ゆたぼん。 ゆたぼん?ゆたぽん?が嫌いです。

ゆたぼんの現在はどうなった?まだ不登校?炎上中って本当?まとめ

ゆたぼん

(画像はイメージです) 居残りさせられて話合った結果、 「宿題はもうやらなくていい」と言われました。 ですが、登校してみるとゆたぼんは休み時間に 宿題をさせられたんだそうです。 そのことがきっかけで、ゆたぼんの中に疑問が生じてきます。 また、ゆたぼんはクラスメートが 親や先生に文句も言わずに従う様子が 「ロボット」に見えたそうで、 自分はそのようになりたくないという思いで不登校になりました。 そして、ゆたぼんはYouTubeの「少年革命家ゆたぼんチャンネル」で 同じように学校へ行きたくない人達へ情報発信するようになります。 不登校に対しては かなりの数の批判がされていますが、 ゆたぼんを支持する人の中には 著名人もいるようです。 学校に行かなくても、学ぶことは無限にできる。 社会性も、学校で身につく社会性がすべてじゃない。 そもそも同じ年齢の子どもたちだけの「社会」は「社会」じゃない。 中村逞珂さん、応援します。 RT「不登校は不幸じゃない」 10歳のユーチューバー 中村逞珂さん 世界に発信 — 茂木健一郎 kenichiromogi ゆたぼんは7人家族 ゆたぼんの家族構成は、 お父さん、お母さん、お姉さん、ゆたぼん、そして3人の妹です。 7人家族なんですね! 現在はお姉さん以外は沖縄で生活しています。 (画像はイメージです) ゆたぼんのお母さんは、家事・育児をしながら デザイナー になる夢のため勉強中だそうです。 17歳の時にお姉さんを出産後は、3度の流産をしましたが、 それから4人のお子さんを出産しました。 若くして出産されたのですね。 「 5人のママでもやりたいことをやる」という考えで、 2018年6月の沖縄移住をきっかけにDTPデザインの学校に通い、 2019年3月に無事卒業されたそうです。 DTP(Desktop Publishing)デザインとは、 パソコン上でパンフレットやチラシやのような紙媒体の デザインの作成・編集等を行うことです。 地元のイベントやゆたぼんの講演会の案内もデザインして作ってるそうですよ。 「 あっちゃん」という名前で活動しています。 現在は家族と一緒に暮らしておらず、 2018年6月からは 、福岡や大阪を拠点として活動しています。 路上ライブもやっていますが、 元々は 軽音楽部でバンドのボーカルをやっていたんだとか。 お父さんのブログによると、小さい頃から歌が好きだったんだそうですよ。 この動画は福岡県の糸島市の牡蠣小屋で歌った動画です。 とっても歌が上手いですよね! ちなみに高校は中退されたそうです。 ゆたぼんの家族構成~3人の妹~.

次の

ゆたぼん を叩いている人

ゆたぼん

スポンサーリンク ゆたぼんのプロフィール 出身地:大阪府 住んでいるところ:沖縄 職業:ユーチューバー 不登校になった理由 現在、小学生として義務教育を受けなければいけない立場であるというのに、学校へ通っていないというゆたぼんさん。 では、ゆたぼんさんが不登校になった理由について見ていきましょう。 ゆたぼんさんが不登校になったのは 小学3年生のとき。 学校で宿題をやることを拒否したところ、放課後や休み時間に宿題をさせられたようで、そんな学校生活にゆたぼんさんは不満を覚えました。 もちろん周囲の生徒たちは、担任の教師の言うことを聞いており、そんな周囲の生徒たちが、まるでロボットのように見えてしまったようです。 そんなとき、ゆたぼんさんは、周囲の生徒たちを見て 「俺までロボットになってしまう!」と感じ、学校へ行くことをやめ不登校となったのでした。 不登校になった理由として、世間一般的にはイジメや体罰などが多いような気がしますが、ゆたぼんさんはロボットのように学校側の言うことを聞く周囲の生徒たちに違和感を覚え、不登校となったようですね。 不登校になったゆたぼんさんは、その後、Youtubeにて動画を投稿し、今話題の ユーチューバーに転身しました。 ユーチューバーといえば、一般的には大食いや実験や検証といったコンテンツを配信するイメージがあるかと思います。 しかし、ゆたぼんさんは、そんなライバルユーチューバー達とは圧倒的な差別化を図っており、学校へ行くことに疑問を感じている同年代の方々に、「自由になりたくないか?」というメッセージを配信しており、『 生き方』に関する動画を配信することが多い。 チャンネル名は、『 少年革命家ゆたぼんチャンネル』。 ゆたぼんさんの発信するメッセージの中には、 「俺が自由な世界をつくる!」「ゴールデンウィーク終わっても学校へ行くな」「ロボットになるな」という日本の教育を否定するかのようなメッセージが並びます。 ゆたぼんさんが配信する動画には、不登校を肯定するかのようなメッセージが込められた動画が非常に多く、ときには、 尾崎豊さんの楽曲をパワフルな歌声で熱唱したり、変装しながら 路上ライブを決行するといったこれまでには存在しなかったようなコンテンツが多いのです。 そうして、自由になることを勧めているゆたぼんですが、動画の評価は視聴者から非常に 低いことも話題になっています。 「学校なんて行かずに自由に生きてみよう!」そんなメッセージが込められた動画にはユーザーからの低評価が非常に多く、動画を見ている同年代の子供や、社会に出ている大人からすれば、ゆたぼんさんが学校へ行かないのは、 「単なるわがままなだけではないか?」という声が非常に多いんですよね。 そんな一般の方には批判されがちなゆたぼんさんですが、芸能人や著名人からは大きな支持を得ています。 ゆたぼんさんのツイッターを拝見すると、まだ小学生なのに、西野亮廣さん、高橋歩さん、りょんりょんさん、箕輪厚介さん、ホームレス小谷さんといった実業家らと一緒に交流している様子がありました。 小学生なのに学校へ行かないという選択肢は、いかがなものかと批判されているものの、こうして多くの著名人たちと肩を並べるところを見ると、ゆたぼんさんが発信しているメッセージは影響力が非常に大きいことが分かりますね。 スポンサーリンク ゆたぼんの本名について! ユーチューブ業界では、ゆたぼんというハンドルネームで活動していますが、彼の本名についても公開しましょう。 ゆたぼんさんの本名は、 中村逞珂(なかむら ゆたか)。 本名を見て分かるとおり、ゆたぼんというハンドルネームの由来は、本名の『ゆたか』からきているようですね。 父親について! ゆたぼんさんの父親は、 中村幸也さん。 父の中村幸也さんは、中学時代は 不良で、 盗んだバイクでグランドを走り回ったり、 学校の中でタバコを吸いながら堂々と歩くこともあったといいます。 中学卒業後は、高校へは行かずにすぐに働きはじめましたが、3ヶ月で退職して、その後は20回以上転職をして暴走族の副総長になったこともあります。 ゆたぼんさんの父親は、そんな非行を繰り返したあげく、うつ病になってしまい、自分を見つめなおし、地元を離れたこともあったのだとか。 そうして、家族や友人たちとの関係を切り、人生をやり直し、2010年から心理学を勉強し、 現在は心理カウンセラーや禁煙カウンセラーとして活動しています。 自分と同じような失敗をしてほしくないという思いから、今では講演を開いて、人生につまづいている方々にアドバイスをするという活動もされています。 また、読むだけで心が楽になる『 あきらめる勇気』という書籍も発売されています。 父親の経歴を見て分かる通り、ゆたぼんさんが不登校になって、自由に生きていくことを情報発信しているのは、父親の影響が大きいようですね。 スポンサーリンク 母親について! ゆたぼんさんの母親は、 きよみんというハンドルネームで活動されています。 以下が、ゆたぼんさんの母親の写真。 ゆたぼんさんの母は、16歳で妊娠して17歳で出産経験があり、今ではゆたぼんさんを含め 5人のママをしています。 子供が小さかった頃はとにかく、育児や家事や仕事の繰り返しで非常に多忙だったようです。 そんな、ゆたぼんさんの母も、家族で大阪から沖縄に移住してきてからは、 名刺やフライヤーのデザインを手がけるという夢を見つけました。 パソコンのソフトを使ってデザインを勉強するDTPデザイン学校を卒業して、これから、夢を叶えようと思っていた矢先に、自宅のパソコンが故障してしまったそうです。 それでも、どうしても自身の夢を叶えたかったゆたぼんさんの母は、人々の夢を支援するサイト『polca』で、夢を語り、新しいパソコンを買うお金を支援してもらっていたこともあります。 ゆたぼんさんの父、中村幸也さんもオフィシャルブログで、妻である、きよみんさんの夢を応援しており、読者に支援金が集まるように呼びかけていました。 母親も、ゆたぼんさんの父やゆたぼんさんのように、とにかく自由きままな人生を送っているようですね。 こちらは、父の中村幸也さんと母のきよみんさんのツーショット写真。 この日は、父と母の結婚記念日で、宜野湾マリーナで海を眺めに行ったようです。 写真を見て分かる通り、ゆたぼんさんの父と母はすごく仲がいいみたいですね。 スポンサーリンク まとめ 不登校ユーチューバー、ゆたぼんさんを紹介しました。 ゆたぼんさんは、自由に生きてみることを推奨していますが、中々それを実行するってのは難しい話ですよね。 ゆたぼんさんは幸い、そんなメッセージをYoutubeで配信して、講演会にまで出演し、自分の居場所を見つけることに成功しましたが、多くの一般の子供が学校へ行くことを止めてしまうと将来に大きく響いてしまいますし、教養が身につかないまま大人になってしまう可能性もあります。 そんなことから、中々一般の方からは共感を得られないことが多いゆたぼんさん。 今は、投稿動画への低評価が続いていますが、10年後、もしくは20年後、ゆたぼんさんが主張しているメッセージが多くの方に届き、ゆたぼんさんのような生き方をする人が増えるといいんですけどね。 今後のゆたぼんさんの精力的な活動に期待していきたいところ。 それでは、当サイトはゆたぼんさんを応援していきます。

次の

ゆたぼんの姉・あいりもヤバい?中村あいりは親から見捨てられホームレスでかわいそう!

ゆたぼん

ゆたぼんとその父にネットが大騒ぎ 再生回数100万回を超える動画もある「ゆたぼん」ですが、今回賛否両論が巻き起こったきっかけは、「琉球新報」で紹介記事が掲載されたことです。 記事によると、不登校にいたった経緯については、<宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。 担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。 現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている>(5月5日「琉球新報」より)とのことです。 これに対し、ネットでは、「いじめでもないのに、こんな理由で不登校?」「自分が行かないのはいいけど、学校に行っている子たちを批判する必要あった?」など疑問の声があがりました。 加えて、ゆたぼんの父親である中村幸也さんへの批判の声も多く、ゆたぼんと有料の親子講演会を開くなどしていることを受けて、「ゆたぼんは父親のロボットにされている」「親が子供を広告塔にしているのでは?」といった批判がネットでは多く見受けられます。 一方で擁護する意見として、「いじめなどわかりやすい理由がなくても、学校に行くのがつらい子は休んでいい」「10歳で実名顔出しで意見を言うゆたぼん君に、匿名で石を投げる大人たちのレベルの低さ」といったものもあり、賛否両論が噴出しているのです。 注目を浴びた、ゆたぼんパパの経歴 その中で、父・中村幸也さんの経歴にも注目が集まることになりました。 中村幸也さんは『あきらめる勇気』(ハート出版)という著書を出しており、出版社のサイトによれば、「中卒。 元暴走族。 現在は心理カウンセラー、あきらめる生き方の専門家、禁煙カウンセラー」というプロフィール。 さらに、経歴として「暴走族の副総長となる。 恐喝、窃盗、傷害、暴走、喧嘩、シンナー、麻薬、覚醒剤・・・etc」。 その後、「生まれて初めてただガムシャラに働き、独学で勉強して高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格」「2010年、本格的に心理学とカウンセリングを学び心理カウンセラーとなる」と記載されています(といっても、日本臨床心理士資格認定協会の「臨床心理士」ではないようです)。

次の