浦島坂田船 結成理由。 浦島坂田船メンバー4人の顔画像や本名は?経歴や年齢・動画や彼女についても調査!|AgaLog

【詳細】浦島坂田船のメンバー4人のプロフィールまとめ!本名・年齢・顔公開は??

浦島坂田船 結成理由

ニコニコ動画出身の歌い手グループ 『浦島坂田船』とは、ニコニコ動画出身の歌い手グループです。 元は各々でニコニコ生放送の生主として声優さんの真似をする声真似主として活動。 声真似同士で作品コラボなどをして、その繋がりで『浦島坂田船』を結成。 名前の由来は各メンバーの頭文字2文字を取ったもの。 生主活動の歌い手としても活動を始め、徐々に人気を博し、そのままメジャーデビューという流れです。 今や大人気の『浦島坂田船』ですが、どのようなメンバーなのか詳しく解説していきます。 浦島坂田船のメンバープロフィール 『浦島坂田船』のメンバープロフィールを1人ずつ詳しく解説していきます。 うらたぬき 浦田 わたる プロフィール 本名 高橋 渉 性別 出生地 ・ 生年月日 (30歳) 血液型 身長 162. 5 職業 、 事務所 公式サイト Wikipediaより引用 情報を深堀していきます。 あだ名 うらたん ファンの総称 こたぬき 演技力 歌唱力 『浦島坂田船』のリーダーでもあるうらたぬきさん。 本業で声優をやっているだけあって、演技はさすがです。 歌も上手ではありませんでしたが、最近の成長っぷりがすごく、歌唱力も上がってきています。 うらたぬきさん、志麻さんは『浦島坂田船』の中で年上なので、ここ2人のコラボを年上組と呼ばれたりもします。 志麻 志麻 プロフィール 愛称 志麻さん 志麻くん まーしぃ 性別 出生地 ・ 生年月日 (30歳) 血液型 O型 身長 165cm 職業 、、 公式サイト 情報を深堀していきます。 あだ名 志麻ちゃん、まーしぃ ファンの総称 志麻リス 演技力 歌唱力 Wikipediaより引用 年上組の志麻さん。 演技、歌唱力ともに無難ですが、突出して上手いこともない感じ。 ただし、『浦島坂田船』の中で唯一顔出し全面OKなので、ネット番組のMCに選ばれたりメディア露出は一番多いメンバー。 トークも安定して面白いので、バラエティ班な面もあります。 あほの坂田 となりの坂田。 (あほの坂田) 別名 あほの坂田 坂田明 生誕 (28歳) 出身地 ・兵庫県 ジャンル 職業 担当楽器 活動期間 - レーベル さかたん、坂田さん 公式サイト Wikipediaより引用 情報を深堀していきます。 あだ名 さかたん、さかっち ファンの総称 坂田家。 演技力 歌唱力 『浦島坂田船』名義と個人投稿名義で、となりの坂田。 、あほの坂田。 を使い分けています。 低めの声質には似つかわしくないかわいらしい顔立ちで人気、天然な一面も時折見せます。 そして残念ながら、演技力、歌唱力ともに上手ではありません。 『浦島坂田船』全体歌唱で聴くと、1人だけ浮いています。 これに関しては、彼の声質の問題もあるとは思うので仕方ないと思いましょう。 『浦島坂田船』年下組。 センラ センラ 生誕 (28歳) 出身地 ・ ジャンル 職業 会社員 担当楽器 活動期間 - 公式サイト 情報を深堀していきます。 あだ名 センラさん ファンの総称 センラー。 演技力 歌唱力 Wikipediaより引用 『浦島坂田船』年下組の1人。 京都訛りの関西弁が色っぽいです。 普段は社会人として働いているという驚き、忙しいのに頑張るセンラさん。 見た目や声のクールさからは想像もつかないいじられキャラのお笑い好き。 ライブなどでも笑い担当でファンも多いです。 しかしながら、彼の歌唱力は『浦島坂田船』の中でもずば抜けていますので、必聴です。 実際に、センラさん単体で他のライブに参加していたりと歌メンでもあります。 『浦島坂田船』の顔出し写真 『浦島坂田船』の顔出し写真を数枚紹介していきます。 各メンバーのTwitterにて自撮り写真が上がっているので、もっと見たいという方はTwitterの確認をお願いします。 うらたぬき 志麻 となりの坂田。 センラ 『浦島坂田船』のCD アルバム 一覧 『浦島坂田船』のCDをまとめて紹介していきます。 興味のある方はひとまず新しめの3rd、4thアルバムから手を出してみることをおススメします。 1stアルバム CRUISE TICKET.

次の

【浦島坂田船】結成理由は?メンバーマークやファンサービスが凄い?|【ままたいむ】

浦島坂田船 結成理由

うらたぬき、志麻、となりの坂田。 、センラという4人の歌い手からなる男性ボーカルユニット・浦島坂田船が、メジャーデビューアルバム「CRUISE TICKET」をリリースした。 4人が声を合わせて歌う楽曲のほか、うらたぬきととなりの坂田。 のペアによる「バレリーコ」、志麻とセンラによる「おこちゃま戦争」などグループ内ユニットによる歌唱曲や、各メンバーのソロ曲も収められている。 音楽ナタリーでは浦島坂田船の4人にインタビューを行い、メジャーデビューアルバムの制作背景や、4人それぞれが考える今作の聴きどころなどに迫った。 そもそもこの4人がユニットを組むきっかけはなんだったんですか? うらたぬき きっかけって言うほどのものじゃなくて、完全にノリで一緒にやることになったんですよね。 センラ もともと僕ら4人はユニットを組む前から仲がよかったんですよ。 それであるとき、うらたんと坂田が2人でニコ生の配信をしているところに志麻くんと僕も参加することになって。 その配信のときに「この4人で何かできたらいいな」って話になったんです。 きっかけらしいきっかけと言えばそのときですね。 うらた 一応まとめ役は僕ですけど、困ったときに助けてくれるのがセンラくんですね。 坂田さんはマスコット的な存在。 となりの坂田。 だいたい合ってます。 マスコットです。 センラ それで体を張ってくれるのが志麻くん。 例えばライブで「この空気どうしたらいいか」ってときに、彼が率先して一発ギャグをやってくれたりするんです。 志麻 ほぼ強制的なものだけど(笑)。 うらた いや、結成のきっかけがノリだったこともあって、戦略的なものは一切ないんですよね。 センラ 「戦略的」とまではいかないですけど、うらたんが好きだって言うアイドル像に、僕らも感化されている節はあるかもしれないですね。 僕ら4人はもう4年くらいの付き合いですからね。 徐々にお互いの立ち位置とかを理解していったんだと思います。 センラ 4人で無意識のうちに「この4人だったらこうしたほうがよくなるんじゃないか」って考えて行動しているようなところはありますね。 志麻 音楽活動うんぬんじゃないですけど、「好きなことができないなら、もう抜けるわ」って話をしたことがあって。 坂田 河原で殴り合ったみたいなね。 うらた (笑)。 殴り合ってはないんですけど、浦島坂田船を抜けるっていうのは違うと思って「それは違うでしょ」って止めて。 センラ モメたのはその1回だけですね。 僕ら4人はできるだけ平和にやっていきたいと思うタイプなので、ケンカになる前に「これって変じゃない?」って話し合いをすることもありますね。 例えば新しい人を入れようとか、そういうことにはならなかったわけで。 うらた そうですね。 新しく誰かを、って思ったことはないですね。 坂田 1mmも思ったことがないです。 志麻 「雨降って地固まる」じゃないですけど、やっぱりこの4人でよかったなって今でも思ってますから。 CD収録曲• アイドルっぽい曲を作った。 [作詞:Sum&となりの坂田。 chapter1 男子高校生の非日常:序 浦島坂田船はシンクロニシティの夢を見るか• chapter2 男子高校生の非日常:破 御影は無慈悲な放課後の王• chapter3 男子高校生の非日常:急 浦島坂田船はかく語りき• chapter4 浦島坂田船の航海日誌:壱 浦島坂田温船卓球• chapter5 浦島坂田船の航海日誌:弐 イケメンの掟 DVD(初回限定盤のみ)収録内容• 「Dreamer」Music Video• メジャー1stアルバム「CRUISE TICKET」Making Movie.

次の

【イケメン】ニコニコ動画出身の『浦島坂田船』とは?【顔出しあり】

浦島坂田船 結成理由

浦島坂田船『V-enus』(通常盤) 最新のオリコンチャートによれば、浦島坂田船の最新アルバム『V-enus』が週間売上55,364枚を記録し首位をマークした。 宇多田ヒカルが2週連続で1位を記録するかと予想された週であったが、前作から大幅に売上げを伸ばした彼らが見事に1位を獲得する結果となったのだ。 前作『Four the C』の初週売上はおよそ2. 9万枚。 つまり、成長率約89%という驚異的な数値を叩き出したことになる。 ここまでの飛躍を遂げた彼らの人気はいったいどこにあるのだろうか? 個人配信で着々と人気を獲得していくのが現代スタイル 浦島坂田船は2013年に結成された4人組の歌い手ユニット。 当時からすでにそれぞれが人気だったようで、配信活動はデビュー後の今現在も続いているようだ。 彼らが投稿する動画は「声真似」や「ゲーム実況」「歌ってみた」といったジャンルがメインで、歌う曲は「千本桜」などのボカロ曲からRADWIMPS「前前前世」、NEWS「チャンカパーナ」まで幅広い。 新作アルバムには「secret base ~君がくれたもの~」のカバーも収録されている。 配信活動やこうした投稿動画の評判が人気に繋がっているポイントと言えそうだ。 世界的に見ればYouTuberと呼ばれる人々が存在感を増し始めた昨今、時を同じくして日本でもフィッシャーズのような国内屈指の人気を誇るユニットが頭角を表しているが、ニコニコ生放送というドメスティックなプラットホームでも同様の現象が起きつつある。 音楽業界にもその波は届いていて、近年ではGoose houseを筆頭に、ネット配信を活動の主軸としたアーティストの登場はなんら珍しいことではない。 また近頃、新宿など都市部の駅周辺を歩いていても弾き語りをしている若者が以前と比べれば減った印象があったが、それもそのはずで、今はスマートフォンひとつあれば世界に発信できる時代である。 ネット配信者は、現代版のストリートミュージシャンと言うべき存在だ。 彼らのように地道なネット配信でファンを拡大させていくのが現代のスタイルなのだろう。 結成される前からしばしばコラボレーションをしており、グループ発足時はファンからも「ついに!」という声が多かったようだ。 しかし、メジャーデビューから数年が経っている今でもなお売り上げを大きく伸ばしている事実は、今現在の活動も確実にコミュニティの外側にアプローチできる訴求力を持っていることに他ならない。 例えば、Twitterを覗けばメンバー同士の仲睦まじい様子を捉えた自撮り画像がアップロードされていたり、メンバー間の無邪気なやり取りが確認できる。 こうした「メンバー同士の絆」は現代の男性グループにとっては最重要項目だ。 また個人々々が頻繁にツイキャスを行っていたり逐一の告知も欠かすことはない。 中には声優活動をしているメンバーもいる。 今回の飛躍は、個人活動をグループに還元していくサイクルが実を結んだ結果だと言えるのではないか。 ライブ活動による生の交流のレア感 彼らの活動は「声」が主体である。 こと彼らに関しては「声真似」のクオリティの高さや「歌ってみた」で見せる歌唱力が人気の土台となっている。 もちろん、彼ら自身が多くの人々を惹きつけるビジュアルの持ち主であるというのも大きい。 にじみ出る人柄の良さも人気の秘密だろう。 自撮りを公開することはあっても基本は顔部分を隠していたり、スタンプを使って分かり難くしたりすることで「生で会ってみたい」という感情を誘い、ライブまで足を動かす強い動機に繋げている。 日常的に行う配信活動では彼らを身近に感じ取ることができるが、逆に、生で会うことのできるライブにはレア感が生まれる。 こうした好循環が生まれているのではないだろうか。

次の