マヤ 暦 占い 2020。 【無料】あなたの生年月日から誕生日占い

2020年にチェックしておきたい日をお伝えします マヤ暦であらかじめ特別な日を知り、2020年を良い年に!

マヤ 暦 占い 2020

意味1:赤い龍 マヤ暦では、「赤い龍」の本性は、リーダーです。 赤い龍の赤は始まりを表し、龍はエネルギーを表します。 あなたは人をまとめるタイプのリーダーではなく、周囲の人たちを引っ張っていくタイプのリーダーです。 考えたことを実行し、そのパワーに周囲も巻き込み引っ張っていきます。 しかし、その一方、自分本位な1番でいたい願望も強く、周囲が見えなくなることもあります。 恋愛も突進型で、他のことが見えなくなります。 意味2:白い魔法使い マヤ暦では、「白い魔法使い」の本性は、スピリチュアルな創造です。 白は許しを意味し、魔法使いは創造力を表します。 あなたは創造力を使って、新しいものを作ることができます。 しかし、その一方、創造性を阻害するビジネスや金に嫌悪感を感じている一面があります。 恋愛では、創造性を使って気を引くことにたけています。 ところが、表現をすることが苦手で思いを伝えられない歯がゆさを感じることもあるでしょう。 意味3:青い手 マヤ暦では、「青い手」の本性は、チャンスが広がる手です。 青はいやし、体験、チャンスを意味し、手は体験、器用な手作業を意味します。 あなたには体験から学び取る能力があります。 しかし、その一方、考える前に体験するため、いいことも悪いこともある山谷の多い人生を送ります。 恋愛では、出会いを見つけるチャンスに恵まれています。 ところが、言い寄られる場面も多く、相手を見極めず付き合ってしまうことも多いでしょう。 意味4:黄色い太陽 マヤ暦では、「白い世界の橋渡し」の本性は、コスモポリタンであり、世界を舞台として活躍する人です。 白は不要なものを削除することを意味し、橋渡しはつなげることを意味します。 あなたは世界の社会的使命を全うする役割です。 ところが、その一方、その国際感覚が周りの人たちとそごを生み出すこともあります。 恋愛では、人生に影響を与えてくれる運命の人を求めています。 ですから、普通の人には興味を持てないと感じます。 意味7:青い嵐 マヤ暦では、「青い嵐」の本性は、人間同士の関わり、特に家族のため生きる人です。 青はコミュニケーションを意味して、嵐は人間同士の関わりを表します。 あなたは人間関係から学ぶことを課題としています。 人と一緒に目標に向かっていくのは得意ですが、その反面、1人での仕事では苦労をするでしょう。 恋愛では、相手を理解しようと努力しますが、1対1のため気持ちを伝えられず落ち込むこともあります。 意味8:黄色い人 マヤ暦では、「黄色い人」の本性は、マイペースに興味のあることを行う人です。 黄色は実りを意味し、人は自分本位を表します。 あなたは得意なことを極める専門家です。 あなたは頭がよく優秀なのですが、他人と一緒に作業をしたり、指示されたりするのを好みません。 恋愛では、あなたのペースに合わせてくれる人が必要です。 あなたが相手に合わすような付き合いはストレスを感じます。 意味9:赤い蛇 マヤ暦では、「赤い蛇」の本性は、本能に従って生きる人です。 赤は勢いを意味し、蛇は本能を表します。 あなたは直感や本能の赴くまま生きると能力を発揮できます。 ですが、本能のまま生きれば、周囲の人には迷惑をかける存在となるでしょう。 恋愛では、本能のまま相手を好きになりますが、すぐに気移りする気まぐれな恋愛が多くなります。 マヤ暦では、「青い猿」の本性は、人を喜ばせる人です。 青はコミュニケーションを意味し、猿は感性を表します。 あなたはユニークな存在として芸能関係などの職業に向いています。 ただし、自分のユニークさを認めていないところがありますので、自分を信じることが必要になります。 恋愛では、楽しさを求めますので、相手も楽しい人を選び、一緒に幸福感を味わいたいと考えます。 しかし、交友の多さが関係悪化の原因になります。 意味12:黄色い種 マヤ暦では、「黄色い種」の本性はインテリジェンスあふれる人です。 黄色は実りを意味し、種は知能を表します。 あなたはデータを解析したり、物事を論理だてて研究したりといった仕事が向いています。 また、そこから新しいアイデアを思いつくこともできるでしょう。 恋愛では、一目ぼれではなくだんだん好きになるタイプです。 ただし相手を知ろうと詮索したり束縛をしてしまうことがあります。 意味13:赤い地球 マヤ暦では、「赤い地球」の本性は、連帯、仲間意識を重要視する人です。 赤は勢いを意味し、地球は連帯、仲間を表します。 あなたは仲間を大切にし、常に気に掛ける人です。 親分肌ともいえるので、人前に立つことで能力を発揮します。 しかし、そのため、寂しさに弱く孤独な状況ではとてもつらく感じます。 恋愛では、相手とのつながりに幸せを感じるタイプです。 ですが、それだけに相手に合わせすぎるきらいがあります。 意味14:白い犬 マヤ暦では、「青い夜」の本性は、理想を追い求める人です。 青は広がりを意味して、夜は夢、理想を表します。 あなたは独特の世界観からコンセプトを作り、人を啓もうします。 社会的な活動があなたを輝かせます。 ただし、人のためになることを主眼にすることが必要です。 恋愛では、ロマンチストの傾向が強く理想が高すぎます。 現実を受け入れることが重要です。 意味16:黄色い戦士 マヤ暦では、「黄色い戦士」の本性は挑戦者です。 黄色は好奇心を意味し、戦士は、戦士、挑戦者を表します。 あなたは、目標を設定し、それに向かって挑戦することに喜びを感じます。 精神力も強く、打たれ強いです。 ノルマのある営業職などにその本領を発揮します。 恋愛では、恋愛関係に至るまでの過程にもっとも情熱を感じます。 したがって、付き合うことになると冷めてしまう傾向があります。 意味17:赤い月 マヤ暦では、「赤い月」の本性はカリスマです。 赤は始まりを意味し、月は先駆者を表します。 あなたは流行トレンドを作り出すなど時代を先駆ける感覚を持ち合わせています。 アイデアを時代にあう形にまとめあげ、人に提示することができます。 恋愛では、華やかさを求め、好きになると夢中になりすぎてしまいます。 意味18:白い風 マヤ暦では、「白い風」の本性は、伝え人です。 白は純粋を意味し、風は伝言メッセージを表します。 あなたは感じたこと発見したことなどを伝えたいと常に渇望しています。 その一方、話したい思いが強く一方的になりがちです。 恋愛では、常に連絡を取りたがり、メール、電話をひんぱんにします。 しかし、不安症の一面があり、相手からの反応がなかったりすると不安に襲われます。 意味19:青い鷲 マヤ暦では、「青い鷲」の本性は、先見の明を持つ人です。 青は冷静を意味し、鷲は遠くを見渡すことを表します。 あなたは感覚的にする予言ではなく、理詰めで将来を予想するタイプです。 洞察力にたけているのですが、それだけに他人の考えに批判をしがちです。 恋愛では、はっきりするまで動きが取れず、行動が遅くなります。 また、批判的なところ相手との関係で問題になるでしょう。 意味20:黄色い星 マヤ暦では、「黄色い星」の本性は、美の追求です。 黄色は好奇心を意味し、星は美と品格を表します。 あなたは自分の美感にあったものに囲まれて暮らしたいなど、常に美意識が頭にあります。 人を美しくすることにも興味があり、あなたの美意識を生かす仕事がいいでしょう。 恋愛では、外見で選びがちで付き合ってから後悔することも多いです。 内面の美しさにも目を向けることが必要です。 間違ったままのこれからの人生 マヤ暦のツォルキン表(神聖暦)は縦方向に太陽の紋章の20行があります。 太陽の紋章は顕在意識の部分の特性を表します。 顕在意識は本人の考えが意識できる意識ですので、コントロールしている意識ともいえます。 つまり、社会常識や環境によって抑制されているため、仮の自分を演じている可能性もありますので知る必要があります。 ウェイブスペル マヤ暦のウェイブスペルは潜在意識の部分の特性を表します。 潜在意識は本人は明確に意識することができません。 ですから、潜在意識に現れる元の意識と考えられます。 つまり、本人の欲望が現れます。 何を求めているのか知るためにウェイブスペルが必要になります。 銀河の音 マヤ暦の銀河の音は能力を表します。 特性があってもそれを遂行するためには能力が必要です。 特性とそれを実現する能力の組み合わせでそれぞれ違った性格が成り立ちます。 また、銀河の音は同じ周波数を持つ人を引き寄せる力も持ちます。 KIN マヤ暦でのKINは1日を表します。 その日にはエネルギーがあり、正しく使うことであなたに合った人生や恋愛をすることができます。 ですから、自分の持つKINを活かすと、あなた自身が楽しく生きていくこともできます。 そして、KINの持つ使命を全うすることにもなります。 宇宙とつながるマヤ暦.

次の

マヤ歴・相性を生年月日から無料鑑定!彼は運命の人なの?!【恋愛・結婚】

マヤ 暦 占い 2020

ご要望にお応えして受付を再開しました。 【2020年4月末までの期間限定メニュー】 マヤ暦から2020年度(2021. 31まで)のご自身にとって大切な日をお伝えします。 スケジュール帳に書き込み、活用していただければ幸いです。 あらかじめ ・過ごしやすい日 ・目標を立てるのにぴったりな日 ・学びの日 などを知っておくことでスムーズに過ごすことができ、学びの可能性も広がるでしょう。 意識しながら過ごすのと知らずに過ごすのでは、気づきも違ってくるはずです。 マヤ暦とはマヤ文明の時代にマヤ民族が使っていた暦(カレンダー)です。 ツォルキン暦は1サイクルが260日。 その日のエネルギーを知るためにマヤの神官が使っていたもので、生年月日から1〜260のKIN(キン)ナンバーを出します。 このメニューでは、 ・ご自身の特性(簡易版) ・2020年度でチェックしておきたい日(70〜80日程度) をお伝えします。 KINナンバーによりお伝えする日数が前後します。 ご了承ください。 マヤ暦ではお誕生日から1年間に流れるエネルギーを調べることで、今は人生サイクルのどのタイミングでどういう過ごし方をすればよいかがわかります。 こちらはオプションで承ります。 (ダイレクトメッセージは、私のプロフィール下「出品者に問い合わせ」からお願いします) 購入にあたってのお願い 1、生年月日を西暦で教えてください。 例:1980年2月9日 2、オプションで1年のサイクルを追加する場合は、ご希望の年をお知らせください。 例:2020年のお誕生日〜 *お願い* ・お伝えする日に必ず何か起こるというお約束をするものではありません(その時に何もなくても、後からあの時がきっかけだったということもあります)。 ・診断結果=正式な回答でなく、内容に関するご質問は回数制限なくお受けします。 お気軽にメッセージをください。 3日経っても返信がない場合は、翌日に正式な回答をお送りいたします。 正式な回答から3日後に(または評価入力で)トークルームがクローズとなり、お取引が終了となります。 ・診断内容によっては事前に質問をさせていただくことがあります。 お申し込みから1日後にトークルームをご確認いただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。 有料オプション.

次の

【無料】あなたの生年月日から相性占い

マヤ 暦 占い 2020

概要 [ ] マヤ暦には、周期や日数が異なるいくつかの種類の暦法がある。 例えば1周期が260日のものは、研究者の間では「」と呼ばれている暦法である。 ツォルキンはと同様に、20日周期と13日周期という独立した2つの周期が組み合わさって260を数える。 このカレンダー・ラウンドは、グアテマラの高原の多くの集落などでは現代に至るまで使用されている。 ハアブにははなく、季節と月日は年々ずれていく。 より長期間に渡る出来事を表したり、碑文で日付を示す(すなわち、ある行事がいつ発生したかを表す)ためには、別の種類の暦法が使われる。 これをといい、マヤ暦の中では最も一般的な種類の暦法である。 またこの暦法は、神話上の最初の日からの日数をも意味している。 の研究者の大多数に支持されている長期暦との対照法(通称)によれば、この長期暦の出発点はにおける紀元前3114年の8月11日、すなわちユリウス暦における紀元前3113年の9月6日に相当するとされる。 GMT対照法は、考古学者のが、それより以前に1905年にが、1926年にフアン・マルティネス・エルナンデスが、そして1927年にトンプソン自身が導き出した対照法に基づいて1935年に選定された。 長期暦は、その線形性により過去や未来のあらゆる日時に対して適用することも可能になった。 この暦法では、各位置が日数の倍数を意味するの一種を使用している。 のシステムは、基本的にはで成り立っており、各単位は、そのひとつ下の単位の20倍を表す。 しかしながら、長期暦の周期は太陽年とは無関係であることに注意する必要がある。 長期暦に関する碑文の多くには、や現在の6つに分かれたの番号、および9つのと呼ばれるルールについての情報を提供する補助シリーズが記されている。 また同時に、あまり知られていない暦法についても追跡がなされており、いくつかの碑文には819日周期のものが示されているものもある。 神や動物など異なるグループごとに、9日周期で繰り返される暦法(参照)なども知られている。 ツォルキン [ ] 詳細は「」を参照 ツォルキン(tzolk'in:正書法、またはtzolkin:ユカテコ語表記)は、マヤニスト(マヤ文明の研究者)によって命名された、1周期が260日の暦法である。 「ツォルキン」という単語自体は、で「日付」を意味する語にもとづいたである。 いくつかある呼び名のうち、当時のマヤ族がどの名称を使用していたのかについては、依然として学者による議論の対象となっている。 しかし、慣用的にはユカテコ語による読みが用いられている。 ツォルキンは宗教的な儀式・行事や占いなどの時間を決定するために使用される暦法であり、13日の数字と20日間の名前を組み合わせて260のユニークな日を形成している。 それぞれの日は1から13まで続き、1周期で再び1に戻る。 ツォルキンにおける日付の配列番号。 ()によって改訂・標準化された。 18世紀にらによって記録されたユカテコ語による日付の表記法。 この正書法は近年まで広く使われてきた。 表記の一例。 表記法にはいくつかの異なる形式がある。 ここに示されているものは、記念碑の銘文などに彫られることが多かったものである。 いくつかの暦法においては 1 Imix'を第1日とし、2 Ik'、3 Ak'b'alと続いて13 B'enまでカウントされる。 日付の数字は14日目になると再び1番目に戻り、1 Ix、2 Men…と続いて20日目には7 Ajawとなる。 翌日の21日目には日付の名前が最初に戻って 8 Imix'になる。 このようにして全ての組み合わせが揃う260日で1周期となる。 ワイェブの5日間は、当時では不吉な日だと考えられていた。 フォスターは2002年、「ワイェブの期間中、人間界と地底の間のポータルは解散した。 境界線は、悪霊が災害を引き起こすことを妨げなかった。 」と記した。 悪霊を避けるため、マヤ暦を使用する地域などでは、ワイェブの期間中に独自の習慣と儀式を行っていた。 その一例としては、人々は家を離れる事や、髪を洗ったり櫛をかけたりする事を避けていた事などが挙げられる。 1982年にブリッカーは、ハアブは紀元前550年頃から、の出発点として使用されるようになったと推定している。 現在、ハアブ暦における月の名前は、16世紀にやチュマイェルのチラム・バラムの予言書などによって書き写された資料における、植民地時代のユカテコ語の対応する名前で知られている。 先コロンブス期のマヤ文字で書かれた碑文に基づくハアブのグリフネームの音韻分析の結果によれば、これらの20日間分のグリフネームは、地域や期間によってかなり変化していることを示している。 これは、スペイン語のソースによる記録に先立つ古典期や後古典期の基本言語とその使われ方の相違を反映している。 ハアブ暦の日付は、その月における日付とそれに続く月の名前によって識別された。 日付はその月の0日とみなされる指定された月の「座席」を意味するグリフから開始される。 ただし一部では、この日は指定された月の前月の20日として扱われる場合もある。 後者の場合、ポプの座席は日付は5ワイェブとなる。 多くの場合、年の最初の日は0Pop(ポプの座席)だった。 ハアブ暦における1年は正確な365日であり、実際のにおける残り約4分の1日については無視した。 これは季節が毎年約4分の1日ずつ、暦年に対してずれていたことを意味し、特定の季節にちなんで命名された月名は、数世紀後にはこの季節に対応しなくなった。 カレンダー・ラウンド [ ] 詳細は「」を参照 カレンダー・ラウンドは、ツォルキンとハアブを複合した暦法となっている。 カレンダー・ラウンドにおける1周期の日数は、ツォルキンにおける周期の日数である260と、ハアブにおける周期の日数である365の最小公倍数に当たる18980日間である。 この18980日はツォルキンにおける73年、ハアブにおける52年に相当する。 ツォルキンとハアブの全ての組み合わせが起こり得るわけではなく、ツォルキンにおけるイミシュ、キミ、チュエン、キブの日の場合、対応するハアブの日は4日、9日、14日、19日にしかならない。 同様にイク、マニク、エブ、カバンの場合はハアブの日は0日、5日、10日、15日、アクバル、ラマト、ベン、エツナブの場合は1日、6日、11日、16日、カン、ムルク、イシュ、カワクの場合は2日、7日、12日、17日、チクチャン、オク、メン、アハウの場合日は3日、8日、13日、18日にそれぞれ限定される。 年の支え [ ] 年の支え Year Bearer とは、暦の最初の日のによる名前をいう。 ハアブの最初の日が0ポプとすると、各0ポプは例えば「1イク 0ポプ」のようにツォルキンの日付とともに出現する。 ツォルキンの日名は20日あり、ハアブの1年は365日なので、ハアブの最初の日のツォルキン名は以下のように5日ずつ増えていく:• 1イク 0ポプ• 2マニク 0ポプ• 3エブ 0ポプ• 4カバン 0ポプ• 5イク 0ポプ ツォルキンの20の日名のうち、4つだけが0ポプとともに出現する。 この4つが「年の支え」と呼ばれる。 「年の支え」という名前はマヤ人の概念を直訳したものである。 年の支えは2つの点で重要である。 まず、4つの年の支えによって始まる4年はそれぞれ別の性格を持ち、それぞれが吉凶と守護神を持っている。 さらに、年の支えは境界標識や山と地理的に同定されているため、地域社会の定義に役立つ。 上記の年の支えのの体系はの碑文およびに記述されている。 古典期後期のでは異なる年の支えが用いられた。 この体系では1ポプに対応するツォルキンの日付を年の支えとし、アクバル・ラマト・ベン・エツナブが使用される。 のユカタンでは第3の体系が使われた。 この体系では2ポプの日付を用い、カン・ムルク・イシュ・カワクが用いられた。 さらに、スペイン人による征服の直前にではハアブの日数を1から20まで数えるようになった。 この体系では年の支えは1ポプ(カンペチェと同じ)になる。 古典期と同じ体系は今もグアテマラ高地 とメキシコの、、 で用いられる。 長期暦 [ ] 詳細は「」を参照 カレンダー・ラウンドは18,980日、すなわち約52年ごとに循環し、人の一生に約1度繰り返す。 歴史を正確に記す必要がある場合には、より洗練された方式で日付を記す必要がある。 52年より長い期間にわたる日付を特定するために、メソアメリカではが使用された。 マヤでは日を キン、20キンを ウィナル、18ウィナルを トゥン、20トゥンを カトゥン、20カトゥンを バクトゥンと呼んだ。 5 は 25 に等しく、0. 0 は 40 に等しくなる。 ウィナルが20でなく18でリセットされるため、キンではなくトゥンを基本単位とし、キンとウィナルをトゥンを構成する日数とみなした場合にのみ一貫して二十進法を使うことになる。 長期暦の0. 0は純粋な二十進法の400ではなく、360日を意味する。 滅多に使われないが、バクトゥンよりも大きな4つの周期がある(ピクトゥン、カラブトゥン、キンチルトゥン、アラウトゥン)。 長期暦は多義的でないため、モニュメントに記すのに特に適している。 石碑の碑文には長期暦の5つの数字のみでなく、ツォルキンとハアブの文字も記される。 長期暦に関する誤解がのもとになった。 しかし、実際にはは長期暦が次のバクトゥン 13. 0 に進む日付に過ぎなかった。 次のピクトゥン(20バクトゥン)に進むのは、長期暦の1. 0(西暦4772年10月13日)のこととなる。 メソアメリカ研究組織であるFAMSIの事務局長サンドラ・ノーブルは「古代マヤにとって、周期を終わらせるために盛大な祭りを行った」ことを指摘している。 2012年12月を破滅の日であるとか宇宙の変位の事件とすることは「完全なでっち上げであり、多くの人々にとって金儲けの機会」と彼女は見なしている。 ティカルの祭壇14にその例が見られる。 後古典期のユカタン諸王国では長期暦ではなく短期暦が使われた。 短期暦は13カトゥン(260トゥン)の周期を持ち、その最後の日であるアハウ(王)の日によって名づけられた。 13アハウの年の翌日は再び1イミシュになる。 この体系は植民地時代の書物であるで使われている。 メソアメリカに特徴的なやり方により、チラム・バラムの書では時間の周期を空間に投影して、ユカタンの地を13の「王国」(13のアハウオブ(王の複数形)からなる)に分けている。 補助シリーズ [ ] マヤ碑文では長期暦やカレンダー・ラウンドを記したイニシャル・シリーズのほかにも暦に関する情報が載せられており、これを補助シリーズと称する。 マヤ研究者は補助シリーズの構成要素をアルファベットによって分類している。 (グリフG、F)。 時々出現する不明な情報(グリフY、Z)。 に関する情報(グリフE、D、C、X、B、A)。 新月からの日数、太陰暦の6か月のうち何ヶ月が過ぎたか、大小月など。 53020日)。 819日周期 [ ] まれに、補助シリーズに819日の周期が挿入されることがある。 現在まで13例しか知られていない。 金星暦 [ ] メソアメリカでは太陽と月についで重要な天体だった。 ドレスデン絵文書には「236 90 250 8」という4つの数字が載せられている。 これを合計すると584になり、金星の(583. 92日)を表していると考えられる。 4つ数字があるのは金星が見えたり見えなくなったりすることを反映しているらしいが、この数字は現実と異なっている(実際には 263 50 263 8 くらいになる)。 もちろんこの584日というのは近似値に過ぎないので、104年後に現実の金星の位置がまったく同じになるわけではない。 関連項目 [ ]• ():マヤの神話や現代のマヤ族の信仰に部分的に影響を受けた、の一群の信念。 この信念体系の支持者はマヤの研究者とは区別される。 :マヤ暦のが2012年に区切りを迎えることから変革が起こると予言し、人類を高次元に進化させるためにマヤの叡智を取り入れたという暦を考案した。 彼の暦(「」〈ドリームスペル暦〉)をマヤ暦と信じる人は少なくないが、本項のマヤ暦とは異なるものである。 また、ドリームスペル暦の中のツォルキンの情報をベースにした占いや鑑定 もマヤ暦を称しているが本項のマヤ暦とは異なる。 ギャラリー [ ]• 99—100 の項目を参照• 「神話上」とは、長期暦が最初に発明されたであろう中期から後期が、この最初の日からずっと後の時代であることを意味する。 Miller and Taube 1993 p. 50 などを参照• 八杉 1982:61—65 によるとこの日はユカテコ語以外では「バッツ」と呼ばれるが、八杉は『』に登場する悪さをしたために猿に変えられた兄弟の話や、のうち『カワの書』や『マニの書』におけるチュエンの日の占いを引き合いに出し、チュエン(チョウェン)とバッツの関連性を説いている。 それぞれ書記・芸術家の神と算術家の神である。 〈猿〉を意味する。 八杉 1982:59 によると、やグアテマラの各地に残存するツォルキンの各日付け名は大方同一であるが、中でもこの2番目の日は全ての言語において共通が見られる。 「棘()」もしくは「人身供儀の際に血を流すために用いる尖った道具」を意味する。 夜の太陽を象徴する神。 〈〉や〈〉を意味する。 を意味する。 〈〉を意味する。 夜の神および人身供儀を執り行う者としての側面を有する。 〈〉を意味する。 豊饒神信仰や雨と関連する。 〈〉を意味する。 イシュ・チェルとの関連が考えられる。 〈〉を意味する。 死の不気味な相を表す神。 などのやを守護する。 〈〉を意味する。 戦と人身供儀を司り、の姿で現れる神。 〈シカ〉を意味する。 〈動き〉を意味する。 守護神は不明。 〈〉を意味する。 〈製のナイフ〉を意味する。 神名は不明。 神話上の存在アフ・ショクと関連性がある。 〈水〉を意味する。 〈〉を意味する。 〈〉を意味する。 王や高位の神官の名前や称号、また男性神の呼び名にも用いられた。 〈〉を意味する。 参照: August 23, 2012, at the. 詳細は Thompson 1966: 123—124 を参照 出典 [ ]• Miles, Susanna W, "An Analysis of the Modern Middle American Calendars: A Study in Conservation. " In Acculturation in the Americas. Edited by Sol Tax, p. 273. Chicago: University of Chicago Press, 1952. 2017年4月閲覧。 5 を参照• Tedlock 1992 , p. Voss 2006, p. 138• 八杉 1982:56—57. 八杉 1982:65. 58—59• Kettunen and Helmke 2005 , pp. 47—48• Boot 2002 , pp. 111—114. Wayeb, Comenius University in Bratislava, The Slovak Archaeological and Historical Institute. 51 2014年. 2017年4月閲覧。 Thompson 1966 p. 124• 年の支えの扱いについて詳しくは Tedlock 1992 pp. 89—90; 99—104 と Thompson 1966 を参照• Coe 1965• Tedlock 1992 p. Miles, Susanna W, "An Analysis of the Modern Middle American Calendars: A Study in Conservation. " In Acculturation in the Americas. Edited by Sol Tax, pp. 273—84. Chicago: University of Chicago Press, 1952. USA Today MacDonald 2007• Coe, William R. 'TIKAL a handbook of the ancient Maya Ruins' The University Museum of the University of Pennsylvalia, Philadelphia, Pa. 1967 p. 114• Roys 1967 pp. 132,184—185• 180-181• The Oxford Encyclopedia of Mesoamerican Cultures. Oxford University Press. 310-312. 2018年6月25日閲覧。 mayan-astrology. org. 2018年6月27日閲覧。 asuwa. info. 2018年6月27日閲覧。 マヤ暦神聖暦ツォルキン. 2018年6月27日閲覧。 インラケチのblog. 2018年6月27日閲覧。 参考文献 [ ]• 2001. Skywatchers originally published as: Skywatchers of Ancient Mexico 1980, revised and updated ed. Austin:. Boot, Erik 2002 PDF. Mesoweb. 2006年11月10日閲覧。 Bricker, Victoria R. February 1982. Chicago, IL: , sponsored by 23 1 : 101-103. 1965. Southwestern Journal of Anthropology 21. 1987. The Maya 4th revised ed. London and New York:. 1992. Breaking the Maya Code. Londo:. Foster, Lynn V. 2002. Handbook to Life in the Ancient Maya World. with Foreword by. New York:. Ivanoff, Pierre 1971. Mayan Enigma: The Search for a Lost Civilization. Elaine P. Halperin trans. New York: Delacorte Press. Jones, Christopher 1984. Deciphering Maya Hieroglyphs. Carl P. Beetz illus. prepared for Weekend Workshop April 7 and 8, 1984, 2nd ed. Philadelphia:. Kettunen, Harri; Christophe Helmke 2005 PDF. Leiden, Netherlands: Wayeb and. 2006年6月8日閲覧。 Linden, John H. 1996. The Deity Head Variants of the C Glyph. The Eight Palenque Round Table, 1993. 343—356• ロンゲーナ, マリア 著、植田覺 監修、月森左知 訳『[図説]マヤ文字事典』太洋社、2002年。 (原書: Scrittur Maya, 1998, Milano: Arnoldo Mondadori Editore S. MacDonald, G. Jeffrey 2007年3月27日. McLean, VA:. の2008年3月16日時点におけるアーカイブ。 2009年5月28日閲覧。 Milbrath, Susan 1999. Star Gods of the Maya: Astronomy in Art, Folklore, and Calendars. The Linda Schele series in Maya and pre-Columbian studies. Austin:. ; 1993. The Gods and Symbols of Ancient Mexico and the Maya:An Illustrated Dictionary of Mesoamerican Religion. London: Thames and Hudson. Rice, Prudence M. , Maya Calendar Origins: Monuments, Mythistory, and the Materialization of Time Austin, TX: University of Texas Press, 2007. 2000. The Story of Writing:Alphabets, Hieroglyphs and Pictograms. London and New York:. Roys, Ralph L. 1967. The Book of Chilam Balam of Chumayel. Norman:• ; 1992. New York:. Schele, Linda; Nickolai Grube; Federico Fahsen October 1992. Texas Notes on Precolumbian Art, Writing, and Culture 29. Tedlock, Barbara 1992. Time and the Highland Maya rev. Albuquerque:. Teeple, John E. November 1931. Contributions to American Archaeology. Volume I Pub. 403 ed. Washington D. : Carnegie Institution of Washington. 29—116. notes, trans. , ed 1985. Popol Vuh: The Definitive Edition of the Mayan Book of the Dawn of Life and the Glories of Gods and Kings. New York:. 1960. Maya Hieroglyphic Writing: An Introduction. Civilization of the American Indian Series, No. 56 3rd ed. Norman:. notes, trans. , ed 1941. Papers of the Peabody Museum of American Archaeology and Ethnology, Harvard University vol. Charles P. Bowditch and Ralph L. Roys additional trans. English ed. Cambridge, MA:. Voss, Alexander 2006. Maya: Divine Kings of the Rain Forest. Eva Eggebrecht and Matthias Seidel assistant eds. 130—143. 『マヤ文字を解く』中央公論社、1982年。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 マヤ暦に関連する および があります。 1897. 暦計算室 国立天文台.

次の