が ま げろ げ。 下呂温泉街マップ

ちゃんげろソニック2020

が ま げろ げ

ゲロ ゲロは「嘔吐」「自供」「蛙」「とても」といった複数の意味を持つ。 【年代】 意味により異なる 【種類】 - 『ゲロ』の解説 [1] ゲロとは胃の中にある飲食物を吐き戻すことで「 ゲロする(過去形: ゲロった)」「 ゲロる」ともいう。 また、そうした吐き出された吐瀉物を指しても使われる。 この意味では昭和初期から使用されており、世代を超えて最も頻度の高い意味である。 [2] ゲロとは自白・自供という意味で、もともと警察の隠語であったが不良を中心に一般にも使用されるようになる。 自供・自白が「隠していることを吐く(話す)」ということから、[1]の意味とかけて出来た意味である。 [3] ゲロとは「とても」「すごく」といった後に続く内容を強調する言葉として、1990年代に入った辺りから若者に使用されている。 「 ゲロかわいい」「 ゲロブス」「 ゲロうま」「 ゲロまず」といった形で使われ、後に続く内容は特に限定されていない。 [4] ゲロとはカエルのこと。 これはカエルの鳴き声「ゲロゲロ」からきている。 ただし、この意味での使用は少ない。 スポンサードリンク 『ゲロ』の関連語.

次の

ゲロ(げろ)

が ま げろ げ

で書かれたの健康指南書である『』のの1つより 一般に過度の(飲み過ぎ)や摂食(食べ過ぎ)、・変質したの摂取()、過度の、体調不良などの際にまず脳内の「」が刺激され、「」を催し、それに続いて嘔吐する。 ただし、特に乳幼児や泥酔している場合など、吐き気が来ないままいきなり嘔吐する場合もある、。 嘔吐により吐き出されたものを「(としゃぶつ)」、では「ゲロ」や「反吐」(が出る)と呼ぶ。 またの奥に指を入れたりして吐き気を催すことを「嘔吐反射」という。 、(くしゃみ)、と同様、反射であることから、本人の意思では制御できない。 また、や、のなどで長時間もしくは激しく揺れる環境下にあった場合、「」が発生して嘔吐に至る場合がある。 この他、高温になる閉所、きつすぎる(特に)、、、のなどの重量があったり蒸れたりする物を長時間着用した場合や、他者の嘔吐(いわゆる「もらいゲロ」)、吐瀉物や排泄物などを見たり聞いたり各種の悪臭を嗅いだり、不快な映像・音声を見たり聞いたりした場合にも、精神的なから、吐き気・嘔吐を引き起こす場合が多い。 酔いなどする人は、あらかじめエチケット袋(液体を通さないビニール袋など)を持ったり、薬局などで売られている酔い止め薬を乗車前に飲んだりすると良い。 長距離バスやなどでは、エチケット袋が用意されている場合が多い。 嘔吐行為を強制的に停止させようとするとパニック状態に陥る場合がある。 早期の治療が必要な場合• 前述した要因に当てはまらず、など他の部位の症状を伴う嘔吐の場合には、や・神経系の損傷などといった、別の病因による副次的な症状である可能性があり、場合によってはの危険に関わる。 このため早急なのが必要である。 一般的に嘔吐した場合、吐瀉物はを中心に胃の内容物である。 やなどのにより発生した場合には、それら以外にを含む場合がある。 状態によって以下のような、それぞれ別の原因によるものである。 茶褐色である(胃酸と反応するため) 吐瀉物中にこのような茶褐色の血液の塊がある場合は、のが疑われるため、早めの消化器科への受診が勧められる。 嘔吐によって初めて自覚されるが、普段はそのまま消化してしまっているため、自覚症状に乏しい。 鮮血を吐く(赤い・量が多いなど) とよばれ、重大な消化器の損傷が疑われるため、嘔吐とは違いより救急的な医療を必要とする。 消化器科・内科外科を含むへ急ぐことが勧められる。 咳き込んだ際にも血液が混じる とよばれ、嘔吐や吐血とは原因が異なり、の損傷で咳や痰と共に血液が排出される。 その一部が胃に入って、吐瀉物にも血が混じることもある(茶褐色)。 感染症()も疑われるため、早期の呼吸器科への受診が勧められる。 悪心・嘔吐を起こす疾患 、嘔吐はにある嘔吐中枢によって制御されている。 消化器、心臓、、脳実質の障害によって嘔吐は誘発される。 中枢神経系の障害による嘔吐は悪心を伴わないのが一つの特徴である。 消化器の異常が最も多いがそれ以外の疾患も数多い。 特に急性冠症候群が悪心、嘔吐のみしか認められないことがあり注意が必要である。 診断学上はといった下部消化器症状の有無が重要である。 下部消化器症状が認められる場合は中毒(特に薬物ではやが有名)によるもの以外は消化器疾患である可能性が高い。 特に見逃すと重篤な疾患としては脳内病変としては脳出血やがあげられる。 無痛性心筋梗塞は患者や高齢者で多いとされている。 (DKA)、アルコール性ケトアシドーシス(AKA)、、、、絞扼性、急性、などが重要である。 これらの疾患は下痢といった下部消化器症状を伴わないことが多い。 悪心、嘔吐を起こす疾患としては具体的には以下のような疾患が考えられる。 分類 疾患 閉塞性消化器疾患 、、 非閉塞性消化器疾患 、、、、 感染症 など 眼科疾患 など 耳鼻咽喉疾患 、など 心血管疾患 、急性など 神経疾患 、、など 代謝内分泌疾患 、、 泌尿器疾患 産科疾患 妊娠性悪阻 薬物 、、 中毒 中毒 アレルギー疾患 消化管や 精神疾患 、など 悪心・嘔吐のマネジメント 診断の手掛かりとなる情報としては以内に摂取した食物や旅行歴の他、腹痛、下痢、便秘といったその他の腹部症状、排ガス(など)やの有無など重要である。 排ガス、排便がなければ閉塞性の消化器疾患が疑われる。 既往歴に腹部の手術歴や心疾患、糖尿病、産婦人科的な疾患歴などがある場合はそれが影響している可能性がある。 周囲に同様の症状の人がいれば食中毒の可能性もあり、アルコール多飲歴はAKAの手掛かりとなる。 内服薬も嘔吐の原因の手がかりになる。 では意識障害、呼吸不全が認められる場合や、高血圧な割に徐脈というが認められる場合は中枢性疾患を疑う。 発熱が認められれば感染症、徐脈やが認められれば心血管疾患、呼吸不全が認められるときはDKAといった代謝性疾患も疑う。 発熱、嘔吐を伴い消化管感染を特に疑う下痢の症状がない場合はも疑われる。 髄膜炎を疑う不随意運動や、高熱、が認められる場合は頭部後、腰椎を行う。 特に細菌性髄膜炎は緊急疾患である。 経口摂取、経口薬の内服が不可能であり、している場合があるため原則としては採血、を行う。 検査では閉塞性疾患を考える場合はまずは腹部単純をおこなう。 排ガスや排便の停止が認められる場合は非常に重要な検査となる。 重篤な疾患の見落としを避けるには頭部CTや、尿検査を行う。 機能的な閉塞は腹部単純が分かりやすい。 これは必ず立位と臥位で撮影を行う。 機械的な閉塞、や絞扼性イレウスを疑う場合は造影CTを検討する。 絞扼性イレウスの場合はの貯留が認められることが知られ、単純CTでも見分けることができることもある。 吐き方・吐かせ方 嘔吐物がに入らないように頭を下に向けて吐かせる。 吐くだけ吐いてすっきりさせる。 気分が悪く吐きそうだが吐けないなどの場合は、指を舌の奥に入れるなどの嘔吐反射を用いる。 特に臭気が不快感を催させるため、吐瀉物の処理はなど汚物全般に準じ、また嘔吐に際して着衣が汚れないよう注意を必要とする。 吐いた後は十分に水分および塩分補給をすべきであるが、その際に冷たいものを飲ませるとそれが胃に刺激を与え、さらに吐いてしまう場合がある。 そのため、体温程度に温めたなどを与えるのが望ましい。 意識を失っている場合や、意識がはっきりしない場合などは、嘔吐の後にする危険性があるため、喉の奥やの中に吐瀉物が詰まっていないか注意する必要がある。 緊急的には指でかき出したり、後ろから抱きかかえて鳩尾()を斜め後ろ上方に押し込んだりするなど、喉の奥にモノが詰まった時同様の処置をする。 乳幼児の場合などでは、逆さにして背を強く叩いたり、大人が口で幼児の鼻と口を覆って吸い出したりすることも行われる場合がある。 吐かせた、または吐いた後は、患者にを取らせるのが望ましい。 回復体位を取らせるのが難しい場合は、嘔吐物により窒息しないために、身体を横に向けて寝かせる。 特に意識が朦朧としている場合や意識を失っている場合、嘔吐物がに入り、窒息の危険がより高まるためにに寝かせてはならない。 また、飲み込んだ物を強制的に吐かせるためにを用いる場合もある。 治療 基本的には、では(PCI)といった原因療法を行う。 対症療法としては、グリセオールといった降下薬、胃内容物の除去としてNGチューブの挿入などが行われる。 制吐薬としては消化器疾患が疑われた場合はやが用いられる。 これは消化管運動を亢進させることで内容物が通過することにより、嘔気が軽減する。 、、、経口といった各種薬剤が市販されている。 点滴静注では即効性がないことが知られている。 心窩部の不快感ではなく腹痛が認められる時は蠕動の亢進で症状が悪化することがあり、注意が必要である。 抗コリン薬は腸管蠕動を抑制することで悪心、嘔吐を軽減する作用がある。 やにも同様に作用する。 また胃潰瘍やによる悪心、嘔吐に関してはやが用いられる。 その他、種種の原因で起こる悪心、嘔吐に対する制吐薬を以下に纏める。 治療薬の変更よりも原因疾患の再検索重要となる場合が多い。 特に異常がなくとして嘔気・嘔吐が起きる場合、消化器機能改善剤であるや、ドパミン遮断効果・鎮静効能のある抗精神病薬のなどの投与をとして使用される場合がある。 小児科領域の嘔吐 ヒトのが生後48時間以内に1回程度嘔吐することはよく見られる現象である。 たとえ正常な状態で産まれてきたとしても、生後48時間以内に1回の嘔吐をする新生児が過半数だと(6割から8割の新生児が1回は嘔吐するとも)いわれる。 新生児の嘔吐の大半は一過性であり、多くとも数回程度で終わって嘔吐しなくなるので、治療も不要である。 しかしながら、中には消化管が閉鎖しているなどの、ミルクアレルギー、時に脳に損傷が生じた場合などが原因である嘔吐も少数ながらあるために鑑別が重要で、原因精査が求められる。 吐寫物の性状(水のようなのか、血液は混じっているか、乳汁のようなのか、など)を確認することが、鑑別の手がかりとなるため、どのような物を嘔吐したかを観察することが必要である。 なお、成人では消化器の領域の感染症や潰瘍などによって起こる嘔吐が最も多いのだが、小児ではその他の疾患も鑑別に上がってくる。 先天性腸閉鎖は腸回転異常でも起こるし、輪状膵でも起こりうる。 これらの疾患ではその他の奇形の精査も重要となることがある。 発症時期 疾患 吐物 画像所見 出生直後 泡沫様 coil up sign 出生数時間~1週間 胆汁性 microcolon 多数のniveau 出生数時間~1週間 直腸体温計が入らない、倒立位撮影 出生数時間~1週間 megacolon caliber change narrow segment 出生2,3週 噴水状嘔吐 string sign umbrella sign showlder sign 数ヶ月~2歳 胆汁性、黄色吐物 かにの爪、target sign 吐瀉物の処理 床などに出された吐瀉物は半液状で、悪臭を放ち、などを含む場合があるため、清掃に不快感や時に危険が伴う。 酔客らが嘔吐することが多いでは、水分を吸収して処理しやすくがストックされていることもある。 グループのは、紙製の吸水材や吐瀉物用のを開発している。 派生語 小間物(こまもの) 吐瀉物のことをした語。 吐瀉物は飲食した様々な種類の食物が混ざっていることから、小間物の扱う商品(日用品・化粧品はど)は種類が多く、色々な商品が交じっているため、それになぞらえた。 また、小間物屋が商品を広げて見せながら、商売をしている姿に似ていることから、俗語として、飲食したものを吐き出す行為。 反吐を吐くこと。 また、吐瀉物そのものを指す。 「小間物屋(こまものや)を開く」 慣用句として用いられる。 「小間物屋を広げる」、 小間物店(こまものみせ)を広げる」ともいう。 飲食したものを吐き出すこと。 反吐を吐くこと。 人間以外の動物• は胃のとが接近しているため、嘔吐することができない。 は胃袋ごと嘔吐する。 その際、胃袋は裏返しになる。 もよく嘔吐する動物であり、その原因は毛玉だと思われているが、あまりに頻繁に続くようであればに診せたほうが良い場合がある。 (スンクス)は、ウサギ、と違い薬物や揺らすことで吐くため、嘔吐反射の研究に用いられる。 脚注 [].

次の

株式会社奥田又右衛門膏本舗 製品情報

が ま げろ げ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年2月) 吐瀉物(としゃぶつ)は、およびによって体外に排出されたの内容物。 嘔吐によって排出されたもののみを指して用いられることがあるが、「瀉」は一般的にを表すことからこの用法は誤りであり、嘔吐によるもののみを指して用いる場合には 嘔吐物(おうとぶつ)もしくは 吐物(とぶつ)という語が用いられる。 概要 [ ] 吐瀉物にはのほかに未の食物が含まれ、多くは味を帯びている。 に食物などがない場合は、胃液のみが吐き出されたり、水分のみが出てきたりし、この場合はそれぞれ黄色、黄緑色や白濁色などである。 が混じった場合には味を帯び、が混じった場合には褐色やになる。 では俗に、 ゲロ、 ゲー、 ゲボなどと呼ぶ。 多くは悪臭を伴って醜いことから他者の嘔吐を誘発することがあり、 貰いゲロなどと呼ばれる。 なお、吐き出された内容物が胃やそれに近いの内容物ではなく、が主体となっている場合(血反吐)は、という。 この場合、からのであるとは区別される。 また、ので、のことをゲロと呼ぶこともある。 派生語 [ ] 小間物(こまもの) 吐瀉物のことをした語。 吐瀉物は飲食したさまざまな種類の食物が混ざっていることから、小間物の扱う商品(・など)は種類が多く、いろいろなが混じっているため、それになぞらえた。 また、小間物屋が商品を広げて見せながら商売している姿に似ていることから、飲食したものを吐き出す行為を意味する俗語として用いられる。 反吐を吐くこと、もしくは吐瀉物そのものを指す。 「小間物屋(こまものや)を開く」 慣用句として用いられる。 「小間物屋を広げる」、 「小間物店(こまものみせ)を広げる」ともいう。 飲食したものを吐き出すこと、もしくは反吐を吐くことを指す。 関連項目 [ ]• - -.

次の