探鉱者 第五人格。 Identity V機械技師庭師コスプレ衣装アイデンティティ ⅴ 第五人格 空軍傭兵コスプレ仮装激安販売

【第五人格】探鉱者はなぜ強いのか?【Identity V】

探鉱者 第五人格

本記事では、探鉱者はなぜ強いのかについて、詳細な分析を行っていきます。 探鉱者……私はとして、探鉱者の評価記事を執筆しました。 今のところこの評価を変えるつもりはありません。 それは、同じスタン仲間であるオフェンス同様に、探鉱者を使いこなすにはある程度の慣れが必要だからです。 S評価の占い師は初心者から上級者まで使いやすいことを評価点にしているので、決して初心者にとって使いやすいわけではない探鉱者はA評価としました。 しかし、 オフェンスと比較して強いのではないか?という話が出始めるほどになっています。 なぜなのでしょうか。 オフェンスのは有限、探鉱者の磁石は無限 ハンターとしてオフェンスと戦っているとわかりますが、そこそこ離れたところからのタックルを3発程度使って、更に逃走やタックル外しもしていると、切れを起こしてきます。 どんなにオフェンスにやられてもいつかはボールが切れるので、それまでの我慢になるんです。 一方、探鉱者の磁石は切れません。 一度に使えるのは最大3つですがそれだけあれば十分ですし、椅子に座らせていても溜まります。 調香師、マジシャン、空軍といった面々のように使いきりでもなく、占い師のように溜めるためにはを続けなければならないということもなく、椅子でも溜まるというのは強みです。 解読速度100族 椅子に座っていても能力が溜まる 害悪サバイバーとしては祭司もいますが、祭司は解読速度70族です。 スタン仲間のオフェンスも70族ですし、空軍は誰かを椅子に縛っていれば40となり、まともに解読を進められません。 こういった特徴があるため、例えば祭司を無理に追わずとも、その時間で他のサバイバーを仕留めればいいという考え方ができるのです。 解読班に祭司がいる状況は、それだけ通電までの時間が伸びているということになりますから。 一方、探鉱者にはそのような考え方ができません。 100族で、かつ調整判定が多いということもあり、他の解読速度100族よりも数秒早く解読完了することすらあります。 追加デバフではなく追加バフ 占い師はともかく、調香師は調整失敗で解読進捗大幅ダウンや、治療に必要な時間の大幅な増加というデバフがあります。 マジシャンには椅子から救助される際に2倍の時間がかかるという強烈なマイナス効果があります。 一方の探鉱者が持つ「生存力」「磁力吸引」という特質は明らかにプラス効果です。 私はこれを良質な調整の結果と見ていましたが、それは磁石スタン能力が微妙であるという前提のもとであり、上に挙げたように磁石スタンが使いこなせる人にとっては至れり尽くせりという有様です。 ちなみに、探鉱者の引き寄せはハンターと壁との距離が離れているほどにスタン時間が長くなるという特徴があり、これを活かすように 壁と並行方向に距離を伸ばして磁石を発動させるとスタンが長くなります。 小屋周りや赤の教会ではかなり効いてくるテクニックです。 私も使いこなせるようになりたいなと思いました。 Apollon24.

次の

【第五人格】探鉱者はなぜ強いのか?【Identity V】

探鉱者 第五人格

外在特質 効果 隕石の磁石 隕石の磁石を携帯し、タップ後その場所で投げ、チャージ後指定の位置に放つ。 磁石は周囲のサバイバー或いはハンターに吸い付き、その者の極性をNかSにできる。 極性は20秒間持続する。 磁石を携帯する者は互いに近づくと連結が発生し、離れると連結は解ける。 更に一定距離まで近づくと同極は弾かれ、異極は引き寄せられる。 ハンターは同極連結を解かれると極性が消失する。 探鉱者は永久極性を持ち、磁石に吸い付けられることはない。 その他の者の極性は互いに一度弾かれ、または引き寄せられた後消失する。 探鉱者はいつでも磁石の極性と自身の極性を切り替えられる。 磁石は探鉱者の専用道具であり、他の道具に持ち直すこともできない。 生存力 野外探索の作業環境は探鉱者の心と体を強くし、他人、および自己治療速度を20%アップさせる。 磁場妨害 隕石の磁石の磁場は暗号機の正常動作を妨害する。 探鉱者が解読すると、調整確率が50%アップし、調整難易度は30%アップする。 磁場の磁力は非常に強力で、極性を持つ者が互いに弾かれる、または引き寄せられる途中で物体にぶつかると、気絶状態に陥る。 衝突するまでの移動距離が遠いほど、気絶状態も長くなる。 磁力吸引 探鉱者は磁石や鉄製品の扱いに優れており、磁力を利用して移動速度をアップさせることができる。 暗号機またはロッカーの一定範囲内に入ると、移動速度50%アップ効果を得て、2秒持続する。 この効果は80秒に1回のみ発動できる。 探鉱者の特徴 磁石の効果を利用して立ち回る.

次の

【第五人格】シーズン6で入手できる報酬一覧

探鉱者 第五人格

探鉱者そこそこ使う勇士です。 自分は磁石を無駄にしないことを心がけています。 質問者さんのランク帯がわからないのでお節介なアドバイスになるかもしれませんが、磁石は無闇矢鱈に使うのではなくハンターが必ず通るところに投げたり、避けると遠回りせざるを得ないという時に使うと効果的です。 とにかく相手に吸わせるような動きをしたいといつも考えてます。 磁石がたまる時間が少し長いのでそこは注意した方が良いかもしれません。 ファーストチェイスを引いて考えずポンポン使った挙句即死とか最初はよくやっちゃってました。 二吊目や飛び確のチェイスを補助したり風船救助してあげるのもかなり重要だと思います。 スタン時間が短くても座らせないことが大事なので、積極的に狙って良いと思います。 人格は左右に振ってる人が多い印象です。 勿論右下でも全然問題ないです。 自分は左右に振って、救助後の補助でトンネル回避に行くことが多いです。 あと暗号機ラス1の時はチェイス補助をして寸止めまで時間稼いだりします。 地雷プレイに関しては実際いたんですけど、救助も粘着も行かないでチェイスと解読しかしない探鉱者はブラリス入れますね。 このキャラを使うのならせめて飛び確を守るための動きはしてほしいです。 磁石の切り替えとか使うタイミング、相手に吸わせるためのPSとか最初は難しいと思いますが慣れたらとても楽しいキャラです。 同じ探鉱者使いでも人によって戦略が違うと思うので一概に自分が正しいとは思いません。 頭の片隅にでも留めておいてくれればと思います。 長々と偉そうに失礼しました。 応援してます。

次の