伊藤 よしのり。 伊藤詩織氏の勝訴を喜ぶ

伊藤芳則

伊藤 よしのり

判決などによると、米ニューヨークの大学でジャーナリズムを学んでいた伊藤氏は2013年、TBSワシントン支局長だった山口氏と知り合った。 伊藤氏がメディアの就職先の紹介を求めるメールを送ったのをきっかけに、15年4月、都内のすし屋で酒を飲みながら会食。 その後タクシーで山口氏が滞在していたホテルに連れて行かれ、性行為を強いられた。 裁判では性行為に合意があったかどうかが争点になった。 判決は、伊藤氏が会食直後から千鳥足になるなど強度の酩酊状態だったと認定。 「ホテルの部屋で性行為を受け、目を覚ますまで記憶がない」という伊藤氏の供述は信用できると判断した。 さらに、性行為があった日に伊藤氏が医療機関を受診していたことや数日内に友人や警察に被害を相談していたことを重視し、「性行為は意思に反して行われた」と結論づけた。 一方、山口氏については「伊藤氏が電車で帰る意思を示したのに近くの駅に寄らず、タクシー運転手に指示してホテルに向かった」と指摘。 性行為前後の言動も、後日伊藤氏に送ったメールの内容と法廷での供述が矛盾しているなどとして、「信用性に重大な疑念がある」と判断。 「性行為に合意はなく、伊藤氏が意識を回復して拒絶した後も体を押さえつけて続けた」と不法行為を認めた。 山口氏は、伊藤氏の会見や著書で名誉を傷つけられたと反訴していたが、判決は「自らの体験を明らかにして性犯罪の被害者をとりまく社会状況の改善につなげようとする公益目的であり、公表した内容も真実だ」として退けた。 (新屋絵理).

次の

庶民の弁護士 伊東良徳のサイト

伊藤 よしのり

2019. 18(水) 伊藤詩織氏の勝訴を喜ぶ 伊藤詩織氏の勝訴のニュース、とても良かった。 鈴木昭洋裁判長があまりにも立派だ。 わしも山口敬之から名誉棄損で訴えられているから、午前中は小学館法務部の担当者や、「SPA!」の編集者と電話で今後の作戦会議となり、今後は山口敬之の名は出すと通告、了承してもらった。 わしの裁判で、今後は真実性の証明は必要なくなったのではないか? 係争中なので踏んでいたブレーキが半分、外れた。 わしが勝訴したら、アクセル全開になる。 問題の作品の単行本掲載も考えていいだろう。 『ゴー宣』で真っ先にこれを書く必要があるので、スケジュールを変更しなければならない。 というわけで午前中はつぶれたので、『おぼっちゃまくん』のコンテがまだ未完成。 いまから続きをやる。

次の

伊藤詩織さん勝訴からBlackBoxを開け!

伊藤 よしのり

フリージャーナリストの伊藤詩織さんが元TBS記者の山口敬之に性的暴行を受けたと訴えた裁判で、東京地裁は山口敬之に330万円の賠償を命じました。 また山口敬之による名誉毀損の訴えを棄却しており、伊藤詩織さんの勝訴と言えます。 当初は刑事事件として捜査され、逮捕寸前でしたが、山口敬之が安倍晋三首相や政府関係者と親密なことから、不自然な力が働き不起訴となったことで注目を集めました。 当初、捜査していた所轄警察署に対して、逮捕させないよう政府関係者が圧力をかけた状況証拠が数多く報じられています。 一方で、伊藤詩織さんは何者なのか、なぜ山口敬之と2人きりで食事をする状況になったのか、などについては報じられておらず、「怪しい」などとするネット民が少なからずいるのも事実です。 この記事では伊藤詩織さんの経歴を深堀りし、その正体を明らかにするとともに、自己破産説など、様々な噂についてもまとめています。 出典: つまり2010年から2015年の間、伊藤詩織さんはアルバイトをしながらアメリカの大学に留学し、卒業前に就職活動をしている期間に山口敬之と出会い、日本帰国後に事件が起こったということになります。 伊藤詩織さんは中国、または韓国の仕掛けたハニートラップであるとする説もたびたびネット上では囁かれていますが、山口敬之は記者にすぎず、さらに詩織さんが就職活動を機に山口敬之に接近していることを考えると、その可能性は低いように思います。 また、伊藤詩織さんが在日韓国人であるとする説も根強く囁かれています。 具体的には「伊藤」という名字は通名であり、「尹」という韓国人によくある名字が本名ではないかとする説です。 これは未確認ですが、神奈川県生まれであり、日本の大学を卒業し日本語を話していることからもし在日韓国人だったとしても言語や習慣は日本化していると思われます。 伊藤詩織さんが自己破産していたという噂 伊藤詩織さんが自己破産していたという説があります。 実際に官報には「伊藤詩織」という名前の人物が自己破産していた記録があります。 1回目は平成16年(2004年)、2回目は平成22年(2010年)となっています。 しかし、伊藤詩織さんは1989年生まれなので1回目の2004年時点ではまだ15歳。 未成年の借金は民法上、後から本人や親による取り消しが可能であるため、破産する必要がありません。 よって2004年のものは別人と思われます。 2回目の2010年の破産では、「 伊藤詩織こと芦暁楠」と書かれていることから、伊藤詩織さんは中国籍であるとする情報が出回りました。 しかし、裁判では本名が出ますから、これも別人と言わざるを得ません。 ただ、2010年から現在までの間に日本に帰化し、本名が伊藤詩織となった可能性はわずかに残ります。 しかし、著書によると、2010年のこの時期、伊藤詩織さんはアメリカに留学中とあるので、別人である可能性のほうが高いです。 さらに自己破産は原則的に7年以上空けないとできないため、この2つの官報に出ている伊藤詩織さんはそれぞれ別人です。 また、1回目の自己破産の記録にある「江戸川区平井」の住所が性的暴行後に診断書を出した医者と住所が同じという情報がTwitterで出回っていますが、診断書を出した医院の住所が明らかになっていません。 また、江戸川区の住所が記載された1回目の自己破産時は、先にも書いたように伊藤詩織さんはまだ15歳ですので、明らかに別人です。

次の