自家製 ビーフ ジャーキー。 自家製ビーフジャーキーの作り方と費用(コスパ)はどれくらい?

自作ビーフジャーキーの作り方とは?燻製なしの簡単な手作りレシピも

自家製 ビーフ ジャーキー

構造をチェック! フードドライヤーの構造はいたってシンプル。 本体下部にある吹き出し口から温風を放出し、その上に重ねたトレイに置かれた食材を乾燥させます。 食材の種類にあわせて調整できるだけでなく、好みの食感にも仕上げやすそうですね。 ちなみに、長期保存の場合には高温にし、栄養素を保持したいなら低温で乾燥させるといいそう。 なお、消費電力は350Wなので、12時間使用すると電気代は約113円になります(1kWhあたりの電力量料金は27円で算出)。 温風の出る本体の上に6段あるトレイを置き、フタをして使用します。 5cmか約2cmにすることができます 運転時間は2時間刻みで、4〜16時間で設定可能。 運転時間や温度の表示も、わかりやすくていいですね ドライフードを作ってみよう! さっそく、プチトマトと大根を乾燥させてドライトマトと切り干し大根にしてみましょう。 食材の厚みや大きさ、水分量、そして室内の湿度などにより仕上がりは左右されるので様子を見ながら作っていきます。 半分にカットしたプチトマトと、短冊状に切った大根をセット。 運転が始まると温風が出る音がします。 ドライヤーのような音がしますが、生活に支障をきたすほどの音量ではないので就寝中に稼動させておいても問題ないでしょう 4時間程度では、まだまだどちらも生の状態 8時間経過すると大根はほぼ切り干し大根になった印象。 トマトは外側は乾燥していますが、中はみずみずしいままです 12時間を過ぎると大根はカリカリになってしまいました。 トマトはセミドライな状態になりましたが、もっとカラッとさせたいので乾燥を続けます トマトの水分がほぼなくなるほど乾燥できたのは、24時間後。 保存性を高めるなら、このぐらいがいい! でも、大根は乾燥させ過ぎましたね 今回の結果から、1枚のトレイには同じ食材を並べるほうがいいと感じました。 もちろん、完成した食材から取り出していけばいいのですが、ラクに作業したいならトレイごとに同一食材で揃えるといいでしょう。 また、温風が出る吹出口に近い下段のほうが乾燥しやすい印象。 水分の多いものは下段にし、乾燥具合が十分となったトレイから順に取り外していくのがよさげです。 なお、食材は乾燥させるとかなり小さくなるので、薄めに大きくスライスすると理想的な仕上がりにできそう。 いろいろものをドライフードにしてみた! 時間はある程度かかりますが、放置しておける手軽さにすっかりドライフード作りにハマった筆者。 いろいろなものを作ってみました。 歯ごたえと味わい豊かにグレードアップし、ちょっとおしゃれ感も増した印象。 きのこ嫌いのわが子も、乾燥させたきのこは食べてくれました 乾燥させたフルーツはそのまま食べてもいいですが、酸味のあるものは少々酸っぱさを強く感じるようになります。 なので、筆者はワインに漬けてサングリアにしたり、紅茶に入れてレモンティーにして楽しみました 続いて、ドライフルーツで作ったサングリアがおいしかったので、ラム酒や砂糖漬けにしてみたいと種なしブトウとイチジクを乾燥させてみることにしました。 皮があるせいかなかなか水分が飛ばず、1日半ほど乾燥させました。 時間はかかりましたが、適度な弾力と口いっぱいに広がる果物の自然な甘みと酸味がおいしい! つまみ食いしていたら砂糖漬けする前に半分以上なくなってしまった…… 野菜や果物の干し物以外で思いつくものといえば、干し肉! 赤ワインと調味料に一晩漬け込んだ牛もも肉を乾燥させてビーフジャーキーを作ってみましょう。 予想どおりに乾麺にはできたのですが、回収する際にボロボロと崩れてしまいました。 ラーメンっぽいスナック菓子ができた感じです。 味付けさえすれば、これはこれでイケそう…… まとめ 半日以上の時間をかけてわざわざ乾燥させなくても、そのまま食べればいいじゃないか……と思われる方もいるでしょう。 しかし、生の食材とはまったく異なる食感と、噛むほど広がるおいしさは一度食べるとクセになります。 筆者の子どもは普段、野菜をあまり好んでは食べませんが、ドライベジタブルにすると「食べやすい」と上々の評価。 これは、非常にありがたかったですね。 また、想像どおりの味わいもあれば、思った以上に酸っぱくなったり、乾燥させるとイマイチなど出来上がりが予想できないところもおもしろい。 市販品にはあまりない半生状態で食せるのも、自家製ならでは。 健康志向が高く、手作りが好きな人ならば、ドライフードメーカーはめいっぱい活用できるはずです。

次の

自作ビーフジャーキーの作り方とは?燻製なしの簡単な手作りレシピも

自家製 ビーフ ジャーキー

こんばんは、にらおです。 みなさん『 ビーフジャーキー』は好きですか? にらおはビーフジャーキーが大好きです! 好きなおつまみランキングでも上位に入ります。 でも、 あまり量が入ってないのに、 まあまあ高いじゃないですか 笑。 一度は思ったことありませんか? 飽きるまで食べたい!と。 でも、そんなに大量に買うのは・・・ 笑。 ならばいっそのこと作っちゃおう!! ということで、にらおはここ最近ビーフジャーキーを自作しております。 今回は オーブンレンジさえあれば手軽に作れる、ビーフジャーキーの作り方をご紹介していきます! 自家製ビーフジャーキーの作り方• 通常のビーフジャーキーの作り方 よく自作レシピで出てくるビーフジャーキーの作り方は、ソミュール液と言う燻製液に漬け込み、乾燥させ、燻製するのが一般的な作り方です。 でも燻製するの、めんどくさいじゃないですか 笑。 では、どう作るのでしょうか? ビーフジャーキーを自作するための機械 世の中には、ビーフジャーキーを自作するための機械があります。 食品を乾燥してくれるその名も『ドライフードメーカー』。 でも、普通のご家庭にはありません 笑。 ブロック肉を均等に切り分けます。 一度冷凍してから少し自然解凍すると、切りやすくなります。 ちなみに我が家では、肉を切る際に使い終わった牛乳パックを、まな板がわりに使用します。 使ったら廃棄!無駄に衛生面に配慮!(笑) 牛モモ肉ブロック 500g 慣れない手つきで切りそろえていくっ! 笑 厚みはお好みの厚さでOKですが、 均一でないと出来上がりの硬さに差が出るので注意してください。 びっくりするほど不均一になりました 笑 今回500gで40枚ぐらいになりました。 調味料をすべてフライパンに投入し、一度煮立たせます。 煮立ったら冷めるまで放置します。 調味料液を冷ましてボウルにIN。 冷ました調味料液に、切り分けたお肉を漬け込みます。 目安は約2時間ですが、ここはお好みで。 1時間ぐらいで、上下を入れ替えました。 漬け込む時間が長いほど味が濃くなり、短いほど味が薄くなります。 オーブン皿にクッキングシートを敷きつめ、その上に1枚ずつ並べていきます。 これを予熱したオーブンに投入します! 結局二段になってしまいました。 1時間経ったら、表面の脂を拭いて、裏返します。 いやー、順調に縮んでいますね。 1時間後はこんな感じ。 裏返しました。 再度1時間焼き上げます。 裏返して1時間後。 見た目はあれですが、めっちゃいい匂いします!それにしても、めっちゃ縮みますね。 焼きあがったものをキッチンペーパーに移動し、挟みこむようにしてそのまま一晩放置します。 十分乾いている場合は、この作業はしなくても大丈夫です。 市販品よりも味が濃い目でしっとりとしていて美味しいですよ~。 自作ビーフジャーキーの保存期間 完成したビーフジャーキーは、必ず冷蔵庫に入れて早めに食べきることをオススメします。 今のところ美味しすぎてあっという間に食べきってしまっていますが、自作する際はくれぐれも食中毒にご注意を! ビーフジャーキーを自作した際のコスト 今回は 500gのモモ肉ブロックから 約40枚のビーフジャーキーができました。 今回は割引されて500gの牛モモ肉が約600円でしたので、 1枚当たり15円。 激安です。 牛モモ肉が一番オススメですが、豚モモ肉でもポークジャーキーが作れますよ! 注意点 お肉を切り分ける際に、厚みが不均一だと、お肉を漬け込む際に味にムラが出ます。 また、焼き上がりにもムラが出るので、 できるだけ厚みは一定になるように切り分けるようにしてください。 おわりに 今回は、 燻製をせずオーブンのみで作る方法をご紹介いたしました。 今回の作り方を参考に自作ビーフジャーキーを作ってみてはいかがでしょうか? 調味料の配合などをカスタマイズして、 自分好みのビーフジャーキーを作り上げてみてください! 以上、にらおが『ビーフジャーキーを燻製なしで自作する方法』をご紹介いたしました。 ご覧いただきありがとうございました! niraojapan.

次の

ビーフジャーキーの新境地を開きまくりな「自家製ジャーキーメーカー」で牛タン・カルビ・ロースなビーフジャーキーを作ってみました

自家製 ビーフ ジャーキー

ステイホーム期間、家での食事が増えた方も多いのではないのでしょうか? その時困ったことといえば、買い物の回数を減らして数日分の食材を購入しようとしても「もう冷蔵庫に入らない、、。 」という事態に。 料理する量も回数も増えたのに、食材を保存しておく場所の確保に悩みました。 本格的な登山はしなくても、日々の生活のアイディアになりますし、キャンプなどのアウトドア飯のアレンジにも効きそう! と、いうことで! 今回は自家製のビーフジャーキーを作ってみたいと思います。 自家製ビーフジャーキーの作り方 材料 2名分 ・ビーフジャーキー・・・8枚 ・水・・・1000ml ・生姜・・・1片 ・にんにく・・・1片 ・酒・・・大1 ・ナンプラー(魚醤)・・・大2 ・砂糖・・・小1 ・鶏ガラスープの素・・・小1 ・フォー(乾燥麺)・・・200g お好みのトッピング(パクチー、赤玉ねぎ、もやし、レモンなど) 作り方• 鍋にビーフジャーキー、水、スライスした生姜、にんにく、酒を入れ一煮立ちさせます。 目安としてスープの量が800mlくらいになるとベストです。 3、フォーを表記の時間で茹で、器に盛ります。 スープを注ぎ、ビーフジャーキーも盛りつけ、お好みのトッピングをして完成です。 出汁を使わずに?!肉じゃがを作ります 材料 2名分 ・ビーフジャーキー・・・6枚 ・じゃがいも・・・2個 ・にんじん・・・1本 ・玉ねぎ・・・1個 ・しらたき・・・100g ・水・・・250ml ・醤油・・・大2 ・酒・・・大2 ・みりん・・・大2 ・砂糖・・・大2 ・サラダ油・・・大1 お好みでトッピング ・絹さや(筋を取りさっと茹でる)・・・5枚 作り方• 小さめの鍋にビーフジャーキー、水を入れ中火で5分加熱します。 この工程で、ビーフジャーキーの肉の旨味を出汁として抽出します。 じゃがいも、にんじん、玉ねぎは食べやすい大きさに切ります。 しらたきはさっと洗い5cmの長さに切ります。 鍋にサラダ油をひき熱し、じゃがいも、にんじん、玉ねぎを入れ中火で炒めます。 全体にサラダ油がまわったら手順1のビーフジャーキー(煮汁も一緒に)、しらたき、みりん、砂糖、醤油の順番で加え、落し蓋をし弱火で20分煮込みます。 器に盛り付け、お好みで絹さやをトッピングし完成です。 一般的の工程では和風出汁や顆粒だし使って煮込む肉じゃがも、ビーフジャーキーは出汁としての役割を果たしながら、メイン食材として劣らない存在感。

次の