Zoom パスワード なし。 Zoomにアカウントなし・サインインしないで参加する方法【スマホ/PC】|アプリ村

【Zoomセキュリティ対策】ミーティングパスワードを設定・変更する方法は?

Zoom パスワード なし

コロナウイルスの影響によりZoomの需要が世界的に高まっていますね。 日本でもオンライン授業やテレビ会議など、多くの企業や個人がZoomを使用し始めたのではないでしょうか。 2019年12月末の時点で約1000万人だったユーザー数は、3月には2億人以上に増加したわけなのですが、最近セキュリティの面で問題視されている部分もあります。 そこで4月5日から、Zoomではセキュリティ対策強化のために新しくパスワードのシステムが導入されました。 この記事では、Zoomのミーティングリンクにパスワードを埋め込む&外す方法と、パスワードの変更方法についてご紹介していきます。 ミーティングリンクにパスワードを埋め込むための手順は• ログインして「設定」へ進む• 「ミーティング」のタブを開いて下へスクロール• 「ミーティングリンクにパスワードを埋め込む」を有効化する と、このようになります。 他にも、無効化して参加者がパスワードを入力する設定や、パスワードの変更方法についても本文にて解説しています!• 【Zoomセキュリティ対策】ミーティングパスワードの設定方法 最近Zoomでは、ミーティングに悪意を持って入室したり、不適切な画像を共有するなどの「Zoombombing」が問題視されています。 そのため4月5日から、デフォルトの状態で自動的にパスワードが埋め込みされたミーティングリンクが作成されるようになりました。 もしこのデフォルト設定をオフにすると、 ミーティングリンクにパスワードが含まれなくなるので、参加者は手動でパスワードを入力する必要がある設定になります。 今から、• ミーティングリンクにパスワードを埋め込む方法• 無効化にして参加者にパスワードを入力してもらう方法 これらを解説していきます。 ミーティングリンクにパスワードを埋め込む方法 ミーティングリンクにパスワードを埋め込むと、参加者にパスワードを要求されることはなくワンクリックで入ることができます。 手順1:ログインしたら「設定」へ進む まずアカウントへログインしたら画面左にある「設定」を選択します。 手順2:「ミーティング」をクリックして下へスクロール 次に「ミーティング」タブを開いて下へスクロールしていきます。 手順3:「有効化」してワンクリックでミーティングに参加できるようにする 下へスクロールしていくと 「ワンクリックで参加できるように、ミーティングリンクにパスワードを埋め込みます。 」の項目があります。 こちらはデフォルトだと有効化(青色)になっています。 ミーティングを開くと画面左上に「i」のマークがあるのでクリックします。 そうすると、パスワードがこちらに表示されます。 手順3:パスワードを参加者に伝える 参加者はパスワードを入力しないとミーティングに入れないので、予め伝えておきましょう。 パスワードを変更する方法は? セキュリティの面で心配な場合は、上で解説したパスワードを変更することもできます。 手順を解説していきますね! 手順1:「次回のミーティング」タブを開く まずアカウントへログインしたら画面左にある「ミーティング」をクリックして「次回のミーティング」のタブを開きます。 手順2:ミーティングを選択してパスワードを編集 パスワードを変更したいミーティングを選択し、画面下の「このミーティングを編集する」をクリックします。 画面真ん中あたりにある「ミーティングパスワード」の項目から赤枠内のパスワードを編集します。 これでパスワードの変更が完了です。 ミーティングパスワードが導入されたことにより、以前よりはセキュリティの面で安心することができますね! パスワードの他にも、「 待機室」のシステムも導入されてので、合わせて併用していくことをオススメします。 ミーティングリンクにパスワードを埋め込むための手順は• ログインして「設定」へ進む• 「ミーティング」のタブを開いて下へスクロール• 「ミーティングリンクにパスワードを埋め込む」を有効化する と、このようになります。 他にも、無効化して参加者がパスワードを入力する設定や、パスワードの変更方法についても本文にて解説しています!.

次の

Zoom: パスワード無しのミーティングを開催する

Zoom パスワード なし

アカウント登録しないで本当に使えるの? 先程アカウント登録しなくてもWEB会議できると記載しましたが、WEB会議を開く為にはアカウント登録が必要です。 つまり、WEB会議のオーナーはアカウントが必要なのですが、WEB会議のオーナーにならない人、WEB会議の「参加者」はアカウント登録は必要ない。 といったことになります。 WEB会議に参加するためにには? ZoomでWEB会議に参加する方法をご紹介していきます。 WEB会議用のURLを発行して貰う まず最初にWEB会議を開くオーナーにURLを発行してもらい、URLを送ってもらいましょう。 届いたURLをクリックしてアクセスをしてください。 exeファイルを実行または保存しますか?と表示されますので「実行」を押して下さい。 実行をするとZoomのデータインストールが開始されます。 インストールはすぐに完了します。 Zoomでの名前を決める Zoomで使用する名前を入力しましょう。 多くがパソコンで使用しているユーザー名が表示されると思います。 ビジネスで使用する場合は本名を入力しましょう。 入力をしたら「参加」ボタンを押して下さい。 WEB会議に参加 相手とのWEB会議が開始されます。 このままでは、まだ音声が聞こえないので「コンピューターでオーディオに参加」を押して下さい。 WEB会議を終了をするには WEB会議を終了をするには「ミーティングの終了」を押して下さい。 メニューが表示させるにはマウスカーソルを画面の上で動かせばボタンが表示されます。 以上でZoomでWEB会議を行うことができます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 Zoomを使用すためのデータをインストールする必要がありますがアカウント登録をしなくてもWEB会議を簡単に行うことができます。 さらに、「レコーディング」を行えばWEB会議の録画をすることができます。 レコーディングはWEB会議の映像付きと音声のみの2つの種類で保存することができます。 是非ご活用くださいませ。

次の

Zoom更新に伴う「上手な新セキュリティの設定方法」2020年版Zoom使い方⑫(在宅ワークWEB会議システム)

Zoom パスワード なし

Zoomがセキュリティ応急対策を実施しました 「Zoomセキュリティ応急対策実施しました」ということで、2020年の4月5日の情報になります。 なぜかというと、Zoomミーティングに勝手に参加してきた人たちがイタズラ画像を送ったりするなどの 「Zoombombig」対策ということで、 「パスワードの強化」と 「待機室の設定」という機能が追加されました。 やることは2つだけです!「ワンクリックで参加」をオンに!「待機室の設定」をオフに!することです。 「これまでどおり使える?」ということが気になりますよね。 今、どういう状況になっているかというと、設定画面でパスワードが求められるようになっています。 パスワードはデフォルトで設定されているのため、変えることができません。 2020年4月 9日のアップデートで、また 「パスワード設定の解除」が出来るようになりました!! Zoomがロックをかけていたんですね。 これから、アメリカのZoom本社のシステムチームが、90日間かけてプライバシーに関する強化を行なっていくようです。 これまで通りZoomを使うには 「これまで通りZoomを使いたい!」という方が、多いのではないでしょうか? これまで通りZoomを使うための方法を説明します。 「ワンクリックで参加」をオンにする• 起動画面から「一般の設定」に入り「設定を表示する」にいきます。 すると webサイトの画面にいきます。 直接いける方は自分のwebサイトの設定画面に入っていただいて「設定」をクリックしてください。 すると 「ワンクリック参加できるように、ミーティングリンクにパスワードを埋め込みます。 」があるのでオンにします。 これで、今まで通り「ワンクリック」で入室できるようになります。 「待機室の設定」をオフにする これまで「待機室の設定」をオフにしている方も、更新時に自動でオンになっています。 ここがオンになると、ワンクリックで入っても「待機室」へ誘導されてしまうので、「許可」してもらわないと部屋に入れません。 20~30人参加するときなど、いちいち許可するのは大変ですよね。 主催者が「待っているのに誰も入ってこない…」ということもあります。 「待機室の設定」はオフにしていただくと、これまで通り使えます。 「ワンクリックで参加」をオンに!「待機室の設定」をオフに!することで、今まで通り使えるようになります。 はい、お願いします! これで、スムーズにZoomミーティングに 入室することができると思います。

次の