フリーウェイ 給与。 人事労務 freee (フリー)

従業員10人前後までの事業者にお勧めしている給与計算ソフト

フリーウェイ 給与

勤怠管理システム選びで迷ったら これまで、紙のタイムカードやエクセルで就業を管理していた方は、勤怠管理システムの導入を検討されているのではないでしょうか。 さまざまな勤怠管理システムを比較すると選ぶときに悩みます。 オンプレミス、クラウド(オンライン、Web)、スマホで使えるアプリなどなど。 最低限の機能を搭載している安価な勤怠管理システムにするのか、最新の充実した機能が魅力の製品やサービスにするのか。 もし価格重視なら、クラウド型の「フリーウェイタイムレコーダー」がオススメ。 社員やスタッフが10人まで永久無料で、安さNo. 1です。 集計と出力 日次と月次で労働時間などを集計して出力します(PDFとCSV形式)。 エクスポートしたファイルは、Excelで加工できます。 無料版の利用期間に制限はありますか? A. いいえ、ありません。 30日間でも1年間のみのトライアル版ではないため、ずっと無料です。 スタッフ1人あたり200円や300円などの従量課金ですか? A. いいえ、人数に関わらず料金は一定です。 対応しているICカードは何ですか? A. Felica対応のICカードです。 たとえば、交通系ICカードだとPASMO、SUICA、ICOCAなど、買い物系ではnanaco、楽天Edy、WAONが含まれます。 くわしくは、をご覧ください。 シフト管理できますか? A. いいえ、できません。 1人の従業員に設定できる始業と終業の時間は1種類です。 生体認証にも対応していますか? A. いいえ、指紋や静脈などの認証には対応していません。 利用できるのはICカード、パソコン、タブレット、スマートフォン等のモバイルの端末です。 打刻時のGPSの位置情報を記録できますか? A. はい、できます。 手動打刻の場合に、GPSで位置情報を取得できます。 本当に無料ですか? A. はい、初期費用も月額利用料も無料です。 従業員数も最大で10人まで料金はかかりません。。 ICカードやパソリを、御社から購入できますか? A. いいえ、購入できません。 お手数ですが、ICカードはコンビニエンスストア等で、パソリは家電量販店などでお買い上げください。 Macでも使えますか? A. はい、利用できます。 ただし、ICカード打刻の場合は、Macでは対応していません。 Macの場合は、手動打刻でご利用ください。 有給休暇を管理できますか? A. いいえ、できません。 有給を消化した日数を入力する項目はありますが、ルールを設定して有給を付与したりなどの管理簿のような機能はありません。 導入前に電話で相談できますか? A. いいえ、ご相談は問い合わせフォームより承っています。 費用の見積もりのための書類を作ってもらえますか? A. いいえ、複雑な料金体系ではないため、事前に準備が必要なもの、かかる費用は料金プランを参照してください。 使うために専門的な知識は必要ですか? A. いいえ、使用する上では不要です。 初めて利用する方でも、 Q. 複数の事業所を管理できますか? A. はい、管理できます。 部署として事業所を登録してください。 なお、無料版でも可能です。 経費精算の機能はありますか? A. いいえ、ご用意していません。 ご要望が多ければ、機能の追加を社内で検討します。 詳しい資料はありますか? A. いいえ、ご用意していません。 ウェブサイトをご覧の上、無料版でトライアルしてください。 利用期間に制限はありません。 他のブラウザでは動作しませんので、ご注意ください。 手動打刻の対応ブラウザは、Google Chrome、Safari、Internet Explorer、Microsoft Edge、Firefoxです。 途中解約によるご返金は承っていません。 初回は年一括のお支払い(銀行振込)のみ、次年度の更新から、月々の口座振替もご利用いただけます。 必要な機器と費用のシミュレーション ICカード打刻で、オフィス1箇所に従業員5名 必要な機器: 打刻用のパソコン1台、ICカードリーダー1台、タイムカード5枚 費用 : 打刻用パソコンの購入費用(手持ちのパソコンを使えば無料)、ICカードリーダー購入費用の3,000円、タイムカードの購入費用(手持ちのおサイフケータイ端末やIC定期券などを使えば無料)、システム利用料は無料。 ICカード打刻で、拠点が2つに従業員5名ずつ 必要な機器: 打刻用の端末(パソコンやタブレット)1台、ICカードリーダー2台。 費用 : 打刻用の端末購入費用(手持ちの端末を使えば無料)。 ICカードリーダー購入費用の6,000円。 システム利用料は無料。 連携する給与計算ソフトも無料 過重労働や残業代の未払いなどの社会問題となっています。 日本政府は、長時間労働の是正や柔軟な働き方ができる環境を整え、国民全員が活躍しやすい社会の実現を目標として「働き方改革」を打ち出しています。 働き方改革とは、労働者の個々の事情に配慮した多様な働き方を選べる社会を作ることです。 その目的は、 日本が抱える「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」といった社会課題を解決するための、生産性向上・就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境づくりにあるとされています (参照:)。 その中で重要度が高まっているのが「勤怠管理」です。 勤怠管理は、労務管理の業務の1つです(給与の計算や人事などと同様に)。 その役割は、各従業員の労働時間(時間外労働:残業時間)を正確に把握し、問題があれば対策をとることになります。 勤怠管理では、以前は紙のタイムカードの利用が主流でしたが、担当者の生産性を考慮すると、ITを使った勤怠管理システムの活用が必須といえるでしょう。 もし、なるべくコストをかけずにシステム導入したいなら、株式会社フリーウェイジャパンの「フリーウェイタイムレコーダー」がおすすめです。

次の

フリーウェイ給与計算

フリーウェイ 給与

中小企業の経営者を助けるクラウド会計システム フリーウェイジャパンが提供する「フリーウェイシリーズ」は2017年にユーザー数が17万を突破しました。 このシリーズのひとつが「フリーウェイ経理Lite」です。 「フリーウェイ経理」には2018年時点で10万を越えるユーザーがいます。 フリーウェイ経理Liteにはクラウド会計システムで無料版と有料版があります。 フリーウェイ経理は2012年に公開され、 フリーウェイシリーズの他の無料版ソフトと連動できるのが特徴です。 フリーウェイ経理Liteはマウスとキーボードだけで入力が済み、PC上で作成した帳票をそのまま出力できます。 帳票の形式は仕分形式・出納帳形式に対応しています。 フリーウェイ経理Liteの無料版を使用していて会社の規模が大きくなった時点で有料版に切り換える経営者が多いようです。 ですが 無料版にも使用するのに有効期限はありませんので、経営の規模など自分のタイミングで切り替えを判断することができます。 使用方法はPC上に掲載されているマニュアルから確認することができます。 また、 動画マニュアルも備えられており、これがフリーウェイシリーズの特徴のひとつと言えます。

次の

フリーウェイ給与計算の無料版はどこまで使えるか?

フリーウェイ 給与

役員報酬とは、取締役や監査役などの役員に対し、経営の職務執行の対価として定期的に支給される報酬のことである。 役員報酬の金額(支給限度額)は、定款または株主総会の決議で定めなければいけない。 役員報酬は、「定期同額給与」「事前確定届出給与」「利益連動給与」のいずれかに該当すれば経費にできる。 役員報酬の決定と計上 役員報酬の金額(支給限度額)は、またはの決議で定めなければなりません。 また、役員報酬は利益操作や租税回避のために利用される可能性があることから、従業員の給与とは区別して計上します。 取締役総務部長のように、役員でありながら従業員としての職務を兼任する「使用人兼務役員」の場合は、役員としての報酬と従業員としての給与を分けて計上します。 役員報酬は経費にできる? 役員報酬は、「定期同額給与」「事前確定届出給与」「利益連動給与」のいずれかに該当すれば経費にできます。 3つのいずれにも該当しないものは、基本的に損金不算入となり、法人税の節税効果はなくなります。 定期同額給与 定期同額給与とは、一定期間において同じ額が支払われる給与のことです。 つまり、毎月固定額の役員報酬が支払われていれば損金算入できます。 事前画定届出給与 事前画定届出給与とは、事前に税務署に届出をしてある、役員に対して決められた時期に支払われる給与のことです。 たとえば、非常勤の役員に1年に1回の役員報酬を支払う場合、事前にその旨を税務署に届出しておけば経費として計上できます。 利益連動給与 利益連動型給与とは、利益が出た場合に支払われる給与のことです。 同族会社ではない企業が業務執行役員に対して支払う利益に連動する給与で、一定要件を満たせば経費として計上できます。 役員報酬と役員賞与の違い 役員に支払う報酬は役員報酬のほかに、役員賞与があります。 役員報酬が一定の支給基準に基づいて定期的に支払われるのに対し、役員賞与は臨時的に支給されるものです。 原則として役員賞与は損金にできませんが、たとえば、上述の事前画定届出給与の要件を満たす場合などは損金算入ができます。 関連記事• 役員報酬について学んだら、永久無料のがおすすめ。 Windowsのパソコンがあれば、ずっと0円で使える経理ソフトです。

次の