キム ヘス。 キム・ヘス

キムヘスがユへジン元恋人と結婚しない理由に弟や映画の胸が凄い

キム ヘス

キムヘスクプロフィール 김해숙 金海淑 キム・ヘスク 1955年12月30日生まれ 釜山市出身 158㎝ B型 看護学校中退 キムヘスクさんと言えば国民的オモニと言われるほど、各ドラマで印象的なお母さんを多く務めました。 今より少し若い時は母親役ばかりであることに女優としての存在感がないのではないかと悩んだこともありました。 しかし、いつからか「母親」自体が一つのジャンルのように思え、母親の存在の偉大さを感じて光栄に思うようになったそうです。 母親役以外にも演技の幅が非常に広く、また映画ではドラマとは違った役を多く務めており、犯罪者や残忍な母親、泥棒、喫茶店のマダムなどどれも強いインパクトを残しています。 キムヘスクさんが演じた母親役は亡くなってしまうストーリー。 「キムヘスク 死亡」という検索ワードがあるのはそのためです。 スポンサーリンク キムヘスクの若い頃 キムヘスクさんは一人っ子で、1歳のころお父さんを亡くし、お母さんは再婚せず一人で育ててくださいました。 親戚もおらず、本当にお母さんと二人きりだったそうです。 お母さんは娘をピアニストにしたいと考え、5歳から教室に通わせました。 キムヘスクさんはピアノの他、小学5年生の時にはKBS子供合唱団の団員として活動したり、教会の独唱大会では1位に選ばれたり音楽の素質があったようです。 学生時代は常に男子学生の視線を感じるほど美人で、放送部に入りアナウンサーや声優などの活動をして華やかに過ごしていました。 ヒーリングキャンプ番組キャプチャー 高校の音楽の先生に勧められて声楽を専攻しようとしましたが、大学は不合格になり、浪人することに。 真面目に勉強せず、友達と4人で街をぶらついていたところ行列を発見! 何の騒ぎかとみてみると「1974年MBC公募採用タレント募集」をしていたところでした。 何となく列に並んで順番が来て、何となく挑戦したところ、放送部の経験が生きたのか合格。 (お友達二人は落選) 600倍の競争率を突破して2次審査へ。 当時、芸能人といえば韓国社会では見下される職業だったため、お母さんは反対すると思われましたが、本人の意思を尊重して2次審査のための素敵なワンピースを買ってくださったそうです。 こうして2次審査も合格してMBCタレント7期として芸能界に入りました。 お母さんは元々とても厳しく、20歳を過ぎても門限は20時と決まっており、夜遊びしたかったキムヘスクさんはある時ナイトクラブで遊び、朝帰りしました。 叱られる覚悟で帰宅すると、お母さんは泣きながら 「もう少ししたらあなたも結婚するだろう。 片親の一人っ子で芸能人というあなたを世間はどんな風に見るだろうか?母親として好きにさせてあげたいけど、そんな風にさせてあげられないのが申し訳なくて胸が痛む。 いい人と結婚して幸せになって欲しい。 そう思ったらこうせざるを得ない。 その母親の気持ちを理解して欲しい」 と話したのだそうです。 当時は男がいない家に対する世間の目が冷たかったことや、芸能人を軽蔑するような風潮もありました。 この時初めてお母さんの気持ちを知り、夜遊びはやめたのでした。 キムヘスクの女優としての歩み ヒーリングキャンプ番組キャプチャー デビュー作となった1974年のドラマ「第三教室」は主人公の友達役として出演予定でしたが、台本を見てどうしても主人公がやりたくなりイビョンフンPD(のちにチャングムの誓いを制作した監督)に直談判。 「主人公はもうすでに決まっているから無理」というイビョンフンPDに、うまくやれる自信があると主張。 普段大人しいキムヘスクさんがこれだけ言うのだから、と主人公に抜擢され、ドラマは成功しました。 そして間もなく結婚します。 (結婚・夫と子供についての項目へ続く) スポンサーリンク キムヘスクの結婚・夫と子供について キムヘスクさんは二人の娘さんがいますが、実はご主人とは死別しています。 ご主人は病気で亡くなったとのことで、キムヘスクさんご自身がこのことをほとんど語らないため、ご主人の職業や亡くなった時期、具体的な病名などは明らかではありません。 キムヘスクさんが40代で事業に失敗したときにはもう他界されていたとのことですので、20代か30代のうちにご主人を亡くしたのではないかと推測されます。 結婚と女優の仕事 1978年、キムヘスクさんが24歳(韓国年齢)の時に結婚。 しばらくは家庭に入り、主婦業に専念していました。 家で同期たちの活躍やドラマを見ながら「自分だったら・・・」という思いで演技への欲が膨らんでいったそうです。 そして長女出産後にイビョンフンPDの元へ行き、また女優をやりたいと話すと 「ちゃんと子供を育てろ」 と一蹴されてしまいます。 女優はロマンスの相手であり、結婚したらもう終わり、主婦が芸能人として活動するというのは考えられない時代でした。 こういった反対を無視して、役がなくてもMBCに毎日出社。 キムヘスクさんご自身は当時を振り返って 「結婚してさらにずうずうしくなった」と回想しています。 化粧品モデルを務めたキムヘスク (ヒーリングキャンプ番組キャプチャー) そうしているうちに役をもらえるようになり、主婦でありながら化粧品モデルに抜擢されたことも。 女優としてまた仕事が波に乗ってきたころ、第二子妊娠が発覚。 子供がいる既婚女優がここまで認められるのにとても苦労したのに、また出産したら次はもう復帰できないだろうとの思いから女優か家庭かで大きく悩み、イビョンフンPDにだけ内緒で相談。 するとそれは俺に相談することじゃないだろう、と叱咤されてしまいます。 イビョンフンPDからその話を聞いたMBC局長から電話があり、妊娠は本当かと尋ねられると、キムヘスクさんはとっさに嘘をついてしまいました。 結局妊娠を明かさないまま女優をしていましたが、徐々に大きくなるお腹は隠し通せるわけもありません。 それでも事実を言うことはできず、秘密を守るため、また出産のために電話番号と連絡先をすべて替えて勝手に隠遁生活へ。 一度ついた嘘を通すために嘘をつき続けることになり、事態が大きくなっていくのがとても恐ろしく、夜も眠れないほどだったそうです。 この時、真実を話さずに急に出て来なくなったキムヘスクさんは会社の信用を失ってしまいました。 次女を出産して1年ほどは育児に専念しましたが、また女優がしたくなり隠遁生活2年を経て出社。 勝手に来なくなった人がまた都合よく出てきて・・・この時社内では誰も相手にしてくれなかったそうです。 自分はもう芸能生活は終わりだ、と思った時運よくパクチョルPDに「端役でもいいか?」と声をかけられ快諾。 のちに主役だったことがわかり、1980年ドラマ「百年之客」の主演でドラマ復帰しました。 このドラマが大ヒット!主人公ジョンアを演じたキムヘスクさんのヘアスタイルがたちまち人気となりブームを巻き起こしました。 この時キムヘスクさんは脚光を浴び、世間の関心を集める中で初めて 「既婚者であり子供が二人いる」ことを公式に発表。 秘密にしていたわけではありませんでしたが、それまでは聞かれることもなかったとかで、それだけこのドラマで初めて大衆の注目を浴びたと言えるでしょう。 女優復帰に成功して数々のドラマに出演し、40代になってからパーティもできる大きなビュッフェを経営するなど事業にも乗り出しました。 女優としての仕事に少し不満がありスランプに陥っていたこともあって、1年以上女優業から離れレストラン経営の面白さにのめり込んでいきました。 経営が傾き始めても、きっと大丈夫だろうとの思いで店を閉めることができず、損害は膨れ上がり結果として莫大な借金を抱えることに 2つ持っていた家を手放しても、到底返せる金額ではなく、取り立て屋に脅迫され、電話やインターホンの音におびえながら暮らしたそうです。 それ以来、どんな小さな仕事でもお金になることはすべてやり、地方の小さなイベントで歌ったり、ナイトクラブで歌ったり・・・。 あまりのみじめな自分にたくさん泣いたそうです。 こうして借金返済のためにがむしゃらに働き、40代の記憶はほとんどないと言います。 ご自身のこれまでの歩みが、演技に大きく影響しているに違いありません。 スポンサーリンク ドラマで親子役を務めた俳優とのエピソード 周知のとおり、キムヘスクさんはペヨンジュン、チャンドンゴン、チェジウ、チェダニエル、ソジソプさんなど韓流スターたちのお母さんを務めました。 キムヘスクさんはご自身に息子がいないせいもあってか、息子役を演じた俳優に情がわき、本当の子供のように感じられるそうです。 2003年映画「ブラザー」では主演のウォンビンさんが、2005年映画「僕の、世界の中心は、君だ。 」ではソンヘギョさんが、それぞれキムヘスクさんをオモニ役に指名したとのこと。 俳優さんからお母さん役に指名されるほど、現場でもとても愛された方なのですね。 ちなみにチョインソンさんもドラマのお母さん役に指名したそうですが、都合が合わずこれまで共演はないとのこと。 それでもその時に自分との共演を望んだチョインソンさんに情を感じて兵役中の面会に行ったのだそうです。 最後に キムヘスクさんのこれまでのインタビューやトーク番組で語ったご自身の経歴をまとめました。 「看護学校中退」とナムウィキにありましたが、このトーク番組では看護学校の話はなく、他のインタビューでもそれについて言及しているところは見つかりませんでした。 ご本人が省略したのか、ナムウィキの方が誤っているのか定かではありません。 ご主人が亡くなったということを、トーク番組の司会者は知らなかったようで、事業の失敗で多額の借金を背負って苦労したという話の時に 「その時ご主人はどのように?(助けてくださったんですか)」 と尋ねると、キムヘスクさんはとても言いにくそうに 「自分で作った借金だから自分の責任。 主人はいなかったの・・・病気で・・・もう・・・この世の人ではなかったから」 と話しました。 それ以降ご主人の話題に触れることもなく、とても苦労したこれまでの半生を穏やかに、冗談も交えて面白可笑しく語っていました。 その中で 「私は本当に図々しくて」というフレーズが何度も出てきます。 韓国ドラマより韓国ドラマみたいな半生で、苦労して様々な感情を経験したからこそ、国民的オモニと呼ばれる大女優になったのだなと思いました。

次の

キム・ヘスクの完全ガイド|出演ドラマ、映画、年齢、身長、インスタグラム

キム ヘス

経歴 [ ] 看護学科に学んだが中退。 1975年にの第7期公募採用タレントに選ばれ、同年放送のテレビドラマ『第三教室』でデビューした。 1976年には映画『怒れる林檎』に出演した。 芸能活動を休業していた時期があったが、結婚して4年後の1980年に『看羊録』に主役として出演し復帰した。 2000年、2004年ににて助演女優賞を受賞した後、2005年『』で同賞最優秀演技賞(女優)を受賞した。 2008年には『』にて助演女優賞と釜日映画賞助演女優賞を、『』ではコリアドラマフェスティバル審査員特別賞を受賞した。 翌2009年には映画『』に主人公の友人の母親役で出演し、助演女優賞を受賞した。 出演作品 [ ] 出演作品は個別に脚注がないものについては による。 필승 봉순영 パク・オクチャ KBS放送 부모님 전상서 キム・オックァ KBS放送 2005 장밋빛 인생 メン・スニの母 SBS放送 별난여자 별난남자 カン・ミンスク KBS放送 2006 もう愛は終わった 이제 사랑은 끝났다 チャン・ヨンシル MBC放送 봄의 왈츠 チョ・ヤンスン KBS放送 소문난 칠공주 ナ・ドクチル KBS放送 천국보다 낯선 キム・ボクチャ SBS放送 내 사랑 달자씨 オ・ダルチャ SBS放送 放送、日韓共同制作 2007 외과의사 봉달희 ヤン・ウンジャ(ポン・ダルヒの母) SBS放送 문희 チャン・ハンナ MBC放送 미우나 고우나 オ・ドンジ KBS放送 조강지처 클럽 アン・ヤンスン SBS放送 2008 불한당 イ・スンソム SBS放送 하얀 거짓말 シン・ジョンオク MBC放送 2009 카인과 아벨 ナ・ヘジュ SBS放送 잘했군 잘했어 ワン・ヨンスン MBC放送 2010 인생은 아름다워 キム・ミンジェ SBS放送 2011 천일의 약속 カン・スジョン SBS放送 고봉실 아줌마 구하기 コ・ボンシル 放送 2012 그대 없인 못살아 チャン・インジャ MBC放送 무자식 상팔자 イ・ジエ 放送 2013 너의 목소리가 들려 オ・チュンシム SBS放送 왕가네 식구들 イ・アングム KBS放送 수상한 가정부 ホン・ソジャン SBS放送 2014 당신만이 내사랑 オ・マルス KBS放送 ピノキオ パク・ロサ SBS放送 연애 말고 결혼 シン・ボンヒャン 放送 10月のある素敵な日に 시월의 어느 멋진 날에 カン・ユングム SBS放送 호텔킹 ペ・ミニョ MBC放送 2015 여자를 울려 ファスン MBC放送 2016 ハン・ヘギョン SBS放送 2017 キム・ジョンヒ SBS放送 脚注 [ ] []• 2013年4月7日閲覧。 (朝鮮語) 2019. 30 09:00 UTC 閲覧• (朝鮮語) cine21公式サイト 2013. 12 05:45 UTC 閲覧• 임주희 (朝鮮語) fnnews. com 2013. 14付記事• (朝鮮語) 1999. 18 p. 29(NAVER内)• 장영준 (朝鮮語) asiae. kr 2013. 14付記事• 2010. 12付記事• 公式サイト 2013. 13 05:33 UTC 閲覧• (朝鮮語) 公式サイト 2015. 5 08:23 UTC 閲覧• (朝鮮語) KBS公式サイト 2013. 12 11:52 UTC 閲覧• (朝鮮語) KBS公式サイト 2013. 12 11:55 UTC 閲覧• (朝鮮語) MBCタレント会公式サイト 2013. 13 04:58 UTC 閲覧• 公式サイト 2013. 12 11:44 UTC 閲覧• 배선영 (朝鮮語) 10asia 2014. 26付記事 外部リンク [ ]• (韓国語)• (韓国語) この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

キム・ヘス×チュ・ジフンの「ハイエナ」 : なんじゃもんじゃ

キム ヘス

略歴・人物 [ ] 中学生で韓国で芸能界デビュー。 当初はコマーシャル・タレントで、高校生になってから活動を始める。 弟はタレントの [ ]と。 親族がに住んでいたことがある。 に福岡のTXN九州(現)で、『ザ・パイロット』(1993年、、原題『パイロット〜TAKE OFF』)が放映された。 特技は、。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• 人形の教室(1986年、) - オ・へスク 役• 若いケヤキ(1986年、)• 思慕曲(1987年、KBS) - ポオク 役• 春香伝(1988年、KBS) - 主演:ソン・チュニャン 役• スンシミ(1988年、MBC) - 主演:スンシム 役• セノよ(1989年、KBS) - 主演:カン・ジョネ 役• 一つ屋根の3家族 シーズン2(1990年、MBC) - へスク 役• 消された女(1990年、KBS2) - チョン・スミン 役• 面白い世の中(1990年、KBS) - 主演:ソ・ビョンスク 役• 花咲いて鳥鳴けば(1990年、KBS) - 主演:ペク・ミギョン 役• 真夏の夜の夢(1991年、KBS)• 隣の家のウニ(1991年、MBC)• コス(1991年、MBC) - オ・ジョンヒ 役• 薔薇色の人生(1991年、MBC) - 主演:チェ・ジョンソ 役• 天使はおてんば(1992年、MBC) - 主演:天使 役• 誰かを愛そうとする理由(1992年、MBC) - カンジュ 役• 麻浦の虹(1992年、MBC) - パク・ヨンミ 役• パイロット(1993年、MBC) - イ・ジウォン 役 1996年に福岡が『』の題名で放送• 女の男(1993年、MBC) - キム・ウニョン 役• トッケビが行く(1994年、) - チェ・イニョン 役• (1995年、MBC) - ソク・ギョンスク 役• カップル(チャク)(1994年 - 1997年、MBC) - チャ・ヘスン 役• 神々の黄昏(1995年、KBS2)• 恋愛の基礎(1995年、MBC) - イ・イリョン 役• 愛と結婚(1995年、MBC) - ソ・イェヒ 役• (1996年、SBS) - 主演:スンニョ 役• りんごの花の香り(1996年、MBC) - 主演:ソ・ギョンジュ 役• セッキ(1997年、SBS) - 主演:ソンジュ 役• (1997年、MBC) - チョン・ミギョン 役• 地下鉄の痴漢に関するある報告書(1998年、MBC) - 主演:ジョンス 役• (1999年、MBC) - 主演:ユン・ジヨン 役• 映画のようにプロポーズする3つの方法(1998年、MBC) - 主演:ジョンア 役• 三金時代(1998年、SBS) - キム・イェリ 役• (1999年、MBC) - イ・シニョン 役 『パイロット』で共演したのほか、、来日前のと共演。 ヒロインとして、ペ・ヨンジュン演じる主人公が次第に愛するようになる大学の教員を演じた。 が衛星放送でに放送。 (2000年、MBC) - キム・ヒギョン 役• (2002年 - 2003年、KBS) - 主演: 役 伯父の死罪により実家が没落女官となるが、朝鮮王朝第19代王の寵愛を受け、側室として王子を産み、王后の座を狙う役を演じた。 (2004年、MBC) - ユン・カヨン 役• (2009年、KBS) - 主演:パク・キジャ 役• (2010年、MBC) - 主演:キム・ジンソ 役• (2016年、) - チャ・スヒョン 役• (2020年、SBS) - 主演:チョン・グンジャ 役 映画 [ ]• カンボ(1986年) - ナヨン 役• ザ・ラスト・ウィンター(1988年) - 主演:ヨンエ 役• 大人たちは知らない(1988年) - ユラ 役• ステファノとグレチェン(1990年) - 修道女アンジェラ 役• (1991年) - 主演:キム・ユニ 役• (1993年) - 主演:パク・ヨンシン 役• 恋愛はプロ、結婚はアマチュア(1994年)• (1995年) - ユン・サンア 役• 男はつらい(1995年) - キム・ヘス 役• (1995年) - ファン・ヨジン 役• ミスター・コンドーム(1997年) - 主演:ソンヒ 役• (1998年) - 主演:ユン・チェヨン 役• (1998年) - アノク 役• (1999年) - ピョ・ジス 役• (2001年) - ミン・ジュラン 役• (2002年) - ミン・ジョンニム 役• (2004年) - 主演:ジス 役• (2005年) - 主演:キム・ソンジェ 役• (2006年) - チョン・マダム 役• (2007年) - 主演:イスル 役• (2007年) - 主演:女 役• よいではないか(2007年) - オ・ミギョン 役• (2008年) - チョ・ナンシル 役• (2008年) - ナレーション• (2010年) - 主演:ヨンジュ 役• (2012年) - ペプシ 役• (2013年) - ヨンホン 役• (2015年) - 主演:母(マ・ウヒ) 役• グッバイ・シングル(2016年) - 主演:コ・ジュヨン 役• 修羅の花(2017年) - 主演:ナ・ヒョンジョン 役• (2018年) - 主演:ハン・シヒョン 役• 帰還(2020年) 演劇 [ ]• 神のアグネス(1997年) 受賞歴 [ ]• 1986年 第22回 映画部門 新人賞• 1987年 新人賞• 1991年 第27回百想芸術大賞 人気賞• 1993年 第14回 主演女優賞(『初恋』パク・ヨンシン役)• 1995年 第16回青龍賞 主演女優賞(『ドクター・ボン』ファン・ヨジン役)• 1995年 第31回百想芸術大賞 女子人気賞• 1995年 最優秀演技賞• 1996年 第17回青龍賞 主演女優賞• 1996年 第32回百想芸術大賞 TV部門 最優秀演技賞• 1996年 MBC演技大賞 大賞• 1999年 演技賞• 1999年 MBC演技大賞 最優秀賞• 2000年 フォトジェニック演技者賞• 2003年 KBS演技大賞 大賞(『チャン・ヒビン』張禧嬪役)• 2004年 第12回 女優演技賞(『顔のない女』ジス役、以下の賞はジス役として受賞)• 2005年 第45回 主演女優賞• 2005年 第41回百想芸術大賞 女子最優秀演技賞• 2006年 第27回青龍賞 主演女優賞(『タチャ イカサマ師』チョン・マダム役、以下の賞はチョン・マダム役として受賞)• 2006年 第14回 女子人気賞• 2007年 第 1回 主演女優賞• 2013年 KBS演技大賞 大賞(『オフィスの女王』ミス・キム役)• 2016年百想芸術大賞 女子最優秀演技賞 「シグナル」チャスヒョン役• 2016年tvN10 Award 女子最優秀演技賞 「シグナル」チャスヒョン役 脚注 [ ] [].

次の