アイフォンの写真をパソコンへ。 iPhoneからPCに写真を取り込めないときの10の対策

iPhoneで撮った写真が変な拡張子.heicになってる!PCで見れない!って人のために解決方法をまとめました。

アイフォンの写真をパソコンへ

264」という保存形式でした。 265 」という形式が標準になりました。 これはファイルサイズの点から、画像や動画を効率良く管理するためです。 写真や動画をたくさん撮る方は、高効率な新しい形式のほうが メリットがあります。 しかしパソコン側が未対応のため、そのままの形式では使えないという デメリットがあります。 すでに「Googleフォト」や「Dropbox」など、一部「HEIF/HEVC(H. 265)」形式をサポートしているサービスもあります。 しかし現状では、パソコンで使用する機会が多い方には不便です。 iPhoneで撮影した写真をパソコンで利用する方は、以下のいずれかの方法で対処できます。 ・これまでどおりJPEG形式で保存されるようにする ・iPhoneやiPadの設定を変更し、パソコンに転送する ・変換サービスを使い、形式を変換する これからその方法を、順にご説明します。 これまでどおりJPEG形式で保存されるようにする 写真や動画をどちらの形式で保存するかは、 標準の設定アプリで行います。 265 」形式にするかを選択します。 264」形式で保存されるので、設定後に撮影したものはそのままパソコンで利用できます。 iPhoneやiPadの設定を変更し、パソコンに転送する iPhoneやiPadからパソコンへ転送する時に、自動的に形式を変換する方法です。 1).標準の設定アプリから「写真」を開きます 2).「MACまたはPCに転送」の項目を確認します 「元のフォーマットのまま」にチェックが入っていた場合は、「自動」へ変更します。 これで 転送(保存)すると、下のように自動的に形式が変換されるので、パソコンでそのまま使用できます。 写真は、「HEIF」 から 「JPEG」 へ 動画は、「HEVC(H. 265)」 から 「H. 264」 へ 写真・動画をパソコンに転送するには 実際に写真や動画をパソコンに転送するには、下の3つの方法があります。 ・iPhoneとパソコンをケーブルで接続して、写真・動画を読み込む ・iOS10以前のiPhoneやiPadや、Sierra以前のMacへ、AirDropを使って転送する ・iOS11で追加された「ファイル」機能を使い、iCloud DriveやDropbox等に保存する 「ファイル」機能を使うと、パソコンや他のiPhoneなどを使わずに形式変換できます。 これが一番簡単な方法だと思います。 iOS11で追加された「ファイル」機能を使う iOS11では、パソコンと同様にファイルを管理できる 純正アプリ「Files」が追加されました。 この機能を使い iCloud Drive や Dropbox に保存すると、自動的に変換されます。 ただアップロードするファイルが多いときは、iCloud Drive や Dropbox で使える容量をオーバーしないよう気をつけましょう。 1).標準の写真アプリの出力メニューから「ファイルに保存」を選びます 2).保存する場所を選び、右上の「追加」を押します もしDropboxなどを選んで追加ボタンが押せない場合は、一度iPhoneのDropboxアプリを開き、ログインすると可能になります。 パソコンでDropboxを開くと、指定した場所にJPEG形式に変換された画像が保存されています。 変換サービスを使い、形式を変換する JPEG形式に変換できるアプリやウェブサービスもあります。 変換サービスを使う ブラウザで利用する、海外の無料サービスを2つご紹介します。 【Convert Heic Photos to JPEGs】 パソコンに保存したHEIF形式のファイルを、点線枠内を押して選択するか、ドラッグアンドドロップすればJPEG形式に変換されます。 変換後30分を超えると、アップしたファイルは削除されるようです。 【Convert image online】 パソコンに保存したHEIF形式のファイルを「 参照」で選び、「 Convert Now! 」のボタンを押すと変換されます。 Heic 2 Jpg こちらは、iPhoneの有料アプリ(¥240)です。 iPhoneにHEIF形式で保存されている写真を、まとめてJPEG形式に変換することができます。 なお変換後に、元のHEIF形式の写真を削除することもできます。 iPhoneで一度に変換したい場合には、便利なアプリです。 ウェブサイト制作やコンサルティング、ネット活用のご相談、セミナー講師依頼など、ご相談やご質問は、 から、ご連絡下さい!.

次の

iPhoneの写真をパソコンに取り込めない・移行後に表示されない対処法を解説!

アイフォンの写真をパソコンへ

PCの画像をiPhoneに転送するには Last update 2016-08-05 01:11 パソコンに保存された写真や画像をiPhoneに転送してみましょう。 方法は簡単。 パソコンからiPhoneや、iPadに写真を転送する方法は、大きく分けて3種類。 Sponsored Link• 最も手軽な方法は、iCloudのを利用する方法。 写真や画像をiCloud専用のフォルダに保存、コピーするだけで自動的にiPhoneに転送されます。 ただし、フォトストリームは Wi-Fiにつながっている状態じゃないと使えないので、Wi-Fiがない場合はUSBケーブルをつないで転送するを試してください。 また、写真や画像をフォルダごとに分けておきたい。 という場合も、がお勧めです。 自宅や職場、学校にWi-Fiがないよ!という人は、ので、それらを利用する方法もありだと思います。 もし、1枚1枚リアルタイムに、そしてもっと手軽に転送したいのであれば、がお勧めです。 iPhoneに画像を転送するには iTunes編 転送したい画像をフォルダにまとめる まずは、iPhoneに転送したい写真や画像を準備します。 キーボードの「Winキー」と「Xキー」を同時に押します。 「ピクチャ」をクリックします。 適当な名前をつけ、フォルダを作成します。 このフォルダにiPhoneやiPadに転送したい写真を保存します。 iTunesを起動する 次に、「」を立ち上げ、iPhoneやiPadとパソコンとをUSBケーブルで接続します。 パソコンとiPhoneをケーブルで接続すると、iTunesの左上に iPhoneのアイコンが表示されます。 (時間がかかる場合があります) ここをクリックします。 「すべてのフォルダー」でもいいのですが、ここをチェックしたままだと「ピクチャー」にあるすべての写真が転送されてしまうので、「選択したフォルダー」をチェックし、先ほど作成した 「iPhoneに転送」 にチェックを入れます。 その下に転送したいフォルダーのリストが表示されるので、転送したい写真が保存されたフォルダーをチェックします。 「写真を同期」がない!?対処法 すごく多い問い合わせの1つが、「iCloudフォトがオンです」という表示になっていて、「写真を同期」というチェックボックスがない!というもの。 これは、「iCloudフォトライブラリ」がオンになっているためです。 なお、iCloudフォトライブラリについては、を参考にしてください。 iCloudフォトライブラリをオフにするには、iPhoneの 設定を開き、「写真とカメラ」をタップします。 一番上にある「iCloudフォトライブラリ」をオフ 灰色 にします。 一度ケーブルを抜いたら、もう一度差し込んでから実行してみてください。 チェックを入れると、iPhoneに転送後のiPhoneの容量が表示されます。 あまり転送する写真が多すぎると、iPhoneの容量をオーバーしてしまうので、注意してください。 最後にiTunesの右下の「適用」をクリックすると転送が始まります。 転送中は転送状態がiTunesの上の方にバーで表示されるので、このラインがなくなるまでケーブルをはずさないでください。 なお、次回以降、ケーブルを繋ぐたびに自動的に転送されるので、転送したいときは先程のフォルダに写真を保存し、iPhoneをケーブルで繋ぐだけでOKです。 iPhoneで開くには この方法で転送した画像は、「写真」を開き 画面右下の「アルバム」を開くと、フォルダごとに写真がまとめられて保存されます。 転送した写真を消すには 転送した写真を消すには、転送するフォルダの中の写真を削除するか、別のフォルダに移動させ、その後、iPhoneとパソコンをケーブルで接続し、同期するとiPhone側の写真も消えます。 iCloudのフォトストリームを利用する フォトストリームは、本来は iPhoneからパソコンにケーブルを使わずに、写真や画像を転送する便利な機能なのですが、 パソコンからiPhoneやiPadにも転送できます。 フォトストリームについて詳しく知りたい場合は、を参考にしてください。 フォトストリームでiPhoneに画像を転送する方法は、以下の2種類があります。 1枚1枚転送させる場合 まずは「エクスプローラー」を立ち上げます。 Windows8の場合は、キーボードの「Winキー」と「Xキー」を同時に押し、 表示されたメニューから「エクスプローラー」をクリックします。 「お気に入り」の中にあります。 画像選択画面になるので、iPhoneに転送したい写真をクリックします。 この方法でiPhoneに転送すると、「写真」の中の「アルバム」の中の「自分のフォトストリーム」というアルバムの中に転送されます。 しばらくすると、iPhoneに写真が転送されているはずです。 注意点としてiPhoneで開く場合、日付順に表示されるので、写真を撮影した(もしくはパソコンに保存した)日付が古いと、iPhoneのフォトストリームの下の方に紛れてしまうかもしれません。 まとめて一気に転送する エクスプローラーで「iCloudフォト」を開き、中にある「アップロード」というフォルダが有るか確認します。 この「アップロード」に保存された画像や写真は、自動的にiPhoneに転送されるので、iPhoneに送りたい画像があれば、このフォルダの中にコピーすればOK。 なお、音楽の同期と違い、iPhoneに転送したあとは「アップロード」フォルダの中にある画像を削除しても、iPhone上の画像は削除されません。 iPhoneから画像を開くには 転送された画像をiPhoneで開くには、「写真」を開き、 画面右下の「アルバム」を開き、「自分のフォトストリーム」に転送されます。 古い写真は、奥のほう(というか上の方)に表示される可能性があるので、注意してください。 パソコンからiPhoneに写真を転送する LINE編 素早く写真を転送したい!なんて場合は、LINEやFacebook経由で写真をアップロードするのが簡単です。 ちなみにしたり、もあるので参考に。 アンドロイドの場合は、右上にある「・・・」をタップします。 「友だち追加」をタップします。 「グループ作成」をタップします。 友だちに追加されました。 パソコン版のLINEにも友だちリストに表示されました。 作成したグループをパソコン側で開き、好きな写真や画像をトーク画面にドラックします。 スマートフォンのLINEに写真を送ることが出来ました。 Facebook 複数のLINEのアカウントがない。 もしくは、たくさんの写真を転送したい。 という人は、Facebookの方が手軽かもしれません。 パソコンのブラウザでFacebookにログインしたら、近況をアップデートの入力欄にiPhoneにコピーしたい写真をドラッグ・アンド・ドロップします。 アップロードが開始されます。 転送したい写真が複数ある場合は、同じように入力欄に写真をドラッグします。 アップロードが完了すると、写真のサムネイルが表示されます。 必要に応じて写真の説明(コメント)を入力します。 この時注意しなければならないのが、他人に見せたくないような写真の場合は、 公開範囲を「自分のみ」にしておくこと。 最後に「投稿」をクリックすれば、Facebookに写真が反映されます。 FacebookアプリやiPhoneのブラウザからFacebookにアクセスし、自分のタイムラインを表示させます。 すると一番上に、今投稿した写真が表示されるので、タップします。 写真が全画面表示になったら、写真をタップし続けます。 するとメニューが表示されるので、「写真を保存」をタップするとiPhoneに写真を保存出来ます。 今回はFacebookを経由したiPhoneに写真を転送する方法を紹介しましたが、Facebookのアカウントを持っていない場合は、mixiやアメーバなど同じような方法で写真を転送することができます。 iPhoneで開くには Facebook経由で保存した写真は、まず「写真」を開き、 「カメラロール」の中に保存されます。 またサムネイルは、そのフォルダの中の一番最後に更新された画像のようです。 関連ページ• どうすれば良いのでしょうか。 ご返答宜しくお願い致します。 ありがとうございます。

次の

iPhoneの写真をiTunesでWindows PCへ転送する

アイフォンの写真をパソコンへ

【 本記事のターゲット 】• iPhoneで写真をよく撮る• データはiPhoneの中に入れっぱなし• パソコンにiPhoneの写真データを転送・取り込みたい 今回はiPhoneに保存されている写真データをWindows 10 PCへ転送・保存する方法をご紹介します。 スマートフォンとして、iPhoneを持っている方は非常に多いかと思います。 そこで、つい最近Windows 10を搭載しているパソコンにiPhoneの写真を保存するという機会があり、普段Macを使っているmogにとっては恥ずかしながら最初やり方が分からなかった... 汗 という事で、下記にWindows 10 パソコンにiPhoneの写真データを保存・転送する方法を画面キャプチャ付きで分かりやすくご紹介したいと思います。 TIPS:Androidのスマートフォンにある写真をパソコンへ転送・保存する方法や撮影した動画をパソコンへ転送・保存する方法に関して、下記別記事にて纏めていますので、良ければご確認下さい。 Windows 10 パソコンにiPhoneの写真を転送する手順をご紹介 今回利用したのは上記のようなWindows 10搭載パソコン、iTunesなどのソフトは一切インストールしていないクリーンなPCでの取り込み手順となります。 特に特別なソフトなどは必要なく、Windows 10 標準機能でiPhoneの写真データを取り込む・パソコンに保存する事が可能です。 パソコンとiPhoneをLightning - USBケーブルで接続 まずはiPhoneとWindows 10搭載パソコンをUSBケーブルで接続します。 特に問題なければ、下記のようにエクスプローラー(何かしらのフォルダをダブルクリックすれば表示されます)を開くと、左側の列に「Apple iPhone」といったアイコンが表示されるはずです。 もし表示されない方は1分程焦らず待機してみましょう。 またiPhoneの画面も一度見てみましょう。 iPhoneの画面上に• このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか? と表示されている場合は「許可」をタップしましょう。 そうすれば上記のようにアイコンが表示されるはずです。 表示されたiPhoneを右クリック、画像とビデオのインポートをクリック iPhoneのアイコンが表示されたら、アイコンの上にマウスポインタを移動させて「右クリック」を実施しましょう。 最近ふと気がついたのですが、最新のノートPCなどではトラックパットが1枚になっていて、右クリックという物が存在しないタイプが多くなってきています。 マウスを利用している人は右クリックでいいのですが、1枚タイプのトラックパットタイプのノートPCを利用している人は、慣れないかもしれませんが2本指で同時にトラックパットをクリックしてみましょう。 動作としては右クリックと同様となりますので。 上記画像のように表示されたら、「画像とビデオのインポート」をクリックしましょう。 そうすると下記のようなポップアップが表示されます。 一部の写真のみを選択して取り込む事も出来るし、新しく撮影した写真を一括で取り込む事も可能です。 左下の「その他のオプション」をクリックしてみると... 写真データのインポート(取り込む)先のフォルダを指定したり、取り込む際のファイル名の命名規則を設定したり、インポートした後にiPhoneから画像データを自動削除するといった設定などが出来るようになっています。 パソコンにインポートする(取り込む)写真を選択 今回は写真を選択してインポートしてみたいので、先ほどの画面で「インポートする項目を確認、整理、グループ化する」を選択して「次へ」をクリックします。 すると下記画面が表示されます。 右下の「グループの調整」という項目をすると、分類する間隔を調整する事が出来ます。 デフォルトでは撮影した時間を元に「3時間」間隔で写真データを分類・グループ化されています。 そのまま右下のインポートをクリックしてしまうと、全ての写真が取り込まれてしまいますので、まずは左上の「全て選択」のチェックボックスを外します。 その上で、今回インポートしたい写真が入っているグループ項目を見つけ出し、右側の青文字に表示されている「xx項目を表示」をクリックします。 すると下記画面が表示されます。 サムネイルとして写真データが表示されるので、左上の「全て選択」のチェックが外れている事を確認した後、今回パソコンに取り込みたい画像をクリックしてチェックを入れます。 この状態で右下のインポートをクリックすると、選択した画像データのみパソコンに取り込む事が可能です。 パソコンに写真データが保存されたか確認する では実際にiPhoneの写真データがWindows 10搭載パソコンに保存されたかどうか確認しましょう。 今回はデフォルトの設定なので、「ピクチャ」フォルダの中に保存されているはずです。 先ほどと同様にエクスプローラーを開いて、左タブのPCの中から「ピクチャ」をクリックしてみましょう。 そうすると上記画面が表示されるかと思います。 すると、先ほど選択したiPhone内の写真がちゃんとインポート、パソコン内に保存されているはずです。

次の