パトリック ヴィエラ 背 番号。 フランス代表、背番号10の系譜。ジダンからムバッペへ…王者たちが受け継いできた誇り高き称号(フットボールチャンネル)

世界のベストイレブン!?

パトリック ヴィエラ 背 番号

2016年のヴィエラ 名前 愛称 プレデター ラテン文字 Patrick Vieira 基本情報 国籍 生年月日 1976-06-23 (43歳) 出身地 身長 192cm 体重 85kg 選手情報 ポジション SH, DH 利き足 右足 クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 1993-1995 49 2 1995-1996 2 0 1996-2005 279 29 2005-2006 31 5 2006-2010 67 6 2010-2011 28 3 通算 456 45 代表歴 1995-1996 U-21フランス 7 0 1997-2009 107 6 監督歴 2013-2015 2016-2018 2018- 1. 国内リーグ戦に限る。 現役時代のポジションは。 現在はのの監督を務めている。 経歴 [編集 ] セネガルの首都ダカールで生まれ、幼少の頃にフランスへ渡り、にでプロデビューを果たした。 その後にへ移籍するが出場は僅か2試合にとどまり、才能を開花させたのはのに移籍してから。 同胞の監督のもとで冷静さと戦術眼に磨きをかけ、チームの中核に成長した。 2003-04シーズンは無敗優勝の立役者にもなった。 の初招集以来、フランス代表にも長く名を連ねており、との連続制覇の時は、貴重なバックアップとして経験を積んだ。 2006年から2009年にかけて、フランス代表キャプテンを務めた。 、が選ぶ「」に選ばれた。 2005-2006シーズンは3年間キャプテンを務めたアーセナルからセリエA・へ移籍し、スクデット獲得に貢献したが、クラブの大規模な不正疑惑の影響で剥奪されて幻となってしまった。 結局ユベントスは2部落ちし、2006-07シーズンからは同じくセリエAのへ移籍。 だが、このシーズンから怪我が多くなった。 かつてと試合中に口論になり、黒人差別発言をされたことがある(ただし、ヴィエラも「ジプシー野郎」と発言したとされる)。 インテル移籍により同じクラブでコーチと選手という間柄になったが、ヴィエラ曰く「あの件はもう過去のことですから」とのことだった。 しかし、2006-07シーズン最初のミラノダービーの試合後、ロッカールームで乱闘騒ぎを起こした(後述)。 、出場機会を求めてへの移籍が決定した。 契約期間は半年で、シーズン終了後には1年の契約延長オプションが付いている。 、現役引退を表明した。 引退後はそのままマンチェスター・シティのアカデミー(下部組織)のコーチ・マネージャーに就任し、 からはリザーブチームの監督を務めている。 から2018年まで、の監督を務めた。 、の監督に就任した。 エピソード [編集 ] この節に雑多な内容が羅列されています。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。 ( 2015年4月)• 前述のミラノダービーでは、ヴィエラが試合後半に負傷。 その後アシスタントコーチのに対し、(負傷でもうプレイ出来ないので)交代を申し出ていたが、監督の采配によりヴィエラはそのままゲームに出し続けられたのが原因と推測される。 ゲーム終盤は、片足を引きずってプレイする。 なお、試合終了後に不満を露にするヴィエラに対し、監督が「試合に勝つためには君が必要だった」と伝え、その場を抑えたとも言われている。 時代にも当時、熾烈なライバル関係にあったのと入場前に口論となって乱闘寸前にまでいったり、挑発してきたに掴みかかったりしている。 ただ、最近のインタビューではいい思い出とも言っている [ 要出典]。 2013年に、テレビ番組でキーンと対談し、 二人は握手を交わしている。 にら数人と共同出資で母国セネガルにアマチュアクラブ「」を設立している。 同クラブはにプロサッカークラブとなりにはリーグ初優勝を果たした。 アーセナル時代、から100億円以上のオファーが来たと報道され、移籍しなかったことを後悔していたと言われていた。 名字であるvieiraはでは『』の意味がある。 タイトル [編集 ] インテル時代のヴィエラ クラブ アーセナルFC• 1997-98, 2001-02, 2003-04• 1998, 2002, 2003, 2005• 1998, 1999, 2002, 2004 インテルナツィオナーレ・ミラノ• 2006-07, 2007-08, 2008—09• 2006, 2008 マンチェスター・シティ• FAカップ 2011 代表• 得点王• 1998-99, 1999-00, 2000-01, 2001-02, 2002-03, 2003-04• 2001• 2001• 96 脚注 [編集 ] 出典 [編集 ].

次の

マラドーナの背番号といえば10番!それ以外は何番でプレーしたことがある?

パトリック ヴィエラ 背 番号

日韓ワールドカップ(2002) フランス代表の「背番号10」のイメージには、華麗さや優雅さがある。 1998年のフランスワールドカップで「ブラック・ブラン・ブール(黒・白・アラブ)」と多様性に富んだチームが頂点に経ってから20年、再び豊かな個性を共存させたチームがワールドカップを制した。 その間にフランス代表が参戦した直近のワールドカップ5大会で、誇り高き背番号10をどのような選手たちが受け継いできたのか振り返っていく。 ———- 背番号10:ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー) 生年月日:1972年6月23日(当時29歳) 個人成績:1試合出場/0得点0アシスト 監督:ロジェ・ルメール 戦績:グループリーグ敗退 1998年フランスワールドカップとEURO2000を制し、ワールドカップ連覇も期待されていた。 しかし、ジダンは本大会直前に行われた韓国代表との国際親善試合で左太ももの肉離れを負ってしまい、暗雲が立ち込める。 そして悪い予想は的中する。 ジダンは日韓ワールドカップの開幕に間に合わず、グループリーグ第2戦まで欠場を強いられる。 第3戦のデンマーク戦には強行出場したものの、本調子には程遠く、チームも敗れてしまう。 ジダン抜きのフランス代表の攻撃陣は空回りし、前回王者ながらグループリーグ未勝利で敗退という屈辱的な結果に終わってしまった。 初戦から第3戦まで1つのゴールも奪えなかった要因は、もちろん背番号10の不在にあるだろう。 だが、他のアタッカー陣の不甲斐なさも浮き彫りになった大会とも言える。 見事にチームを復活させてドイツでの本大会出場に導いた。 自身3度目のワールドカップは序盤こそ低調だったものの、徐々に調子を上げて決勝トーナメントに入ると決定的なゴールやアシストを連発する。 ラウンド16のスペイン代表戦で1得点1アシスト、準々決勝のブラジル代表戦ではティエリ・アンリの決勝点をアシストし、準決勝のポルトガル代表戦では自ら決勝点を奪った。 そして「現役最後の試合」と決めて臨んだ決勝のイタリア代表戦で、あの有名な事件が起こる。 開始7分で結果的に現役ラストゴールとなるPKを決めていたジダンは、1-1で迎えた延長後半に我を失った。 相手DFマルコ・マテラッツィの挑発に激怒して、頭突きを見舞ったのである。 もちろん一発レッドカードで退場となり、ジダンの現役生活はまさかの形で終わりを迎えた。 そしてフランス代表はPK戦の末に敗れ、イタリア代表に世界の頂点の座を譲ることとなった。 それでもドイツワールドカップの大会最優秀選手賞を受賞し、最後まで世界最高のファンタジスタであり続けた。 そしてジダンが着用していた背番号10を受け継いで迎えた自身2度目のワールドカップが、2010年の南アフリカ大会だった。 2009年1月にアキレス腱断裂の大怪我を負ったものの、シーズン終了後の同年6月にはフランス代表に復帰するまでになっていた。 だが、リヨンのリーグ7連覇に中心選手として大きく貢献したウィンガーのキャリアはこの怪我の前後で対照的な曲線を描いている。 南アフリカの地でゴヴはグループリーグ3試合に出場したものの、ゴールやアシストはなく、フランス代表も1分2敗という予想外の大不振で決勝トーナメント進出を逃してしまう。 そして大会後、ゴヴは11年間在籍したリヨンを契約満了で退団すると、ギリシャの強豪パナシナイコスへと新天地を求めた。 ところが度重なる規律違反も影響し、ギリシャでの挑戦は1年のみに。 2011年夏からは母国フランスに戻ってエヴィアンと契約するも、かつてのような輝きを取り戻すことはできず2年間で退団。 その後、古巣リヨンとアマチュア契約を結んで半年間セカンドチームでプレーし、2014年1月にフランス代表時代のチームメイトでもあるリュドビク・ジュリが所属する同国4部のモン・ドール・アゼルグへと移籍した。 その後、2015年夏にはアメリカへ渡って短期間プレーしたのち、フランスに戻って6部リーグのアマチュアクラブに在籍。 38歳になる直前の2017年夏まで現役を続けていたが、先述の通り南アフリカワールドカップ後からゴヴのキャリアは急速に下降線を描いていった。 一方でフランス代表になると相変わらずなかなか結果を残せていなかった。 だが、プレーオフを経て本大会出場権を獲得する苦しい欧州予選の末に迎えた自身初のワールドカップで、ベンゼマはグループリーグ初戦のホンジュラス代表戦から2得点を奪う活躍を披露する。 続く第2戦のスイス代表戦では1得点2アシストの大暴れで5-2の大勝に貢献した。 無事に決勝トーナメントに進出し、2大会ぶりの準々決勝へとたどり着いたが、ここでのちのチャンピオン・ドイツ代表に敗れることになる。 ベンゼマにとって初のワールドカップ(そしておそらく最後でもある)は、決勝トーナメントでゴールを奪うことなく終わった。 その後、彼はフランス代表でチームメイトだったマテュー・ヴァルビュエナを恐喝した容疑で逮捕され、ディディエ・デシャン監督率いるチームからも追放されている。 待望論は常に渦巻くものの、現在に至るまで代表復帰は実現していない。 フランスサッカー連盟のノエル・ル・グラエ会長もベンゼマを今後も同国代表に復帰させることはないという意思を明確にしており、2度目のワールドカップ出場は叶いそうもない。 瞬く間にレ・ブルーで主力の座へと上り詰めた若き至宝は、ロシアワールドカップのグループリーグ第2戦・ペルー代表戦でワールドカップ初得点を挙げる。 この時、まだ19歳183日だった。 その後もセンセーショナルな活躍ぶりでムバッペは世界的ビッグタレントとしての評価を確立していく。 ラウンド16のアルゼンチン代表戦では2得点1アシスト。 そして決勝のクロアチア代表戦でも勝利を決定づけるチームの4点目を奪い、フランス代表に1998年以来の世界タイトルをもたらした。 10代の選手がワールドカップ決勝でピッチに立ったのは、ムバッペが史上3人目。 過去には1958年スウェーデン大会のブラジル代表FWペレと、1982年スペイン大会におけるイタリア代表DFジュゼッペ・ベルゴミの2人しかいなかった。 初のワールドカップで4得点と目覚ましい結果を残したムバッペは、大会のベストヤングプレーヤー賞を受賞した。 そして、2018年にはフランスの年間最優秀選手にも選ばれている。 ロシアワールドカップはサッカー界の向こう10年を引っ張っていくであろう超逸材の飛躍が加速した大会と言えそうだ。

次の

なんで?背番号「4」を付ける10名の“攻撃的”サッカー選手

パトリック ヴィエラ 背 番号

2016年のヴィエラ 名前 愛称 プレデター ラテン文字 Patrick Vieira 基本情報 国籍 生年月日 1976-06-23 (44歳) 出身地 身長 192cm 体重 85kg 選手情報 ポジション SH, DH 利き足 右足 クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 1993-1995 49 2 1995-1996 2 0 1996-2005 279 29 2005-2006 31 5 2006-2010 67 6 2010-2011 28 3 通算 456 45 代表歴 1995-1996 7 0 1997-2009 107 6 監督歴 2013-2015 2016-2018 2018- 1. 国内リーグ戦に限る。 ( ) パトリック・ヴィエラ( Patrick Vieira, - )は、の首都・出身の元、サッカー指導者。 現役時代のポジションは。 現在はのの監督を務めている。 経歴 [ ] セネガルの首都ダカールで生まれ、幼少の頃にフランスへ渡り、にでプロデビューを果たした。 その後にへ移籍するが出場は僅か2試合にとどまり、才能を開花させたのはのに移籍してから。 同胞の監督のもとで冷静さと戦術眼に磨きをかけ、チームの中核に成長した。 2003-04シーズンは無敗優勝の立役者にもなった。 の初招集以来、フランス代表にも長く名を連ねており、との連続制覇の時は、貴重なバックアップとして経験を積んだ。 2006年から2009年にかけて、フランス代表キャプテンを務めた。 、が選ぶ「」に選ばれた。 2005-2006シーズンは3年間キャプテンを務めたアーセナルからセリエA・へ移籍し、スクデット獲得に貢献したが、クラブの大規模な不正疑惑の影響で剥奪されて幻となってしまった。 結局ユベントスは2部落ちし、2006-07シーズンからは同じくセリエAのへ移籍。 だが、このシーズンから怪我が多くなった。 かつてと試合中に口論になり、黒人差別発言をされたことがある(ただし、ヴィエラも「ジプシー野郎」と発言したとされる)。 インテル移籍により同じクラブでコーチと選手という間柄になったが、ヴィエラ曰く「あの件はもう過去のことですから」とのことだった。 しかし、2006-07シーズン最初のミラノダービーの試合後、ロッカールームで乱闘騒ぎを起こした(後述)。 、出場機会を求めてへの移籍が決定した。 契約期間は半年で、シーズン終了後には1年の契約延長オプションが付いている。 、現役引退を表明した。 引退後はそのままマンチェスター・シティのアカデミー(下部組織)のコーチ・マネージャーに就任し、 からはリザーブチームの監督を務めている。 から2018年まで、の監督を務めた。 、の監督に就任した。 エピソード [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2015年4月)• 前述のミラノダービーでは、ヴィエラが試合後半に負傷。 その後アシスタントコーチのに対し、(負傷でもうプレイ出来ないので)交代を申し出ていたが、監督の采配によりヴィエラはそのままゲームに出し続けられたのが原因と推測される。 ゲーム終盤は、片足を引きずってプレイする。 なお、試合終了後に不満を露にするヴィエラに対し、監督が「試合に勝つためには君が必要だった」と伝え、その場を抑えたとも言われている。 時代にも当時、熾烈なライバル関係にあったのと入場前に口論となって乱闘寸前にまでいったり、挑発してきたに掴みかかったりしている。 ただ、最近のインタビューではいい思い出とも言っている [ ]。 2013年に、テレビ番組でキーンと対談し、 二人は握手を交わしている。 にら数人と共同出資で母国セネガルにアマチュアクラブ「」を設立している。 同クラブはにプロサッカークラブとなりにはリーグ初優勝を果たした。 アーセナル時代、から100億円以上のオファーが来たと報道され、移籍しなかったことを後悔していたと言われていた。 名字であるvieiraはでは『』の意味がある。 タイトル [ ] インテル時代のヴィエラ クラブ アーセナルFC• 1997-98, 2001-02, 2003-04• 1998, 2002, 2003, 2005• 1998, 1999, 2002, 2004 インテルナツィオナーレ・ミラノ• 2006-07, 2007-08, 2008—09• 2006, 2008 マンチェスター・シティ• FAカップ 2011 代表• 得点王• 1998-99, 1999-00, 2000-01, 2001-02, 2002-03, 2003-04• 2001• 2001• 96 脚注 [ ] 出典 [ ].

次の