オレンジ キュラソー と は。 オレンジキュラソーとは

キュラソー (酒)

オレンジ キュラソー と は

ブランデー・ラム・キルシュ・キュラソーについて知ろう お菓子作りに使うお酒。 皆さんはどのようにして選んでいますか? 今回は数多くあるお酒の中から定番の4種、ブランデー・ラム・キルシュ・キュラソーについて詳しく解説します。 お菓子にお酒を使う理由 お酒は、お菓子の保存性を高める目的で使われることもありますが、多くの場合は風味付けのため。 香り・コクがプラスされたり、甘みが単調にならず奥行きが出たりと、素材との相乗効果でおいしさが増すお酒。 果実を発酵させ蒸留した、アルコール度数の高いお酒です。 フランス語では「eau-de-vie オ・ド・ヴィ 」といいます。 一般的に「ブランデー」と呼ばれるものはぶどうから造られたもの。 フランスのコニャック地方で造られる「コニャック」や、アルマニャック地方で造られる「アルマニャック」も有名なブランデーです。 ぶどう以外のフルーツを使うものは、フルーツブランデーと呼ばれます。 例えば、りんごから造る「カルヴァドス」、さくらんぼから造る「キルシュ」もフルーツブランデーの一種。 おすすめのブランデー:ドーバー ブランデー VSO 「ドーバー ブランデー VSO」は製菓のためのブランデー。 熱を加えたり油脂と合わせたりという過酷な条件に耐え得るように造られています。 長い年月をかけ樽貯蔵で熟成を行った、重厚でありながらフルーティーな風味が特徴。 」は、熟成年数によるランクを表しています。 おすすめのアイテム ブランデーに合うお菓子 文句なくぴったりなのは、チョコレートのお菓子。 ブランデーを効かせた生チョコは、より深い味わいに。 ラム ラムはさとうきびから造られる蒸留酒。 色によってホワイト・ゴールド・ダークに、風味によってライト・ミディアム・ヘビーに分けられています。 これは、蒸留や熟成法の違いで色や風味が異なるためです。 おすすめのラム:マイヤーズラムオリジナルダーク 「マイヤーズラムオリジナルダーク」は、華やかな風味と芳醇な香りからダークラムの最高級品と称されています。 ヘビータイプでもあり、長期熟成ならではの深く濃い色と香りが魅力。 おすすめのアイテム ラムに合うお菓子 ラム ダーク といえばラムレーズン!ラムレーズンは、焼き菓子・アイス・チョコレート・バタークリームとさまざまなものに合わせて使えます。 そしてラムは、栗やコーヒーとも相性ぴったり。 マロンのクグロフは焼き上がりにラムシロップをたっぷりと。 キルシュ キルシュはフルーツブランデーの一種で、さくらんぼを粉砕・発酵・蒸留して造られるお酒です。 アルコール度数は40~45度が一般的。 おすすめのキルシュ:3-タンネン ドイツキルシュ 「3 ドライ -タンネン キルシュ」は、ドイツのさくらんぼの名産地・シュヴァルツヴァルトから生み出された名酒。 1L当たりに約3000個の完熟チェリーが使われているというこのキルシュ。 深く濃い風味は、まさしく最高品質!! おすすめのアイテム キルシュに合うお菓子 キルシュは、さくらんぼはもちろんベリー系のお菓子との相性が抜群! いちごのショートケーキにもぴったりで、シロップに加えたり生クリームに加えたりして風味を付けます。 いちごのタルトならカスタードへ加えるのもおすすめ。 チョコレートケーキでも、さくらんぼやベリー系などを組み合わせるときはキルシュがよく合います。 キルシュ・チョコレート・さくらんぼを組み合わせたケーキ、キルシュトルテは有名です。 フレッシュフルーツを何種類か用いたケーキに合うお酒を選ぶ際にも、選択肢のひとつとなります。 キュラソー 「キュラソー」とは、オレンジリキュールの総称。 そのうち無色透明のものをホワイトキュラソー 有名なのは「コアントロー」 、琥珀色のものをオレンジキュラソーといいます。 おすすめのキュラソー:グランマルニエ コルドン ルージュ 「グランマルニエ コルドン ルージュ」は、オレンジキュラソーの銘柄のひとつ。 ビターオレンジとコニャックをベースに造られ、オレンジキュラソーの最高峰ともいわれています。 強い熱を加えても香りが飛びにくいのが特徴です。 おすすめのアイテム グランマルニエに合うお菓子 グランマルニエのまろやかなオレンジの香りは、チョコレートのお菓子にぴったり。 オレンジのケックに使えば、香りが引き立ちます。 グランマルニエは、クレープシュゼットにも欠かせないお酒です。 まとめ 今回ご紹介したお酒とお菓子との組み合わせは一例。 別のお酒で代用できるものもありますよ。 少量で売られているものも多いので、まずは小瓶で試してみるのはどうでしょう。 気に入れば、使用頻度に応じて少し大き目の瓶で購入するとよいと思います。

次の

お菓子に使う洋酒4選!ブランデー・ラム・キルシュ・キュラソー

オレンジ キュラソー と は

コアントローとは? (コアントロー 出典:) カクテルに詳しい方やお菓子を作るのが趣味な人にとってはよく知ったものだと思います。 しかし、あまり詳しくない人だと普段何気なく飲んでいたり、使っていてもどういうものか知らない人も多いはず。 オレンジの皮をつけて作るお酒のため、オレンジの香りが強くほんのりと甘みのあるリニュールで女性でも飲みやすいリニュールとして人気があります。 調子に乗って飲みすぎたり、お菓子作りの際もアルコールをしっかり飛ばしておかないと酔っ払ってしまいます。 もちろん、カクテルとして飲んだり、お菓子作りの風味づけなどにも使うことができます。 特にチョコレートとの相性がいいのでバレンタインデーなど、ちょっと特別な日に大人なプレゼントとしてコアントローを使ったチョコレートを贈るとお酒好きの人には喜ばれるかもしれません。 ただ、コアントローと違う部分としてはオレンジの風味はついていませんので、オレンジの香りづけとして使用したい場合には向いていません。 しかし、ケーキやチョコレートなどの製菓を作る際にはしっとり感を出しながら、アルコールのほんのりとした香りをつけることができますのでお勧めです。 グランマニエはオレンジキュラソーと言われる色のついたキュラソーです。 コアントローやホワイトキュラソーの違いは褐色の色がついていることと、コアントローやホワイトキュラソーに比べて甘みが強く風味もより濃厚なものになっています。 カクテルとして使用するのはもちろんのこと、シュークリームのクリームに少量入れるだけで濃厚な味になってくれますので代用品として活用できます。 注意点としては酒屋さんなど専門店でしか取り扱いがない可能性があることです。 大きさは可愛いミニボトルなども販売されていますので使用量によって大きさを変えることができます。

次の

「グランマルニエ」と「オレンジキュラソー」の違いは?

オレンジ キュラソー と は

ウォッカのオレンジジュース割り ウォッカのオレンジジュース割りは、ネジ回しを意味する『スクリュードライバー』という名で知られています。 鮮やかなオレンジ色と口当たりの良さで、つい飲みすぎてしまうカクテルの代表格ですが、そもそもスクリュードライバーはどんな経緯で飲まれ始め、なぜこのような一風変わった名前が付いたのでしょうか。 「スクリュードライバー」名前の由来 そもそもこのカクテルは、油田で飲まれ始めたのが最初だと言われています。 当時イラン(一説によるとテキサス)の油田で働いていたあるアメリカ人作業員が、喉の渇きを癒すためにウォッカをオレンジジュースで割って飲んだのが始まりで、その際にマドラーがなかったため手近にあったネジ回しを使って混ぜたことから、スクリュードライバーという名前が付いたと言われています。 またその他にも、油田の作業員たちがネジ回しを首からぶら下げてこのカクテルを飲んでいた様子から、スクリュードライバーと呼ばれるようになったとの説もあるようです。 「ゴールデンスクリュー」とは? そもそも間に合わせで作られたようなカクテルなので、作り方は至って簡単。 ウォッカとオレンジジュースをお好みの量で混ぜ合わせるだけのシンプルさです。 ただ、この両者をシェイカーでしっかりと混ぜ合わせると、ちょっと高級感のある「ゴールデンスクリュー」という名のカクテルに生まれ変わります。 ヨーロッパでは通じない? スクリュードライバーという名前はアメリカで付けられたもの。 ヨーロッパではウォッカオレンジ、またはウオッカ&オレンジが通称となっています。 別名「レディーキラー」 爽やかな見た目のスクリュードライバーですが、無味無臭のウォッカは分量が多くなっても分かりづらいので、オレンジジュースのような気分でうっかり飲みすぎてしまうととても危険です。 スクリュードライバーの別名は「レディーキラー」、すなわち「女殺し」のカクテルと呼ばれています。 レディーキラーカクテルと呼ばれるカクテルはいくつかありますが、アルコール度数の高いウォッカを使っているスクリュードライバーはその中でも代表格。 知らないうちに酔い過ぎてしまわぬよう、特に女性はご用心ください。 スクリュードライバーの基本レシピ 誕生当初のスクリュードライバーは、ウォッカ3に対しオレンジジュース1を加えるという、かなりヘビーなカクテルでした(アルコール度数でいえば約 30%にもなります)。 今日では、通常サイズのタンブラーに氷とウォッカを 45ml程度入れ、オレンジジュースをグラス 8分目まで注ぐのがポピュラーな基本レシピとなっています。 お好みでオレンジスライスを入れると、見た目もおしゃれになって気分も上がります。 なお、ウォッカとオレンジジュースはあらかじめよく冷やしておくと、より一層おいしくいただけます。 また氷も、スーパーやコンビニで売っているロックアイスが溶けにくくおすすめです。 オレンジジュースの割合で度数を調節 スクリュードライバーはウォッカの分量を変えるだけで、味わいをあまり変えることなく簡単にアルコール度数が調整できるのが大きなメリットです。 ちなみにアルコール度数 40%の標準的なウォッカを使った場合、オレンジジュースとの割合によってアルコール度数はかなり違ってきます。 ウォッカとオレンジジュースを 1: 1で割ると度数は 20%、 1: 2で割ると 13. 3%、 1: 3だと 10%、 1: 7なら 5%となります。 オレンジジュースで氷をつくる カクテルは、時間をかけてゆっくり飲んでいると、どうしても氷が溶けて水っぽくなります。 そこでおすすめなのが、オレンジジュースを使って氷を作っておくこと。 そうすれば、溶けてもおいしさは変わりません。 ちなみにオレンジジュースで作った氷は、赤ワインの中に入れてもサングリアのようなおいしいカクテルになるので、ぜひ一度お試しください。 オレンジジュースにこだわる ベースのウォッカは基本的に無味無臭で雑味がないので、スクリュードライバーの味の印象はオレンジジュース次第で大きく変わります。 いろいろ試してみましょう。 基本は果汁 100% 基本はやっぱり果汁 100%のオレンジジュース。 市販の濃縮還元タイプでももちろん OKですが、オレンジを 3、 4個買ってその場で手搾りした生の果汁を使えば、オレンジの香りも豊かでとても贅沢な気分になれます。 わざわざ手で搾るのはめんどくさい…という方なら、濃縮還元ではないストレートタイプのオレンジジュースをおすすめします。 ブラッドオレンジジュース 真っ赤な果肉のブラッドオレンジをご存知でしょうか。 元々はイタリア産の生鮮食品ということで希少なフルーツでしたが、近年は愛媛など国内での栽培も始まり、本場に負けない高品質のものが手に入りやすくなりました。 このブラッドオレンジを搾ったジュースでウォッカを割ると、目にも鮮やかな赤いスクリュードライバーになります。 本場シチリア産のブラッドオレンジジュースも近頃はネット通販で簡単に手に入るので、ぜひ一度お試しください。 アレンジレシピで楽しむ ウォッカをオレンジジュースで割るだけというシンプルなレシピのスクリュードライバーですが、通常のタイプとは少し違った味が楽しめるアレンジレシピもあるので、 3つほどご紹介しましょう。 ソーダで割って爽やかに ウォッカとオレンジジュースを 1: 2くらいの比率で割った後、さらにお好みでソーダを混ぜてみましょう。 スクリュードライバーの甘酸っぱさとほろ苦さに、炭酸の爽快感が加わって一層さっぱりと飲みやすくなります。 また、「オランジーナ」のような果汁入りオレンジソーダで割ってみるのも一興。 夏場には特におすすめです。 ブルーキュラソーで見た目も楽しむ ブルーキュラソーは、その名の通り見た目こそ色鮮やかなブルーですが、中身はオレンジの果実と皮で風味づけされた甘めのリキュール。 度数はメーカーによって多少異なりますが、平均すると約 20度以上もあり、リキュール類の中では少し高めとなっています。 このブルーキュラソーをスクリュードライバーの中に加えると、味わいはオレンジ系のままほんのり甘みが増し、見た目は青とオレンジが混ざり合った神秘的な色合いのカクテルに仕上がります。 スクリュードライバーを作った後、マドラーをガラスのふちから底まで差し込み、その柄を伝わせてブルーキュラソーをそっと注ぎ込むのが、神秘的な色合いに仕立てるコツです。 ホイップとシナモンでデザート風に 最後は、一風変わった温かいデザート風カクテルをご紹介します。 耐熱グラスに30mlのウォッカと150mlのオレンジジュースを入れ、電子レンジで1分50秒加熱します。 温まったらホイップクリームを山盛りに盛り付けて、その上からシナモンパウダーを振りかければできあがり。 ホイップクリームはスプレー式が手軽です。

次の