪華仕様はどうか? 超重量級かつ商用車ベースとは思えないフットワークをみせるグランエース。 豪華仕様の「プレミアム」以外に写真の「G」(8人乗り)も用意する グレードは6人乗りの「プレミアム」(3列シート/650万円)と8人乗りの「G」(4列シート/620万円)を用意した。 販売総数の70%を占める「プレミアム」は、2/3列目にアルファードと基本部分を共通化したエグゼクティブパワーシートを装着する。 この2列目は両側に固定されたアームレストを備えて見栄えは豪華だ。 やや腰が下がって膝の持ち上がる座り方だが、ボリューム感があって快適に座れる。 3列目にも同じシートを採用した。 3列目を後端までスライドさせて身長170cmの大人が多人数乗車した場合、2/3列目に座る乗員の膝先空間は握りコブシ5つ分と広い。 膝から先を支えるオットマンも電動で持ち上がり、6名全員が快適に移動できる。 グランエース「プレミアム」の2列目シート。 3列目にスペースを残した状態でも足元は広々 ちなみにアルヴェルなどを含めて、オットマンを大きく持ち上げて背もたれを倒すと、寝そべった姿勢で乗車することも可能だ。 この状態で前面衝突した時の安全性を開発者に尋ねると、「通常の乗車姿勢に比べて、シートベルトが正確に機能しない場合が考えられる」という。 オットマンが大きく持ち上がると、背もたれまで寝かせる乗車姿勢を誘発してしまう。 せめて取扱説明書には、寝た姿勢で移動すると危険が伴うことを明記すべきだ。 8人乗り4列目シート仕様でも快適に移動できる? 「G」は、2人掛けの4列で乗車定員は8名。 2列目は「プレミアム」と同じエグゼクティブパワーシートだが、3列目はリラックスキャプテンシートだ。 この3列目は、ヴォクシー系3姉妹車の2列目をベースにしたから、オットマンは装着されない。 2列目に比べて豪華さは見劣りするが、シートサイズは充分にあり、着座位置も適度で快適だ。 4列目は、座面を持ち上げて前方にスライドさせる方式になる。 アルファードの3列目に装着される左右跳ね上げ式に比べると、畳んだ時の荷室奥行は広げにくいが、座り心地は良い。 グランエース「G」の2~4列目シート。 1列増えたぶんだけ、やはりシートピッチは狭め。 最後列の4列目はベンチシートながら2人掛け ちなみにアルファード左右跳ね上げ式は、小さく畳める半面、柔軟性が乏しく座り心地も悪い。 床と座面の間隔も足りず、座面の角度は水平に近いから、足を前方へ投げ出す姿勢を強いられる。 これに比べるとグランエース「G」の4列目は、着座位置が適度で座面の前側も少し持ち上げたから着座姿勢も良い。 柔軟性を含めて相応に快適だ。 4列のシートを備えた「G」も、車内の広さは3列の「プレミアム」と同じだから、1人当たりの足元空間は狭い。 身長170cmの大人が多人数乗車した場合、プレミアムの膝先には握りコブシ5つ分の余裕があるのに、「G」では1つ分になる。 床と座面の間隔が充分にあって着座姿勢も良く、前側のシートの下に足が収まって意外に窮屈ではないが、乗車時には各シートの間隔を正確に調節せねばならない。 また、8人で乗ると、乗降性は普通のミニバン以上に悪い。 「G」ではフル乗車時に事故が生じた時のことを考えると、リアゲートを内側から開ける工夫も必要だろう。 肝の乗り心地はハイエースベースとは思えない快適さ シャシー、足回りをきっちり作り込んだだけあって、乗り心地も良好。 開発関係者は「ベンツVクラスにも負けない」と胸を張る エンジンは、直列4気筒2. 8Lクリーンディーゼルターボで、1500回転以下でもターボ車にありがちな駆動力の低下が少ない。 3900回転付近まで滑らかに吹き上がり、車両重量が2700kgを超えるボディでもパワー不足を感じにくい。 ノイズや振動も抑えられ、特に「プレミアム」は合わせガラスも装着されて一層静かだ。 注目は乗り心地で、商用車がベースとは思えないほど快適だ。 ボディやステアリングの支持剛性は商用車も含めて高められ、グランエースはリアサスペンションの形状変更と併せて取り付け剛性も向上させた。 足まわりから床面に伝わる振動も小さい。 商用車仕様では車両総重量が3800kgに達する場合もあるから、ボディ剛性も高く、グランエースの車両重量も2700kgを超えた。 それだけに乗り心地に重厚感があり、快適性を高めた。 ボディが重い割に、減速した時の前輪側の沈み込みや後輪側の浮き上がりも小さい。 乗り心地は総じて快適だが、低速域で路上のデコボコを伝えやすい。 グランエースのタイヤサイズは、最小回転半径を5. 6mに抑える目的もあり17インチの235/60R17だ。 指定空気圧はボディが重いこともあって前輪が300kPa、後輪は350kPaに達する。 この振動を抑えれば、ミニバンのセンチュリーと呼べるクルマになる。 グランエースはアルファードを越える高級ミニバンか 2020年1月に中国で価格が発表されたレクサス LM。 アルファードのレクサス版で約2345万円(日本円換算)。 こちらも最高級ミニバンのひとつだ 主力となる「プレミアム」の特徴は、6名全員が快適に移動できることだ。 アルファード/ヴェルファイアは、車内が広くミニバンでは多人数乗車が快適とされるが、先に述べた通り3列目は座り心地が悪く、足を前側へ投げ出す姿勢になる。 快適な2列目に比べると、3列目は折り畳んで荷室として使う機能を優先させた。 つまり、5名以上で快適に移動するには、2台のクルマが必要になる。 この室内の作りは、中国で売られるアルヴェルをベースにしたレクサス LMも基本的に同じだ。 LMには3列目をはずして2列目をさらに豪華に仕上げた2列シートの4人乗りも用意され、3列目の座り心地には重点を置いていない。 その点でグランエースなら、6名全員が快適に移動できる。 3列目の快適性も2列目と同等だから、4名にVIPの待遇を与えられる。 これなら2台に分乗する必要はなく、1台で済むから合理的だ。 特に長距離を多人数で頻繁に移動する用途にはピッタリだろう。 例えば東京と名古屋を6名で往復する場合、新幹線の普通・指定席は合計約14万円を要する。 グランエースなら高速道路の通行料金が約1万5000円(ETC利用)、軽油価格はWLTCモード燃費で計算して800kmを走ると約1万円だ。 合計2万5000円で往復できる。 このような計算が成り立つのは、今のところ日本車ではグランエースのみだ。 荷物を積むためではなく、多人数で快適に乗車するためにミニバンが欲しいユーザーにとって、ボディは相当大柄になるものの、グランエース「プレミアム」は魅力的なクルマになるだろう。 逆に4名で乗車して荷物を積む用途には、従来のミニバンの方が使いやすく選択肢も豊富だ。

次の

トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 胸がざわつく

グラン エース

存在感抜群のアルファードが小さく見える!? 威風堂々、大型ミニバン「グランエース」発進! ド迫力の高級ミニバンは、アルファードを越えたか。 トヨタは人気のLサイズミニバンとしてアルファード/ヴェルファイアを用意するが、さらに大型のグランエースも2019年12月に加わった。 実車を試乗会場で見ると、全長は5300mm、全幅は1970mm、全高も1990mmに達するから、隣に駐車するアルファードがヴォクシーのように小さく見えるくらい大きい。 トヨタが明らかにした初期受注台数は、発売から2020年1月末までの約1か月間で950台。 これは年間の販売計画台数(600台)を大幅に上回るなど反響もまずまずだ。 大型ミニバンのアルファードに対して全長で350mm、全幅で120mmさらに大きいグランエース。 写真は6人乗りの「プレミアム」。 外観上はグレード間の差異はほぼない 新型グランエースのシャシーは、海外版ハイエースをベースに、リアサスペンションのリーフスプリングをコイル式に変更している。 モノコック構造で、後輪駆動を採用。 床面は後輪駆動システムや燃料タンクをカバーできる位置まで高められ、前後方向の骨格も真っ直ぐに通したから、スライドドア部分の床面地上高は645mmに達した。 ヴォクシー系3姉妹車の380mm、アルヴェルの435mmに比べて大幅に高く、サイドステップを介して乗り降りする。 高齢者や子供のいる家庭では、乗降性に注意したい。 車内に入って運転席に座ると、周囲の車両を見降ろす感覚だ。 ウインドウの下端を低めに抑えたから、前方と右方向の視界は良い。 着座位置が高いので、左側面の死角は大きいから注意したい。 インパネ周辺の質感は、アルファードには負けるが悪くない。 操作量の大きなATレバー、運転席の左側に配置されたレバー式パーキングブレーキは、商用車をベースにしたことを実感させる。 目玉の「3列6人乗り」豪華仕様はどうか? 超重量級かつ商用車ベースとは思えないフットワークをみせるグランエース。 豪華仕様の「プレミアム」以外に写真の「G」(8人乗り)も用意する グレードは6人乗りの「プレミアム」(3列シート/650万円)と8人乗りの「G」(4列シート/620万円)を用意した。 販売総数の70%を占める「プレミアム」は、2/3列目にアルファードと基本部分を共通化したエグゼクティブパワーシートを装着する。 この2列目は両側に固定されたアームレストを備えて見栄えは豪華だ。 やや腰が下がって膝の持ち上がる座り方だが、ボリューム感があって快適に座れる。 3列目にも同じシートを採用した。 3列目を後端までスライドさせて身長170cmの大人が多人数乗車した場合、2/3列目に座る乗員の膝先空間は握りコブシ5つ分と広い。 膝から先を支えるオットマンも電動で持ち上がり、6名全員が快適に移動できる。 グランエース「プレミアム」の2列目シート。 3列目にスペースを残した状態でも足元は広々 ちなみにアルヴェルなどを含めて、オットマンを大きく持ち上げて背もたれを倒すと、寝そべった姿勢で乗車することも可能だ。 この状態で前面衝突した時の安全性を開発者に尋ねると、「通常の乗車姿勢に比べて、シートベルトが正確に機能しない場合が考えられる」という。 オットマンが大きく持ち上がると、背もたれまで寝かせる乗車姿勢を誘発してしまう。 せめて取扱説明書には、寝た姿勢で移動すると危険が伴うことを明記すべきだ。 8人乗り4列目シート仕様でも快適に移動できる? 「G」は、2人掛けの4列で乗車定員は8名。 2列目は「プレミアム」と同じエグゼクティブパワーシートだが、3列目はリラックスキャプテンシートだ。 この3列目は、ヴォクシー系3姉妹車の2列目をベースにしたから、オットマンは装着されない。 2列目に比べて豪華さは見劣りするが、シートサイズは充分にあり、着座位置も適度で快適だ。 4列目は、座面を持ち上げて前方にスライドさせる方式になる。 アルファードの3列目に装着される左右跳ね上げ式に比べると、畳んだ時の荷室奥行は広げにくいが、座り心地は良い。 グランエース「G」の2~4列目シート。 1列増えたぶんだけ、やはりシートピッチは狭め。 最後列の4列目はベンチシートながら2人掛け ちなみにアルファード左右跳ね上げ式は、小さく畳める半面、柔軟性が乏しく座り心地も悪い。 床と座面の間隔も足りず、座面の角度は水平に近いから、足を前方へ投げ出す姿勢を強いられる。 これに比べるとグランエース「G」の4列目は、着座位置が適度で座面の前側も少し持ち上げたから着座姿勢も良い。 柔軟性を含めて相応に快適だ。 4列のシートを備えた「G」も、車内の広さは3列の「プレミアム」と同じだから、1人当たりの足元空間は狭い。 身長170cmの大人が多人数乗車した場合、プレミアムの膝先には握りコブシ5つ分の余裕があるのに、「G」では1つ分になる。 床と座面の間隔が充分にあって着座姿勢も良く、前側のシートの下に足が収まって意外に窮屈ではないが、乗車時には各シートの間隔を正確に調節せねばならない。 また、8人で乗ると、乗降性は普通のミニバン以上に悪い。 「G」ではフル乗車時に事故が生じた時のことを考えると、リアゲートを内側から開ける工夫も必要だろう。 肝の乗り心地はハイエースベースとは思えない快適さ シャシー、足回りをきっちり作り込んだだけあって、乗り心地も良好。 開発関係者は「ベンツVクラスにも負けない」と胸を張る エンジンは、直列4気筒2. 8Lクリーンディーゼルターボで、1500回転以下でもターボ車にありがちな駆動力の低下が少ない。 3900回転付近まで滑らかに吹き上がり、車両重量が2700kgを超えるボディでもパワー不足を感じにくい。 ノイズや振動も抑えられ、特に「プレミアム」は合わせガラスも装着されて一層静かだ。 注目は乗り心地で、商用車がベースとは思えないほど快適だ。 ボディやステアリングの支持剛性は商用車も含めて高められ、グランエースはリアサスペンションの形状変更と併せて取り付け剛性も向上させた。 足まわりから床面に伝わる振動も小さい。 商用車仕様では車両総重量が3800kgに達する場合もあるから、ボディ剛性も高く、グランエースの車両重量も2700kgを超えた。 それだけに乗り心地に重厚感があり、快適性を高めた。 ボディが重い割に、減速した時の前輪側の沈み込みや後輪側の浮き上がりも小さい。 乗り心地は総じて快適だが、低速域で路上のデコボコを伝えやすい。 グランエースのタイヤサイズは、最小回転半径を5. 6mに抑える目的もあり17インチの235/60R17だ。 指定空気圧はボディが重いこともあって前輪が300kPa、後輪は350kPaに達する。 この振動を抑えれば、ミニバンのセンチュリーと呼べるクルマになる。 グランエースはアルファードを越える高級ミニバンか 2020年1月に中国で価格が発表されたレクサス LM。 アルファードのレクサス版で約2345万円(日本円換算)。 こちらも最高級ミニバンのひとつだ 主力となる「プレミアム」の特徴は、6名全員が快適に移動できることだ。 アルファード/ヴェルファイアは、車内が広くミニバンでは多人数乗車が快適とされるが、先に述べた通り3列目は座り心地が悪く、足を前側へ投げ出す姿勢になる。 快適な2列目に比べると、3列目は折り畳んで荷室として使う機能を優先させた。 つまり、5名以上で快適に移動するには、2台のクルマが必要になる。 この室内の作りは、中国で売られるアルヴェルをベースにしたレクサス LMも基本的に同じだ。 LMには3列目をはずして2列目をさらに豪華に仕上げた2列シートの4人乗りも用意され、3列目の座り心地には重点を置いていない。 その点でグランエースなら、6名全員が快適に移動できる。 3列目の快適性も2列目と同等だから、4名にVIPの待遇を与えられる。 これなら2台に分乗する必要はなく、1台で済むから合理的だ。 特に長距離を多人数で頻繁に移動する用途にはピッタリだろう。 例えば東京と名古屋を6名で往復する場合、新幹線の普通・指定席は合計約14万円を要する。 グランエースなら高速道路の通行料金が約1万5000円(ETC利用)、軽油価格はWLTCモード燃費で計算して800kmを走ると約1万円だ。 合計2万5000円で往復できる。 このような計算が成り立つのは、今のところ日本車ではグランエースのみだ。 荷物を積むためではなく、多人数で快適に乗車するためにミニバンが欲しいユーザーにとって、ボディは相当大柄になるものの、グランエース「プレミアム」は魅力的なクルマになるだろう。 逆に4名で乗車して荷物を積む用途には、従来のミニバンの方が使いやすく選択肢も豊富だ。

次の