梅雨 手紙書き出し。 時候の挨拶・季節の挨拶

挨拶文【7月】書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬の季語と時候

梅雨 手紙書き出し

入梅の候/梅雨の候/初夏の候/薄暑の候/首夏の候/青葉の候/麦秋の候/向夏の候/孟夏の候/長雨の候/短夜の候/季夏の候/ 6月の季語の読み方ですが、候は「こう」と読みます。 入梅の候は「にゅうばいのこう」。 以下、梅雨(ばいう)初夏(しょか)薄暑(はくしょ)首夏(しゅか)青葉(あおば)麦秋(ばくしゅう)向夏(こうか)孟夏(もうか)長雨(ながあめ)短夜(みじかよ)季夏(きか) 季語を使った六月の時候の挨拶は、私的文書では「入梅の候、お変わりなくお過ごしのことと存じます」「薄暑の候、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます」、ビジネス文書の場合は「向夏の候、貴社ますますご発展のこととお喜び申しあげます」などとします。 ・ 青葉若葉の候、いかがお過ごしでしょうか。 ・ 暑気日ごとに厳しさの増す今日この頃 ・ 長雨が続きますが、お元気ですか? ・ 入梅の折から蒸し暑い日が続きます。 ・ 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃 ・ くちなしの花が香る季節になりました。 ・ 麦秋の黄金色が目に眩しい季節になりました。 ・ 紫陽花の花の紫が日ごとに深まる今日この頃 ・ そろそろ海や山の恋しい季節 手紙の冒頭には、六月の季節を伝える季語や言葉を持ってきて、先方の安否を気づかう言葉を添えます。 「長雨が続きますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます」「梅雨の季節になりました。 いかがお過ごしでしょうか」など。 ビジネス文書の場合は、書き出しでは季節の挨拶は不要です。 時候の挨拶(の候)のあと、そのまま本文(用件)に入ります。 「梅雨の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申しあげます。 さて、さっそくですが~」など。 時候の挨拶も省いて「時下ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます」としてもかまいません。 結びの挨拶文例(6月) ・ 孟夏の候、お元気でお過ごしください。 ・ 梅雨晴れのからりと明るい夏空を期待して。 ・ 梅雨明けも間近、お会いできる日を楽しみにしています。 ・ 蒸し暑い日が続きます。 くれぐれもご自愛ください。 ・ うっとうしい毎日ですが、お体を大切にお過ごしください。 ・ 暦のうえでは夏もすぐそこ。 お元気でお過ごしください。 ・ 梅雨寒の日も巡ってまいります。 ご自愛専一に。 六月の手紙の結びは、季節の言葉を入れたあと「お元気でお過ごしください」「ご自愛専一に」などの挨拶文を添えて「うっとうしい毎日が続きます。 風邪など召されませんよう、ご自愛専一に。 」「梅雨明けも間近、お元気でお過ごしください。 」といった感じで終わります。 ビジネス文書の場合は結語には季節の挨拶は入れません。 用件を伝えたあと「まずはお願いまで」「とりあえず書中にてお詫び申しあげます」「まずは略儀ながらお礼かたがたご挨拶まで」「以上、取り急ぎご連絡申しあげます」などの言葉で書き終わります。 6月の手紙の挨拶文(初旬・中旬・下旬) 月ごとの時候の挨拶は、初旬・中旬・下旬とか、月の前半・月の後半などと、無理に使い分ける必要はありません。 6月なら「向夏の候ますますご清栄のこととお喜び申しあげます」と、書き出しに、6月の季語を使った「の候」を入れておけば大丈夫です。 初旬・中旬・下旬と使い分けて、6月の季節感を出したい場合は、6月の行事や草花などの言葉を織り込んで、次のような書き出しにします。 6月の代表的な和風月名は「水無月」。 読み方は「みなづき」。 意味は、梅雨が終わり田んぼの水が枯れ尽きる月=水の無い月(みずのないつき)を略したもの。 一方では、田んぼに水を張るという意味とする説もあります。 6月の別名には次のような呼び名があります。 弥涼暮月(いすずくれつき)風待月(かぜまちつき)季夏(きか)季月(きつき)極暑(ごくしょ)常夏(じょうか)小暑(しょうしょ)涼暮月(すずくれつき)積陽(せきよう)蝉羽月(せみのはつき)則旦(そくたん)長夏(ちょうか)長列(ちょうれつ)鳴神月(なるかみつき)林鐘(はやしのかね)伏月(ふせつき)松風月(まつかぜつき)皆月(みなつき)水月(みなつき)皆尽月(みなつき)旦月(みなつき)陽氷(ようひ)盛熱(みなつき)皆熱月(みなつき) 6月:外国語の呼び方 6月は英語では「June」(ジューン)と言いますが、語源は、ローマ神話のユピテルの妻ジュノー(結婚出産の神)から名づけられたものと言われています。 別名「花嫁月」とも。 今日はロマンスの日。 /とはいえ惚れた腫れたの世界は遠い昔の話になってしまいましたが(笑)/いかがお過ごしでしょうか。 今日は露天風呂の日。 /たまには温泉につかって鋭気を養いたいと思う今日この頃。 お元気でお過ごしのことと思います。 いよいよ今日から金沢百万石まつりが始まりますね。 美沙恵さんのお母さまもさぞ楽しみにしていらっしゃることでしょう。 早いもので、6月も三分の二が過ぎようとしています。 お礼のはがき文例<6月>サクランボを贈ってもらった礼状 6月に、サクランボを贈っていただいたお礼のはがきを作りました(上記の写真)。 礼状なので書き出しには時候の挨拶は入れません。 季節の挨拶は結びの言葉だけに入れます。 礼状の前文に時候の挨拶や季語を入れないのは、贈り物をいただいた喜びのあまりに季語や時候の挨拶を書くのを忘れてしまいました、という意味あいがあります。 お礼のはがきを書く手順としては、まず最初にお礼の言葉を述べてから、いただいた品物の感想を書いて、季節の挨拶を添えて(6月の場合は「入梅の季節」など)、文末は「まずはお礼まで」と書いて結びます。 はがきの文面は以下のとおり。 実際のはがきは縦書きで印刷しました。

次の

時候の挨拶7月!書き出しの言葉(上旬・中旬・下旬)

梅雨 手紙書き出し

梅雨時期に使える手紙での結びの挨拶 ビジネスや日常で、季節ごとに手紙を書くことも多いかと思います。 いざ挨拶の手紙を書こうとすると、意外と難しいですね。 末分で結びの挨拶というものが必要になります。 用件をとりまとめ、今後の健康や繁栄を祈る言葉を時候と絡めて書きます。 梅雨時期に使える手紙での結びの挨拶の言葉を紹介していきますね。 改まった手紙の場合 ・梅雨冷えの厳しき折、お風邪など召されませぬようご自愛ください。 ・時候不順の折、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 ・長雨の折、くれぐれもご自愛下さい。 ・梅雨入り前でございます。 体調を崩されませぬよう、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 ・梅雨明けまで今しばらくの辛抱です。 何卒ご自愛の上、ご活躍ください。 ・爽やかな初夏のみぎり、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 ・時節柄、ご自愛専一にてお願い申し上げます。 ・季節の変わり目でございます。 何卒お身体おいといください。 ・梅雨の晴れ間の美しい青空に夏らしさを覚える昨今、どうぞお健やかにお過ごしください。 ・梅雨寒の時節柄、お身体を崩されませぬよう、どうかご自愛専一にお過ごしください。 親しい人への手紙 ・梅雨空が続きますが、健康には十分ご留意ください。 ・長雨のうっとうしい季節ですが、雨に映える紫陽花など眺めながら、心穏やかに過ごしましょう。 ・梅雨冷えの肌寒い日もありますが、風邪など引かれませんように。 ・梅雨入りのニュースが気になる頃です。 くれぐれもお身体を大切に。 ・夏本番まであとわずか。 楽しい計画をお立てください。 ・季節の変わり目に、体調を崩されませんよう願っています。 ・梅雨の合間の青空に心浮き立つこの頃ですが、天候不順の時節柄、風邪など引かれませんようお気をつけください。 ・日増しに暑くなってきますが、お体大切に。 この時代だからこそ手紙に意味がある このような結びの挨拶で終わらせることによって美しい手紙になります。 参考になさってみてください。 本日の人気記事トップ10• 梅雨時期に使える手紙での結びの挨拶 ビジネスや日常で、季節ごとに手紙を書くことも多いかと思います。 91 views• 8 views• 「コウヨウ」と「モミジ」葉の色から変わることを漢字で「 紅葉(こうよう)」と読... 8 views• あなたには何に見えますか?あなたの心の内が見えるかもしれません。 錯覚とは 知覚に関係する諸器官になん... 5 views• 夏ならではのアロハシャツは男性が着るイメージがありますが、 レディースもオシャレ 4 views• 「数少ない、とうもろこしアレルギー」 とうもろこしは、大変に多くの食品に加工品として含まれているので、マ... 4 views• インスタントラーメンはスーパー、コンビニなどでたくさん売られています。 その数は本当に多種多様でいろいろな... 3 views• 暑中見舞いの由来は? 暑中見舞いにはどんな意味があるの?いつ頃からあるの? 日本だけのもの? お子さんか... 3 views• ジブリ作品とネコの関係 ジブリ作品には、名脇役かつパートナー的な存在のネコキャラ達が登場している。 3 views• 金欠状態だけど今年になってまだ半分も過ぎてないのに新年会や誕生日、 送別会や... 3 views 月間人気記事ランキング• 梅雨時期に使える手紙での結びの挨拶 ビジネスや日常で、季節ごとに手紙を書くことも多いかと思います。 4,777 views• 七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。 ではアメリカでは、どう... 719 views• 扇子を英語で言うと?? 扇子って英語にすると何になるでしょうか? 日本の独特の文化的なものだし、やっぱり「... 150 views• 甚平の生地 私たちが通常着ている洋服は、 その多くがポリエステルやナイロンで作られています。 軽量、安... 120 views• 108 views• 「数少ない、とうもろこしアレルギー」 とうもろこしは、大変に多くの食品に加工品として含まれているので、マ... 106 views• 春の季節が過ぎて梅雨の季節に入ると、天気予報でも花粉予報はなくなりますよね。 誰もが花粉から解放されて一安... 85 views• 「コウヨウ」と「モミジ」葉の色から変わることを漢字で「紅葉(こうよう)」と読む。 でも同じ漢字なのに「紅葉」と書... 73 views• インスタントラーメンはスーパー、コンビニなどでたくさん売られています。 その数は本当に多種多様でいろいろな... 66 views• 冷やし中華の発祥は日本! 夏の定番の食べ物と言えば冷やし中華が出てくると思いますが、そもそも冷やし中華っ... 65 views.

次の

時候の挨拶6月上旬の例文と書き出しや結び!梅雨入りの時期に

梅雨 手紙書き出し

手紙の書き出しのポイント 1. 相手をよく考える ・手紙を出す相手とあなたとの関係を考えます。 親しい相手なのか、目上の相手なのか、ビジネスの相手なのかを良く考えて書きます。 先方の状況を推し量る ・現在の相手の状況を考えてみます。 例えば、幸せ、元気、健康、闘病中、超多忙、活躍している、暇を持て余している、大変な困難に遭遇している、寂しい、不安、など。 ・上記のうち、もしも先方がコロナウィルス感染症に感染して闘病中の場合には、入院中であったり、感染予防の観点から手紙のやり取りが難しい場合などがあります。 できれば患者本人やその家族に対しては手紙は避け、どうしても連絡を取りたい場合にはメールや電話を使うようにしましょう。 季節を考える ・季節についてふれるのが手紙の書き出しの慣例となっています。 手紙の書き出し 1. 頭語(とうご) ・頭語とは、手紙を書く時に冒頭に用いられる言葉をさします。 例えば「拝啓」「拝復」「謹啓」「前略」など。 ・頭語は、 必ず、決まった結語とペアになっています。 例えば「拝啓」で書きはじめる場合は結語「敬具」で結ぶのが決まりです。 代表的な頭語と結語のペアには以下のようなものがあります。 ・頭語を用いるのが手紙の正式なマナーですが、文章が堅苦しくなるので、親しい相手や子どもにあてた手紙の場合などには、省略しても構いません。 このほかに「頭語」「結語」のペアはこちらのページ 手紙の書き出し 2. 時候の挨拶 (じこうのあいさつ) 冒頭に「頭語」を書き、続いて自分の言葉で季節感を述べます。 これを「時候の挨拶」と言います。 頭語のあと一文字あけて続けて書くか、または改行して次の行の上一文字下げて書きます。 時候の挨拶の例 ( 下記を参考に、時候の挨拶は自分の言葉で) 1月 厳寒の侯 お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。 2月 余寒の侯 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております 節分を過ぎましたのに、あいかわらず寒い日が続いています。 3月 早春の侯 桃の節句を過ぎ、ようやく春めいて参りました。 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 4月 陽春の侯 桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。 花の色が美しい季節になりました。 5月 新緑の侯 鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。 新緑の香りがすがすがしい季節になりました。 6月 梅雨の侯 梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いています。 あじさいの色が美しく映えるころとなりました。 7月 盛夏の侯 暑中お見舞い申し上げます。 降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じるころになりました。 8月 残暑の侯 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。 土用あけの暑さひとしおの侯 9月 初秋の侯 コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。 燈火親しむ頃となりました。 10月 秋冷の侯 菊の花が香る季節となりました。 さわやかな秋晴れの日が続いております 11月 晩秋の侯 朝晩はめっきり寒くなって参りました。 庭の草木も日ごとに色づいて参りました。 12月 初冬の侯 今年もおしつまって参りました。 師走に入り、あわただしい毎日が続いております。

次の