サナギラス。 サナギラスとは (サナギラスとは) [単語記事]

【ポケモンUSUM】スカーフサナギラスの育成論【奇襲】

サナギラス

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 名前 威力 DPE エネルギー 能力変化 確率 120 1. 50 80 - 70 1. 56 45 - 54 1. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし サナギラスの進化系統.

次の

【ポケモンGO】ヨーギラスの色違いと進化先&個体値早見表

サナギラス

サナギラス だんがんポケモン ぜんこくNo. 247 アローラNo. USUM 248 高さ 1. 2m 重さ• 152. 0kg• けたぐり威力100 タイプ• 英語名• Pupitar タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 30で『ヨーギラス』から進化• 55で『サナギラス』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 変化技を使えなくする 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。

次の

【ポケモンGO】ヨーギラスの色違いと進化先&個体値早見表

サナギラス

一応仮想敵であるサンダーの毒々を後出し時に受けてしまっても回復の芽があるのは悪くないです。 陽気最速スカーフで最速102族と同速です。 意外と早いようなそうでもないような。 技 備考 ストーンエッジ 一致技その1。 奇襲で刈り取れるメジャーポケも複数。 じしん 一致技その2。 いわなだれ 怯みにかける場合や、エッジと確定数が変わらない相手に。 ばかぢから 進化先であるバンギラスに決まると面白いかもしれない アイアンヘッドやげきりんも覚えますが、あまり撃ちたい相手がいません。 代わりにストーンエッジの外し事故の軽減、どうしようもないときに怯みを狙える岩雪崩を採用。 がんせきふうじも選択肢。 その他、使った後は自分も引っ込む必要がありますが挑発やステルスロックも覚えます。 ダメージ計算 与ダメージ ストーンエッジ H4振りボルトロスに109. 6~131. 7~61. 7~92. 8~91. 2~147. 7~130. 6~183. 8~70. 0~60. 4~88. 7~84. 3~96. 5~113. 6~106. …最速スカーフゴローニャでは最速95族にも届かず、電気無効と一致岩技を活かせる相手の筆頭である霊獣ボルトロス 101族 に届かないとわかり頓挫。 2~94. 7~86. <呼んだな? いた。 名前も見た目もサナギで しんかのきせき持ってます感を醸し出しつつ、スカーフでぎりぎり霊獣ボルトロスを抜けるS、ストーンエッジで確定1発を取れるAを兼ね備えたサナギラス。 進化後のようにビームやパンチは習得できないものの、サナギの時点で というかヨーギラスの時点で 一致技は揃っており優秀。 耐久は進化前ポケモンとしては高めであり、メガリザードンYの晴れだいもんじや電気タイプのめざ氷を1発耐えることが可能です。 ただしイワークよりはずっとマシとはいえ、意地バンギラスの地震=陽気サナギラスの地震と火力は控えめ。 バンギラスとは電気無効の耐性で差別化できるものの、素で102族のガブリアスや、ランドロスを始めとした中速以上のスカーフ地面タイプの方が当然性能は高いです。 火力も意地っ張り霊獣ランドロスのストーンエッジ>陽気サナギラスのストーンエッジであり、技範囲もかぶっているのでスペックでは到底適いません。 先述した通りサナギラスはしんかのきせきを匂わすため奇襲性能が高めである点がセールスポイントとなります。 相性不利を覆すためのスカーフ採用において、バレにくいというのは無視できない明確な強みだと思います。 総評 火力と耐久の物足りなさから電気技読みの後出しを余儀なくされたり、ストーンエッジの命中や岩雪崩の怯みにかけざるを得ないシーンもあるものの ボルトロスやヒートロトム、サンダーといった環境上位の電気タイプとある程度戦えるため電気無効枠としてぎりぎり活躍の場はあると思います。 くさむすびコケコが厳しいのは致命的ですが。 その他のポケモンの育成論一覧は いわタイプの育成論一覧は じめんタイプの育成論一覧は.

次の