雑記ブログとは。 雑記ブログ作成で参考になる人気サイトランキング!初心者未経験者必見です!

【シンプル】雑記ブログでオシャレなブログ名のつけ方|3つのコツとは?

雑記ブログとは

雑記ブログは特化型ブログに対して、「稼げない」と言われています。 確かにPVで換算すると、特化型より収益率は悪いです。 しかし雑記ブログで稼いでいる人はたくさんいます。 稼ぎ方が特化型ブログと違うだけであって、「稼げない」という訳ではありません。 スポンサードリンク 目次 1,始めに ブログをやるなら、最初に ジャンルを絞らなければいけません。 自分が得意な分野は何なのか?興味がある、または勉強したい分野は何だろう?? 得意なジャンルがあればいいですが、そういった得意ジャンルがない人の方が実際多いです。 その場合は「雑記ブログ」にたどり着きます。 雑記ブログは好きなことをジャンル問わず書くことが出来て、継続して続け易いです。 例えば「金融」とブログジャンルを絞ったら、金融について書くことがどれくらいありますか?勉強し続けられれば書き続けますが、結構大変です。 ブログを書く前に下調べをしなければいけなくなるので、時間が倍以上は掛かります。 雑記ブログであれば普段インプットした知識を、自分の言葉でブログに書き続ければいいだけです。 ニュースから得た知識やテレビ、本、インターネットなど。 普通に生活していれば何らかの情報は入ってくるので、それをジャンル問わず記事にすればいいのです。 とっても簡単そうじゃないですか? 2,雑記ブログはキャラが大事 雑記ブログでは 「キャラ作り」が武器になります。 雑記ブログはジャンルが絞られていない分、回遊性が低くなります。 例えば保険について知りたくて、保険のブログにたどり着いたとします。 そこで有益な情報を得ることが出来たら、別のページを閲覧したり、ブックマークする可能性は高いですよね? しかし雑記ブログであれば、仮に有益な情報を得たとしても、情報のジャンルが定まっていないので、他のページを見ようとも思いません。 こういった時にファンを作るには、自分自身のキャラを作ることです。 記事の中身というよりは、 「この人が書いているからブログをチェックする」というような状態を作り上げましょう。 芸能人とまではいきませんが、それに近い感覚です。 ユーチューバーではそういった戦略でアクセス数を稼ぐ人が多いですね。 スポンサードリンク 3,PVを集め易いのが雑記ブログの武器 雑記ブログはジャンル問わず記事を量産できます。 ですので特化型ブログに対して、アクセス数を集め易いのが特徴です。 記事を書く時のキーワード選定が幅広くなり、たくさんのワードでユーザーを集めることが出来ます。 これが雑記ブログの最大のメリットだと言えます。 仮に同じ人がブログを更新していても、特化型と比べて 何倍~何十倍とPV数は多くなるはずです。 雑記ブログを書く時は、日記のようなものを書いている人もいますが、それは「キャラ作り」ができてからにしましょう。 それまではとりあえず、検索が多そうなキーワードに絞って、集中的に記事を書くことです。 そこからアクセス数が生まれ、その中の一部の人がファンになっていきます。 それを繰り返すことで、雑記ブログのアクセスは一気に上がります。 4,雑記ブログではアフィリエイトはできない? 雑記ブログはアフィリエイトが出来ないと思っている方もいます。 しかしそれは間違いです。 雑記ブログによくあるのは、 「アドセンスに頼りすぎている」ことですね。 アドセンスは確かにPV数が多ければ比例して、売上が上がっていきます。 そこに大した技術は必要なく、クリックが取れる場所にアドセンス広告を貼るだけでいいだけです。 もし雑記ブログで「大きく稼ぎたい!」と思っているのであれば、必ずアフィリエイトを行いましょう。 アフィリエイトはアドセンスのように、PV数と比例して売上が上がるほど甘くありません。 しかしアフィリエイトを上手く活用することができれば、特化型ブログのような売上を作ることも可能です。 1つのページで完結させる 特化型ブログであれば、すべてのページに共通させてアフィリエイトバナーを貼っておけばいいです。 ジャンルが絞られており、繋がりのある広告であれば成約するはずです。 しかし雑記ブログではページごとにジャンルが違うので、1つのページでアフィリエイトを行う必要があります。 ジャンルが違うほかのページに広告を貼っても、成約率は ほぼ0だと思っておいてください。 1つのページで集客して広告の成約まで行うので、強いアフィリエイトページを作ることになります。 まずそのページが グーグルで上位表示されていなければいけません。 ブログのページ内で回遊していきたユーザーは、ジャンルが違うページからの回遊なので成約しづらいです。 しかしアフィリエイトを行うキーワードを決め、グーグルの検索から流入してきたユーザーは成約しやすいユーザーです。 そこを狙ってアフィリエイトするのが、雑記ブログで稼ぐ唯一の方法です。 アクセスが見込めるビッグワードで上位表示させる 2. ランディングページでアフィリエイト広告を成約させる アフィリエイトページを増やす 後は1つのページで成約させられるページを、無数に増やすだけです。 でもいいし、 でもいいので、狙ったキーワードと関連性の高い広告を貼って、そのキーワードで上位表示させましょう。 上位表示させれるページが増えれば増えるほど、収益は上がっていきます。 売り込みすぎはダメ アフィリエイトページの増やしすぎはよくありません。 なぜかというと雑記ブログの場合は「ファン」が逃げてしまいます。 毎回ブログの更新が売り込みでしたらどう思いますか?普通だったらもう見なくなってしまいますよね。 理想は記事の5回に一回程度アフィリエイト記事を作りましょう。 さらにこのページは上位表示を狙わなければいけないので、普段の記事の数倍中身のあるものにしなければいけません。 毎回こんな記事を書くほうが辛いので自然とアフィリエイトページは少なくなると思います。 5,やっぱりグーグルアドセンス 雑記ブログの稼ぎ方の王道は 「グーグルアドセンス広告」です。 PV数の増加と比例して収益が上がるので、とても助かります。 アフィリエイトは記事の書き方や技術面も重要なので、最初は稼げませんからね。 雑記ブログであればグーグルアドセンスはやっておきましょう。 仮にアフィリエイトページが上手く作れなくても、アクセスを伸ばせばある程度の収入にはなります。 6,特化型ブログがアフィリエイトに強い理由 なぜ特化型ブログがアフィリエイトに強いか知っていますか?それは どのページから入ってきたユーザーも成約する可能性が高いからです。 雑記ブログであれば、1つのページで集客~成約まで行わなければいけません。 しかし特化ブログはジャンルが絞り込まれているため、どのページから入ってきてもそのユーザーは、広告を成約させる可能性が高いんです。 ですので実質下記のようになります。 雑記ブログ・・・1つのページでの集客 特化型ブログ・・・全ページでの集客 雑記ブログは別のページからのアフィリエイト広告成約はありません。 これが特化型ブログがアフィリエイトに強いと言われる理由です。 7,まとめ 雑記ブログでもアフィリエイトは出来ます。 しかしその場合は特化型と違い、グーグルの検索結果でビッグワード表示させる必要があります。 これがとっても難しく気合を入れて、ページ作りをしなくてはいけません。 特化型にも共通して言えますが、「 1つのページからの成約が売上の大半を占める」アフィリエイトブログも複数存在します。 それはそのページが狙ったビッグワードで上位表示できて、そこから関連性のある広告を成約できているからです。 そう考えると1つのページを上位表示させるだけなので、雑記ブログも特化型ブログも関係ない気がしませんか?「ジャンルが特化しているブログは上位表示されやすい」など言われていますが、強いブログは正直どんなワードでも上位表示してしまいます。

次の

ブログ運営の最短ルート!雑記ブログから始めて特化ブログで稼ぐ7ステップ

雑記ブログとは

ひと目見て覚えられるインパクトの強いタイトル• エゴサーチしやすいオリジナルなタイトル• 覚えやすく、指名検索しやすいタイトル ただ!一点だけ注意しておくべきなのは、本格的にアクセス・収益を伸ばしたい場合、ブログの作り込みに加えて 「SNSからの流入」が必須となってくる点。 雑記ブログとSNSは相性がいいので積極的に運用すべきですが、このとき 「覚えられやすいタイトル」「オリジナルなタイトル」ほど、SNSでシェアされやすくなります。 ブログ運営では「どんな記事がシェアされているか?シェアしてくれているアカウントはどんな人物が運用しているか?」を調査するのに必須の作業となっています。 特に良いタイトルだな〜と思うブログは下記の3つ。 今夜はヒトデ祭りだぞ!• まだ東京で消耗してるの?• Gori. me 下記ブログタイトルに共通する点は、 「独自のタイトルであること」「インパクトが強いこと」「一度見ればすぐに覚えられること」の3点ですね。 「雑記ブロガー」という枠では、おそらく最も有名なヒトデさん。 彼を参考にして「ブログを始めよう!」と思った人も多いはず。 ブログタイトルをひと目見て 「え?ヒトデ祭りってなに?」とインパクトに残ることは間違いなく、実際に「ブログ ヒトデ」などで検索する人も多いよう。 SNSでも「ひとで」という名前で完全に名前が定着しているし、単体で検索すると生物のヒトデの次に表示されます。 もちろん、ブログやSNSでの活動があって初めて発信力を身につけられるので、天才的なブログ名をつけたところでいきなりアクセスが増えるわけではありません。 ただ、普通に「ヒトデブログ」とつけるよりは印象に残るので、 それっぽい、印象に残るタイトルをつけると少しでも拡散力が広まるきっかけになるかも。 ブロガーなら知らない人はいない、「イケダハヤト氏」が運営するブログ。 タイトルのメッセージ性の強さはブログ界隈でも一二を争うほど。 タイトルで簡潔にブログの信念やターゲットを表現しているし、 実際に東京で働く人が「まだ東京で消耗してるの?」などと見れば、印象に残ること間違いなしですね。 ただ、ブログで発信していきたいターゲットに対し 「そんな生活でええんか?」と煽るタイトルは有効だし、印象に残ることは間違いありません。 彼の場合は「東京で働いて消耗する人に対し、移住や転職という新しい道を提示する」という意味で影響力・収益ともに間違いなく成功していますよね。 炎上ビジネスの是非はともかく、 明確にターゲットが決まっているならこのようなタイトル付けはかなり有効。 雑記ブログだけでなく、特化ブログでも使えますね。 上記2名の有名ブロガーに対し、一風変わったブログ名の「Gori. me」。 ガジェットブロガーとして様々Apple製品のレビュー等を紹介されています。 ブログ名のメッセージ性はないけど、ひと目見て インパクトの強いタイトルであることは間違いなく、ドメインと全く一緒なのでそのまま検索もできるという。 もちろん、ドメインの空きがあるかは別ですが・・・。 有名ブロガーを参考にして思ったこと 雑記ブログのタイトルは適切なキーワードを設定してトップページから集客するようなことはない・・・という意味で、「ブログ名はなんでもOK」としました。 ただ、 上記3つのブログは間違いなく「ブログ名」を上手く活用して名前を覚えてもらい、拡散力アップやリピーター増加に貢献しているのは間違いありません。 人に覚えてもらうタイトルをつけるためにはかなりの時間がかかるけど、 ブログ名次第で拡散力がアップすることを考えれば、時間をかける価値はあるのかなと。 できれば、ブログ名を決めてしまう前に友人やSNSで「どんなブログ名がいいか?」という意見を聞くと、より有効なタイトルを設定できるようになるかも。 結果を出しているブログであっても、このようなタイトルを設定しているケースが多いんです。 有名どころでいうと「」さんなんかが代表的ですが、イ ンパクトは薄くとも「一発で覚えられる」ため、指名検索されやすいのが利点。 覚えられやすい点もメリットの一つですが、 「発信する内容は変わっても、タイトルを変更する必要が一切ない」のも利点の一つ。 例えば「まだ東京してるの?」は仮想通貨が流行ったとき、「まだ仮想通貨やってないの?」など頻繁にタイトル変更を繰り返していました。 検索エンジン的に、 頻繁なタイトル変更は検索順位が落ちる要因になるのでNGなんですが、自分の名前をつければタイトルを変更する理由もなくなりますよね。 「」さんが代表的ですが、このようなタイトルだと「クレジットカード」というビッグワードでトップページへの流入が期待できます。 当ブログのように「アウトドアの内容を発信する」とザックリでも方向性が決まっていればいいけど、基本的に 内容がバラバラな雑記ブログではあまり使えないかと。 最後に:ありきたり・読みにくいタイトルはNG というわけで、今回は初心者ブロガーが悩みがちな「雑記ブログのタイトル ブログ名 の決め方」について、有名ブロガーを参考にしながらまとめてみました。 特化ブログでなければ基本的になんでもOKですが、記事内で説明したように 「どこにでもあるような名前や、読みにくいタイトル」はNGです。 オリジナルなタイトルかつ、「まだ東京で消耗してるの?」のような一発で認識できて検索しやすいタイトルほど、指名検索が増えて雑記ブログの強みが活かせるかと。

次の

雑記ブログをやるなら絶対に意識すべき3つのこと

雑記ブログとは

このブログはあらゆるジャンルのテーマを扱ういわゆる「雑記ブログ」と呼ばれるものです。 何か専門的な一つのことに特化しているわけではなく、ブログ運営ノウハウ、ビジネスノウハウ、FX、音楽や映画、気になる話題などなどあらゆる話題を取り扱っています。 このような雑記ブログを運営する時に気をつけるべきことと言いますか、意識すべきことがあります。 今回はそんな雑記ブログを運営するのであれば意識すべき3つのことについてお話していきます。 おすすめ記事 雑記ブログのメリットとデメリット 雑記ブログを運営するのであれば意識すべき3つのことをお話する前に、まずは雑記ブログの特徴をしっかりと把握するためにメリットとデメリットを考察していきましょう。 雑記ブログのメリット 1. 何でも気軽に書ける 雑記ブログのメリットは何と言っても「何でも気軽に書ける」っていうことです。 書き手が気になる話題を何でもかんでも書くことができます。 なので、日常生活の全てをコンテンツ化することが可能です。 街を歩いていて気になったものを記事にしたり、ニュースを見ていて気になったことを記事にしたり、個人的に勉強になったことを記事にしたり・・・ ネタ探しにストレスがなく、記事をたくさん量産することができます。 その為、ブログを長く継続しやすくなります。 柔軟性 また、時代の変化にも即座に対応可能です。 時代の変化に合わせて扱うコンテンツもどんどん変えていける柔軟性があります。 専門ブログではこうはいきませんよね。 例えば、twitterノウハウの専門サイトを作ったとしても、数年後にtwitter自体がサービス終了してしまったら対応することはできません。 その点、雑記ブログは柔軟性が非常に高いと言えます。 幅広い読者へのアプローチが可能 たくさんのテーマを扱うので、あらゆる属性の読者へアプローチができます。 性別や年齢を問わずたくさんの人に見てもらうことが可能です。 そういった意味では間口は広いと言えます。 他のブログとの差別化がしやすい 雑記ブログはその性質上「書き手の色」が大きくでやすいです。 書いている人の趣味思考、考え方、生活などなど書き手によって取り扱うテーマも内容も大きく変わってくるため、自然と他のブログと差別化しやすくなります。 反対に専門ブログの場合は差別化が難しくなります。 例えば、健康サプリに関する特化ブログをやるとした場合、当然扱うテーマは全て健康サプリ関係となります。 そうなると、同じく健康サプリに関する他の特化ブログと比較した時に、扱うテーマはどうしても似てきてしまうのです。 そんなブログが大量にできてくれば、どんどん差別化は難しくなってくるのです。 雑記ブログのデメリット 1. 初見では何のブログかわかりにくく、回遊率が下がる あらゆるテーマを扱うため、初めてブログを訪れた読者にとっては一体何のブログなのかがわかりにくくなります。 その為、何のブログなのかよくわからないまま、他に目につく面白そうな記事がなければそのまま離脱していってしまうのです。 例えば、iPhoneに興味のある読者がiPhone関連の記事を読みに来てくれたのに、関連記事にはiPhoneとは全く関係ないご飯の記事や美容の記事があってもあまり興味は示してくれませんよね。 しかし、一定のテーマのみであれば、そのテーマに関心のある読者は他の記事などにも興味を示してくれる可能性は高くなります。 iPhoneに興味のある読者に対して、関連記事に同じくiPhone関連の記事があればそちらにも興味を示してくれて、ブログの回遊率が上がるのです。 雑記ブログでは読者のニーズを絞った記事編成ができない為、いかに「初見の人にも楽しんでもらえるか」っていうことを考えた記事づくりをしていく必要がでてきます。 まったく興味の無かった人がクリックしたくなるようなタイトルをつけたり、単純に読んでいて面白かったりする必要があるのです。 アフィリエイトでの収益化が難しい ブログの重要な収入源の一つでもあるのがアフィリエイトなどの「広告収入」です。 いかに広告をクリックしてもらえるかというのはブログから収益を上げる為にはとても大切になるのですが、雑記ブログでは読者の属性を絞りづらい分、広告の貼り方も非常に難しくなります。 iPhoneに興味のある読者だけがくることを想定しているのであれば、iPhone関連の広告を出しておけば高い反応率を得られる半面、雑記ブログの場合はiPhoneに興味のある読者だけがくるわけではないことを想定する必要がでてくるのです。 そうなると、読者に合わせた広告を表示してくれるような単価の低いアドセンス広告などを活用するしかなくなってきて、高単価のアフィリエイトは難しくなります。 なので、単純なアフィリエイト目的でブログを運営するのであれば間違いなく特化型ブログの方が収益化までの難易度は低く稼ぎやすいです。 固定ファンを獲得する為のハードルが高い 雑記ブログの場合はやはり初見では何のブログなのかがよくわかりません。 その為、そのブログのファンになってもらうには2つのハードルを越える必要がでてくるのです。 扱うテーマが面白く、読者の趣味思考に近いこと• 内容が面白く、この人の書く記事なら他も見たいと思われること この2つのハードルを越えなければなかなか固定ファンはつきません。 対して専門ブログの場合はこの2つのハードルに関しては比較的低くなります。 専門ブログの場合はそもそも趣味思考は近い人しかブログに訪れませんし、記事の内容もある程度興味のあるものしかありません。 iPhone関連の記事が100記事あったら、単純にiPhoneに興味のある読者であればすぐにそのブログのファンになりやすいですよね。 固定ファンを獲得する為にあらゆる思考錯誤が必要なのはどちらかというと雑記ブログとなるわけです。 ただ、「固定ファンがついてしまえば」強いのは雑記ブログだと思います。 雑記ブログで固定ファンになってくれるということは「書く人自体のファン」になってくれている可能性が高いからです。 書く人自体のファンになってくれると、長期的にブログを見続けてくれる可能性が高まります。 雑記ブログをやるなら絶対に意識すべき3つのこと ということで、これらのメリットデメリットを踏まえたうえで雑記ブログを運営していくにあたり意識すべき3つのことについてお話していきます。 目的を明確にしよう そもそも「なぜわざわざ雑記ブログをやるのか?」っていう所をしっかりと考える必要があります。 別にブログなんてわざわざやらなくたっていいんですよ。 それでもブログをやるっていうことは何かしらの目的があるはずなんです。 ここがぼんやりしているとなかなかブログへのモチベーションが維持できず、ブログとしてはほとんどの場合で上手くいきません。 ブログをやる目的は当然人によって違うと思います。 副業として広告収入を得るため• 自己成長のため• 自分のお店にお客さんを集客するため• マーケティングツールとして使うため• ただのアウトプットの場• 自分の思っている事を書くとスッキリするから などなど、様々な理由があると思います。 もう一度ここを明確にした上で雑記ブログの運営について改めて考えてみましょう。 で、「本当にその目的を達成させる為には雑記ブログが適しているのか?」っていうことをちゃんと考えるとビジョンが明確になると思います。 例えば、「自分自身のブランディングもしたくないし、アフィリエイト以外の手間のかかるビジネスもしたくない、けどブログからの収益をもっと増やしたい」っていうことであれば僕は雑記ブログではなく専門ブログをやるべきだと思います。 その方が読者の属性も絞れて遥かに効率的です。 でも、自己成長に繋げたいとか、自分をブランディングしたいとか、別のサービスに繋げたいとかであれば雑記ブログをやるべきだと思います。 特にアフィリエイトで稼いでいきたいと考えている人は、自分がこれからやりたいことに対して雑記ブログが適しているのかを一度考えてみましょう。 興味の無い人が見ても面白い記事やタイトルを意識しよう 雑記ブログの場合は読者の属性がバラバラです。 そんなバラバラの属性に対して、「知っている人しかわからないような記事」を書いてもなかなか興味を示してくれることはありません。 ニコンD3300のキットレンズがNIKKORレンズとして初めて沈胴機構を採用しより小型化 っていう記事タイトルは、一眼レフカメラが好きな人には響くかもしれませんが、カメラに興味の無い人にはあまり響かないですよね。 まぁキーワードの兼ね合いなどもあり難しい部分もありますが、できるだけカメラに興味の無かった人でも気になるようなタイトルにできないかを考えていくといいと思います。 女性にお勧め!ニコンの一眼レフカメラD3300のレンズが小型化されて手に持つとかなりしっくりなじむ件 みたいな感じで、多少間口を広げていくことで少しはカメラに興味がない人にもみてもらえる可能性が高まります。 今回の例では「女性にお勧め」という文言を入れてますが、ここは「ブロガーにお勧め」とかでもいいかもいしれません。 何にせよ、雑記ブログの場合は回遊率を上げる為に専門用語を並べるよりは、いかに興味を持ってもらえるタイトルをつけるかを考えていくことが大切になります。 それに、ここでクリックされやすくなるということは、検索エンジンで表示された際にもクリックされやすくなる可能性が高いので、そういった意味でも重要です。 書き手の色をだそう 雑記ブログのメリットの中でもあげましたが、雑記ブログは他のブログとの差別化がしやすいのが特徴です。 それは記事テーマを選ぶところから、コンテンツの内容まで書き手の色がもろに出やすいからです。 書き手の色というのは、情報以外の部分で差別化する為の強力な武器の一つとなります。 なので、雑記ブログをやるのであれば「最終的な評価は全て自分(もしくはブログ自体)にくる」ことを認識して、どんどん自分の色を出していくことがお勧めです。 それは雑記ブログの良い部分を伸ばすことにも繋がるからです。 これは別に本名でもペンネームでも関係ありません。 (ペンネームの場合はペンネーム自体への評価に繋がってきます) 雑記ブログをやるのであれば、自分の色を出して唯一無二のブログとして育てていきましょう。 雑記ブログをやるなら・・・ 僕個人の意見としては、雑記ブログをやるのであれば書き手のブランド価値を上げる為にやるべきだと思っています。 完全にアフィリエイトのためだけに雑記ブログをやるのは少々効率が悪いです。 雑記ブログっていうのは、言うなれば「自分専用のメディアを持つ」ということであり、そのメディアは自分自身の評価に直結します。 (顔出し、名前出しをしている人は特に) 初めて会う人には名刺代わりに自分のブログを紹介したりすることもできると思います。 「雑記ブログに広告を貼ってお小遣い稼ぎをしたい」って言う考えでも別にいいんですが、そうじゃなくて、やるならもっと大きな所を目指しましょうよっていうことです。 「自分と考え方の近い仲間を全国に作りたい」 「仕事の依頼が向こうからくるような人間になりたい」 「たくさんの人に影響を与えられる人間になりたい」 などなど、雑記ブログを続けていった先にはお金では買えないような大きな目標を考えてやっていくといい方向にいくんじゃないかな~と思います。

次の