逮捕歴 逆seo対策。 逮捕歴・犯罪歴の逆SEO

ネット誹謗中傷問題に強い弁護士事務所

逮捕歴 逆seo対策

逆SEO対策のコンテンツ費用を考える 逆SEO対策とは、検索結果の1ページ目にどのような内容を載せたいかを考え、それを実現することです。 そのためには、サイトに「載せたい内容」を考え、それを文字(文章)にする必要があります。 実は、このコンテンツ作成作業こそが、最も難易度が高い作業であり、コストもかかります。 企画 逆SEOのたのコンテンツづくりにあたっては、事前に企画を入念に考えることが大切です。 企画によって方向性が定まらないと、コンテンツも的外れのものができてしまいます。 また、コンテンツ企画の策定にはマーケティング力や文章執筆力も求められます。 これらのプロセスをしっかりと経ることで、逆SEOのトータルコストを軽減させることができます。 ドメインの費用 逆SEO対策には、ドメイン費用やサーバー費用が必要となります。 検索順位を変動させるためには、たくさんのドメインやサーバーが必要になるからです。 中小規模の逆SEOならともかく、大規模な逆SEOの場合、ドメイン・サーバーのコストを無視して逆SEOの費用を論じることはできません。 オールドドメインは10万円かかることも 価値の高いオールドドメインを取得するためには、10万円かかることがあります。 逆SEO業者を選定するにあたっては、こうした費用が料金に反映されているのか、いないのか、チェックする必要があります。 サーバー管理費 逆SEOには、多数のサーバーが必要になるため、サーバー管理費も念頭に置いて検討する必要があります。 技術の高い逆SEO会社であれば、自前で多数のサーバー設備(IP分散型)をそろえており、サーバー代は低予算で済むことが多いです。 SEOよりも重要 検索エンジン対策である「SEO」と「リスティング広告(SEM)」は、企業にとって大事なアクセス対策です。 それだけに、同業他社との競合が厳しくなり、少額の予算だけでは効果を出すのが難しくなっています。 ネット広告の予算を逆SEOに 逆SEOは、SEOよりもさらに重要です。 自社の企業イメージの根幹にかかわるからです。 SEOやネット広告の予算の一部を、逆SEOに振り向ける企業が増えています。 一般個人向けに格安の対策 また、SEOやリスティング広告は企業、個人事業主、著名人だけがやればいいですが、 逆SEOは一般個人にも必要です。 幸い、一般個人の方の場合、企業に比べて逆SEOの費用は少なくて済みます。 当社は一般個人の方に最適な格安の逆SEO対策を提供しています。 逆SEO• レピュテーション・マネジメント• 会社概要• 問い合わせ•

次の

ネットの風評被害・誹謗中傷を弁護士が解決

逮捕歴 逆seo対策

実名報道 警察に逮捕されると、多くの場合、マスコミによって報道されます。 実名(フルネーム)による報道が基本です。 逮捕のニュース記事は、新聞やテレビ、通信社のホームページによってネット上に公開されます。 小さい事件でも地方紙に 小さな事件であっても、共同通信や時事通信などの通信社によって記事が配信されます。 地方紙のホームページに出ることも多いです。 2chやブログ、twitterに転載・拡散 事件のニュース記事は、2chなどの掲示板やブログ、twitterなどのSNSに転載され、拡散してしまいます。 そして、それらの記事は削除されない限り、ネット上にいつまでも残り続けます。 新聞やテレビは削除するが・・・ 新聞やテレビなどの大手マスコミは、年月がたつと、記事を削除します。 しかし、記事をコピーした掲示板やブログ、まとめサイトなどは削除しないケースも多いです。 その結果、逮捕されたという過去が消えずに残存することになります。 再就職や社会復帰に支障 GoogleやYahooで名前を検索したときに、上位に逮捕歴が表示されていると、再就職が困難となり、社会復帰に支障が出かねません。 GoogleやYahooに対して、検索結果から削除するよう依頼することもできますが、 拒否される場合が多いです。 そこで、過去のニュース記事が出てこないように、逆SEO対策(リバースSEO)を行うという選択肢が出てきます。 検索順位を下げる 逆SEOとは、逮捕歴や犯罪歴、前科などのネガティブな内容の検索順位を下げる対策です。 専門業者に依頼することによって、スムーズに進めることが可能になります。 犯罪歴や前科の削除の裁判 犯罪歴や逮捕歴は、ネット検索から消えない傾向があります。 削除を求めて裁判を起こしても、 負ける場合が多いと言われています。 性犯罪(児童買春)の逮捕歴 最高裁でGoogle勝訴 児童買春で逮捕された男性は、Googleの検索結果からの削除を求める訴訟を起こしましたが、 最高裁は2017年1月、訴えを却下しました。 つまり、Googleが勝訴、原告の男性は敗訴となりました。 原告は、女子高生と援助交際をし逮捕され、児童ポルノ法違反で罰金50万円を払ったという過去がありました。 振り込め詐欺の前科 詐欺の前科報道も、 削除で削除が却下されることが多いです。 最高裁は2018年1月30日、振り込め詐欺で有罪判決を受けた男性がGoogleに削除を求めた訴訟で、 訴えを却下しました。 この男性は執行猶予も終えており、かつ猶予期間が満期を迎えてから6年たっていましたが、 削除は認められませんでした。 「公共性」対「プライバシー保護」 こうした裁判は、「公共性」対「プライバシー保護」の争いになります。 ネット検索を通じて、過去の犯罪情報を知らしめることは、「公共性」があると考えられています。 一方で、逮捕歴や犯罪歴、前科は、その人の「プライバシー」だと考えられています。 そのうえで、どちらが重視されるべきかを比較して、裁判所が判断を下すことになります。 例えば、児童に対する強制わいせつの犯罪者は、再犯の恐れがあると考えられており、 実名で情報を残しておくことは、公共性が高いと判断される傾向があります。 忘れられる権利 日本の司法では、ヨーロッパのような「忘れられる権利」というものは本格的には採用されていません。 日本の最高裁は、従来のマスコミ(報道機関)による犯罪報道と同じような枠組みで、 「プライバシー保護」という観点からネット上の犯罪情報をとらえているようです。 逮捕歴・犯罪歴の逆SEOの注意点.

次の

ネット上の逮捕歴は削除できる?自分で削除する方法や依頼費用を解説|IT弁護士ナビ

逮捕歴 逆seo対策

短文投稿サイト 「ツイッター」の検索で約7年前の逮捕歴が表示され、人格権を侵害されたなどとして、北日本の男性が削除を求めた訴訟の判決で、東京地裁(谷口安史裁判長)は11日、「プライバシーを違法に侵害している」と認め、ツイッター社にツイートを削除するよう命じた。 検索結果の削除の是非をめぐっては、最高裁が2017年の決定で、グーグルなどの検索サイトは独自の方針に沿った結果が表示されるため表現行為の側面があり、情報流通の不可欠な基盤にもなっていると指摘。 プライバシーを公開されない利益については、「検索サイトの表現の自由と比べ、明らかに優越する時に削除が認められる」との判断を示した。 地裁判決は、ツイッターの検索について「投稿日時の順に表示しているにすぎない」と指摘。 検索サイトが持つ表現行為という側面はないとし、「情報流通の基盤になっているとまではいえない」と判断した。 ツイッター上の情報の削除のハードルは、検索サイトより低いことを示した形だ。 その上で、男性の逮捕歴が公表され続ける場合とされない場合の利益を比較。 逮捕から約7年が過ぎ、当時、大きく取り上げられた事件でもないことなどから、公益性は低いと指摘。 男性の新生活の平穏や更生が妨げられないよう保護されるべきだとし、「ツイッターの伝達される範囲は限られるとしても、公表されない場合の利益が優越する」と判断した。 男性は約7年前に建造物侵入罪で逮捕され、罰金刑を受けた。 マスコミに実名で報道された記事を引用したツイートが複数投稿されており、ツイッターで男性の名前を検索すると、逮捕歴がわかる内容が表示され、就職活動や交友関係に支障が出ていたという。 ツイッター社側の代理人弁護士は「コメントできない」としている。 SEOコンサルタントのまとめ Googleの検索結果で逮捕歴が表示された場合、削除されないと思います。 ツイッターに対してこの命令が出たという事は、ツイッターにおいてはこのような情報は削除される可能性が高いという事になります。 Google検索結果の場合で削除されない場合は、検索結果で目立たせないような対処をします。 ご相談はお受けしております。 その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。 現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。 2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。 2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。 2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。 2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。

次の