年末 挨拶 メール 社内。 年末の挨拶メールは上司にいつ送る?件名は?例文はコレ!

年末の挨拶メールは上司にいつ送る?件名は?例文はコレ!

年末 挨拶 メール 社内

上司に宛てる年末挨拶メールは、どんな内容にすればいいんだろう? 年末休みの前に行わなければならないのが、上司への挨拶ですよね。 1年間お世話になった上司に、 感謝の気持ちを伝えることが大切です。 本来であれば、直接会って挨拶をするのがベスト。 しかし、お互いに多忙な季節ですから、口頭で伝えるのが難しい場合があります。 そんな状況で用いる手段がメール。 上司 への 年末 の 挨拶 メールを送る場合には、どのような内容にすればよいのでしょうか? そこで今回ご紹介するのが・・ 好印象を与える上司宛の例文 私が以前勤めていた会社は、部署が多く、各部署の上長と関わる機会が多かったんですね。 そのため、年末の挨拶メールも多くの上司に送る必要がありました。 そこで、例文をご紹介しますので、参考にしていただければと思います。 件名:今年もありがとうございました 総務部 〇〇 課長 お疲れ様です。 営業部の山田です。 今年一年大変お世話になり、ありがとうございました。 資料作成で大変な思いをしていた際に、〇〇課長に「見ている人はちゃんと君の姿を見ているよ。 」と言っていただいたことが今でも心に残っています。 その言葉に励まされて作成した資料が、取引先からの受注に結びついたのは、今年の仕事で最高の思い出となりました。 来年は、取引先から5件以上の受注をもらえるよう、精一杯努力して参ります。 今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 それではよいお年をお迎えください。 営業部 山田 一郎 件名は 年末の挨拶である旨を表記しましょう。 上司は社内・社外からも多くのメールが届いている可能性があります。 そのため、件名を見ただけで、どんなメールなのかが分かるようにすることが大切。 例えば・・• 今年もありがとうございました• 一年間お世話になりました• 年末のご挨拶 など これだとパッと見て、年末の挨拶であることが分かりますね! 本文では、 今年お世話になったお礼を必ず伝えてください。 多かれ少なかれ、上司には社内での業務でお世話になっているはず。 冒頭で「今年一年ありがとうございました」などのお礼をしっかりと述べるようにしましょう。 その上司との エピソードや思い出を入れることが、相手に好印象を与える最大のポイント。 雛形のような定型文だけでは、相手にとってその他のメールと差別化することはできません。 それは・・・• 今年お世話になったお礼を述べる• 特に思い出に残ったことを述べる• 来年の抱負を述べる この3つのポイントを押さえておけば、大きく失敗することは、そうそうないでしょう。 それぞれについてお伝えしていきますね! 今年お世話になったお礼を述べる まず一番大事なポイントは、一年間お世話になったお礼を述べること。 年末の挨拶メールなので、• 一年間ありがとうございました• 今年もお世話になりました といった文言で、感謝の気持ちを伝えましょう! 「社内だからお礼は別にいいかな」という甘えは禁物。 何らかしらの形で必ずお世話になっていることでしょう。 上司に対しての敬意を忘れず、きちんとお礼をしましょうね。 特に思い出に残ったことを述べる 上司との間で 特に思い出に残ったことを本文に盛り込みましょう。 些細なことですが、実際に実践できている人は、ごく少数なんですね。 だからこそ実行すれば、上司から「できる人」として覚えてもらえます。 つまり 好印象・高評価を獲得できるわけです! 上司は同じような挨拶メールを、多く受け取っているかもしれません。 同じような内容メールを見たところで、「またか」と思われてしまうでしょう。 例えば、 「 〜の件についてアドバイスをいただいたおかげで、結果を出すことができました。 」 のような感じですね。 上司のおかげであなたにプラスなことがあったという内容だと、上司が喜んでくれやすいですよ! 来年の抱負を述べる ビジネスメールである以上、ご挨拶だけではなく、来年の抱負を述べることもポイントの1つ。 できるだけ 具体的な内容が好ましいです。 例えば、下記の文章があるとします。 来年は今年以上に頑張ります• 来年は〇〇分野に関する講習会へ積極的に参加して知識を身に着け、商品の受注に結びつけることができるよう頑張ります どちらが、よりイメージしやすいでしょうか? もちろん 後者ですよね! 具体的な内容が入っていることで、イメージが湧きやすいからです。 ただ頑張りますだけではなく、少しでも上司がイメージできる内容にする工夫すること。 例えば・・・• 挑戦したいこと• 取得したい資格• 習得したいスキル など実行できる抱負を盛り込んでいきましょうね! ここまで3つのポイントについて、お伝えしてきました。 いざ「メールを作成しよう」と思って、挨拶の選択肢がメール一本になってしまっているかもしれません。 年末挨拶メールを送る際に踏まえておきたい心構えについても、ご紹介していきます! 次の見出しをご参照くださいませ。 スポンサーリンク メールはあくまで直接会えない場合の手段 年末の挨拶は、本来 直接口頭ですべきです。 ただし、年末は取引先への挨拶回りや大掃除、業務の調整などで誰もが多忙になる時期。 お互いにすれ違いで挨拶ができない・・・ そんな時には、是非メールを活用しましょう。 挨拶が全く無いのと、メールでも挨拶があるのでは、上司が受ける印象は大きく異なるでしょう。 ただし、直接挨拶できる状況なのに、メールで済ますというのは避けること。 本来は 口頭で行うべきということを頭に置いた上で、メールを用いることが大切です! 年末の挨拶メールなので、送るタイミングには注意。 年内の 最終出勤日の朝から正午あたりまでが理想です。 遅すぎると、メール自体に目を通してもらえなくなるので、午前中には送るように意識しましょう! ただし、上司やあなたの都合によっては、前日に送ることも頭に入れてくださいね。 タイミングは 臨機応変に対応しましょう。 社外の方への挨拶よりは、当然ハードルが低いです。 ただし、同じ文面を一斉送信するようなことだけはしないでくださいね。 きちんと感謝の気持ちを伝えるには、 受け取る側の気持ちを考えるべきです。 自分のために書いてくれたと伝わってこそ、挨拶メールを送る意義があります。 そのためには、上司との間で今年 思い出に残ったエピソードを記載するのが大切。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

新入社員の挨拶メール例文!【社内・社外】件名や書き方は?

年末 挨拶 メール 社内

もちろん身だしなみや笑顔などの見た目の印象はとても大事です。 しかし、意外に知られていないのが 「気遣い(きづかい)の印象づけ」なんです。 会社に入って働く上でもっとも大事なスキルの一つに「気遣い」があります。 気遣いできる人はモテると言いますが、これは社会人も同じです。 今回は、 そんな気遣いを、会社に入って最も印象づけることができる「入社の挨拶メール例文」をご紹介していきます。 新入社員の挨拶メールは、上手くやれば良い印象を同僚や先輩に与えることができます。 ですが、書き方を全く知らなければ「礼儀がなってない」とか「非常識」などという印象を逆に与えてしまう危険性も。 良い印象を与えるために、しっかりと 挨拶メールの書き方を学んでいきましょう。 今や友達との連絡もLINEやSNSでやるようになって、メールもほとんど使わなくなりましたね。 しかし、 いまでも多くの会社はコミュニケーションの手段として「メール」を使っています。 そのため、 「タイトルってなにを書けばいいんだ?」、「社内と社外で送り方違うんだっけ?」 など、メールを一つ送るのにあたふたする新入社員も少なくないのだとか。 でも、大丈夫。 これは知っているか、知らないかの問題で何も難しい技術はありません。 誰でもはじめて経験があるもの。 しっかりと学んでいきましょう。 件名について 件名についてはいろいろと事例がありますが、 基本的にはシンプルであればあるほど良いです。 件名の目的は 『本文のタイトルづけ』にほかなりません。 そのため、 「今日からお願いします」のような内容や挨拶文はタイトルにはいれないようにしましょう。 基本的には下記のようなフォーマットでやれば全く問題ありません。 件名:着任のご挨拶【株式会社〇〇(山田太郎)】 株式会社〇〇〇〇 宣伝部 〇〇 〇〇 様 平素より大変お世話になっております。 この度、初めてご連絡を差し上げます、株式会社〇〇の山田太郎と申します。 さて、この度4月1日付で〇〇支店営業部に着任いたしましたのでご連絡申し上げます。 一日でも早く貴社の役に立てるよう、誠心誠意努力してまいります。 どうぞご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。 なお、近日中に改めてご挨拶に伺わせていただく予定でございます。 その節はまた改めてこちらよりご連絡させていただきます。 メールにて恐縮ではございますが、まずは着任のご挨拶を申し上げます。 ーーーーーーーーーーーー 株式会社〇〇 営業部 山田太郎 ーーーーーーーーーーーー 【ポイント】 まずは お得意様の名前を間違えないように何度も見直しましょう。 それと、自分が何者であるかを伝える情報が社内に送るときと異なるので、その点も注意しましょう。 自己紹介の後は、 新入社員らしくあくまでも謙虚にご指導いただきたいという旨と、なによりもクライアント様のために頑張っていくという姿勢を伝えるようにしましょう。 後日挨拶に伺うことがあるかと思うので、それも末尾に忘れないように記しておきましょう。 たかが挨拶メール、されど挨拶メール。 まだまだ仕事がない新入社員にとってはとても大事な仕事です。 なので、挨拶メール一つでもミスがあると、その後の仕事に影響がないとも限りません。 何度も見直し、ミスがないようにしっかりとやり遂げましょう。 また、ご紹介したメール文もあくまでも例文です。 そのままコピーして使っただけでは逆に形だけとなり、真摯(しんし)な気持ちが伝わらないことがあります。 そのため、 多少自分の言葉になっても、真摯さや謙虚さが伝わる文面を意識していきましょう。

次の

年末挨拶 メール》ビジネス・返信・社内・社外・上司・取引先・文/友達/件名/英語

年末 挨拶 メール 社内

年末の挨拶 ベストな方法とその時期 年末の挨拶は、メールで済ませてしまえばいいや。 わが社の年内最終営業日は12月30日だから、その日に送信すればいいや。 ただでさえ忙しい日本の企業。 12月に入ると年末カウントダウンが進むにつれ、忙しさもどんどん増していきます。 来年もいっしょに仕事をするんだし、年末の挨拶はテキトウでいいや、と思いたくなるのも仕方ないですが、社会人たるものそれではいけません。 年末の挨拶は、• 一年間の感謝の気持ち• 新年もまたよろしくお願いしますというごひいきの気持ち の二つを含んでいます。 ですから、粗末にはできないものであることを頭に入れておいてください。 デジタル社会はメールでOK? 仕事において、メールはとても頻繁に使われているツールです。 送信ボタン一つですぐに送れますし、相手からのメールもすぐに受け取ることができてとても便利です。 この便利なツールを使えば、年末の挨拶は完璧!いえいえ、そうではありません。 メールはあくまでも業務の手段であり、挨拶の手段ではないのです。 相手方に伺って対面で口頭で、が基本 そこに人が存在するから、ビジネスになります。 会社になるのです。 ですから、基本は「人」「個人」。 ですから本来「挨拶」というものは 相手のところに直接伺い、対面で、口頭ですることが基本であり、これが一番丁寧な方法なのです。 職場を出て相手のところに向かうという事は、移動時間がかかります。 挨拶に行き、帰ってくるまでは社内での仕事ができませんので、仕事上はロスになります。 しかし、それでも挨拶に行くことが大切なのです。 逆の立場で考えてみましょう。 あの会社の営業さんは、こんな忙しい年末の時期にわざわざわが社に年末の挨拶に来てくれた。 どうでしょうか?非常に印象がよいでしょう? 実際は挨拶に来られた他社の社員に対し、お茶を出したり、当社の担当が相手をしたり、とこちらにとっても正直「この忙しいときに」ということになってしまうのですが、それでも わざわざ出向いてくれたということは何よりも強い印象になります。 「わざわざ」というのが、義理人情の日本社会には重要なのです。 ですから、社外関係者に対しては、できるだけ足を運ぶようにしましょう。 遠方の場合は、書面でも 北海道にある会社の営業が、飛行機を使って沖縄県の取引先まで年末の挨拶に行く。 これはものすごいロスです。 経費に移動時間、それに日数もかかる。 直接出向くのが基本、とは言っても、ここまで来ると常識の範囲を超えます。 ですから、直接出向くかどうか、というのは、その会社の判断で良いのです。 車で1時間くらいでいけるところだったら、スケジュールを調整しさえすればなんとかなるでしょう。 しかし、飛行機や新幹線でしか行けない、となるとこれはよく考えなければいけません。 わざわざ来てくれた、という印象を相手には与えるかもしれませんが、同時に こっちもそこまでしなければいけないのか?という余計な気苦労を相手にさせてしまう、ということも起こり得ます。 遠方の場合は、書面でも良いでしょう。 相手に届く日数を考えて余裕を持って出せばよいのです。 メールは最終手段 あ!あの会社に年末の挨拶をするのを忘れていた!確か明日から休みに入ってしまうとあちらからは連絡があったから、もう今日しかない!ヤバイ! こんな時はもう最終手段としてメールを使わせてもらいましょう。 メールのメリットは、• すぐに送信できること、そしてすぐに相手に届くこと• メールアドレスが社内の個人を特定しているので、間違いなくその人に届く 郵便よりも早いです。 しかし、デメリットもあります。 相手が読まない、もしくは読み忘れることがある• 書面を郵送するよりもカジュアルな感じなので、内容に一層気を付けるべきである 営業日ギリギリにメールを送ってしまうと、相手が気が付かないおそれもあり、そのまま相手側の年内業務が終了、という事にもなりかねませんので、ギリギリに送った場合には電話も一報入れておいた方が安心でしょう。 いつがベスト?年末の挨拶をする時期 一般的には 12月20日以降であって、12月25日くらいまでがベストと言われています。 会社の年内最終日の3日くらい前までには済ませておくべきなので、25日くらいまで。 この考えで行くと,28日が最終営業日となります。 あまりに早くてもおかしいことになるので、20日以降あたりからとされています。 会社によっては、うちは30日まで!うちは31日まで!というところなど様々なのですが、28日とされているのは、官公庁の御用納めが12月28日となっていることから、これに習っているところが多いとされており、それで28日、そこから3日さかのぼって25日、と捉えられています。 直接出向く場合は、相手にアポイントを取って、20日から25日の間にすればよいでしょうし、書面やメールの場合もこの間に届くようにすればよいでしょう。 しかし、接客業などで毎回が対面の場合、こちらのお客様は今日が年内最後だわ、というときは、その日がたとえ12月15日だとしても、その日に年末の挨拶をしてもおかしくはありません。 また、自分が早めにお休みをもらえることになり、18日が年内最終出勤日だ、というときなども、相手に対して「今日が年内最後となりますので、少し早いのですがごあいさつさせていただきます。 本年も一年間ありがとうございました。 」などとお伝えしてもおかしくありません。 相手の都合と自分の都合、そして世間一般の常識を掛け合わせて、ベストなタイミングを決めましょう。 スポンサーリンク 年末の挨拶 相手による違いについて 挨拶は、相手によって言葉選びなどが変わってきます。 これは、相手によって格付けするというわけではありません。 ・今年一年たくさんお世話になりました。 こちらは年末の挨拶として使える言葉です。 しかしどうでしょう。 友人や親しい人には使えますが、上司や会社関係者には、ちょっと物足りないですね。 ・本年中は格別のお引き立てを賜りまして誠にありがとうございました。 こちらもまた、年末の挨拶として使える言葉ですね。 しかし、どうでしょう。 会社関係者などには良いでしょうが、友人や親しい人には、なんだか堅苦しいですね。 このように、「年末の挨拶」と一言で言っても、相手によって言葉が変わってくることを心得ておきましょう。 社外に対して ビジネスの場であれば、会社関係が一番多い挨拶相手になることでしょう。 取引があるところ、営業先、販売先、顧客、など様々です。 これらの場合は、今年一年間の感謝と来年のごひいきを挨拶に込めます。 直接顔を見に行き挨拶する場合もあれば、書面、メールなどの事もあるでしょう。 書面やメールであれば会社の中の誰に挨拶をするのか特定できますので、挨拶文の中身に、その相手の名前を入れることも良いでしょう。 そして、今年一年どのような面でお世話になったのかを少し振り返って書くことも良いと思います。 社内に対して 社内でいつも顔を合わせているような人であれば、年内最終営業日に軽く声をかける程度でよいでしょう。 年内最終営業日より前に相手がお休みに入る場合や、シフト制などの場合は、自分と相手の最終勤務日を確認しておき、挨拶ができるときにしておくのがベストです。 挨拶をしようと思ったら相手がもう休暇に入っていた、と言うことが無いように気をつけましょう。 また、相手の方が先に休暇に入るからと自分のところに挨拶に来た場合は、その時に自分も挨拶をすれば良いのです。 社内であっても部署が違う、自分より肩書が上であまり顔を合わさない社長や会長などに挨拶をしなければいけない場合もあります。 自分が営業所にいて、役員は本社にいる場合などもあります。 その時は社内メールで挨拶をします。 最終営業日、もしくは自分の年内最終勤務日に挨拶文を送ります。 今年一年のことをふり返り、その出来事をすこし取り混ぜても良いでしょう。 上司はたくさんのメールを受信することになります。 ですので、シンプルに、しかし確実に挨拶メールを送ることを忘れないようにしましょう。 親しい人、近所の人 毎月一回、趣味のサークルなどで会っているのであれば、12月の活動日に挨拶すればよいでしょう。 今年も楽しかったね、なんて思い出話も膨らみます。 近所の人は、おそらく年末ぎりぎりまで顔を合わせるでしょうから、25日以降あたりがよいでしょう。 31日になっても構いません。 顔を合わせるタイミングはたくさんあります。 スーパーなどで知り合いや親しい人に会った時は、その時がチャンスです。 今年もあと少しですね、なんて立ち話をしてちょっと挨拶を交わしておけば十分です。 親しい友人などは、年末にメールを送ることもできるでしょう。 しかし、それでなくても仕事納めや家庭のことでいろいろと忙しい時期です。 送る時間が無いのならば、無理して送らなくても向こうは気にしないでしょう。 あちらも忙しい身です。 数日経てばお正月が来て、年賀状が届きます。 もし偶然どこかで顔を合わせたらその時に挨拶すれば十分です。 仲が良い人というのは、そのような自然体でやっていけるものなのです。 ビジネスとはちがいます。 スポンサーリンク 年末の挨拶 ポイントを押さえましょう 相手によって、そして直接言葉で伝えるか文章にするか、によってその内容は異なってきます。 余裕をもって準備しておけば安心です。 いくつかのポイントを紹介しましょう。 直接伺って挨拶する時 「一年間大変お世話になりました。 ありがとうございました。 」 こちらが基本です。 そして、来年もまた関係性を保っていくのですから、ビジネスの場であれば来年の抱負も述べます。 「来年もどうぞよろしくお願いいたします。 」 親しい人であれば 「来年もよろしくお願いします。 」 ビジネスとはちがって柔らかみが出ます。 そして最後に 「よいお年をお迎えください。 」 これはビジネスでも親しい人でも、どちらにでも使えます。 相手を気遣う言葉がいいですね。 これが日本ならではの気配りです。 書面を作って、郵送もしくはメールで送る時 書き方には決まりやマナーがありますので、これらを守れば大丈夫です。 はじまりは「拝啓」、そして結びは「敬具」• 相手に対しては「皆様」や「貴社」という言葉を使う• 相手の会社について一言• 「貴社におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます」• 今年一年のお礼と、年内最終営業日のお知らせ• 来年の抱負(引き続きビジネスパートナーで居続けたい)と年始営業日のお知らせ このような流れで書いていけばスムーズです。

次の