アクアチム 軟膏。 アクアチム軟膏はニキビの適応がない!?

該当成分の製品(後発品) & 薬価

アクアチム 軟膏

Index• この抗菌薬は殺菌効果があり、ニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌して除去することにより、赤みや腫れを改善してくれます。 「アクアチム」には化粧水タイプの「アクアチムローション」とクリーム状の「アクアチムクリーム」、半固形状の「アクアチム軟膏」の3種類があります。 ニキビ治療薬としてはクリームタイプが多く処方されています。 2.アクアチムクリームの効果 アクアチムクリームは、細菌の増殖を抑制して殺菌作用を示す薬です。 「抗菌作用」ということは、細菌による炎症ニキビに効果があるということです。 逆に、ニキビのでき始めや、ポツポツとした白ニキビなどにはあまり効果が期待できません。 3.使用方法 使い方は、適量を1日に2回、患部に塗るというシンプルです。 ニキビに使用する場合は、使用する前に洗顔し、肌の皮脂汚れを落とし薬が浸透しやすいようにします。 忘れた場合は、2回分を一度に塗るのではなく、次回使用時に1回分だけを使用します。 誤って多く使用した場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。 用法・用量を守り、医師の指示なしに使用をやめないようにします。 ただし、乾燥がひどい場合には、先にスキンケアをして保湿をした後にクリームを塗りましょう。 4.アクアチムクリームの副作用 アクアチムクリームの副作用としてあげられるのは、かゆみや乾燥、刺激感があります。 その他にも、赤み・ブツブツ・ほてり・かぶれもあるようです。 もしアクチアムクリームを肌に塗ってかゆみや赤み、かぶれなどが生じた場合は、すぐに使用を中止して医師に相談しましょう。 また、日光に当たると皮膚の赤みや腫れ、かゆみが起こる「光線過敏症」などがまれに起きることもあります。 4-1.使用上の注意 アクチアムクリームは、乳幼児への使用は慎重に行なうこと、妊娠中の女性の使用に関しては安全性が確立されていないということが指摘されています。 妊娠中・授乳中・妊娠の可能性がある場合は、なるべく使用したくないですが、他に選択肢がない場合は、使用することもあります。 4-2.使用期間 アクアチムクリームは、長期間使い続けると、効果が薄れることがあります。 抗生物質は使い続けることによって体の中に「耐性菌」ができた場合、その抗生物質が効かなくなったり、効果が少なくなります。 医師に言われた期間を使って効果がないようなら、違う治療薬や治療法に替えてもらいましょう。 ~注意~ 厚生労働省では、2009年に「医療用医薬品の有効成分の一般用医薬品への転用について」というお知らせのなかで、「薬剤師は、本剤の使用にあたっては、重症な化膿性疾患には使用しないことを指導す る。 また、5~6 日症状の改善が認められない場合は本剤を中止するよう指導し、医療機 関等へ受診勧奨する。 耐性菌の発現を防ぐため、治療上必要な最小限の期間(2 週間以内) の使用にとどめることについても指導する。 」 としています。 厚生労働省がいうことがいつも正しいわけではありませんが、西川も患者さんへの長期使用は極力避けています。 5.まとめ ニキビはいちど化膿して悪化すると、自分では治すことが難しいものです。 市販薬では治せない段階まで進行してしまうと、皮膚科での治療が有効でしょう。 ただ、大人のニキビは菌だけが原因ではありません。 ストレスや疲れ、偏った食生活やアルコール、喫煙などの自律神経やホルモンバランスの乱れも関係して発症します。 スキンケアや生活習慣の見直しも同時に行い、改善に努めましょう。 関連記事 薬の効きにくいニキビの治療例 西川先生の治療日記.

次の

アクアチムクリームの効果と副作用

アクアチム 軟膏

外用抗生物質の種類と特徴 外用抗生物質の特徴比較表 外用の抗生物質(一部は抗菌薬が正しい表記です)の種類と特徴を簡易的に図にまとめています。 年齢の目安は添付文書の情報を基に作成しています。 各製品の気になる点を抜き出すと以下の通り。 低年齢にも使いやすいのはゲンタシン• アクアチムは剤形毎に適応が違う• ダラシンは皮膚の刺激感やかゆみが出やすいかもしれない• ゼビアックスは1日1回で良い ゲンタシンは低年齢にも使いやすい ゲンタシンの成分は、アミノグリコシド系抗生物質のゲンタマイシン硫酸塩です。 ゲンタシンには以下の種類があります。 ゲンタシン軟膏0. ゲンタシンクリーム0. 1% 適応症は、表在性皮膚感染症、慢性膿皮症、びらん・潰瘍の二次感染です。 1日1~数回患部に塗布します。 添付文書には、子どもの年齢などによる制限はありません。 そのため、 子どもに最も使われている外用抗生物質なのではないかと思います。 使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施されていませんが、限られた範囲に使うのであれば、問題になることは少ないでしょう。 アクアチムは剤形毎に適応が違う点に注意 アクアチムの成分は、ニューキノロン系抗生物質のナジフロキサシンです。 アクアチムには以下の種類があります。 アクアチムクリーム1%• アクアチム軟膏1%• アクアチムローション1% アクアチムは剤形毎に適応症が異なります。 アクアチムクリーム:表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)• アクアチム軟膏:表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症• アクアチムローション:ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの) アクアチムクリームが最も幅広く使えます。 使用方法は1日2回患部に塗布します。 なお、ざ瘡に使用する場合は洗顔後に塗布してください。 添付文書上では、「低出生体重児、新生児、乳児、幼児に対する安全性は確立していない」と記載があります。 添付文書遵守であれば、6歳未満には基本的に使えませんが、実際には結構使われている印象があります。 なお、アクアチムクリームは「使用経験が少ない」、アクアチム軟膏とローションは「使用経験がない」と添付文書には記載されています。 そのため、6歳未満には、アクアチムクリームが使用されることが多いのかもしれません。 皮膚のかゆみや赤みなどの副作用の報告がありますが、頻度はそこまで高くありません。 ダラシンTは刺激感やかゆみが出やすいかも ダラシンTの成分は、リンコマイシン系抗生物質のクリンダマイシンリン酸エステルです。 ダラシンTには以下の種類があります。 ダラシンTゲル1%• ダラシンTローション1% 化膿性炎症を伴うざ瘡(ニキビ) のみに適応があります。 使用方法は1日2回患部に洗顔後に塗布します。 添付文書上では「小児等に対する安全性は確立していない(低出生体重児、新生児、乳児、幼児に対する使用経験がない。 小児に対する使用経験が少ない)。 」と記載があります。 添付文書遵守であれば、15歳未満には使いにくいですが、小学校高学年ぐらいからは使われている印象があります。 ダラシンTは、皮膚の刺激感やかゆみは少々出やすいかもしれません。 承認時までの調査によると、ダラシンTゲルでは瘙痒(かゆみやチクチクする感じ)が18 件(5. 84%)、ダラシンTローションでは刺激感が13件(11. 4%)報告されています。 ゼビアックスローションは1日1回で13歳から ゼビアックスローションの成分は、ニューキノロン系の抗生物質オゼノキサシンです。 ローション以外の種類はありません。 適応症は、表在性皮膚感染症と、化膿性炎症を伴うざ瘡(ニキビ)です。 ゼビアックスの使用方法は1日1回患部に塗布します。 他の外用抗生物質は1日複数回塗るのが基本なので、塗る回数はゼビアックスが一番少なく済みます。 いつもの時間に塗り忘れた場合は気がついた時に塗っても良いですが、1日1回は守るようにしてください。 ざ瘡(ニキビ)に使用する場合は、洗顔後に塗るようにしましょう。 添付文書上では「低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は13歳未満の小児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。 」と記載があります。 13歳からの使用が原則となります。 皮膚のかゆみや赤みなどの副作用の報告がありますが、頻度はそこまで高くありません。 ゼビアックスローションの副作用としては、適用部位そう痒感8例(1.

次の

「アクアチム軟膏」に関するQ&A

アクアチム 軟膏

こちらでは、大塚製薬のアクアチムクリームの効果や特徴、副作用などについて紹介しています。 アクアチムクリームは、使用を間違えるとニキビが治りにくくなることがありますので、正しい使い方や塗り方について理解していきましょう。 アクアチムクリームってはどんな薬なの? アクアチムクリームは、細菌が増えて炎症をひどくなるのをおさえる殺菌作用の塗り薬で、「ニキビ」、「おでき」や「とびひ」などの皮膚感染症の治療に用いられます。 アクアチムには、ローション、クリーム、軟膏の3つのタイプがあります。 ローションタイプ ローションは、サラサラ液体で、化粧水のように広範囲に使用できるので、範囲が広い背中ニキビの症状に処方され、顔のニキビには保湿力のあるアクアチムクリームが処方されます。 軟膏タイプ 軟膏はクリームよりもベタつきが強く粘性が高いため、汗をかいても落ちにくく、体にできるる「とびひ」などの症状に使われることが多いようです。 アクアチムクリームに配合されている成分の効果は? アクアチムクリームは、「 ナジフロキサシン」という新キノロン系の抗菌薬が主成分として配合されています。 「ナジフロキサシン」は、ニキビの原因であるブドウ球菌やアクネ菌を殺菌して増えるのを防ぎ、ニキビの炎症をおさえる効果があります。 ただ、抗菌剤のため、炎症している赤ニキビや黄ニキビの症状は効果が期待できますが、できはじめの白ニキビ黒ニキビの治療には使われることが少ないようです。 抗菌剤は、長い期間、使用すると、耐菌性が生じて薬が効かなくなってしまう場合もあります。 使用するさいは、使用期間に注意してくださいね。 アクアチムクリームの正しい使い方と塗り方 基本的な使い方を紹介していきますね。 1日2回、「朝の洗顔後」と「夜の風呂上がり後」に適量をキレイな手で患部に塗ってください。 化粧水を使用する場合は、 化粧水を使用した後に、ニキビの部分だけに薄くなじませるように塗ります。 塗布後に化粧水をつけると、アクアチムクリームがニキビ以外の場所にも伸びて、関係のない菌まで殺菌されて肌荒れの原因になりますので、注意してくださいね。 また、肌が乾燥している場合は、化粧水の後に美容液や乳液で保湿ケアをしてからアクアチムクリームを塗ってください。 皮膚科でもアクアチムクリームと併せて、ヒルドイドソフト軟膏などの保湿クリームや軟膏を処方してもらえるので、肌の乾燥が気になる場合は先生に相談してみてください。 耐性菌ができてしまうので、使用期間に注意しましょう 抗生物質は、使い続けることによって体の中に抗生物質に対する耐性菌ができてしまい、効果がなくなってしまうこともあります。 アクアチムクリームの使用期間の目安は、2~4週間で、炎症が治り、赤みや腫れが落ち着いてきたら使うのをやめていきます。 炎症がひどいニキビだと1週間~2週間、症状によって医師に指示される使用期間が異なる場合があります。 医師に指示された期間を使っても効果がない場合は、塗るのをひかえて、医師と相談して違う治療薬や治療法に切り替えてもらいましょう。 アクアチムクリームの副作用は? アクアチムクリームの副作用は、かゆみ、発赤、つっぱり感、刺激感、かぶれなどの症状が報告されています。 もし、アクアチムクリームを塗って「赤み」や「かゆみ」などの肌トラブルが生じた場合は、早めに受診して相談してください。 とくにアレルギーや敏感肌の方は、副作用がでてしまうことがありますので、注意して使用してください。 ニキビが悪化(赤み、ブツブツ)したらどうしたらいいの? アクアチムクリームは炎症をおさえる働きがあるため、炎症を伴う赤ニキビに効果があります。 一方で、皮脂や膿があるニキビに使用すると、炎症は治まっても膿や皮脂が残ってしまい、紫ニキビやしこりになる場合があるようです。 もし、アクアチムクリームを使用して症状がひどくなるようでしたら、自分で判断せずに、医師に相談してください。 ニキビ跡には効果があるの? 主成分のナジフロキサシンは、赤ニキビの腫れやニキビ跡の炎症(赤み)をおさえる作用がありますが、 できてしまったシミ、色素沈着、クレーターといったニキビ跡には効果がありません。 ニキビ跡が残る前に、ニキビの炎症(赤み)を治療することで、予防することはできます。 アクアチムクリームと市販の化粧水、薬を比較 私がニキビ跡ケアで大切だと思っているポイントを市販のニキビ跡専用化粧水Aとニキビ治療薬Bをアクアチムクリームと比較しました。 比較ポイントは、下の4つ。 ニキビケアに特化している• 毛穴トラブルにも使える• 即効性がある• 使い勝手がよい アクアチムクリームをニキビ跡ケアで使おうとしている方がいますが、私がニキビ跡のケア商品でポイントにあげている「毛穴トラブルにも使える」、「使い勝手」という観点において、上の表のとおり、私はニキビ跡ケアにアクアチムクリームを使うのは適していないと考えています。 もちろんアクアチムクリームは、皮膚科で処方されるニキビ治療薬ですので、赤みの炎症があるニキビケアに特化しています。 ただ、抗生物質が配合されているため肌が炎症していないニキビ跡に使ってしまうと肌荒れの原因になります。 そのため、ニキビ跡を改善するためには、症状にあった適切なスキンケアをすることが早く治すポイントです。 ニキビ跡の治し方、毛穴のケア方法が知りたい方は、以下のページでニキビ跡の症状ごとのケア方法を紹介していますので、合わせてチェックしてください。 「症状のボタン」をタップしてページ遷移してくださいね。 私がおすすめする「ニキビ跡にオススメの専用の化粧水」をすぐに知りたい方は、以下のページをご覧をください。 (私が実際に使って効果を実感できたもの、いろいろな方の声も参考にしています)。 大人ニキビには効かない? アクアチムクリームは、ニキビの炎症をおさえる効果がありますので、できてしまっている大人ニキビの炎症には効果があります。 しかし、大人ニキビができる原因はホルモンバランスの乱れや肌の乾燥、食事、睡眠と、原因がさまざまですので、繰り返しできるニキビ肌を根本的に治すことはできません。 アクアチムクリームは、使用期間に注意して使いましょう 今回の記事で、アクアチムクリームが、赤ニキビや黄ニキビなどの炎症しているニキビに効果がある抗菌薬ということがおわかりいただけたと思います。 ただ、抗生物質のため個人の判断で長期間使用してしまうと、耐性菌ができて効果がなくなったり、皮膚にいる善玉菌を殺菌したりと、ニキビが治りにくい状態になってしまいます。 ニキビ跡の症状に使われる方がいますが、 ニキビ跡に効果のある成分は配合されていません。 赤みや色素沈着、クレーターといったニキビ跡を改善するためには、 ビタミンC誘導体を配合している化粧品を使うのがスキンケアのポイントです。

次の