名倉祐樹。 山田裕貴

史上最悪の5大未解決事件が怖すぎる…ガチでヤバかった…

名倉祐樹

事故として処理された事件性の高い不気味な事件 この「岡山地底湖行方不明事件」が起きたのは2008年1月5日で、午後6時15分頃に警察に高知大学学術探検サークルのメンバーから「地底湖でひとりが溺れた」と通報があったことで捜索が始まります。 高知大学学術探検サークルは事故のあった「日咩坂鍾乳穴 」にはよく探検に行っていたようですが、この日はサークルメンバーや社会人など13人が新見市に集まっており、その内顔見知りのサークルメンバー5人で午前11時半頃から探検に向かい、2時頃半に 名倉祐樹さんが鍾乳洞奥の地底湖で泳いでいた最中に急に姿が見えなくなったということでした。 警察は30人体制で捜索を開始ししましたが、鍾乳洞は奥行1600メートル、高さ15メートル、幅7メートルの洞窟で、途中には人一人がやっと通れる隙間や、首あたりまで水につかる難所があり、捜索は困難を極めることになります。 2018年6月23日にタイの鍾乳洞でサッカーチームの少年と顧問が遭難し、世界のダイバーが集結して助け出すという「タムルアン洞窟の遭難事故」がありましたが、この事故で鍾乳洞の怖さを知った人も多いでしょう。 そして「日咩坂鍾乳穴 」は天然記念物に指定されていて非常に危険な構造のため、立ち入る際には新見市への許可を取らないといけませんでしたが、サークルメンバーは許可を取らずに入っていました。 必死の救助活動も名倉祐樹さんは見つからず 救助隊員が「3本の指に入る」と語る難所だった 「日咩坂鍾乳穴 」で名倉祐樹さんの救助活動に当たった岡山県警機動隊の田村吉永警部補は「16年のキャリアの中でも3本指に入る大変さだった」と語っています。 鍾乳洞の奥は光が届かないため、ライトを持っていかなければ何も見えない暗闇であり、夜も昼も関係ないことから名倉祐樹さんの救助活動は夜を徹して行われました。 鍾乳洞内は前述のような過酷な地形であり、名倉祐樹さんを救出した際に食料として与えるためのビスケットも胸ポケット内で粉々になるほどほふく前進が必要な箇所もあり、二次被害が不安視される中でも懸命の救助が続けられました。 鍾乳洞内部の地形に詳しい高知大学の探検サークルOBも救助に協力し、5日間におよぶ捜索が続きましたが、名倉祐樹さんは結局見つからずしまいで10日に搜索が打ち切られました。 「岡山地底湖行方不明事件」の真相.. 救助隊の指揮を執った秋山吉由副隊長は隊員らの勇気に敬意を表しながらも「学生を見つけられなくて無念」とコメントを残していました。 通常であれば、名倉祐樹さんは鍾乳洞内での事故死で片付けられてしまうところですが、この事故が「岡山地底湖行方不明事件」と呼ばれるようになるのは、捜査が打ち切られた10日以降に、ネット上でサークルメンバーらが不可解な動きをし始めたからでした。 ネット上で「不可解」とされているサークルメンバーの行動を列挙したものが以下になります。 入洞届を提出してない• 5人いたのに地底湖で泳いだ(泳がされた)のは被害者の1人だけ• 溺れるところを誰も目撃してない• 溺れた時の状況説明がニュースソースによってコロコロ変わる• 「タッチした」という声は聞こえたのに、助けを求める声などは一切聞こえなかった• 救助活動を行わず現場に誰も残さないまま全員帰ってきた• 「探検に必要な装備は備わっていた」と強調• 遭難事故では隊長が記者会見するのが普通だが、逃げ回って記者会見をしない• 探検部のページから「部長 白米美帆」「副部長 伊藤智子」の名前を真っ先に削除• いつもは行き過ぎた報道合戦を行うマスコミが今回は部員に全く取材を行わない• 被害者の知人を名乗る人物が高知大学のリモートホストから2ちゃんに削除依頼• 被害者のmixiに勝手にログインしてプロフィール・日記を改竄• 引用: ここからは、名倉祐樹さんがサークルメンバーらの計画的殺人の可能性を示す、ネット上で解き明かされた真相についてご紹介していきましょう。 名倉祐樹さんは1人だけ地底湖で泳がされていた? 地底湖は奥行20メートル、深さ30メートルという非常に大きなもので、事件の当日もサークルメンバーが 名倉祐樹さんだけ衣服を着たまま地底湖で泳いでいたと証言していました。 そして、名倉祐樹さんが地底湖の奥の壁に「タッチ」と叫んだところまでは声が聞こえていたと答え、その後声と姿が見えなくなったと証言しています。 名倉祐樹さんは溺れていたのであれば水面で激しく暴れ、「助けて」などの叫び声を挙げていたはずですが、サークルメンバー全員は誰もそうした声を聞いていませんでした。 考えられることは、地底湖には湖面からは分からない支流の穴が水面下に空いており、ちょうど名倉祐樹さんが到達したあたりに支流に吸い込まれる急流が発生していたのかもしれません。 もし名倉祐樹さんがそうした支流に巻き込まれていたのなら、声を挙げる余裕もなくあっという間に吸い込まれたとも考えられます。 しかし、仮にこれが真相だとしたら、ネットで疑われているようなサークルメンバーが計画的に名倉祐樹さんを殺害したということは考えられなくなります。 予め確実に殺害が可能な支流があることをサークルメンバーが知ることはできないからです。 そうなると、名倉祐樹さんはお酒を飲んで酩酊状態になっており、泳いだことで血流が早くなってアルコールが全身を駆け巡り気分が悪くなってブラックアウトに近い状態で溺れたのかもしれません。 部長・白米美帆と副部長・伊藤智子はメディアへの露出を頑なに拒む 白米美帆と伊藤智子は頑なに露出を拒んだ 名倉祐樹さんの救出活動が続いている間、報道では入洞した人数が5人や4人、13人と度々訂正され、サークルメンバーが積極的に証言に協力している様子が伺えない状況でした。 サークルメンバーは入洞にあたって「万全の装備を整えていた」と証言しましたが、名倉祐樹さんが地底湖で行方不明になってから救助を求めて地上に戻る際に現場に誰も残さず、さらに命綱と言えるロープを回収してきたと言われています。 鍾乳洞は光が届かないため暗黒の世界であり、起伏が激しいことから来た道を辿るロープやワイヤーなどがなければ内部で迷ってしまい、簡単に命を落としてしまう世界だと分かっておきながら、 名倉祐樹さんを残して全員が外に出たということは死んだことを確信していたと取られても仕方がありません。 名倉祐樹さんのことを心から心配している仲間であれば、部長である白米美帆さんや副部長の伊藤智子さんは記者会見などで状況説明をするのが筋だと思いますが、後ろめたいことがあったようでメディアへの出演を頑なに拒んでいました。 そして、さらにふたりはサークルメンバーと関係が悪いことを示すであろう証拠が残っていたSNS「mixi」の名倉祐樹さんの日記などをすべて削除してしまいます。 部長・白米美帆がmixi上の名倉祐樹さんの日記を削除 白米美帆と伊藤智子は証拠隠滅に走った? 名倉祐樹さんの捜査が打ち切られた直後に、「mixi」上で名倉祐樹さんのプロフィールが発見されネット民が注目し始めたことから白米美帆さんと伊藤智子さんは探検部のホームページから名前を削除しました。 名倉祐樹さんは本名で「mixi」に登録していたことから、事件で報じられた際に簡単に特定されていました。 さらに名倉祐樹さんのマイミクシィなどから情報を辿り、部長である白米美帆さんのプロフィールまで特定されてしまいます。 白米美帆さんのプロフィールのニックネームは、名倉祐樹さんの捜索中は「はくさん」となっていましたが、搜索が打ち切られた直後から「うすた」に変わっていました。 この「うすた」のプロフィールを見ると白米美帆さんだと簡単に特定できる情報が書かれており、マイミクシィの紹介欄には「アグレッシバーはくまい」と呼ばれていたことなど書かれています。 名倉祐樹さんの「mixi」プロフィールについて「2ちゃんねる」などで盛り上がっていたため、白米美帆さんが慌ててニックネームを変更したと言われています。 白米美帆はマイミクから名倉祐樹を外した 白米美帆さんは何らかの方法で取得した名倉祐樹さんの「mixi」アカウントのIDとパスワードでログインし、名倉祐樹さんのマイミク一覧から自分を外しました。 白米美帆さんが何度も名倉祐樹さんのアカウントにログインを繰り返していたことが分かっており、名倉祐樹さんのニックネーム「クラさん」から「ホワイト」に変え、プロフィールを大部分を削除し、日記に証拠隠滅したい後暗いことが書かれてあったのか、日記もすべて削除されていました。 しかし、「2ちゃんねる」でマイミクから外したことが指摘されると、白米美帆さんはこっそりとマイミクを元に戻していましたが当然バレていました。 こうした白米美帆さんの行動があまりに不自然なため、「絶対に何かを隠している」とネット上で囁かれるようになりました。 探検サークルの実態はとんでもなかった 探検サークルの実態がバレるとまずかった? 左の画像は探検サークルのメンバーのブログですが、書かれてある内容から非常にマナーが悪くて倫理的に異常で、無謀で危険なことを繰り返していたことが伺えるようです。 前述のように高知大学探検サークルは鍾乳洞内で飲み会をしていたようですが、ブログではクリスマスイブに入口からリレーして洞窟奥に持ってきたケーキを食べたと書いており、鍾乳洞の環境には最悪なことをしていると認める記述があります。 サークルは鍾乳洞の最深部で飲み会をして泥酔した状態で危険な遊びをしたり、 男女ともに裸になって羽目を外すなど乱痴気騒ぎをしていたと言われています。 名倉祐樹さんが行方不明になった事件で、サークルの活動実態が世間に明るみになれば就職活動に影響する可能性が高かったことから白米美帆さんが証拠隠滅をした可能性もあります。 また、サークルのメンバーは男性が15人、女性が10人で非常にサークル内恋愛が起きやすい環境にあったため、痴情のもつれから名倉祐樹さんは事故を装って殺害されたとも言われています。 どちらにしても、白米美帆さんをはじめとしたサークルメンバーは世間に言えないような後暗い活動をしていたことは間違いないようです。 「岡山地底湖行方不明事件」部長・白米美帆と副部長・伊藤智子の現在 白米美帆は「人形劇団京芸」に在籍していた 白米美帆は「人形劇団京芸」に在籍している? その後、ネット民は白米美帆さんと伊藤智子さんの現在の様子を追いましたが、京都の劇団「人形劇団京芸」に所属していることが分かっています。 「人形劇団京芸」のホームページの「団員日誌」に白米美帆さんという同姓同名の女性が在籍しており、趣味の項目に「洞窟探検」とあったため、発見者が問合わせたところ即座にその情報が載っていた記事は削除され、コメント機能も閉鎖されてしまったようです。 こうした対応から、 白米美帆さんが「人形劇団京芸」に所属していることは間違いないようです。 ほっこりしあたー 小島祥子・菅沼輝之・白米美帆による三人班。 素敵なトイミュージックにのせてお届けします。 『おふろだいすき』 『こぶたのるーた』 『ふうせんとうさぎ』 の3本立てです。 引用: 上の画像の左の男性以外のふたりの女性のどちらからが白米美帆さんだということになります。 なお、 伊藤智子さんの現在の所在は不明となっています。 岡山の地底湖行方不明事件とかいま初めて知ったけどコッワ ほぼほぼ殺されたんやろうけどそいつらいま頃のほほんと日常送ってるのがもっと怖い — ろい フォートナイト中毒者 takeiteasyview 岡山地底湖行方不明事件やってくれ。 あのサークルの大学生今何してるか特定して欲しい。

次の

岡山地底湖行方不明(岡山鍾乳洞失踪事件)に関する気になるまとめ!

名倉祐樹

事故として処理された事件性の高い不気味な事件 この「岡山地底湖行方不明事件」が起きたのは2008年1月5日で、午後6時15分頃に警察に高知大学学術探検サークルのメンバーから「地底湖でひとりが溺れた」と通報があったことで捜索が始まります。 高知大学学術探検サークルは事故のあった「日咩坂鍾乳穴 」にはよく探検に行っていたようですが、この日はサークルメンバーや社会人など13人が新見市に集まっており、その内顔見知りのサークルメンバー5人で午前11時半頃から探検に向かい、2時頃半に 名倉祐樹さんが鍾乳洞奥の地底湖で泳いでいた最中に急に姿が見えなくなったということでした。 警察は30人体制で捜索を開始ししましたが、鍾乳洞は奥行1600メートル、高さ15メートル、幅7メートルの洞窟で、途中には人一人がやっと通れる隙間や、首あたりまで水につかる難所があり、捜索は困難を極めることになります。 2018年6月23日にタイの鍾乳洞でサッカーチームの少年と顧問が遭難し、世界のダイバーが集結して助け出すという「タムルアン洞窟の遭難事故」がありましたが、この事故で鍾乳洞の怖さを知った人も多いでしょう。 そして「日咩坂鍾乳穴 」は天然記念物に指定されていて非常に危険な構造のため、立ち入る際には新見市への許可を取らないといけませんでしたが、サークルメンバーは許可を取らずに入っていました。 必死の救助活動も名倉祐樹さんは見つからず 救助隊員が「3本の指に入る」と語る難所だった 「日咩坂鍾乳穴 」で名倉祐樹さんの救助活動に当たった岡山県警機動隊の田村吉永警部補は「16年のキャリアの中でも3本指に入る大変さだった」と語っています。 鍾乳洞の奥は光が届かないため、ライトを持っていかなければ何も見えない暗闇であり、夜も昼も関係ないことから名倉祐樹さんの救助活動は夜を徹して行われました。 鍾乳洞内は前述のような過酷な地形であり、名倉祐樹さんを救出した際に食料として与えるためのビスケットも胸ポケット内で粉々になるほどほふく前進が必要な箇所もあり、二次被害が不安視される中でも懸命の救助が続けられました。 鍾乳洞内部の地形に詳しい高知大学の探検サークルOBも救助に協力し、5日間におよぶ捜索が続きましたが、名倉祐樹さんは結局見つからずしまいで10日に搜索が打ち切られました。 「岡山地底湖行方不明事件」の真相.. 救助隊の指揮を執った秋山吉由副隊長は隊員らの勇気に敬意を表しながらも「学生を見つけられなくて無念」とコメントを残していました。 通常であれば、名倉祐樹さんは鍾乳洞内での事故死で片付けられてしまうところですが、この事故が「岡山地底湖行方不明事件」と呼ばれるようになるのは、捜査が打ち切られた10日以降に、ネット上でサークルメンバーらが不可解な動きをし始めたからでした。 ネット上で「不可解」とされているサークルメンバーの行動を列挙したものが以下になります。 入洞届を提出してない• 5人いたのに地底湖で泳いだ(泳がされた)のは被害者の1人だけ• 溺れるところを誰も目撃してない• 溺れた時の状況説明がニュースソースによってコロコロ変わる• 「タッチした」という声は聞こえたのに、助けを求める声などは一切聞こえなかった• 救助活動を行わず現場に誰も残さないまま全員帰ってきた• 「探検に必要な装備は備わっていた」と強調• 遭難事故では隊長が記者会見するのが普通だが、逃げ回って記者会見をしない• 探検部のページから「部長 白米美帆」「副部長 伊藤智子」の名前を真っ先に削除• いつもは行き過ぎた報道合戦を行うマスコミが今回は部員に全く取材を行わない• 被害者の知人を名乗る人物が高知大学のリモートホストから2ちゃんに削除依頼• 被害者のmixiに勝手にログインしてプロフィール・日記を改竄• 引用: ここからは、名倉祐樹さんがサークルメンバーらの計画的殺人の可能性を示す、ネット上で解き明かされた真相についてご紹介していきましょう。 名倉祐樹さんは1人だけ地底湖で泳がされていた? 地底湖は奥行20メートル、深さ30メートルという非常に大きなもので、事件の当日もサークルメンバーが 名倉祐樹さんだけ衣服を着たまま地底湖で泳いでいたと証言していました。 そして、名倉祐樹さんが地底湖の奥の壁に「タッチ」と叫んだところまでは声が聞こえていたと答え、その後声と姿が見えなくなったと証言しています。 名倉祐樹さんは溺れていたのであれば水面で激しく暴れ、「助けて」などの叫び声を挙げていたはずですが、サークルメンバー全員は誰もそうした声を聞いていませんでした。 考えられることは、地底湖には湖面からは分からない支流の穴が水面下に空いており、ちょうど名倉祐樹さんが到達したあたりに支流に吸い込まれる急流が発生していたのかもしれません。 もし名倉祐樹さんがそうした支流に巻き込まれていたのなら、声を挙げる余裕もなくあっという間に吸い込まれたとも考えられます。 しかし、仮にこれが真相だとしたら、ネットで疑われているようなサークルメンバーが計画的に名倉祐樹さんを殺害したということは考えられなくなります。 予め確実に殺害が可能な支流があることをサークルメンバーが知ることはできないからです。 そうなると、名倉祐樹さんはお酒を飲んで酩酊状態になっており、泳いだことで血流が早くなってアルコールが全身を駆け巡り気分が悪くなってブラックアウトに近い状態で溺れたのかもしれません。 部長・白米美帆と副部長・伊藤智子はメディアへの露出を頑なに拒む 白米美帆と伊藤智子は頑なに露出を拒んだ 名倉祐樹さんの救出活動が続いている間、報道では入洞した人数が5人や4人、13人と度々訂正され、サークルメンバーが積極的に証言に協力している様子が伺えない状況でした。 サークルメンバーは入洞にあたって「万全の装備を整えていた」と証言しましたが、名倉祐樹さんが地底湖で行方不明になってから救助を求めて地上に戻る際に現場に誰も残さず、さらに命綱と言えるロープを回収してきたと言われています。 鍾乳洞は光が届かないため暗黒の世界であり、起伏が激しいことから来た道を辿るロープやワイヤーなどがなければ内部で迷ってしまい、簡単に命を落としてしまう世界だと分かっておきながら、 名倉祐樹さんを残して全員が外に出たということは死んだことを確信していたと取られても仕方がありません。 名倉祐樹さんのことを心から心配している仲間であれば、部長である白米美帆さんや副部長の伊藤智子さんは記者会見などで状況説明をするのが筋だと思いますが、後ろめたいことがあったようでメディアへの出演を頑なに拒んでいました。 そして、さらにふたりはサークルメンバーと関係が悪いことを示すであろう証拠が残っていたSNS「mixi」の名倉祐樹さんの日記などをすべて削除してしまいます。 部長・白米美帆がmixi上の名倉祐樹さんの日記を削除 白米美帆と伊藤智子は証拠隠滅に走った? 名倉祐樹さんの捜査が打ち切られた直後に、「mixi」上で名倉祐樹さんのプロフィールが発見されネット民が注目し始めたことから白米美帆さんと伊藤智子さんは探検部のホームページから名前を削除しました。 名倉祐樹さんは本名で「mixi」に登録していたことから、事件で報じられた際に簡単に特定されていました。 さらに名倉祐樹さんのマイミクシィなどから情報を辿り、部長である白米美帆さんのプロフィールまで特定されてしまいます。 白米美帆さんのプロフィールのニックネームは、名倉祐樹さんの捜索中は「はくさん」となっていましたが、搜索が打ち切られた直後から「うすた」に変わっていました。 この「うすた」のプロフィールを見ると白米美帆さんだと簡単に特定できる情報が書かれており、マイミクシィの紹介欄には「アグレッシバーはくまい」と呼ばれていたことなど書かれています。 名倉祐樹さんの「mixi」プロフィールについて「2ちゃんねる」などで盛り上がっていたため、白米美帆さんが慌ててニックネームを変更したと言われています。 白米美帆はマイミクから名倉祐樹を外した 白米美帆さんは何らかの方法で取得した名倉祐樹さんの「mixi」アカウントのIDとパスワードでログインし、名倉祐樹さんのマイミク一覧から自分を外しました。 白米美帆さんが何度も名倉祐樹さんのアカウントにログインを繰り返していたことが分かっており、名倉祐樹さんのニックネーム「クラさん」から「ホワイト」に変え、プロフィールを大部分を削除し、日記に証拠隠滅したい後暗いことが書かれてあったのか、日記もすべて削除されていました。 しかし、「2ちゃんねる」でマイミクから外したことが指摘されると、白米美帆さんはこっそりとマイミクを元に戻していましたが当然バレていました。 こうした白米美帆さんの行動があまりに不自然なため、「絶対に何かを隠している」とネット上で囁かれるようになりました。 探検サークルの実態はとんでもなかった 探検サークルの実態がバレるとまずかった? 左の画像は探検サークルのメンバーのブログですが、書かれてある内容から非常にマナーが悪くて倫理的に異常で、無謀で危険なことを繰り返していたことが伺えるようです。 前述のように高知大学探検サークルは鍾乳洞内で飲み会をしていたようですが、ブログではクリスマスイブに入口からリレーして洞窟奥に持ってきたケーキを食べたと書いており、鍾乳洞の環境には最悪なことをしていると認める記述があります。 サークルは鍾乳洞の最深部で飲み会をして泥酔した状態で危険な遊びをしたり、 男女ともに裸になって羽目を外すなど乱痴気騒ぎをしていたと言われています。 名倉祐樹さんが行方不明になった事件で、サークルの活動実態が世間に明るみになれば就職活動に影響する可能性が高かったことから白米美帆さんが証拠隠滅をした可能性もあります。 また、サークルのメンバーは男性が15人、女性が10人で非常にサークル内恋愛が起きやすい環境にあったため、痴情のもつれから名倉祐樹さんは事故を装って殺害されたとも言われています。 どちらにしても、白米美帆さんをはじめとしたサークルメンバーは世間に言えないような後暗い活動をしていたことは間違いないようです。 「岡山地底湖行方不明事件」部長・白米美帆と副部長・伊藤智子の現在 白米美帆は「人形劇団京芸」に在籍していた 白米美帆は「人形劇団京芸」に在籍している? その後、ネット民は白米美帆さんと伊藤智子さんの現在の様子を追いましたが、京都の劇団「人形劇団京芸」に所属していることが分かっています。 「人形劇団京芸」のホームページの「団員日誌」に白米美帆さんという同姓同名の女性が在籍しており、趣味の項目に「洞窟探検」とあったため、発見者が問合わせたところ即座にその情報が載っていた記事は削除され、コメント機能も閉鎖されてしまったようです。 こうした対応から、 白米美帆さんが「人形劇団京芸」に所属していることは間違いないようです。 ほっこりしあたー 小島祥子・菅沼輝之・白米美帆による三人班。 素敵なトイミュージックにのせてお届けします。 『おふろだいすき』 『こぶたのるーた』 『ふうせんとうさぎ』 の3本立てです。 引用: 上の画像の左の男性以外のふたりの女性のどちらからが白米美帆さんだということになります。 なお、 伊藤智子さんの現在の所在は不明となっています。 岡山の地底湖行方不明事件とかいま初めて知ったけどコッワ ほぼほぼ殺されたんやろうけどそいつらいま頃のほほんと日常送ってるのがもっと怖い — ろい フォートナイト中毒者 takeiteasyview 岡山地底湖行方不明事件やってくれ。 あのサークルの大学生今何してるか特定して欲しい。

次の

『岡山地底湖行方不明事件』事件詳細が怖い!白米美帆・伊藤智子の現在は?

名倉祐樹

史上最悪の5大未解決事件が怖すぎる ガチでヤバかった… 史上最悪の5大未解決事件 5大未解決事件と言っても意見が分かれます。 今回は独断と偏見で5つの事件を 史上最恐の未解決事件として紹介します。 まずは カアイソウ、カアイソウ事件と 井の頭公園バラバラ殺人事件の二つ。 カアイソウ、カアイソウ事件 カアイソウ、カアイソウ事件とは 三重小2女児失踪事件。 1991年(平成3年)3月15日、 三重県の富田浜海水浴場の地域で小学2年生の女児が失踪しました。 失踪の経緯や捜査過程で謎の出来事があったため、 怪事件と呼ばれています。 以下のような目撃情報は多数寄せられていました。 学校のジャングルジムで遊んでいた。 学校横の十四川周辺にいた。 自宅からわずか15mほどの四つ角で白いライトバンの運転手と話をしていた。 学校近くの近鉄・豊田駅にいた。 しかし、いずれも有力な手がかりにはならず、 事件発生から三年後に被害者宅へ送られた怪文書が さらなる謎を呼びました。 「トミダノ股割レ」が真犯人であるとの内容で、 「ミゆキサンにツイテ ミユキ カアイソウ カアイソウ」 という文章から始まっている。 謎が多い怪事件です。 井の頭公園バラバラ殺人 井の頭公園バラバラ殺人というのは 1994年4月23日に発覚したバラバラ殺人事件。 1994年4月23日午前、 東京都三鷹市「井の頭恩賜公園」の ゴミ箱に人間の足首が捨てられていた。 偶然ポリ袋を開けた清掃員の女性が発見。 警察官が捜索したところ、 計27個に切断された手足・胴体の一部が発見され、 遺体には奇妙な処理が施されていました。 ・27個のパーツにわかれた遺体は 全部合わせても体全体の三分の一程度、20数kgほどしかなかった。 ・解剖を担当した佐藤喜宣教授が最初に気づいたのは ビニール袋の遺体のひとつひとつが同じ長さで切断されていたことだった。 長さだけではなく、肉を削ぐなど太さも揃えられていた。 ・血液が一滴残らず完全に抜き取られていた。 手足の指紋はほぼ全て削り取られていたが、 わずかに残っていた指紋とDNAから、 被害者は公園の近くに住む一級建築士の男性(当時35歳)と判明した。 昇進祝いということで会社の元同僚と高田馬場で飲んで、 カラオケなどを楽しんだのち、夜11時頃に新宿駅で別れてからの行方不明となっていた。 まもなく妻が捜索願を出している。 捜査は難航し、多くの謎を残しながら、 2009年4月23日に公訴時効が成立した未解決事件です。 次は 高知大学探検部地底湖行方不明事件を紹介します。 高知大学探検部地底湖行方不明事件 平成20年1月5日、 岡山県新見市の 鍾乳洞「日咩坂鐘乳穴」で事件は起こりました。 高知大学3年、学術探検部所属の名倉祐樹さんが 洞窟内の地底湖を遊泳中に行方不明になった事件です。 入り口から1. 6㌔ほど奥にある、 地底湖(直径約25メートル・水深約30メートル)が現場です。 名倉さんが調査の為に地底湖に入ったらしいのですが、 一人で地底湖に入ったことに疑問が示されています。 結局、 死体は見つからず捜査打ち切りになりました。 しかし、探検部の部長副部長が女性であるなど 男女関係の確執により殺されたのではないかという疑惑が浮上しました。 次は 世田谷一家殺害事件を紹介します。 世田谷一家殺害事件 2000年12月31日、世田谷区上祖師谷の会社員・宮沢みきおさん(44歳)宅で 一家4人が殺害されているのを妻・泰子さんの母親が発見した 2000年12月31日午前10時50分ごろ、 隣に住む泰子さんの母親が一家に内線電話をかけても応答がなかったため、 不審に思い訪ねたところ無惨な4人の遺体を発見した。 犯人は宮沢さん宅のフェンスをのぼり、 浴室の高窓から侵入したとされています。 網戸がすぐ下に落ちていたことや 足跡、フェンス近くの木の枝が折れていたからです。 なんなく侵入した犯人はまず浴室のすぐ隣りの子ども部屋に 寝ていた礼君に布団をかぶせて窒息死させる。 続いて、1階の書斎で仕事をしていた宮沢さんが物音に気づき、 階段あたりで 犯人と鉢合わせしたと見られる。 宮沢さんは階段下で亡くなっていた。 最後に犯人は 3階のロフトで寝ていた泰子さんとにいなちゃんを襲ったとみられる。 階段の踊り場付近で倒れていた泰子さんはメッタ刺しの状態だった。 最後に 八王子スーパーナンペイ事件を紹介します。 八王子スーパーナンペイ事件 平成7年7月30日、東京都八王子市大和田町の スーパーナンペイ大和田店2階事務所で 3人のパート、アルバイト店員が射殺される事件が起きました。 殺害されたのはパート店員、稲垣則子さん 当時47歳 、 アルバイト店員、矢吹恵さん 当時16歳 、前田寛美さん 当時16歳。 第一発見者は稲垣さんの友人の森橋和夫さん。 同夜午後9時15分ごろ稲垣さんから、電話で出迎えの依頼を受けた森橋さんが 9時25分ごろには、事務所前駐車場に到着して待機。 しかし、しばらくしても稲垣さんが下りてくる気配が見られないため、 10時ごろに事務所にあがり血まみれの3人を発見し警察に通報した。 同店は午前9時から午後5時までと午後5時から午後9時までの二交代制で、 事件の起こった日曜日の夜間はパート、アルバイト社員だけでの運営だった。 30日は、稲垣さんが責任者となり、矢吹さんと二人での勤務だったが、 たまたま休みをとっていた前田さんも現場に居合わせ、 運悪く事件に巻き込まれたものと見られます。 売上金目的の強盗殺人と見られるが、 犯人はいまだわかっていない。 犯行時間は数分間(被害者Aの知人が、迎えに来るまでの間)。 犯人は何も奪わずに逃走しています。 この事件は 無残な被害者の状況が話題となりました。 女子高生2人は背中合わせにされ、口をガムテープで塞がれ、 後ろ手を縛られ横倒しにされて、 後頭部から処刑スタイルで脳幹を正確に撃ち抜かれていました。 さらに、 至近距離から後頭部に1発ずつ発砲され、即死の状態でした。 パートの女性は体は縛られておらず、銃把で殴りつけられ 金庫の前に突き飛ばされ、女子高生殺害後、 左右の額に銃口を押し付けられて殺害された。 部屋の隅の金庫にもたれ掛かった状態で2発の銃弾を撃たれ死んでおり、 腹部に刺し傷もあった。 背中合わせにされ縛られていた女子高生2人だが、 これは犯人が稲垣さんに銃を突きつけて縛らせた可能性が高いとされている。 ネットの反応 ・未解決で終わる事件もあるさ ・捜査しても謎ばかりなんだろう。

次の