ベートーベン 肖像画 楽譜。 ベートーベンにまつわる皆に話したくなるエピソードを紹介!

ベートーヴェンの肖像画

ベートーベン 肖像画 楽譜

「Getty Images」より 今年は ベートーヴェン生誕250周年です。 新型コロナウイルス感染症の影響により、3月中のコンサートはキャンセル続きで大きく出鼻をくじかれましたが、世界中のコンサートホールでベートーヴェンの演奏が目白押しです。 ベートーヴェンが生まれた1770年、日本は10代目将軍、徳川家治の治世です。 祖父の名君・八代目将軍吉宗は、酒色遊芸にふけるほか、一説では脳性麻痺による言語障害を持っていたともいわれる長男の九代目将軍家重よりも、孫の家治に期待して自ら帝王学や武術を教え込んだほどの入れ込みようでした。 この家治には、面白いエピソードが残っています。 幼少の頃の家治が習字の手習いをしていた時、「龍」の字を紙一杯に書いていたのですが、あまりにも伸び伸びと書きすぎて最後の点を打つ場所がなくなり、なんと紙の外の畳の上に点を打ったのです。 これを知った吉宗は、その自由で破格な家治を大いに褒めたということです。 約100年後に生まれたスペインの画家、パブロ・ピカソの絵画に、キャンバスという平面空間をはみ出してしまっている作品がたくさんありますが、このエピソードを聞いて、まさしくそれを思い出しました。 ベートーヴェンの破天荒な作曲 ところでベートーヴェンも、オーケストラというキャンバスをはみ出すことに挑戦し続けた作曲家です。 モーツァルトなどは、すべての楽器の限界の中で作曲しているのに比べて、あまりに破天荒でした。 ここで説明が必要なのですが、楽器というのは、どんな音でも出るわけではありません。 オーケストラの楽器のなかで一番高い音を演奏できるピッコロであっても、やはり高さに限界がありますし、一番低い音を出すコントラバスも、最低音があります。 モーツァルトは、作曲家として当然のことですが、出ない音は楽譜には書きませんでした。 しかし、ベートーヴェンは書いてしまうのです。 正確に言うと、実際の音符としては書かれていないのですが、たとえば、ある楽器の音の限界に達すると、まるで「本当はこの音を書きたかったけれど、楽器が音を出せないから」と恨むがごとく、代わりの音を当てはめているのです。 これは、どんな指揮者でもわかるようなあからさまなもので、驚くことに彼が楽器の進歩を予想していたかのように、現在の楽器なら演奏可能となっています。 そこで、「本当はベートーヴェンが欲しかったのはこの音だ」と考えて、楽譜に書かれていない音を演奏するのか、「やはりベートーヴェンが書いた音符は一音たりとも変えることは許されない」と、なんとなくしっくりいかないけれど、そのままにしておくのか。 ここに指揮者の悩みどころがあるのですが、ベートーヴェン以外の作曲家には、こういうことはあまりありません。 楽器が出せない音まで書こうとした、自由で破格なベートーヴェンですが、彼の私生活もめちゃくちゃかと思いきや、意外と質素倹約。 しかも、当時の最先端の財テクまで行い、着実に財産を残していたことは、2019年9月14日付記事 で書きました。 実は、ベートーヴェンが気難しく、怒ってばかりいるというイメージは、彼の難聴とともに、年齢も進んでからのことで、若いころのベートーヴェンの肖像画を見ていると、ハンサムといえるかはわかりませんが、なかなかの好青年です。 それどころか、結構女性にモテモテだったのです。 実は、彼は女性の心を射止める強い武器を持っていました。 それは、素晴らしい音楽を作曲する能力でした。

次の

ベートーヴェンの肖像画が怖い顔なのは朝飯が不味かったから | 雑学王

ベートーベン 肖像画 楽譜

「運命」や「エリーゼのために」を初めとする名曲を多数世に残し、後続する音楽人に多大な影響を与えました。 画像:Christian Horneman 肖像画に描かれるベートーベンは鋭い眼差しで、どこか人を寄せ付けない独特の雰囲気を持っています。 しかし、彼が作る曲には人間の感情を揺さぶる情熱的、悲哀的なものが多く、現在でも最も有名な作曲家のひとりとして世界中で愛されています。 また、父親のヨハンはアルコール依存症であったため、家業を早々に息子に任せるためにベートーベンに虐待にも近い音楽教育を実施しました。 画像:Kunsthistorisches Museum そのためベートーベンは音楽を憎み、嫌悪する少年に成長します。 歴史に名を刻む大音楽家のベートーベンですが、驚くべきことに若い頃は音楽が大嫌いだったのです。 しかし、嫌でも音楽に触れなければならない環境がそうさせたのか、結局ベートーベンは音楽の道で生きていくことになります。 さらに彼が17歳のときに母マリアが結核で亡くなると、父に代わってベートーベンが一家を支えることになります。 画像:Sir James,Beethoven statue ベートーベンは仕事をいくつも掛け持ちしながら父や兄弟たちのために働きました。 そのため常に苦労が絶えず、決して楽しい青春時代ではなかったようです。 稀代の天才音楽家ベートーベンは自他ともに認める苦労人だったのです。 同じく大変な幼少期を過ごした天才レオナルド・ダ・ヴィンチについては関連記事にまとめています。 彼の耳は歳を重ねるごとにどんどん悪化していき、40歳の頃には全く聞こえなくなってしまいます。 ベートーベンは耳が完全に聞こえなくなって以降も、56歳で亡くなるまで16年にわたって音楽活動を続けています。 画像:pixabay ベートーベンの難聴の原因には諸説ありますが、ベートーベンの毛髪から通常では考えられない量の鉛が検出されたことから、鉛中毒による聴覚障害だったのではないかと考えられています。 鉛中毒になった経緯も当時傷口の消毒に使用していた鉛が原因とする説から、ワインの甘味料に用いられていた酢酸鉛が体内に蓄積したという説も存在します。 彼の死後に行われた解剖では多くの内臓が正常に機能していなかったことがわかっています。 画像:pixabay 死ぬ直前のベートーベンは肺炎を患い、臓器不全のために肌が黄色く変色する黄疸の症状も出ていました。 しかし、彼の直接の死因は肝硬変であると考えられています。 生前は変人ともいわれたベートーベンでしたが、葬儀には市民人口の8%に相当する2万人が駆け付けました。 その中には同じく有名な作曲家フランツ・シューベルトの姿もあったといいます。 そのためベートーベンの初期の作風は意外にもモーツァルトのように明るく軽快なものでした。 16歳のときベートーベンは敬愛するモーツァルトの元を訪ねて自分を弟子にしてくれるように頼み込みます。 しかし、母マリアの体調が悪化したという手紙を受け取り、ベートーベンは泣く泣く故郷に帰ることになりました。 画像:Barbara Krafft その後もベートーベンはモーツァルトの弟子になることを望んでいましたが、ベートーベンが20歳のときにモーツァルトは亡くなってしまい、結局その願いが叶うことはありませんでした。 もしベートーベンがモーツァルトの元で修行していたとしたら、後世に伝わった彼の音楽は全くの別物になっていたかも知れません。 そのためモーツァルトの作曲した楽譜は書き直しの跡がなくとても綺麗な状態でした。 また、彼は会話しながらでも曲を作ることができたといわれています。 画像: これに対しベートーベンは何度も楽譜を書き直し、何度も修正を重ねて作曲していました。 彼は何度も楽譜を破り捨て、悩み苦しみながら曲を書いていたのです。 モーツァルトと違いベートーベンはスランプも多く、天才肌というよりは努力の人という言葉が合っていたようです。 彼が苦しみ抜いて作られた曲だからこそ、ベートーベンの曲は私たちの感情を激しく刺激するのかも知れません。 これは音楽家が貴族などのパトロンから資金援助を受けて生活していたことに関係しています。 画像:pixabay しかし、ベートーベンはこのような古典的形式を嫌い大衆向けに音楽を作るようになったのです。 これを機に音楽は貴族だけでなく一般市民でも楽しめるようになっていきました。 後世の音楽家もベートーベンから多大な影響を受けており、ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナーは音楽を芝居に組み込んだ「オペラ(楽劇)」を生み出しました。 こうして音楽はさらに大衆に広まるようになったのです。 リズムを視覚的に刻むメトロノームは、それまで存在をあまり知られていませんでした。 しかし、耳の不自由だったベートーベンはその価値に気付き、積極的に取り入れるようになったのです。 こうしてベートーベンが活用したメトロノームは世間で広く知られるようになりました。 画像:pixabay しかし、ベートーベンは楽譜にメトロノームの動きを表す数字を大量に書き込んでいたため、それを解釈しようとした多くの演奏家を混乱させることになりました。 世界を混乱の渦に巻き込んだドイツの独裁者アドルフ・ヒトラーについては関連記事にまとめています。 身長こそ当時の平均である165センチメートルほどでしたが肌は浅黒く、顔は若いころに患った天然痘の跡で滑らかとはいえませんでした。 肖像画も当時は本人よりもイイ男に描くのが当たり前だったため、どこまで本人に似ているかはわからないのです。 しかし、ベートーベンは快活で人懐っこい性格であり、決して女性にモテなかったわけではなかったようです。 画像:Carl Traugott Riedel むしろ若い頃はプレイボーイとしても有名でした。 ベートーベンには熱心な女性ファンも多かったといわれており、とても魅力に溢れた人物だったことがわかります。 髪は整えることなくボサボサのまま放置し、弟子には「ロビンソン・クルーソー」に例えられる始末でした。 その後、すぐに釈放されウィーン市長がベートーベンに謝罪する騒ぎになりました。 逮捕されるほど身なりに気を使わないとは何とも極端ですが、晩年のベートーベンはそれだけ音楽に全身全霊を傾けていたのかも知れません。 ベートーベンは洗濯や入浴が大好きで綺麗好きだったというのです。 また、コーヒーを飲む際には必ず豆を60粒数えてから挽いていたり、潔癖症らしく手を執拗に洗う癖もありました。 画像:pixabay しかし、部屋の片づけは全くと言っていいほどせず、生涯で60回ほど引っ越しをしています。 晩年のベートーベンは鉛中毒のために入浴すると全身が激痛に襲われていたのではないかという意見もあり、本来は綺麗好きの潔癖症だったと予想されています。 彼の師匠であったフランツ・ヨーゼフ・ハイドンから、楽譜に「ハイドンの弟子」と添えるように命じられたときには、「あなたは確かに私の師匠だが、あなたから学んだことは何もない。 」と冷たく言い放ったといわれています。 また、ベートーベンに資金援助していたパトロンのカール・アロイス・フォン・リヒノフスキー侯爵に対しては以下のような発言をしています。 「あなたが侯爵の地位にいるのはその家に生まれたからで、侯爵などこれまでいくらでもいた。 しかし、私は自身の努力によって今の地位を手にしている。 そして、これまでもこれからもベートーベンは私ひとりだけだ!」 画像:Kristupas232,L. van Bethovenas さらにドイツの大作家ゲーテと一緒にオーストリア皇后の一行に遭遇した際には、脱帽し最敬礼をしていたゲーテを横目に皇后の前を横切りました。 そして、身分の低い彼からではなく、王妃の方からベートーベンに挨拶をさせるという無礼を働いたのです。 これについてゲーテは、「ベートーベンの才能は本物だが、残念なほど自由でわがままだ。 」と語っています。 その他にもベートーベンは召使の女性に物を投げて暴力を振るうなど、頻繁に癇癪(かんしゃく)もおこしていました。 しかし、鉛中毒は精神に異常をきたすこともわかっているため、ベートーベンのこれらの言動は病気の影響だったのではないかと考えられています。 事実、落ち着いているときのベートーベンは親切で親しみやすい人柄だったといわれています。 この仮説の根拠とされているのがベートーベンが残した謎のラブレターです。 ベートーベンの死後、彼の遺品の中から恋人に向けたものとみられる3通のラブレターが見つかりました。 そして宛名は「不滅の恋人」とされていたのです。 画像:Jean Auguste Dominique Ingres 当時、ベートーベンがラブレターを送ってもおかしくない相手は複数存在していましたが、その誰もが手紙の内容には合いませんでした。 そのため、このラブレターが諜報部員としてのベートーベンの密書だったのではないかといわれるようになったのです。 ベートーベンの雇い主の候補として最も有力視されているのが、かの皇帝ナポレオン一世です。 ナポレオンは改革を推進する改革派でしたが、保守派とのあいだで問題を抱えていました。 そこで改革思想の持主であり各界に顔が利くベートーベンに情報収集を依頼したのではないかというのです。 ベートーベンは政治的思想も持ち合わせており、このような行動をとったとしても別段おかしくなかったといわれています。 ナポレオンと同じくフランスの英雄であるジャンヌ・ダルクについては関連記事にまとめています。 このエリーゼが誰なのかは現在でもわかっておらず、ベートーベンが残した謎のひとつとされています。 エリーゼの正体については現在ふたつの説が存在しています。 ひとつは当時有名だったソプラノ歌手エリザベート・レッケルです。 ベートーベンは彼女に恋をしていたことがわかっており、40歳のときに18歳のテレーゼに告白して振られています。 曲名がエリーゼとなっているのはこれがベートーベンの死後に発見された曲であり、彼の字が汚かったために発見した人が読み間違えたことが原因ではないかともいわれています。 後者の説が正しかった場合、この名曲の本当の名前はエリーゼのためにではなく、「テレーゼのために」だったということになるのです。 ベートーベンの名曲のひとつに年末に歌われることで有名な「第九(交響曲第9番)」があります。 この第九の歌詞には天使や悪魔、神などが登場し、ところどころでフリーメイソンやイルミナティの思想を思わせる描写が存在するのです。 また、交響曲第3番『英雄』でも、変ホ長調や三拍子の強調などフリーメイソンの曲にみられる特徴が確認できるといいます。 画像:Ignaz Unterberger ベートーベンの憧れたモーツァルトはフリーメイソンだったことでも有名であり、組織のために曲も作っています。 また、スパイ説で登場した雇い主のナポレオンもフレーメイソンを利用していたといわれており、彼の親族の多くはフリーメイソンでした。 これらのことからベートーベンがフリーメイソンだったとしても何ら不思議ではないといわれています。 フリーメイソンとイルミナティについては関連記事でもまとめています。 ここではベートーベンの格言の中でも特に有名なものをご紹介します。 苦しみながら名作を世に残したベートーベンらしい言葉ですね。 そして女の目から 涙を引き出すものでなければならない。 これが真に賞賛すべき 卓越した人物の証拠である。 出典参考: 画像:Karl Joseph Stieler いかがでしたか?天才音楽家ベートーベンについてご紹介しました。 苦悩と絶望の中を生き抜いた彼の曲だからこそ、200年経った今もなお世界中で愛され続けているのかも知れません。 地球にはまだまだロマンが溢れています。

次の

ベートーヴェンとはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

ベートーベン 肖像画 楽譜

』 放課後の怪談シリーズ 教室を元に戻せ! 逆襲 の ベートーベン だ・・・誰かに 監視されてる・・・!!! 放課後の怪談シリーズ 教室を元に戻せ!逆襲のベートーベン 教室を元に戻せ! 逆襲のベートーベン 学校の怪談として定番の、恐怖の音楽室がスリル満点のアクションバランスゲームになって登場!机や楽器などさまざまな物がバラバラに散らかってしまった音楽室を、ベートーベンの監視を掻い潜りながらもとに戻そう! ピアノの音で指示される場所に 机や楽器を戻そう! 手番がきたらカードを1枚引き、カードに描かれた音楽室の備品(音楽室パーツ)をを手に取り、鍵盤ボタンをPUSH!ランダムに流れてくる音階(ド〜シ)で指示される場所に、カーテンの間からパーツを置いていきます。 カーテンの向かいには、怪しげなベートーベンの肖像画があり不用意にパーツを置こうとすると・・・ 「そこでなにしている!! 』 放課後の怪談シリーズ 教室を元に戻せ! 逆襲 の ベートーベン 学校の怪談として定番の,恐怖の音楽室がスリル満点のアクションバランスゲームになって登場! 机や楽器などさまざまな物がバラバラに散らかってしまった音楽室を,ベートーベンの監視を掻い潜りながらもとに戻そう! 手番がきたらカードを1枚引き,カードに描かれた音楽室の備品 音楽室パーツ をを手に取り,鍵盤ボタンをPUSH! ランダムに流れてくる音階 ド〜シ で指示される場所に,カーテンの間からパーツを置いていきます. カーテンの向かいには,怪しげなベートーベンの肖像画があり不用意にパーツを置こうとするとベートーベンに見つかってしまうと音楽室が激しく揺れて,あらゆる物が吹き飛ぶ大パニックに!! 又、納品書等につきましては、ご購入者とお届け先が違う場合、金額の入った納品書はお送り致しておりません。 必要な場合は別途郵便代84円が必要です。 但し開封後の返品はご遠慮ください。 返送料はお客様でご負担下さい。 (但しページ上にキャンセル不可と記載されている商品は除きます)返金に際しての振込み手数料はお客様負担となります。 後払いの場合、当店からの発送に際して発生した送料・支払手数料を請求いたします。 製造メーカーよりただちに対応をさせて頂きます。 【ラッピングサービスについてのお知らせ】 長らくご利用頂いておりましたラッピングサービスにつきまして、当店ではお客様にご満足いただけるよう日々努力を重ねて参りましたが、資材費用の高騰等、諸般の事由により、誠に遺憾ながらラッピングサービスを終了させていただくこととなりました。 何卒ご理解を賜りますよう心よりお願い申し上げます。 大変申し訳ございません。

次の