ナイアル ラトホ テップ グラブル。 ナイアルラトホテップとは (ナイアルラトホテップとは) [単語記事]

【グラブル】リミテッド闇レイ・SSR水リーシャ・SSR水ヴァンピィ&ベス・闇ナイアルラトホテップがレジェフェスで登場!

ナイアル ラトホ テップ グラブル

ラヴクラフトや彼と交流のあった作家によって「クトゥルフ神話」と呼ばれる創作世界観が構成された。 その中に登場する超常的存在の一つ。 宇宙の根源、万物の王と呼ばれる「アザトース」の使者の一人であり、自身では殆ど動けないアザトースに代わり活動する。 クトゥルフ神話内ではトリックスターのような位置づけであり、人間達を狂気と混沌に陥れようと はしておらず、純粋に主であるアザトースの目的のために活動をしている。 そもそも狂気や混沌とは人類からの視点であり、何をもって狂気とするか、混沌とするかは定義できるだろうか?私は正常である。 また、宇宙規模で見れば地球や人類の騒乱・動乱、ひいては誕生と滅亡程度は些事でしかなく、ナイアルラトホテップが真に狂気をもたらす存在であるとは言い切れないのではないか。 無貌の神や千の無貌などという通り名が示すとおり、本質は「正体不明」であったり「よくわからない何か」であったりする。 その為、どのような姿がナイアルラトホテップであるかは判別が付かず、漆黒の肌の人物、異様に膨れた女、顔のないスフィンクスなどが現れてもナイアルラトホテップであるとは言い切れない。 私の理性は宇宙によって保持されている。 ナイアルラトホテップは創作の中の存在である上、その意志や真意を推し量ることは人類に過ぎた精神活動である。 以上のことから、ナイアルラトホテップは人々にとって無関係な存在であり、大きな影響を与えることは無いと言える。 私の正気は万物の流転の中に委ねられているが極めて平常で落ち着いた心持ちである。 SdE0thFP. ガチの月に吠えるモノデザインだな。 10連の中に虹石3個あって、うおっと思ったら、二個コレだった。 闇刻印の手段を他に持ってない雑魚には、使いこなさんやろか? ちなみに、もう一個はポセイドンさん。 闇終末グローリー強いし大丈夫じゃない?刻印キャラも増えてるし。 月が戦ってるやつかもよ。 刻印石だから合体召喚ないのでSAN値削れるのは持ってる人だけー。 唐突なクトゥルフで草は生えた。 どうせなら効果ランダムだった方がらしかったと思わないでもない。 バロワ砲的な。 いかん、間違った。 ルシウス「(ぼんやりする魔法を過剰摂取して)これでナイアルーラトホテーップ、ぶっとばーすぞぉぉぉ!! 凄いかわいい美少女の石だな。 啓蒙高いっすね -- [alDG4zWQtlY] 2020-06-13 土 22:55:18• 実際ドラガリでニャル様の貌の1つが速水さんだったな。 ハインヴァルト…速水さんの声が凄いマッチしてるキャラだと思うわ。 そしてこちらではシヴァの戦闘ボイスで笑う -- [Km4SXbJYrNg] 2020-06-22 月 21:41:19• なんかよくわからないものの介入を受けてますねこれは... 適度にいい感じに壊れてて良い。 適度にいい感じに壊れてて良い。 「私の理性は宇宙によって保持されている」の説得力がすごい -- [M1mWQPjw7fE] 2020-06-29 月 16:19:04 New! 通勤中、唐突にウリ公との合体召喚「ウリィ〜ッス、SANチェックです。 」が出てきて吹いた。 ヤバかった。 腐敗ってマ?今の時代で腐敗は冗談ですよね? -- [kuQRJANubUw] 2020-06-22 月 19:06:27• 気絶がよかったな -- [2. 今のままでも十分強いと運営は本気で思ってるんだろうな。 今は天司・アーカルム・ベリアルでほぼ3枠埋まって残りは実質1枠しか無いのに -- [eOFRPIZ0iss] 2020-06-22 月 21:51:44• 防御値高くてもこれをちみちみ召喚するよりバハ召喚した方が時短になると思う。 だから俺は使ってない。 -- [IeiKGt3PhNw] 2020-06-22 月 22:11:40• 強い弱い以前に何故追加召喚効果を現状何の役にも立たない腐敗にしたのか担当者を焼き土下座の刑に処したい -- [sX7F9RmVKGg] 2020-06-22 月 23:38:34• 現在の属性バランス的に普通に弱いのあてがっただけじゃないの -- [cC7kuQo. TSw] 2020-06-27 土 03:58:47• 元ネタ的にはターン制恐怖とかでも良かったよね -- [IiROIz6qGE2] 2020-06-24 水 12:07:55• フルオート用に入れるにしても闇はメインに終末握る事はほぼ無いから刻印付与手段が他属性より厳しいからなぁ。 しかも4凸しなきゃ実用性は無いに等しいから尚更魅力を感じない -- [tBrpUXZ79NE] 2020-06-23 火 01:01:24• おまけに刻印付与できるキャラも強みの薄いカリおっさんとフォルテだけだからね。 現状だと間違いなく、六属性の中で最も使い勝手が悪い立場。 -- [3JMhTpbWq3U] 2020-06-24 水 12:29:08• なんで物が腐ってるのに柔らかくならないんだろうな 腐敗は名前だけの毒だもんなぁ 敵が使ってくる固有のデバフにはターンダメージにあれこれちゃんとセットで効果ついてるとかするのに -- [8HHfb8x0xrQ] 2020-06-26 金 04:52:41• 3凸から4凸はもうほぼ誤差、もとに戻していいから 最終で使った闇エレ300個返してほしい。 せめて腐敗効果でなく暗闇にしてくれればよかったのに。 -- [aC.

次の

ナイアーラトテップ

ナイアル ラトホ テップ グラブル

1: 2: 3:ニャルラトテップ 4: 5: ナイアルラトホテップ Nyarlathotep とは、がした柱である。 概要 と肩を並べる知名度を誇る、を代表する性。 原文では 「Nyarlathotep」と表記されるが、方は一定していない。 では ナイアーラトテップ、ナイアーラソテップ、ニャルラトホテプ、ニャルラトテップなどと表記される。 や作品によって役割や性質が異なる事も多いが、おおむね的役割を演じる事が多い。 また往々にして、のみならず、自らが仕えるをも嘲笑する存在として扱われる。 以降の設定としては、と共にに反逆した存在としても扱われるが、何故かこの性のみがによる閉の罰にしていない。 として やを従えるほか、()と呼ばれる数の小のとして知られる。 後述するが、貌であるがその姿は一定ではない。 ただしの設定によれば、本来の姿は 「哮する貌のない円錐形の頭部を持つの塊で、触腕、鉤、手が際限なく伸縮するもの」として描かれる。 のなかで一人格を持っている存在であり、たちのを伝えるものとして認識されている。 とにかく化身が多い事でも知られ、のサプリメント「マ・ロルム」では化身だけで29に渡り記述されており、その数43種に及ぶ。 こういった事から他の性と混同される事もあり、ことに「貌のもの」の事の幾つかは伝承の過程でナイアルラトホテップに名前が変わってしまっている。 においては「 這い寄る混沌」の名で登録されている事が多い。 追記 ナイアルラトホテップはの宮「・・マッド」の近くで痴愚の王をる狂宴を嘲笑しながら眺めているたちのメッセン的存在である。 千の姿を持つ存在といわれているが々はそのすべてを知ることはないのであろう。 ナイアルラトホテップはただ人を殺すわけではなく、人が狂っていく過程を楽しむのである。 ああなんて悪な…… またの大いなるものを守護 監視 する存在であり、のに赴こうとする大いなるものを叱責する姿も見られているという。 ナイアルラトホテップを崇拝するとしてもっとも有名なものはの「の知」であろう。 「の知」はナイアルラトホテップの化身の一つである「闇をさまようもの」を崇拝している。 私的にはロに本部がある「暗の団」が一番惹かれる名前である。 それぞれの化身にがあるため、ナイアルラトホテップを崇拝するはたくさん存在する。 その全容をすることはかもしれないし、すべてのがナイアルラトホテップを崇拝している可性すらある。 を崇拝するものはナイアルラトホテップを通じて言葉を伝えることから、間接的にナイアルラトホテップを崇拝している可性があり、崇拝しているが実はナイアルラトホテップの化身である可性もあるのだろう。 血縁 の、又は、違いのなどとされているが、や、・はの「」とした。 妻はの・。 は数多く、 もだとわれている。 の中で最も恐ろしいのは。 又、の女 はであるとわれている。 二つ名・通り名・称号など• 這い寄る混沌• 闇に棲むもの• 貌のないい• 大いなる使者• 燃える三眼• に吼えるもの• 嘲笑する性• にも冒涜的なであるため 主な役割• 本来のの守護者(未知なるカダスを夢にめて)• を率いたにしての性の使者(以降の設定)• 人類自身が自ら破滅に向かうよう煽動する(計画) 化身 貌であるが、その姿は一定でなく千の貌と名を持つといわれる。 化身同士での殺し合いも可で、が化身を殺したのかを本人(?)が推理する作品まであったりする。 また「くペゾヘド」から出て来た化身にの化身が襲われかけてた事例もある。 の化身はに殺が可だが、その際にの姿を わざわざ見せて消える為、手にかけた者も発狂のにされる事必至である。 の いをったとしての姿。 あまりの美しさに対峙したものは魅了されて言いなりになってしまう。 上の権者のとして振舞い、に破壊と混沌をもたらす存在。 なお近頃ではウーマンリブに覚めたのか、ウーマンやソーシャとして振舞う事もある。 悪心(かげ) における化身。 の顔をした堂々たる偉丈夫で、政財界の重鎮として振舞っている。 の姿は暗の大をった武者で、の隙間からは絶え間なく腐食性の血がしたたり落ちる。 シュチャ 極めて難解な量子ので、これに挑むものは徐々に狂気へと落ちていく。 最終的にを解くとナイアルラトホテップに体を乗っ取られて同一化してしまう。 マン 人工知性としての化身。 のような姿をしているが全体はで出来ており、あらゆるを制御する。 その制御にはなく、蒸気やでの攻撃も行ってくる。 膨れ女 巨大な塊のような怪物。 牙の生えた巨大な口を五つ持ち、犠牲者に「口づけ」しての快楽を味わわせつつ、を吸い取ってしまう。 手にしたいで口元を隠すと何故か「うら若いの」に見えてしまう為、犠牲者は直前までの姿に気づかない。 闇をさまようもの 最も著名な化身の一つ。 くペゾヘドによって召喚され、「三つれた燃え上がる」を持ち、の闇の中でのみ顕現する。 の化身 基本的に「あるいはの肌」「魅的な美貌」が特徴だが、もちろん例外もある。 の知恵を率いて活動に勤しむナイ、奏者の・、の「宣伝屋」ハー・パッテンなどが著名な存在。 また研究の者など、人類に破滅をもたらす可性のある分野にも関与している。 暗の男 通りの姿をした男の姿。 トやの集会に姿を現しては人々に邪悪な知識を授ける。 の宗など、多数のに信仰されている。 この他にもロのパ、の・サムディ、テカの、のなど、既存のが化身と見なされる事がある。 その他、マ・ロルムに掲載されている化身を羅列しておく。 のアトゥ、暗の、暗の、ウィッン、浮き上がる恐怖、ド・の使者、だまり、い雄、い、い、、格の恐怖、・ランタン、宿、シュゴーラン、、小這うもの、血塗られた舌、を持つ男、嘆きもだえるもの、の像、ニャト、の姿、這い寄る、皮膚なきもの、の男、貌の、、闇に棲みつくもの、闇の、ル 輝くトラペゾヘドロン なる闇の中で覗き込む事で、ナイアルラトホテップを召喚できる。 大きさは約4(約10. )の結晶体で、い線の入ったい多面体。 不均整な形状のに7本の支柱でり下げられている。 日本でのナイアルラトホテップ 千の貌だのという側面もあってか、では較的好まれており、発の生作品に登場する。 「自己」「すべきはた迷惑」「」等、で様々な扱われ方をしている。 特に作品である「」の「」はされた事もあって、であるでも知られる存在となっている。 また、生作品とそれに応じたナイアルラトホテップの多さを逆手に取り、数多のナイアルラトホテップが 集結するという「混沌大殲」をが打ち立てたことも。 ちなみにパロ元の「全ての可性」の方にもナイアルラトホテップは参戦している。 関連商品 関連コミュニティ 知りたければ、ただ待てばいい。 ネ=カの官がの下を訪れるだろう。 関連動画•

次の

召喚石「ナイアルラトホテップ (SSR)」の詳細・性能・評価

ナイアル ラトホ テップ グラブル

概要 [ ] 初出はの短編小説『(1920年)』。 この小説でナイアーラトテップは古代エジプトのファラオのような「背の高い浅黒い男」と表現されている。 「」体系におけるナイアーラトテップはの一柱にして、を筆頭とするにされるでありながら、自身の主で旧支配者中、最強のアザトースと同等の力を有するであり、人間はもとより他の旧支配者達をもさげすんでいる。 がない故に千もの異なる顕現を持ち、特定のを持たず、とをもたらすために自ら暗躍する。 彼が与える様々なや秘法、などを受け取った人間は大概自滅している。 であり唯一恐れるものはと位置づけられる旧支配者のみ。 また旧神とも対立している。 旧支配者の中で唯一を免れ、他の旧支配者と違い自らと接触するなど、クトゥルフ神話において特異なを占める神性(神格)であり、クトゥルフ神話におけるとも言える。 のと言われ、は、大の女神、に 影の女悪魔と呼ばれる女神がいる。 また配下にとが存在する。 さらにでの下級の神々を保護する一団「異形の神」の一柱として活躍する。 神性 [ ] ナイアーラトテップ 設定の流用が比較的自由となっているクトゥルフ神話でもナイアーラトテップの誕生は、ダーレスとラヴクラフトでかなりの違いがある。 ラヴクラフトがその作品や作家仲間への手紙の中で書いた内容は、以下の通りである。 このの中心、正常なが通用しない混沌とした世界には、絶対的な力をもった存在(Azatoth)が存在し、その従者の吹き鳴らすに合わせて絶えず形な巨体を蠢かしているとされる。 アザトースはとてつもなく巨大で絶対の力をもった存在だが、でなので、自らの分身として三つのものを生んだ。 闇から、無名の霧からそしてたる這いよる混沌ナイアーラトテップである。 ナイアーラトテップは、自らの主人でありであるアザトースら異形の神々に仕え、知性をもたない主人の代行者としてその意思を具現化するべくあらゆる時空に出没する。 ラヴクラフトの短編『未知なるカダスを夢に求めて』では、簡単にひねり潰せるはずのランドルフ・カーターを騙して自滅に追いやろうとするなどでは、的な役割を当初から担わされており、このあたりはその後のと変わらない。 また『未知なるカダスを夢に求めて』においてカーターに逃げられ、に戻って神々を罵っていた。 化身 [ ] 無貌なるがゆえにナイアーラトテップは様々なをとる。 の姿をとるときには、長身痩躯で漆黒の肌をした人物、から来た高貴なのごとき、のを推進する、星の知恵派の(ナイ神父)、を操る暗黒の男などの姿で現れ、人の世に混乱とをもたらす前触れとなる。 にしばしば現われる「黒い男」もまたナイアーラトテップの化身であるとされ、において「暗黒のファラオ」と呼ばれた王、ネフレン=カはナイアーラトテップに捧げるあまりにも忌まわしいを行ったため、その名をから抹殺された。 一方で這い寄る混沌と呼ばれる姿は、、が自在に伸縮する無定形のの塊と咆哮する顔のない形の頭部によって特徴付けられる。 から顕現した際には、黒いと三つに分かれた燃え上がるが闇に浮かびあがったという。 千の異なる顕現(化身)は同時に地球上に存在可能である。 中には普通に人間として暮らしている者も少なくなく、そうした顕現の一人が何者かに殺され、その謎を追う別な顕現の一人称で展開する風の短編もある。 土地 [ ] ンガイの森(Wood of N'gai)• 登場作品:「闇に棲みつくもの」(The Dweller in the Darkness) の北部中央のリック湖周辺の深い森。 ナイアーラトテップが七太陽の世界から地球に降り立つ際の住処で、森の中央部には顔の無い無定形の生物(夜に吠ゆるもの)の似姿が刻み込まれた古い平石がある。 にの部下である炎の精によって焼き払われた。 惑星シャールノス(Sharnos)• 登場作品:「アルソフォカスの書」(The Black Tome of Alsopho-cus) ラヴクラフトが遺した断章をワーネスが短編小説に膨らませたもの。 ナイアーラトテップの幽閉地にして故郷。 黒檀の宮殿がある。 別名一覧 [ ]• 「這い寄る混沌 The Crawling Chaos 」• 「無貌の神 The Faceless God 」• 「暗黒神 The Dark Demon 」• 「闇に棲むもの Dweller in Darkness 」• 「燃える三眼」• 「顔のない黒いスフィンクス」• 「ブラックファラオ The Black Pharaoh 」• 「大いなる使者」• 「強壮なる使者」• 「百万の愛でられしものの父」• 「夜(月)に吠ゆるもの Howler in the Dark 」• 「盲目にして無貌のもの」• 「魔物の使者」• 「暗きもの Dark One 」• 「ユゴスに奇異なるよろこびをもたらすもの」• 「古ぶるしきもの」• 「膨れ女 Bloated Woman 」• 「血塗れの舌の神 The God of the Bloody Tongue, or the Bloody Tongue 」 など 発想 [ ] 1921年、ラヴクラフトはラインハルト・クライナーに送った手紙の中で、自分が見た夢を、「私が10歳の時に体験した最も現実的で恐ろしい[悪夢]」と関連付けた。 この経験は、散文詩『ナイアルラトホテップ』の題材となった。 夢の中で、ラヴクラフトは友人 ()から次のような手紙を受け取った。 プロヴィデンスに来るならば、ナイアーラトテップを見逃してはならない。 それを見てからというもの、数時間後たっても忘れられない。 未だに身震いする。 ラヴクラフトのコメントは次のようなものだった。 私はナイアーラトテップという名前を聞いたこともないはずだが、それについて理解できたように思えた。 ナイアーラトテップは、世界中を飛び回る興行師または講師で、公会堂で開かれた展覧会で、恐怖と議論を喚起させていた。 この展覧会は2つの出展物から成っていた。 もう一つは、科学的で電気的な装置を使った、いくつかの驚くべき実験を行っていた。 私は手紙を受け取った時、ナイアーラトテップがちょうどプロヴィデンスにいたことを思い出した。 私は人からあまりにも恐ろしいのでその展覧会を見に行ってはならないと警告されたことも覚えていた。 しかし、ラヴマンの手紙が私を決断させた。 私は家を出て、夜中に全員が恐怖に呻き、一方向に向かって歩いていく群衆を見た。 私は彼らに加わって、偉大で、曖昧模糊とした、形容できないナイアーラトテップを一目見ることを恐れながら熱望していた。 ()は、この夢のナイアーラトテップの像は、発明家のから発想を得ている可能性があると推測している。 その講演には、電気装置を用いた印象的な実験が含まれており、一部の者にとって不吉なもののように見えていた。 は、ナイアーラトテップ(Nyarlathotep)という名前は、ラヴクラフトが愛好した作家であるの作品の二つの名前から影響を受けている可能性があると指摘している。 ナイアーラトテップが主題の作品 [ ] 英語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。 クトゥルフ神話作品 [ ]• ナイアルラトホテップ(ハワード・フィリップス・ラヴクラフト)• 壁のなかの鼠(ラヴクラフト)• 闇をさまようもの(ラヴクラフト)• 尖塔の影()• アーカム計画(ブロック)• (ラヴクラフト)• 無貌の神(ブロック)• 暗黒のファラオの神殿(ブロック)• 闇に棲みつくもの(オーガスト・ダーレス)• 蠢く密林(デヴィッド・ドレイク)• 未知なるカダスを夢に求めて(ラヴクラフト) その他の作品 [ ]• (ニャルラトホテプ(ペルソナ)) - 神取鷹久が所持しているペルソナ。 条件を満たすとプレイヤーも所持できる。 (ニャルラトホテプ、這い寄る混沌、月に吼えるもの) - 普遍的無意識の破壊性を司る存在として登場する。 (ナイアルラトホテップ)• (這い寄る混沌) - 種族名であり、「混沌の勢力」と呼ばれる侵略宇宙人の名前。 外見はそのものである。 (ナイア)• (ニアーラ)• (無貌の神)• (ニャルラトテップ)• (ニャルラトホテプ) - 個体名ではなく異星人の種族名であるとされている。 (無貌なる神)• (チクタクマン)• (The M)• (ニャルラトテップ)• Nyarlathotep• (ナイアルラトホテップ)• (ないあらとほてっぷ、這い寄る混沌)• アスタロト外伝、クレプスキュール三部作( - 前者では魔界の帝王サタンに封印され、物語の終盤に復活する古代妖魔として、後者ではただ一柱のみ天帝による封印から逃れたクトゥルーの邪神であり、主人公の遠い先祖として登場する)• - のパロディと共に登場。 - 顔があるのに顔が無い、顔は見えているのに顔がわからない、「無貌」の存在。 「這いよる混沌」と同じ名で呼ばれる。 (ナイアーラ・ホテップ、偽神ナイアーラ)• (ナイアラトテップ)• (ナイアラルトホテップ)• (ナイア) - 先述の「斬魔大聖デモンベイン」のアニメ版「機神咆吼デモンベイン」に準じた役目。 ニャルラトホテプ• はいよる混沌• - ナイアーラトテップは、夏のイベントにおいてムーンキャンサークラスのサーヴァントであるBBに力を貸している。 - 貌無き奈烙の瞳 ニャルラトテップ• 鳴神千影 - 這い寄る混沌の力を宿すアーティファクト「無貌なる漆黒」を用いてナイトカオスに変神する。 関連事項 [ ]• Shining Trapezohedron 脚注・出典 [ ] []• HP Lovecraft, , The Doom that Came to Sarnath, New York: Ballantine Books, 1971, 57—60. July 16, 2015, at the. E・P・バーグランド『Wings in The Night』 「SHARDS OF DARKNESS」()所収。 ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの『未知なるカダスを夢に求めて』• 「エンサイクロペディア・クトゥルフ」の異形の神の項より• 「Noir-Lathotep」LINDA・L・DONAHUE=「CTHULHU UNBOUND」 Permited Press• Lovecraft, letter to Reinhardt Kleiner, December 21, 1921; cited in Lin Carter, Lovecraft: A Look Behind the Cthulhu Mythos, pp. 18—19. Will Murray, "Behind the Mask of Nyarlathotep", Lovecraft Studies No. 25 Fall 1991 ; cited in Robert M. Price, The Nyarlathotep Cycle, p. Price, pp. vii, 1—5. 外部リンク [ ]• - (著、大久保ゆう訳).

次の